また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 508676 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

木曽前岳 上松Bコース〜上松Aコース周回 上松Bはベテラン向けのB

日程 2014年09月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道19号の小野の滝交差点を東に向かい、アルプス山荘を目指す。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間56分
休憩
7分
合計
12時間3分
Sスタート地点05:1810:51麦草岳10:5213:06木曽前岳13:0715:22金懸小屋15:2416:31敬神ノ滝山荘16:3416:55上松Aコース登山口17:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
05:20 アルプス山荘駐車場 無風 11℃
06:15 木曽駒荘 無風 7℃
07:55 奇美世滝 無風 6℃
10:50 麦草岳 無風 11℃
(所要時間 5時間30分)
11:50 牙岩 無風 13℃
13:05 木曽前岳 微風 10℃
(所要時間 7時間45分)
13:20 金懸小屋 無風 13℃
16:30 敬神滝小屋 無風 13℃
17:20 アルプス山荘駐車場 無風 13℃
コース状況/
危険箇所等
上松Bコース

アルプス山荘〜麦草岳
かなり林道を歩く。木曽駒荘までは舗装されて乗用車でも通れるから、上松Bのみ歩くなら木曽駒荘まで乗り入れた方が楽だけど、上松Bを往復する気にはならない。奇美世滝までは途中かなりの藪が有る。途中不明瞭な所も有るものの、トレースは有るのでルートを外さない様に。比較的新しいマーキングも有り、幸いルートファインディングに悩まされるというレベルではなかった。奇美世滝からは藪で悩まされる事は無かったけど、急斜面になり体力を消耗する。

麦草岳〜牙岩
難所。トレースは有るものの、藪と滑落しそうなルートで体力と時間を要する。頼りにならない錆びた鎖や朽ちかけた梯子など、他人任せでは歩けない。

牙岩〜木曽前岳
牙岩から玉ノ窪へ抜ける巻き道が有るけど、かなり不明瞭な上に絶えず滑落しそうなルートなのでエキスパート以外歩くのはやめた方が良い。直近歩いた跡が有ったので僕も進んだものの、とても歩ききれそうな感じではなかった。一体どんな人が歩いてるんだろう。
牙岩から木曽前岳は急登で歩きにくい。ルートもAコースの様に明瞭ではない。ロープが有るけど劣化して切れ掛かっているので、ロープに頼り切る様な登り方をしてはいけない。こんなルートを歩く人はそんな事言わなくても分かっているだろうけど。

全体的に
上松Bコースはバリエーションルートと言って良い。観光案内に載せる様なレベルの登山道じゃない。少なくとも、標準コースタイムはかつて整備されていた頃のもので、今は全くアテにならない。ここを歩く人は余程の物好きだとは思うけど、体力も技術も要求されるので興味本位で行くととんでもない目に遭う。特に麦草岳から牙岩間はかなり困難なので、勢いで行ってしまって戻れないなんて事になりかねない。行けそうにない場合、何処で引き返すかかなり難しい判断をする事になる。


上松Aコース
明瞭で歩きやすい。難点は距離が長い。標準コースタイムは6時間半(上松町観光協会より)。コースタイムが長い為登山者が少なく、その割にはよく整備されていてとても静かな山歩きが出来る。苦労して登った先に宝剣岳や駒ヶ岳が見えると感動もひとしお。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

アルプス山荘付近の駐車場。上松Aコースでピストンするなら林道を車で進めるから、ここを起点にする人は少ない。支度して5:20スタート。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すアルプス山荘付近の駐車場。上松Aコースでピストンするなら林道を車で進めるから、ここを起点にする人は少ない。支度して5:20スタート。
2
舗装された林道を4kmほど歩いて木曽駒荘。ハイペースのつもりが1時間かかってる。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す舗装された林道を4kmほど歩いて木曽駒荘。ハイペースのつもりが1時間かかってる。
1
未舗装の林道を進む。堰堤で渡渉。微妙に水量が多くて濡れずに渡れない。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す未舗装の林道を進む。堰堤で渡渉。微妙に水量が多くて濡れずに渡れない。
1
林道は廃道になり途中深い藪になる。ただ、トレースが有るのと比較的新しいマーキングが有る。直近に歩いた跡が有る。歩いている人は居るんだ。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す林道は廃道になり途中深い藪になる。ただ、トレースが有るのと比較的新しいマーキングが有る。直近に歩いた跡が有る。歩いている人は居るんだ。
1
林道を右に逸れて丸太橋を渡る。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す林道を右に逸れて丸太橋を渡る。
2
深い笹薮を抜けていく。トレースは有るからルートファインディングはさほど困難じゃない。とは言うものの、一部「あれ?ルート何処?」っていう個所も有った。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す深い笹薮を抜けていく。トレースは有るからルートファインディングはさほど困難じゃない。とは言うものの、一部「あれ?ルート何処?」っていう個所も有った。
1
奇美世滝。スタートから2時間半。まだまだ序盤だけど、もう低山なら1山登れるよね。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す奇美世滝。スタートから2時間半。まだまだ序盤だけど、もう低山なら1山登れるよね。
2
奇美世滝を過ぎると藪で悩まされる事はなくなる。その代わり急斜面になる。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す奇美世滝を過ぎると藪で悩まされる事はなくなる。その代わり急斜面になる。
やっと視界が開けてきた。向こうに御嶽山が見える。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すやっと視界が開けてきた。向こうに御嶽山が見える。
2
スタートから5時間半かかって麦草岳。もう既にやりきった感(´_`。) 麦草岳から牙岩方面のルートは「難所」って書いてある。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すスタートから5時間半かかって麦草岳。もう既にやりきった感(´_`。) 麦草岳から牙岩方面のルートは「難所」って書いてある。
2
麦草岳からが本番。稜線に出てしまえば楽勝かと思ったら、麦草岳から先の方が藪に悩まされる。しかもマーキング乏しい。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す麦草岳からが本番。稜線に出てしまえば楽勝かと思ったら、麦草岳から先の方が藪に悩まされる。しかもマーキング乏しい。
1
ガスってるけど、駒ヶ岳ってあっちの方だよね・・・もしかしてあそこ歩くんだろうか。(´д`lll)   途中ソロのお兄さんとすれ違う。踏み抜きそうになったから戻ってきたって言う。踏み抜きそうって何!?拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すガスってるけど、駒ヶ岳ってあっちの方だよね・・・もしかしてあそこ歩くんだろうか。(´д`lll)   途中ソロのお兄さんとすれ違う。踏み抜きそうになったから戻ってきたって言う。踏み抜きそうって何!?
1
痩せ尾根に向かってガッツり下る。心細いスリリングなルート。でもルート有るだけマシ。下の方は崩れて道が無かった(笑)拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す痩せ尾根に向かってガッツり下る。心細いスリリングなルート。でもルート有るだけマシ。下の方は崩れて道が無かった(笑)
2
下ってきた斜面を振り返る。転げ落ちそうだよね・・・拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す下ってきた斜面を振り返る。転げ落ちそうだよね・・・
3
岩場を巻いていく。鎖が有るって事は右に巻くんだよね。錆びてて掴まる気にならない鎖だけど。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す岩場を巻いていく。鎖が有るって事は右に巻くんだよね。錆びてて掴まる気にならない鎖だけど。
2
牙岩手前の朽ちた木製の梯子。ある意味劔岳よりもスリリング。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す牙岩手前の朽ちた木製の梯子。ある意味劔岳よりもスリリング。
3
折角だから牙岩の上で記念撮影。こんな事やってるほど時間の余裕無いんだけど・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折角だから牙岩の上で記念撮影。こんな事やってるほど時間の余裕無いんだけど・・・
3
歩いてきた尾根を振り返る。崩落して危険というよりも、巻き道の方が滑落しそうで危険。ソロのお兄さんが言ってた「踏み抜きそう」っていうのはその事か。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す歩いてきた尾根を振り返る。崩落して危険というよりも、巻き道の方が滑落しそうで危険。ソロのお兄さんが言ってた「踏み抜きそう」っていうのはその事か。
3
牙岩から木曽前岳はもうすぐ。だけどガッツリ登る。木曽前岳をトラバースして玉ノ窪へ抜けるルートが有ったからそっちを通ろうと思ったら、かなり不明瞭かつ滑落しそうだったから素直に木曽前岳登る。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す牙岩から木曽前岳はもうすぐ。だけどガッツリ登る。木曽前岳をトラバースして玉ノ窪へ抜けるルートが有ったからそっちを通ろうと思ったら、かなり不明瞭かつ滑落しそうだったから素直に木曽前岳登る。
2
木曽前岳。スタートから7時間45分。向こうに駒ヶ岳が見えるけど、とても駒ヶ岳までは行けない。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す木曽前岳。スタートから7時間45分。向こうに駒ヶ岳が見えるけど、とても駒ヶ岳までは行けない。
2
上松Aコースで下る。あの尾根を延々と下るのか・・・拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す上松Aコースで下る。あの尾根を延々と下るのか・・・
2
上松Aから上松Bの尾根。オネラーなら、これを見たら歩きたくなるのは仕方が無いよな。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す上松Aから上松Bの尾根。オネラーなら、これを見たら歩きたくなるのは仕方が無いよな。
4
宝剣岳と駒ヶ岳。いい眺め。駒ヶ岳はまた今度。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す宝剣岳と駒ヶ岳。いい眺め。駒ヶ岳はまた今度。
3
ふらふらになって下りてきて、あとは駐車場へ戻るだけっていう所でまさかの迂回路。堰堤工事の為、今までの歩道が通れないらしい。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すふらふらになって下りてきて、あとは駐車場へ戻るだけっていう所でまさかの迂回路。堰堤工事の為、今までの歩道が通れないらしい。
2
まさかこの赤い鉄橋を歩いて戻るとは思わなかった。とぼとぼ歩いていると、車の登山者夫婦が声を掛けてくれた。親切な人も居るのね。藪を歩き回って小汚い格好だったのでお礼を言って断ったけど、結構歩くハメになったからやっぱ乗せてもらえば良かった。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すまさかこの赤い鉄橋を歩いて戻るとは思わなかった。とぼとぼ歩いていると、車の登山者夫婦が声を掛けてくれた。親切な人も居るのね。藪を歩き回って小汚い格好だったのでお礼を言って断ったけど、結構歩くハメになったからやっぱ乗せてもらえば良かった。
2

感想/記録

上松Bコースを歩く人は少ないみたいで、記事がなかなか見当たらない。事前に調べて、かなりの藪と不明瞭さ、距離の長さが分かっていたから、行くか行かないか悩んだ。でも連休の初日だから、時間と体力を使い果たしてしまっても大丈夫だろうし、しかも天気は良いし、こんな機会も無いだろうしやっぱり困難なルートにチャレンジしてみたいって思う。
結果的には読みが甘くて駒ヶ岳には辿り着けなかった。上松Aコースまで行けたら後は何とでもなるという安心感は有るものの、「もう歩きたくない」って思う様な山行は今回が初めてかもしれない。自分の体力の限界はこれ位なんだって分かった。

詳細はwebで(´_`。)
http://d.hatena.ne.jp/single779/20140914
訪問者数:1959人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ