また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 509013 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

三つ峠山(三つ峠駅から往復)

日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り 気温は頂上付近の山小屋の温度計は12度くらいだった。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/hourly_s1.php?prec_no=49&block_no=47640&year=2014&month=9&day=14&view=
アクセス
利用交通機関
電車
富士急行・三つ峠駅下車
連休のせいか、往復結構混雑していました。三つ峠駅から大月駅まで立ってました。
2014年9月現在、交通系ICカードは使えません。来春から導入予定とのこと。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間3分
休憩
51分
合計
6時間54分
S三つ峠駅09:4410:01三ツ峠グリーンセンター10:0210:24憩いの森公園10:2510:44達磨石10:4511:23股覗き11:2912:10八十八大師12:1112:33屏風岩12:3412:41四季楽園12:4813:20三ッ峠山13:5013:57四季楽園14:06屏風岩14:0714:25八十八大師14:44股覗き15:09達磨石15:1015:45憩いの森公園16:16三ツ峠グリーンセンター16:1716:37三つ峠駅16:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
三つ峠山頂で休憩
帰り達磨石〜憩いの森公園の間で休憩
コース状況/
危険箇所等
全体的に良く整備された登山道です。手も使うことなく、膝より上に足を上げることも稀。特に迷う個所もないと思います。屏風岩の前後やや危険かなと思う程度です。

・三つ峠駅〜達磨石
だらだらと登る舗装路。382mの高低を稼ぐ。日陰が少なく、アスファルトなのでなかなかきつい。登山道への標はありますので、指示通りに行けば迷わないでしょう。車も通りますので注意してください。

・達磨石〜八十八大師
ここもダラダラと森の中を登っていく。ここが体力勝負。股のぞきで富士山が望めます。

・八十八大師〜山頂
屏風岩を望めるあたりで登りが緩み、一息つくことが出来ます。風景も変わりこの辺りはある気が楽しい。ただ、屏風岩の前後は道が細く、道を踏み外すと崖に落ちる可能性がありますので気を付けたいところ。ちょっとしたガレ場と沢にかかる橋でのスリップも注意点です。

山頂付近は標がはっきりしていないので、私は山頂にたどり着くのにぐるっと回ってしまったのですが、四季楽園着いたら左→富士見山荘前→ちょっとしたザレ場を登ったら山頂です。

帰りはこのザレ場で滑らないよう注意を。
その他周辺情報・食料
三つ峠駅を出て国道沿いにコンビニがあるようですが、未確認です。

・飲料
達磨石までに自販機が何か所か設置されています。屏風岩で水が流れていますが、飲んでいいものか不明。山頂の小屋でも水は確保できます。

・トイレ
達磨石までに何か所かあります。山頂にもトイレあり。

・登山ポスト
登山ポストはグリーンセンターの横の公園の建物の中にあります。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 1/25 000地形図(1) ガイド地図(1) コンパス(1) 笛(1) 筆記具(1) 保険証(1) 飲料(1) ウエットティッシュ(1) バンドエイド等(1) タオル(1) スマホ(1) 計画書(1) レインウエア(1) ダウンジャケット(1) 食料(1) 非常食(1) カメラ(1) レンズ(1) レンズ カメラメンテナンスキット(1) カメラ予備バッテリ(1) 予備SDカード(1) エマージェンシーシート(1) トイレットペーパー(1) 携帯トイレ(1) 予備コンタクトレンズ(1) 日焼け止め(1) ベアベル(1) 三脚 ヘッドライト(1) 予備電池(1) 軍手(1) サプリメント(1) ガムテープ(1) 薬(1)

写真

三つ峠駅。ヤマノススメのキャラクターがお迎え。
三つ峠駅に到着する際に登場人物の一人ひなたの声でアナウンスがありました。アニメ聖地巡礼に来たと思われる方も幾人かお見受けしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ峠駅。ヤマノススメのキャラクターがお迎え。
三つ峠駅に到着する際に登場人物の一人ひなたの声でアナウンスがありました。アニメ聖地巡礼に来たと思われる方も幾人かお見受けしました。
2
雰囲気のある三つ峠駅を出て左に行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雰囲気のある三つ峠駅を出て左に行きます。
1
標識もしっかりしているので迷いもなく行けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識もしっかりしているので迷いもなく行けます。
真ん中より左側の三つ山頂がある山が三つ峠山でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中より左側の三つ山頂がある山が三つ峠山でしょうか。
1
グリーンセンター。温泉に入れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンセンター。温泉に入れます。
グリーンセンターの入口脇に案内所兼トイレがあります。この中に登山ポストが設置されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンセンターの入口脇に案内所兼トイレがあります。この中に登山ポストが設置されています。
大山祇(おおやまし)神社。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山祇(おおやまし)神社。
桂川へと流れ込む沢沿いの道路を行きます。なかなか見えない山道。すでに心臓がバクバク行っていて、ちょっとまずい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂川へと流れ込む沢沿いの道路を行きます。なかなか見えない山道。すでに心臓がバクバク行っていて、ちょっとまずい。
砂防ダムの上に見えます。三つ峠山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防ダムの上に見えます。三つ峠山。
1
このトイレが山に入る前の最後のトイレです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このトイレが山に入る前の最後のトイレです。
ようやく山道にはいります。木陰に入れるのと足の負担を考えるとちょっとホッとする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく山道にはいります。木陰に入れるのと足の負担を考えるとちょっとホッとする。
山道に入るなり達磨石に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道に入るなり達磨石に到着。
最初は階段。アスファルトの道を一本調子で登ってきた足には答えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は階段。アスファルトの道を一本調子で登ってきた足には答えます。
キノコその1
達磨石から八十八大師までの辺りはキノコを良く見かけました。登り続きで撮る余裕が・・・その代わり帰りで幾つか撮っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコその1
達磨石から八十八大師までの辺りはキノコを良く見かけました。登り続きで撮る余裕が・・・その代わり帰りで幾つか撮っています。
山には杉を見かけず、松や広葉樹が多かった。広葉樹の森の木陰の明るさは綺麗だと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山には杉を見かけず、松や広葉樹が多かった。広葉樹の森の木陰の明るさは綺麗だと思います。
股のぞきに到着。富士山を望めるスポットですが、皆さん富士を愉しむ余裕など顔色からは見受けられませんでした(笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
股のぞきに到着。富士山を望めるスポットですが、皆さん富士を愉しむ余裕など顔色からは見受けられませんでした(笑
2
残念ながら富士の山頂は雲の中。頂上までに見えるといいんですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら富士の山頂は雲の中。頂上までに見えるといいんですが。
馬返し。馬が通れぬ登りになるというとか。やや戦慄。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬返し。馬が通れぬ登りになるというとか。やや戦慄。
愛染明王塔。都度都度休憩スポットありますので息抜きが出来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛染明王塔。都度都度休憩スポットありますので息抜きが出来ます。
不二石。特に休憩スポットでもないところでしたが、お腹が減り始めたので、道を逸れて立ったままおにぎり1つ貪りつく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不二石。特に休憩スポットでもないところでしたが、お腹が減り始めたので、道を逸れて立ったままおにぎり1つ貪りつく。
花その1。八十八大師まではあまり花は見かけませんした。唯一見かけたのがこの花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花その1。八十八大師まではあまり花は見かけませんした。唯一見かけたのがこの花。
八十八大師に到着。ベンチありますが、先に休憩したので
先を行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八十八大師に到着。ベンチありますが、先に休憩したので
先を行きます。
この辺りから一本調子の登りは終わり、余裕が戻ってきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから一本調子の登りは終わり、余裕が戻ってきます。
花その2。この辺りから花を数種類見かけました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花その2。この辺りから花を数種類見かけました。
ガレ場。慎重に行けば問題ないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場。慎重に行けば問題ないです。
屏風岩の周辺では所々に沢や湧水が流れています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩の周辺では所々に沢や湧水が流れています。
屏風岩に差し掛かる所から山頂の眺め(たぶん)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩に差し掛かる所から山頂の眺め(たぶん)
屏風岩を回るように道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩を回るように道が続きます。
屏風岩の眺め。クライミングをしているかといらっしゃいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩の眺め。クライミングをしているかといらっしゃいました。
四季楽園に到着。ここにもヤマノススメのポスターを発見。店の前にテーブルありますが有料です。昼時だったのでほぼ昼食を取られる方で埋まっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四季楽園に到着。ここにもヤマノススメのポスターを発見。店の前にテーブルありますが有料です。昼時だったのでほぼ昼食を取られる方で埋まっていました。
1
四季楽園を抜け、トイレが左手に見えるあたりを過ぎ、右手に富士見山荘が見えたら、そちらに行けば良かったんですが、そのまま真っ直ぐ行ってしまう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四季楽園を抜け、トイレが左手に見えるあたりを過ぎ、右手に富士見山荘が見えたら、そちらに行けば良かったんですが、そのまま真っ直ぐ行ってしまう。
なんか人が居なくてなんか妙だなと思いつつも進む。結果的には標識もあり、山頂をぐるっと回った形になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか人が居なくてなんか妙だなと思いつつも進む。結果的には標識もあり、山頂をぐるっと回った形になりました。
んで、山頂到着。富士山頂見えぬ。それでも素晴らしい眺め。麓から山々の眺望がとても良い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
んで、山頂到着。富士山頂見えぬ。それでも素晴らしい眺め。麓から山々の眺望がとても良い。
三つ峠山300名山の1座達成。眺望を観ながら残りのおにぎりを頬張りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ峠山300名山の1座達成。眺望を観ながら残りのおにぎりを頬張りました。
さて、帰途に。頂上付近はザレってますので滑らないように。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、帰途に。頂上付近はザレってますので滑らないように。
なんだか名残おしい。帰り道は体力的な余裕があるので、脇目をしながら帰る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだか名残おしい。帰り道は体力的な余裕があるので、脇目をしながら帰る。
屏風岩の所。飲めるんでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩の所。飲めるんでしょうか。
危険だなと思った沢にかかる橋。破損があり、橋が斜めになっているのでスリップ注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険だなと思った沢にかかる橋。破損があり、橋が斜めになっているのでスリップ注意。
もう一つ危険だなと思ったところ。草に覆われているんですが、そこに足を踏み入れてしまうと崖です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一つ危険だなと思ったところ。草に覆われているんですが、そこに足を踏み入れてしまうと崖です。
キノコその5。齧った跡があるけど食べれるんだろか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコその5。齧った跡があるけど食べれるんだろか。
キノコその6。まるで花。キノコだよねえ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコその6。まるで花。キノコだよねえ
キノコその7。これも齧ったぽい跡があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコその7。これも齧ったぽい跡があります。
キノコその8。これはキノコではないのか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコその8。これはキノコではないのか。
1
登りがウソのような速さで馬返しに到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りがウソのような速さで馬返しに到着。
達磨石に到着。ピンボケしているのは膝が笑っているせいです。我ながら情けない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
達磨石に到着。ピンボケしているのは膝が笑っているせいです。我ながら情けない。
駅に至る所で川に入れる場所を発見。うひょー冷たい。登山の疲れがある程度リセットされました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅に至る所で川に入れる場所を発見。うひょー冷たい。登山の疲れがある程度リセットされました。
2
三つ峠山頂もあんなに遠くなりにけり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ峠山頂もあんなに遠くなりにけり
キノコその10。童話に出てきそうなキノコ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコその10。童話に出てきそうなキノコ。
1
三つ峠山を模したと思われるトイレ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ峠山を模したと思われるトイレ。
グリーンセンターで温泉でも入ろうかなと思いましたが、川でリフレッシュできたので、今回はパスしました。送り迎え付きのプランもあるようです。アリかもしれません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンセンターで温泉でも入ろうかなと思いましたが、川でリフレッシュできたので、今回はパスしました。送り迎え付きのプランもあるようです。アリかもしれません。
グリーンセンター付近がスカイツリーと同じ標高とのこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンセンター付近がスカイツリーと同じ標高とのこと。
三つ峠駅に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ峠駅に到着。
ヤマノススメポスタ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマノススメポスタ。
1

感想/記録

6月に男体山登って以来の登山でした。その間に体重が数キロ増えたこともあって、3〜5キロほどランニングを日々こなしていたのですが、やはり登山は別物です。ちょっとくたびれた。

よくこの山はガイドブックで中級扱いされています。それは体力勝負だからでしょう。スキルは大したことがありません。

登山道は本当に歩きやすい。6月に行った日光の登山道の苦しさと比べれば雲泥の差でした。

私も見ていますが、アニメ「ヤマノススメ」で登場した山ということで、”聖地巡礼”されているファンの方を幾人か見かけました。標高差1176mの山は結構体力いりますよ。これを見て登山に興味を持った方はご覚悟を。ちなみに主人公は天覧山→高尾山→三つ峠山→富士山と来ているけど、もう少し山登った方がいいのにと、まだまだ初心者の私は思った。
訪問者数:525人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ