また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 509178 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

赤石岳&荒川三山(テント&赤石小屋 2泊3日)

日程 2014年09月12日(金) 〜 2014年09月14日(日)
メンバー
天候9/12 晴れ
9/13 晴れのち曇り
9/14 晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間44分
休憩
34分
合計
6時間18分
S椹島ロッジ08:5712:00清水平12:2413:20見晴岩13:3014:30駒鳥池15:15千枚小屋
2日目
山行
9時間57分
休憩
1時間1分
合計
10時間58分
千枚小屋04:3505:30千枚岳05:3607:03悪沢岳07:1708:21荒川岳(中岳)08:38荒川前岳09:43荒川小屋10:0912:57赤石岳13:1215:33赤石小屋
3日目
山行
2時間10分
休憩
0分
合計
2時間10分
赤石小屋05:2107:31椹島ロッジG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

三連休前日の金曜日、駐車場は既に半分埋まってました。定時の8時では無く6時40分発の臨時便が到着。でも目の前でギリギリ乗れず、7時40分の第二便に乗りました。バスの他にデリカも3台稼働してました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三連休前日の金曜日、駐車場は既に半分埋まってました。定時の8時では無く6時40分発の臨時便が到着。でも目の前でギリギリ乗れず、7時40分の第二便に乗りました。バスの他にデリカも3台稼働してました。
茶臼岳登山口の畑薙大吊橋通過。バスの車中から撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳登山口の畑薙大吊橋通過。バスの車中から撮影。
途中車を停めて山の名前を教えてくれます。これは聖岳だったかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中車を停めて山の名前を教えてくれます。これは聖岳だったかな?
1
椹島到着。標高1100m。いよいよ二泊三日の山旅スタート!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椹島到着。標高1100m。いよいよ二泊三日の山旅スタート!
最初は川沿いの登山道。ハチ(スズメバチ?)に襲われました。追い抜いたパーティーの中で一名座りこんでましたが、ハチに刺されたのか、急病か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は川沿いの登山道。ハチ(スズメバチ?)に襲われました。追い抜いたパーティーの中で一名座りこんでましたが、ハチに刺されたのか、急病か。
急登を経て鉄塔通過。同じバス便の人はスタート時間が同じなので前後の登山者と抜きつ抜かれつ進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を経て鉄塔通過。同じバス便の人はスタート時間が同じなので前後の登山者と抜きつ抜かれつ進む。
岩頭見晴らしから見える稜線。悪沢岳ですかね?千枚尾根は基本的になだらかな登山道ですが、この辺が一番アスレチックな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩頭見晴らしから見える稜線。悪沢岳ですかね?千枚尾根は基本的になだらかな登山道ですが、この辺が一番アスレチックな感じ。
1
途中の林道にたくさん蝶が飛んでました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の林道にたくさん蝶が飛んでました。
紅葉の時期にはまだ早いけど、上を見上げるとチラホラ色づいてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の時期にはまだ早いけど、上を見上げるとチラホラ色づいてました。
こういう古いワイヤーとか落ちているのを見ると、昔林業が盛んだったんだなと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう古いワイヤーとか落ちているのを見ると、昔林業が盛んだったんだなと思います。
こんなに歩いて来たのにあと4時間30分もかかるなんて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなに歩いて来たのにあと4時間30分もかかるなんて。
この辺はもっと森が開けてた記憶がありますが、夏なので見通しが効かないのでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺はもっと森が開けてた記憶がありますが、夏なので見通しが効かないのでしょうか?
元々千枚小屋近くまでは花が少ない登山道だけど、この時期はキノコがたくさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元々千枚小屋近くまでは花が少ない登山道だけど、この時期はキノコがたくさん。
二度目の林道横断。左から出て来て、右へ進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二度目の林道横断。左から出て来て、右へ進みます。
初日は一日中樹林帯の登山道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初日は一日中樹林帯の登山道。
途中見晴台に寄り道。稜線が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中見晴台に寄り道。稜線が見えます。
1
こっちは赤石岳?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちは赤石岳?
1
駒鳥池で少し休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒鳥池で少し休憩。
予想通りお花畑の花の種類は少なく、トリカブト畑みたいになってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想通りお花畑の花の種類は少なく、トリカブト畑みたいになってました。
1
千枚小屋到着!結構疲れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚小屋到着!結構疲れた。
小屋前に咲いていた綺麗な花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前に咲いていた綺麗な花。
雲が多いけど、ビミョーに富士山が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が多いけど、ビミョーに富士山が見えました。
平日なのでテント場には空きスペースがたくさんありました。夜もそれ程寒くなく、テントも朝露で濡れなかったので撤収が楽でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日なのでテント場には空きスペースがたくさんありました。夜もそれ程寒くなく、テントも朝露で濡れなかったので撤収が楽でした。
二日目は日の出前から出発。最初の十分くらいヘッドライトで歩く。千枚岳の頂上でご来光が見れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目は日の出前から出発。最初の十分くらいヘッドライトで歩く。千枚岳の頂上でご来光が見れました。
1
千枚岳山頂から丸山方面。ちょっと紅く染まりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚岳山頂から丸山方面。ちょっと紅く染まりました。
途中振り返ると、朝日が眩しい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中振り返ると、朝日が眩しい!
5
丸山山頂から逆光の富士山。ここで既に三千メートル超え。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山山頂から逆光の富士山。ここで既に三千メートル超え。
丸山山頂から悪沢岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山山頂から悪沢岳。
悪沢岳山頂へは岩の登山道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳山頂へは岩の登山道。
山頂到着!今回の最高到達点。2年前は暴風でただ通り過ぎただけだったのを思い出す。今回は穏やかな天候でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着!今回の最高到達点。2年前は暴風でただ通り過ぎただけだったのを思い出す。今回は穏やかな天候でした。
中央アルプスや北アルプスもよく見えました。槍〜キレット〜穂高も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスや北アルプスもよく見えました。槍〜キレット〜穂高も。
1
そして赤石岳!稜線縦走中は左側〜正面にずっと見えてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして赤石岳!稜線縦走中は左側〜正面にずっと見えてます。
2
こちらは中岳&前岳。ダイナミック!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは中岳&前岳。ダイナミック!
2
トウヤクリンドウ?秋も近いし稜線上なので花は少なめ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウ?秋も近いし稜線上なので花は少なめ。
中岳避難小屋を颯爽と通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳避難小屋を颯爽と通過。
振り返ると避難小屋と悪沢岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると避難小屋と悪沢岳。
1
中岳山頂は避難小屋からすぐ近くにあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳山頂は避難小屋からすぐ近くにあります。
前岳まで気持ち良い稜線を歩いてすぐ近く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前岳まで気持ち良い稜線を歩いてすぐ近く。
1
前岳到着!今日だけで三千メートルピークを6個制覇する予定。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前岳到着!今日だけで三千メートルピークを6個制覇する予定。
赤石岳にガスがかかってきました。しかしガスを纏う姿もカッコイイ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳にガスがかかってきました。しかしガスを纏う姿もカッコイイ!
鹿除け柵を通ってお花畑へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿除け柵を通ってお花畑へ。
メチャ花が少ない〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メチャ花が少ない〜。
タンポポの綿毛で夏の終わりを感じて少し寂しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タンポポの綿毛で夏の終わりを感じて少し寂しい。
荒川小屋に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川小屋に到着。
1
小屋から3分下った水場で水分補給。水はジャンジャン出てました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋から3分下った水場で水分補給。水はジャンジャン出てました。
休憩&エネルギー補給後、赤石岳に向けて出発。写真で見るより、実際に目の前にした赤石岳は超巨大です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩&エネルギー補給後、赤石岳に向けて出発。写真で見るより、実際に目の前にした赤石岳は超巨大です。
1
大聖寺平に向かうこの道は気持ちよくて大好きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大聖寺平に向かうこの道は気持ちよくて大好きです。
小赤石岳への急登の途中振り返って。悪沢岳に続いて前岳もガスに飲み込まれそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小赤石岳への急登の途中振り返って。悪沢岳に続いて前岳もガスに飲み込まれそう。
小赤石岳に到着。ガスが増えて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小赤石岳に到着。ガスが増えて来ました。
1
何とか赤石岳山頂は見えてます。予定ではこのまま山頂避難小屋に泊まる予定でしたが。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか赤石岳山頂は見えてます。予定ではこのまま山頂避難小屋に泊まる予定でしたが。。。
とうとう赤石岳に到着!山頂で休憩していると、千枚小屋を出発したパーティーが赤石小屋まで辿り着けそうにないため避難小屋に予約を変更したそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とうとう赤石岳に到着!山頂で休憩していると、千枚小屋を出発したパーティーが赤石小屋まで辿り着けそうにないため避難小屋に予約を変更したそう。
この時点で既に定員を20名オーバーとか。今日は連休初日なので、このまま赤石小屋に下ることにしました。素泊まり用の別館は山頂避難小屋ほど混まないと思うし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時点で既に定員を20名オーバーとか。今日は連休初日なので、このまま赤石小屋に下ることにしました。素泊まり用の別館は山頂避難小屋ほど混まないと思うし。
赤石小屋までの道のりは急斜面やアップダウンのトラバースが続いて疲れました。でも赤石小屋の受付の人が美人で癒されました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石小屋までの道のりは急斜面やアップダウンのトラバースが続いて疲れました。でも赤石小屋の受付の人が美人で癒されました。
翌日。13時のバスに乗れるようにゆっくり出発する予定でしたが、周りには朝早く下山する人もチラホラ。どうやら10時半のバスを目指しているよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日。13時のバスに乗れるようにゆっくり出発する予定でしたが、周りには朝早く下山する人もチラホラ。どうやら10時半のバスを目指しているよう。
帰りの運転を考えると早めに下山した方が良い気がしてきて、慌てて出発。樹林帯越しに朝焼けの赤石岳も見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの運転を考えると早めに下山した方が良い気がしてきて、慌てて出発。樹林帯越しに朝焼けの赤石岳も見えました。
椹島に到着!思ったより早く下山できました。過去の記録を見返してみると同じようなコースタイムでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椹島に到着!思ったより早く下山できました。過去の記録を見返してみると同じようなコースタイムでした。
下山バスまで3時間。最初の1時間はゆっくり休んでましたが、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山バスまで3時間。最初の1時間はゆっくり休んでましたが、、、
暇なので付近を散策。まず牛首峠まで登って赤石岳を眺める。今日も良い天気や〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暇なので付近を散策。まず牛首峠まで登って赤石岳を眺める。今日も良い天気や〜。
鳥森山の遊歩道を歩いて椹島ロッジまで帰って来ました。さすがに鳥森山の山頂往復する時間はありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥森山の遊歩道を歩いて椹島ロッジまで帰って来ました。さすがに鳥森山の山頂往復する時間はありませんでした。
椹島ロッジ前の広場は気持ち良い〜。ここでのテント泊は有りですね。このあと水辺の広場を散策。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椹島ロッジ前の広場は気持ち良い〜。ここでのテント泊は有りですね。このあと水辺の広場を散策。
河原の水量も豊富で気持ち良い。登る時は奥に見える橋の手前から千枚尾根に取り付いたはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原の水量も豊富で気持ち良い。登る時は奥に見える橋の手前から千枚尾根に取り付いたはず。
静岡テレビの南ア遊覧飛行当選者のヘリが谷筋から登場!カメラを回しつつレポーターの人と降りて来ました。ローカル番組だから見れないんだよな〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静岡テレビの南ア遊覧飛行当選者のヘリが谷筋から登場!カメラを回しつつレポーターの人と降りて来ました。ローカル番組だから見れないんだよな〜。
1

感想/記録
by libra

椹島を起点に周回コースを歩きました。
時期的に花の季節と紅葉の季節の間だったので、
どちらも最盛期には程遠いですが、
結局天気が良ければ楽しく歩けることが再発見できました。
(最近5年間でこのコースを歩くのは4回目ですが、
 今までで2番目に天気が良かったです)

好天の3連休ということでアルプスは
どこもかなりの人出だったらしいですが、
世間の連休より1日早く入山したので、
コース上は目茶苦茶人が多いというわけではありませんでした。
(反時計回りに周回する人が多いのですれ違う人が少ない)
赤石小屋では自分は素泊まりだったので別館でしたが、
一階が17人前後、二階にも人がいましたが、
身動き取れないような狭さではなかったです。

連休中は天気がずっと良さそうなので
もう一日休みがあれば二日目は百間洞に泊まって、
翌日に聖岳経由で下山したかった・・・。
(世間より一日早く入山した分、一日早く下山する必要がありました)
訪問者数:1717人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ