また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 509791 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

双六岳・三俣蓮華岳・鷲羽岳

日程 2014年09月12日(金) 〜 2014年09月14日(日)
メンバー
天候快晴、日中はちょっとガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
9/12のAM4:00過ぎに到着も市営駐車場は満車で初めての鍋平駐車場へ。ほとんど徹夜で移動したのですが...話によると前日PM11:00に着いても満車だったそうです。9/14は路駐しまくりで中尾高原経由の道で移動するよう誘導あり。これほど凄まじいとは思いませんでした。下山時は迷わずロープウェイで鍋平に戻りました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間20分
休憩
1時間20分
合計
8時間40分
S登山口ゲート06:0007:00わさび平小屋07:30小池新道入口08:30秩父沢出合08:4010:10シシウドヶ原10:3011:30鏡平山荘12:1013:10弓折乗越13:2013:40花見平14:00くろゆりベンチ14:40双六小屋キャンプ場
2日目
山行
7時間50分
休憩
1時間50分
合計
9時間40分
双六小屋キャンプ場05:5007:00双六岳07:1008:30三俣蓮華岳08:4008:50三俣峠09:10三俣山荘09:4011:00鷲羽岳11:3012:20三俣山荘12:4013:10三俣峠13:2015:00双六岳巻道分岐15:30双六小屋キャンプ場
3日目
山行
4時間10分
休憩
1時間20分
合計
5時間30分
双六小屋キャンプ場05:5006:30くろゆりベンチ06:50花見平07:10弓折乗越07:40鏡平小屋08:0008:40シシウドヶ原08:5009:40秩父沢出合09:5010:30小池新道入口10:40わさび平小屋11:2011:20登山口ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
下山時の弓折乗越〜鏡平山荘は渋滞が多かったです。
コース状況/
危険箇所等
最大の危険個所は、上のコースには含まれませんが、鍋平駐車場から新穂高温泉まででした。薄暗がりの中、道がぬめっていて滑ります。ここで体力を使い切りました(言い訳)。
他は、
- 三俣蓮華岳山頂から三俣峠までの下りが滑る。
- 鷲羽岳の登り、下りは落石に注意。
- 鏡平山荘から熊の踊り場への下り。中途半端な段差。
でしょうか。
その他周辺情報平湯の森に寄ってきました。ここも駐車場が一杯で10分ほど待たされました。三連休の中日なので仕方がないでしょう。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

今からあそこを越えていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今からあそこを越えていきます。
シシウドヶ原、眠い〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シシウドヶ原、眠い〜
熊の踊り場、眠い....がこの後目の前で人に転倒され目が覚める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の踊り場、眠い....がこの後目の前で人に転倒され目が覚める。
1
鏡池より。槍。ガスが...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡池より。槍。ガスが...
2
鏡平山荘でまったり。水がぶ飲み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平山荘でまったり。水がぶ飲み。
1
邪悪なガス到来。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
邪悪なガス到来。
槍もさらにガスに...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍もさらにガスに...
弓折乗越に着くころにはガスが取れる。ワハハ!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弓折乗越に着くころにはガスが取れる。ワハハ!!
鷲羽岳が見えた!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳が見えた!!
1
花見平。雪は消えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花見平。雪は消えました。
1
笠ヶ岳、ガスが...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳、ガスが...
双六小屋が見えた!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋が見えた!!
テン場が思ったほど混んでない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場が思ったほど混んでない。
2
翌朝の朝食。卵を持ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝の朝食。卵を持ってきました。
2
後片付けが大変なので卵は焼いた方がよいことが判明。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後片付けが大変なので卵は焼いた方がよいことが判明。
1
小屋前より日の出。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前より日の出。
朝日を浴びる鷲羽岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を浴びる鷲羽岳。
1
月が近くなった気がする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月が近くなった気がする。
三俣蓮華岳が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳が見えました。
1
薬師岳。左は黒部五郎岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳。左は黒部五郎岳。
1
この稜線歩きが楽しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この稜線歩きが楽しい。
ちょっときつい登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっときつい登り。
歩いてきた稜線を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線を振り返る。
そして三俣蓮華岳へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして三俣蓮華岳へ。
黒部五郎岳のカールが見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳のカールが見える。
1
雲ノ平。小屋も見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ノ平。小屋も見えます。
1
何故かここからダッシュで下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何故かここからダッシュで下ります。
歩いてきた稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線。
1
三俣山荘で休憩後、鷲羽岳へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山荘で休憩後、鷲羽岳へ。
2
鷲羽池。小さいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽池。小さいです。
鷲羽岳山頂より。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳山頂より。
1
ワリモ岳に向かおうとするも引き返すことに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモ岳に向かおうとするも引き返すことに。
1
板の上の部分が人の顔に見えて仕方がない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板の上の部分が人の顔に見えて仕方がない。
2
槍の穂先が写ってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍の穂先が写ってました。
1
山頂は隠れてしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は隠れてしまいました。
巻道。この先で雷鳥を見つけました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻道。この先で雷鳥を見つけました。
この雲が近い感じが嫌いではない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この雲が近い感じが嫌いではない。
1
テン場に戻ると大変なことに...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場に戻ると大変なことに...
3
翌朝、出発です。耳栓大活躍でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、出発です。耳栓大活躍でした。
入山日より秋が進んだ感じがします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山日より秋が進んだ感じがします。
林道終点が見えます。ショートカットしたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点が見えます。ショートカットしたい。
今回もそろそろ終わりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回もそろそろ終わりです。

感想/記録
by Gekko

夏の休みはすべて雨のまま終わってしまい一ヶ月半ぶりの山行です。ここに賭けていました。
土曜日は寒気が南下して雪(?)かもという予報で急遽行き先を変更し双六岳周辺に行ってきました。

双六岳は今回で三度目。恒例となった気がする、「今年こそなんとかなるかなと錯覚し、年齢に伴う体力低下を再確認」する儀式のようなもの。今回は、前回と比べて、要所での休憩時間を長くとってみました。移動もゆっくり目。常時、トレッキングポールを使用(前回は下りのみ使用)。水も少な目のMax1.5Lをキープ。が、やっぱりきつい。予定変更が響いてほぼ徹夜での入山となってしまいましたが、シシウドヶ原〜鏡平山荘の間が眠い眠い。もう少し余力を残して双六小屋に到着したいのだが...

今回は何故かいろんな方に話しかけられました。楽しかったです。挨拶を返すとずいぶん元気だねと言われましたが全部空元気です。大きく返すと体力戻るんですよね。

下山時の林道歩き、風で涼しく、秋を感じることができました。入山日にはオレンジ色だったナナカマドの実も赤みを増したような...
訪問者数:467人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/9/25
投稿数: 236
2014/9/18 20:24
 お疲れさまでした!
の連休で良かったですね!
新穂高までの下りが大変だったようで何ともですが鍋平駐車場からのに止められて良かったですね。
http://www.asahi.com/articles/ASG9K4ST0G9KOHGB00M.html
を見て凄まじさがわかりました。
登録日: 2009/10/7
投稿数: 71
2014/9/20 11:18
 Re: お疲れさまでした!
ずいぶん待たされましたが、やっとやっと晴れてくれました。話を伺ってみるとみなさんこの連休に賭けていたようで、どこも混雑。レコを拝見するに槍ケ岳、奥穂高岳の待ち行列もすごかったようです。

今年のbonさんの山行はなんだか勢いがありますね!!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ