また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 509931 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

大キレット、穂高ぐるりとラウンド山行(上高地〜槍ヶ岳〜大喰岳〜中岳〜南岳〜北穂高岳〜涸沢岳〜奥穂高岳〜前穂高岳〜上高地)

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月15日(月)
メンバー
天候9/13 晴れ→曇り
9/14 晴れ→曇り
9/15 曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】
前夜22:30新宿-05:15上高地
→さわやか信州号。少し奮発してグリーン席!携帯充電できます。ヘッドパッドついてます。耳栓&アイマスクで 熟睡できました。

【復路】
14:05上高地-15:10新島々
15:25新島々-15:54松本
→バス&電車
http://www.kamikochi.or.jp/access/bus-timetable_3/
常識かも知れませんが、帰りのバス整理券は出発前に。

16:30松本-都内へ
→あずさ
上高地から指定席予約。やっぱり「えきねっと」は便利ですね
https://www1.eki-net.com/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間4分
休憩
38分
合計
7時間42分
Sスタート地点05:4805:53河童橋05:5606:01小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)06:0206:29明神 (明神館)07:04徳澤園07:0507:14新村橋(パノラマ分岐)07:46横尾 (横尾山荘)07:5608:28槍見河原08:34一ノ俣08:3508:40二ノ俣09:02槍沢ロッヂ09:1909:40赤沢岩小屋(ババ平)09:4210:18槍沢大曲り10:1911:00槍沢・天狗原分岐11:0213:30殺生ヒュッテ
2日目
山行
6時間20分
休憩
2時間18分
合計
8時間38分
宿泊地05:1805:41槍ヶ岳山荘06:0706:16飛騨乗越06:1706:32大喰岳06:3307:01中岳07:55南岳07:5608:01南岳小屋08:3809:30長谷川ピーク09:4510:05A沢のコル10:1510:38飛騨泣き10:3910:59北穂高小屋11:0211:08北穂高岳(北峰)11:2713:18涸沢岳13:4213:56穂高岳山荘
3日目
山行
5時間29分
休憩
59分
合計
6時間28分
穂高岳山荘05:3906:14穂高岳06:4007:56紀美子平07:5708:20前穂高岳08:2808:51紀美子平08:5210:27岳沢小屋10:4912:00河童橋12:0112:05上高地バスターミナル12:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■上高地〜槍ヶ岳肩の小屋
下りで何度か使ったことはありましたが、今回初めて登りで使いました。結論からいうと・・・しんどかったです。

コース詳細は以下サイトが参考になります。
http://www.japanesealps.net/north/yarigatake/yarisawa.html

個人的な感想としては・・・上高地から槍沢小屋までは殆どアップダウンもなく、先を急ぐあまりについつい飛ばして(飛ばせて)しまいますが、そこは流石に移動距離20km弱、単純標高差1500m弱のコース。ペース配分間違えて自分は完全に後半バテました(今回の行程で一番ばてたかもです。。)

■肩の小屋〜南岳小屋
全般的にアップダウンの少ない3000mの素敵な稜線歩きが楽しめます。危険箇所は特にありませんが、強いて言うと・・・中岳の山頂直下の登りは2段階の梯子もあり、短いですが少しだけ急です。また、中岳からの下りすぐのガレ場は天候不良時には道のロストに注意。

■南岳小屋〜北穂高小屋(大キレット)
全般的に岩尾根のアップダウンが続きます。危険箇所は鎖などしっかり整備されています。渋滞による集中力の切れ、落石注意、天候不良などに気を付ければ経験者なら大丈夫だと思います(あくまで天候に恵まれた時の話です)。

南岳小屋から直ぐにながーい梯子と鎖で一気に高度を下げます。以降、長谷川ピークまでは比較的緩やかで安全な岩尾根です。狭いながらも数人がザック下ろして休めるスペースが小ピークに何ヵ所かありました。

長谷川ピークへの登りは短いですが手足を使う急な登りです。ピークを越えてすぐ、ナイフリッジを信州側から飛騨側に乗り越えた後、急降下する箇所があります。渋滞も相まって個人的には一番緊張しました。

ナイフリッジを越えて程なくA沢のコル。ザックを下ろして休めるポイントです。ここから有名な飛騨泣きまで急な岩場の登りが続く核心部かと思います。ちなみに飛騨泣きは足場・鎖場がしっかり整備されています。

滝谷展望台を過ぎると北穂への岩の急登を登りきれば大キレット終了です。逆方向(北穂→槍)だと北穂への最後の登りは下りに…色々なサイトに書かれていますが、確かにイヤらしいです。

■北穂高小屋〜穂高岳山荘
個人的にはそれ程恐怖感はなかったです。大キレット通過した直後で変なアドレナリンが出てたからか、はたまガスっていて高度感がそれ程なかったからか・・・

コース詳細は以下サイトが参考になります(逆ルートですが)。
http://www.japanesealps.net/north/hodakadake/karesawa.html

大キレットよりコースタイムは短いですが、場所柄(?)、通過者が多くすれ違いや渋滞が頻発しました。また、ザックをおろして休憩するスペースも少なかったように思います。奥穂バンド、涸沢槍〜涸沢岳の登りはずっと鎖・岩場の連続で緊張感がありましたが、大キレット同様、細かいステップが随所にあります。

■穂高岳山荘〜前穂高
奥穂へは山荘から見えるハシゴ、鎖場を抜けると緩やかな登りに。吊尾根は気持ちの良い稜線歩き。渋滞しながらしてても奥穂がドーンと見えて良いんです!紀美子平〜前穂は思いの外急な岩登り。

コース詳細は以下サイトが参考になります(また・・・)。
http://www.japanesealps.net/north/hodakadake/turione.html

■前穂高〜上高地
コース詳細は・・・またです(だって、自分の感想より百倍参考になるのです・・・)
http://www.japanesealps.net/north/hodakadake/maehodaka.html

重太郎新道はやっぱ急です。登りと下りどちらが良いかというと…自分は下りですかね。途中から岳沢小屋が見えるので、下る元気が沸いてきます。岳沢小屋から下は緩やかな下り。岳沢クーラーを楽しみにしてましたが・・・涼しくなかった(涙)
その他周辺情報【下山後の温泉】
上高地アルペンホテル
http://www.kamikochi.or.jp/facilities/stay/kamikochi-alpen-hotel/#detail04
7:00〜10:30、12:00〜14:30。500円。河童橋から5分程度。20分待ちでした。受付の対応が丁寧で好感持てます。

【下山後の飲食店】
立ち食い蕎麦 山野草
http://s.tabelog.com/nagano/A2002/A200201/20011518/
松本駅0番ホーム。早くて素朴で美味しいです。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

備考 【防寒対策】
今年は冷え込みが例年より早いとのことで、防寒対策にダウン上下(ライトでないもの)、テント内の銀マットを持参。特に銀マットは効果絶大でした。

【カメラ対策】
これまでは一眼&スマホでのダブル撮影で、同じ景色を何故に二度撮る?とウンザリしてました。時間もかかるし・・・。その対応として無線LAN搭載SDカード「FlashAir」を試してみました。
http://www.toshiba.co.jp/p-media/flashair/

結論からいうと、オススメです!
新しいカメラには無線LAN搭載機種も多いですが、自分が使っているEOS60Dはそんな機能はなし・・・それでも一眼で撮影した写真をその場でSDカード内臓の無線LANでスマホに連携できます。これのお陰で今回はスマホでの撮影はゼロ。時間短縮とスマホ落下の防止に効果絶大でした(自分、山で二度ほどスマホ壊してます。トホホ)。書き込み速度もCLASS10で問題無し。逆輸入品なら安く手に入ります。

写真

早朝の上高地BTは登山者の世界。朝5時過ぎとは思えない人の数
2014年09月13日 05:17撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝の上高地BTは登山者の世界。朝5時過ぎとは思えない人の数
河童橋より。天気は上々
2014年09月13日 05:57撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋より。天気は上々
1
休みなしのハイペースで横尾通過。槍までまだ11K。先は長い
2014年09月13日 08:05撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休みなしのハイペースで横尾通過。槍までまだ11K。先は長い
この辺から徐々にペースダウン…
2014年09月13日 09:05撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から徐々にペースダウン…
視界が開けてもうすぐグリーバンド!すでにヘロヘロ
2014年09月13日 10:26撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が開けてもうすぐグリーバンド!すでにヘロヘロ
1
一年ぶりに槍とご対面。空には怪しい雲が…
2014年09月13日 12:25撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一年ぶりに槍とご対面。空には怪しい雲が…
1
ヘロヘロになりながらも本日のお宿に到着。
質素ですがオーナーさんが親切で素敵な小屋でした。
2014年09月13日 13:34撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘロヘロになりながらも本日のお宿に到着。
質素ですがオーナーさんが親切で素敵な小屋でした。
殺生ヒュッテのテン場は槍・常念の好展望地!
因みに肩の小屋のテン場は午前中で満員御礼とか。
2014年09月13日 15:19撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殺生ヒュッテのテン場は槍・常念の好展望地!
因みに肩の小屋のテン場は午前中で満員御礼とか。
1
疲れたので予定してた槍ピストンは取り止め。景色を肴にゆっくりビール楽しみました
2014年09月13日 15:35撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れたので予定してた槍ピストンは取り止め。景色を肴にゆっくりビール楽しみました
二日目。夜は満点の星空でした。5時位から肩の小屋に向け移動開始!一番好きな時間帯です
2014年09月14日 05:12撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目。夜は満点の星空でした。5時位から肩の小屋に向け移動開始!一番好きな時間帯です
1
赤く焼ける大喰岳
2014年09月14日 05:32撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤く焼ける大喰岳
槍の穂先も僅かに染まり始めた。ご来光自体よりモルゲン風景の方が好きです
2014年09月14日 05:33撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍の穂先も僅かに染まり始めた。ご来光自体よりモルゲン風景の方が好きです
と言いつつちゃっかりご来光!
2014年09月14日 05:37撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と言いつつちゃっかりご来光!
1
朝靄に浮かぶ富士のライン。綺麗です
2014年09月14日 05:41撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝靄に浮かぶ富士のライン。綺麗です
1
朝焼け終わる頃に肩の小屋に到着。槍には既にこの行列…この時点で穂先の登頂は断念
2014年09月14日 05:50撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼け終わる頃に肩の小屋に到着。槍には既にこの行列…この時点で穂先の登頂は断念
2
穂先をやめた代わりに少しブラブラ。西鎌方面。この稜線がたまらなくは素敵!
2014年09月14日 05:53撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂先をやめた代わりに少しブラブラ。西鎌方面。この稜線がたまらなくは素敵!
2
撮影を楽しんだところで、そろそろ向かいます!ここからは初めて。ワクワク
2014年09月14日 06:14撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮影を楽しんだところで、そろそろ向かいます!ここからは初めて。ワクワク
惜しみつつも振り返り、槍にさようなら!
2014年09月14日 06:14撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惜しみつつも振り返り、槍にさようなら!
去年までは肩の小屋のテン場から眺めるだけだった大喰岳。立派です
2014年09月14日 06:18撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年までは肩の小屋のテン場から眺めるだけだった大喰岳。立派です
あっという間に山頂。槍の展望グッドです
2014年09月14日 06:35撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に山頂。槍の展望グッドです
左に視線を移すと笠。この日の笠は存在感抜群でした。今度登りたい!
2014年09月14日 06:35撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に視線を移すと笠。この日の笠は存在感抜群でした。今度登りたい!
次は中岳。緩やかな登りの稜線です
2014年09月14日 06:52撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は中岳。緩やかな登りの稜線です
こちらもあっという間に山頂。そしてパシャリ。今回初の自分の写真
2014年09月14日 07:04撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらもあっという間に山頂。そしてパシャリ。今回初の自分の写真
1
中岳から槍と歩いて来た稜線が良く見えます。結構歩いた雰囲気。
2014年09月14日 07:28撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳から槍と歩いて来た稜線が良く見えます。結構歩いた雰囲気。
日蔭となる飛騨側には霜が。滑り易いので要注意。
2014年09月14日 07:32撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日蔭となる飛騨側には霜が。滑り易いので要注意。
そんなこんなで南岳です
2014年09月14日 07:58撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんなこんなで南岳です
少し歩くと北穂が迫ってきます。とうとう大キレットの入口、南岳小屋が見えてきました。
2014年09月14日 07:59撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し歩くと北穂が迫ってきます。とうとう大キレットの入口、南岳小屋が見えてきました。
南岳小屋で一休み
2014年09月14日 08:06撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳小屋で一休み
南岳小屋のテン場。眺め抜群ですね。今度泊まってみたい!
2014年09月14日 08:20撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳小屋のテン場。眺め抜群ですね。今度泊まってみたい!
休憩も終わっていざ出陣!
2014年09月14日 08:45撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩も終わっていざ出陣!
大キレット入口より。ギザギザした稜線ですね。北穂への登りも結構きつそう
2014年09月14日 08:51撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大キレット入口より。ギザギザした稜線ですね。北穂への登りも結構きつそう
のっけから鎖と梯子で一気に高度を下げます
2014年09月14日 08:55撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のっけから鎖と梯子で一気に高度を下げます
降りきった地点より。ながーい梯子
2014年09月14日 09:02撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りきった地点より。ながーい梯子
少し離れた場所から振り返る。いきなり結構下りました
2014年09月14日 09:13撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し離れた場所から振り返る。いきなり結構下りました
正面を見ると北穂が鎮座。まだ先は長い
2014年09月14日 09:16撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面を見ると北穂が鎮座。まだ先は長い
1
険しそうにみえるけど、Hピークまではこんな感じで結構なだらかな岩尾根の稜線歩きです
2014年09月14日 09:30撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
険しそうにみえるけど、Hピークまではこんな感じで結構なだらかな岩尾根の稜線歩きです
岩尾根の道。ペンキマークが随所にあります
2014年09月14日 09:41撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩尾根の道。ペンキマークが随所にあります
さすがに稜線、眺めは良いです。常念方面
2014年09月14日 09:41撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすがに稜線、眺めは良いです。常念方面
1
しかしお天気に恵まれました。青空に山がよく映える!
2014年09月14日 09:41撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしお天気に恵まれました。青空に山がよく映える!
笠方面も展望は良好!しかし笠は立派だー
2014年09月14日 09:41撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠方面も展望は良好!しかし笠は立派だー
小ピークのアップダウンを繰り返し、Hピークに到着。
2014年09月14日 09:43撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークのアップダウンを繰り返し、Hピークに到着。
ここからがいよいよ本番です。正面の北穂まで結構アップダウンを繰り返します
2014年09月14日 09:43撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからがいよいよ本番です。正面の北穂まで結構アップダウンを繰り返します
どこを歩くの?と思わずにはいられない岩尾根です。
2014年09月14日 09:43撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこを歩くの?と思わずにはいられない岩尾根です。
Hピークを過ぎていきなり危険個所。ナイフリッジを信州側から飛騨側に乗越えます。ここは緊張しました
2014年09月14日 09:53撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Hピークを過ぎていきなり危険個所。ナイフリッジを信州側から飛騨側に乗越えます。ここは緊張しました
1
飛騨側に目を移すと滝谷のふかーい谷。救助ヘリが来てました…
2014年09月14日 10:00撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨側に目を移すと滝谷のふかーい谷。救助ヘリが来てました…
これから歩く稜線。遠くから見ると高度感が凄い道です
2014年09月14日 10:01撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから歩く稜線。遠くから見ると高度感が凄い道です
難所を抜けるとA沢のコル。広い鞍部なのでザックを置いて休めます。
2014年09月14日 10:05撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難所を抜けるとA沢のコル。広い鞍部なのでザックを置いて休めます。
A沢のコルからはいきなりの急登!ここから一層険しくなっていきます
2014年09月14日 10:15撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A沢のコルからはいきなりの急登!ここから一層険しくなっていきます
ふと振り返るとHピークにA沢のコル。いい眺め!
2014年09月14日 10:22撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと振り返るとHピークにA沢のコル。いい眺め!
足元はこんな感じの場所。
2014年09月14日 10:22撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元はこんな感じの場所。
1
ほぼ垂直方向にグングン登っていきます。見かけより手がかり足がかりはあります。
2014年09月14日 10:23撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ垂直方向にグングン登っていきます。見かけより手がかり足がかりはあります。
そうはいっても下は断崖絶壁。油断出来る場所ではないです…
2014年09月14日 10:32撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうはいっても下は断崖絶壁。油断出来る場所ではないです…
飛騨泣きすぎたかな?と前の人と話をしていたら、突然出現!鎖とステップがしっかり整備されているので、他の場所より安心感が有ります
2014年09月14日 10:38撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨泣きすぎたかな?と前の人と話をしていたら、突然出現!鎖とステップがしっかり整備されているので、他の場所より安心感が有ります
飛騨泣き無事通過!休憩できる小スペースがありました。
2014年09月14日 10:39撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨泣き無事通過!休憩できる小スペースがありました。
1
飛騨泣き通過後もまだまだ鎖場だらけです
2014年09月14日 10:41撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨泣き通過後もまだまだ鎖場だらけです
滝谷展望台より。圧巻の岩場です。
2014年09月14日 10:51撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷展望台より。圧巻の岩場です。
北ホまであと200m!垂直方向に、でしょうか?
2014年09月14日 10:55撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ホまであと200m!垂直方向に、でしょうか?
ついに北穂高小屋を発見!
2014年09月14日 11:02撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに北穂高小屋を発見!
無事に大キレット通過!万歳!
2014年09月14日 11:11撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に大キレット通過!万歳!
歩いたトレイルを見ながらなっちゃんで乾杯!うーん、良い気分です
2014年09月14日 11:15撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いたトレイルを見ながらなっちゃんで乾杯!うーん、良い気分です
本日の予定をどうしようかのんびり考えようと思ったのですが、この混雑…
2014年09月14日 11:16撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の予定をどうしようかのんびり考えようと思ったのですが、この混雑…
人も多いし時間もあるので、休憩を早々に切り上げて先に進むことに。まずは北穂でパシャリ
2014年09月14日 11:33撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人も多いし時間もあるので、休憩を早々に切り上げて先に進むことに。まずは北穂でパシャリ
1
奥穂まで2.3km。レッツゴー!
2014年09月14日 11:41撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂まで2.3km。レッツゴー!
涸沢岳・奥穂に続く道。この辺からガスが出てきました。
2014年09月14日 11:46撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢岳・奥穂に続く道。この辺からガスが出てきました。
まずは激下りです。
2014年09月14日 11:47撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは激下りです。
大キレット同様に岩尾根ですが、こちらもペンキ印が随所に有ります。
2014年09月14日 11:53撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大キレット同様に岩尾根ですが、こちらもペンキ印が随所に有ります。
新たな目的地、奥穂はまだまだ先
2014年09月14日 11:59撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新たな目的地、奥穂はまだまだ先
歩き始めてすぐ、鞍部に下る鎖場で大渋滞。確かに高度感はあります、が…
2014年09月14日 12:17撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めてすぐ、鞍部に下る鎖場で大渋滞。確かに高度感はあります、が…
見事なまでに岩だらけ。尾根上に道がすーっと伸びてます
2014年09月14日 12:32撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事なまでに岩だらけ。尾根上に道がすーっと伸びてます
時折ガスが晴れると涸沢まで一望できます。岩場・鎖場の連続なので景色に見とれて落ちないように注意します
2014年09月14日 12:32撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折ガスが晴れると涸沢まで一望できます。岩場・鎖場の連続なので景色に見とれて落ちないように注意します
最低のコル。ザックを下して休めるスペースです。直前の小ピークで休憩したのでスルーします。
2014年09月14日 12:44撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最低のコル。ザックを下して休めるスペースです。直前の小ピークで休憩したのでスルーします。
涸沢槍・涸沢岳への登り。ここから結構登りが続きます
2014年09月14日 13:06撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢槍・涸沢岳への登り。ここから結構登りが続きます
随所で渋滞が発生。大キレットより人が多いからかな?
2014年09月14日 13:09撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
随所で渋滞が発生。大キレットより人が多いからかな?
振り返るとこんな感じ。結構高度感はあります
2014年09月14日 13:09撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとこんな感じ。結構高度感はあります
またしても渋滞…
2014年09月14日 13:16撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またしても渋滞…
草紅葉は少しだけ始まってました。今年の紅葉はやっぱり早め?
2014年09月14日 13:36撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草紅葉は少しだけ始まってました。今年の紅葉はやっぱり早め?
1
そのうちガスが立ち込めて当り一面真っ白。。どこ登ってるかわからないけど、とりあえず進みます。。
2014年09月14日 13:42撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのうちガスが立ち込めて当り一面真っ白。。どこ登ってるかわからないけど、とりあえず進みます。。
真っ白ですが涸沢岳に到着。ここから穂高岳山荘までは普通の登山道です。テン場の状況が気が気でない…
2014年09月14日 13:49撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白ですが涸沢岳に到着。ここから穂高岳山荘までは普通の登山道です。テン場の状況が気が気でない…
予想通りテン場は大混雑。。岩がゴロゴロした段々スペースに一人分のスペースを発見して無事設営。
2014年09月14日 14:41撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想通りテン場は大混雑。。岩がゴロゴロした段々スペースに一人分のスペースを発見して無事設営。
この日はテラスもテント用に開放されていました。あっちの方がフラットだ…でも展望はこっちが上!
最終的にはテントでテラスも超満員でした。
2014年09月14日 14:41撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日はテラスもテント用に開放されていました。あっちの方がフラットだ…でも展望はこっちが上!
最終的にはテントでテラスも超満員でした。
無事に本日の行動を終えられたことを祝して、一人で乾杯です。ビールいっぱいで幸せw
2014年09月14日 14:55撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に本日の行動を終えられたことを祝して、一人で乾杯です。ビールいっぱいで幸せw
ぼーっと景色を見ながらビールタイム。この日は雲の流れがとっても早い。一瞬虹が見えました。
2014年09月14日 16:31撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぼーっと景色を見ながらビールタイム。この日は雲の流れがとっても早い。一瞬虹が見えました。
ガスが晴れて青空に奥穂!しかし明日もやっぱり渋滞ですね…ちなみにこの日は取り付くのにテラス通り越してザイテン終点くらいまでの渋滞だったとか…
2014年09月14日 16:32撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが晴れて青空に奥穂!しかし明日もやっぱり渋滞ですね…ちなみにこの日は取り付くのにテラス通り越してザイテン終点くらいまでの渋滞だったとか…
冷えてきたのでテントに戻ってまったり。雲は多いけどなかなかの景色♪
2014年09月14日 17:00撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷えてきたのでテントに戻ってまったり。雲は多いけどなかなかの景色♪
テントから前穂も見えます
2014年09月14日 17:29撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントから前穂も見えます
1
夕暮れ時。奥穂が綺麗に光ってます
2014年09月14日 17:46撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れ時。奥穂が綺麗に光ってます
ガス越しにわずかに見えるジャンダルム。雰囲気ありますね〜
2014年09月14日 17:47撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガス越しにわずかに見えるジャンダルム。雰囲気ありますね〜
ガスが取れてくっきり!ギザギザの稜線。かっこいい!
2014年09月14日 17:50撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが取れてくっきり!ギザギザの稜線。かっこいい!
最終日。風も弱くテントで熟睡できました。
雲が厚いですが隙間から朝日
2014年09月15日 05:31撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終日。風も弱くテントで熟睡できました。
雲が厚いですが隙間から朝日
1
当りが赤く染まります。凄い人の数だ…
2014年09月15日 05:31撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当りが赤く染まります。凄い人の数だ…
奥穂に取り付きます。予想通り朝5時過ぎから渋滞…
2014年09月15日 05:39撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂に取り付きます。予想通り朝5時過ぎから渋滞…
最初の梯子、岩場をやり過ごすとゆるやかな登山道に
2014年09月15日 06:02撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の梯子、岩場をやり過ごすとゆるやかな登山道に
突然ジャンダルムとご対面!結構歩いている人が多くてびっくり
2014年09月15日 06:28撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然ジャンダルムとご対面!結構歩いている人が多くてびっくり
ズーム!てっぺんに人がいます。凄い!
2014年09月15日 06:29撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズーム!てっぺんに人がいます。凄い!
1
お馴染みの撮影もやっぱり渋滞。三回目にしてやっと登頂なのでスルーせずに並びましたw
2014年09月15日 06:35撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お馴染みの撮影もやっぱり渋滞。三回目にしてやっと登頂なのでスルーせずに並びましたw
2
さすがに展望は抜群。上高地が結構近く感じられます
2014年09月15日 06:36撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすがに展望は抜群。上高地が結構近く感じられます
昨日歩いた槍・北穂方面。雲は有るけどヨーク見えます。こちらは遠く感じます
2014年09月15日 06:45撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日歩いた槍・北穂方面。雲は有るけどヨーク見えます。こちらは遠く感じます
本日歩く吊尾根・前穂方面。岩の稜線が素敵です
2014年09月15日 06:47撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日歩く吊尾根・前穂方面。岩の稜線が素敵です
ガスがおおいけど幸いにも富士山まで見えた!
2014年09月15日 06:48撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがおおいけど幸いにも富士山まで見えた!
1
富士山ズーム。シルエットですぐわかるって凄いことですね。
2014年09月15日 06:48撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山ズーム。シルエットですぐわかるって凄いことですね。
景色も堪能したので先に進みます
2014年09月15日 06:50撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色も堪能したので先に進みます
これまで涸沢から眺めてた吊尾根。何度見ても惚れ惚れする稜線ですね
2014年09月15日 07:00撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまで涸沢から眺めてた吊尾根。何度見ても惚れ惚れする稜線ですね
開始すぐに長い鎖で高度を下げます。
2014年09月15日 07:04撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開始すぐに長い鎖で高度を下げます。
山腹に真っ直ぐにつけられた登山道。こちらも随所で渋滞発生…
2014年09月15日 07:28撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山腹に真っ直ぐにつけられた登山道。こちらも随所で渋滞発生…
紀美子平の直前で雷鳥さん出現!渋滞中の絶好のタイミング!
2014年09月15日 07:45撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紀美子平の直前で雷鳥さん出現!渋滞中の絶好のタイミング!
1
何度見ても雷鳥可愛い!渋滞のイライラもすっかり解消w
2014年09月15日 07:47撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度見ても雷鳥可愛い!渋滞のイライラもすっかり解消w
紀美子平。とっても広いスペースです。ザックをデポして前穂に向かいます。
2014年09月15日 08:01撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紀美子平。とっても広いスペースです。ザックをデポして前穂に向かいます。
山頂までガレた岩場。すぐかと思いきや意外と時間かかります
2014年09月15日 08:22撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までガレた岩場。すぐかと思いきや意外と時間かかります
前穂山頂!一等三角点もあり結構広いスペースです。勿論展望は抜群!
2014年09月15日 08:28撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂山頂!一等三角点もあり結構広いスペースです。勿論展望は抜群!
1
明神、常念、槍まで!
常念山脈は先っちょが茶褐色
2014年09月15日 08:28撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神、常念、槍まで!
常念山脈は先っちょが茶褐色
上高地、焼岳、乗鞍!
こちらは緑が濃いです
2014年09月15日 08:29撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地、焼岳、乗鞍!
こちらは緑が濃いです
奥穂、涸沢岳、北穂、槍!
岩のグレーが目立ちます
2014年09月15日 08:30撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂、涸沢岳、北穂、槍!
岩のグレーが目立ちます
ズーム。奥に見えるのは剱??
2014年09月15日 08:31撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズーム。奥に見えるのは剱??
これから下る重太郎新道。うーん急ですね…
2014年09月15日 08:33撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから下る重太郎新道。うーん急ですね…
景色を堪能して紀美子平に戻ります。山のヒダが何とも言えず素敵♪
2014年09月15日 08:41撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色を堪能して紀美子平に戻ります。山のヒダが何とも言えず素敵♪
重太郎新道を下ります。最初は鎖があったりかなり急。雨の日はスリップが怖そうです
2014年09月15日 09:08撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重太郎新道を下ります。最初は鎖があったりかなり急。雨の日はスリップが怖そうです
あっという間に岳沢パノラマ。奥穂-西穂の稜線が良く見えます
2014年09月15日 09:31撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に岳沢パノラマ。奥穂-西穂の稜線が良く見えます
小さく岳沢小屋を発見!行き先見えると安心しますね〜
2014年09月15日 09:31撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さく岳沢小屋を発見!行き先見えると安心しますね〜
途中何度か梯子、鎖が出てきます。気を抜かないように注意して進みます
2014年09月15日 09:49撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中何度か梯子、鎖が出てきます。気を抜かないように注意して進みます
カモシカ立場。もうすぐ稜線の眺めともサヨナラです。。
2014年09月15日 09:52撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカ立場。もうすぐ稜線の眺めともサヨナラです。。
カモシカ立場からの景色。登りでこの稜線見えたら元気出ますねー
2014年09月15日 09:52撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカ立場からの景色。登りでこの稜線見えたら元気出ますねー
あまりに有名なながーい梯子。途中「出っ歯」があります!気を付けて見てみてくださいね
2014年09月15日 10:09撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまりに有名なながーい梯子。途中「出っ歯」があります!気を付けて見てみてくださいね
1
梯子を過ぎると完全に樹林帯に。お花がまだ頑張ってました。アザミ?
2014年09月15日 10:14撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子を過ぎると完全に樹林帯に。お花がまだ頑張ってました。アザミ?
ナナカマドも赤い実が増えてました
2014年09月15日 10:23撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドも赤い実が増えてました
岳沢小屋に到着。ここでヘルメットを取ってストック装着します。
2014年09月15日 10:32撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳沢小屋に到着。ここでヘルメットを取ってストック装着します。
休憩もそこそこに上高地に。ここから1.5hくらい。あっと言う間ですね
2014年09月15日 10:54撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩もそこそこに上高地に。ここから1.5hくらい。あっと言う間ですね
途中、枯れ沢からの穂高の眺め。これで見納めです。楽しかった―
2014年09月15日 10:56撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、枯れ沢からの穂高の眺め。これで見納めです。楽しかった―
楽しみにしていた岳沢クーラー。涼しくなかったです。。。
2014年09月15日 11:33撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しみにしていた岳沢クーラー。涼しくなかったです。。。
大分下って木道が出現。苔むした森を進みます。
2014年09月15日 11:42撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分下って木道が出現。苔むした森を進みます。
苔とタケ。タケがかわいいい
2014年09月15日 11:42撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔とタケ。タケがかわいいい
しっとりとした良い雰囲気の樹林帯。大好きな苔がいっぱい
2014年09月15日 11:51撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっとりとした良い雰囲気の樹林帯。大好きな苔がいっぱい
2
名残惜しくも下山完了。
2014年09月15日 11:54撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しくも下山完了。
お風呂入って上高地BTへ。自分の中で定番のセットw
2014年09月15日 13:44撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お風呂入って上高地BTへ。自分の中で定番のセットw
番外編:松本駅の立ち食い蕎麦。これからの時期は温まって良いですね
2014年09月15日 16:17撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
番外編:松本駅の立ち食い蕎麦。これからの時期は温まって良いですね
2
撮影機材:

感想/記録

今回のテーマは大キレットと穂高登頂!

お盆休みに八峰、不帰をクリアし、三大キレットも残るは大キレットのみ。今年中に全て踏破したいなーと思っていました。

言わずと知れた穂高。登山初めて4年目、過去2回程チャレンジしましたが、実は未だに登頂なし。1回目は一昨年の紅葉シーズン。台風直撃で涸沢までで断念。もう1回は今年の7月。涸沢からザイテン経由で山荘まで来たものの、天候不良で登頂は断念。穂高とはどうも相性が良くないみたいです…

今回は2泊3日で大キレットと穂高両方通過しちゃおうという贅沢な山行です。テント泊だと荷物の問題もあるし、本当は友人と二人で通過したかったけど、予定が合わずに単独テント泊で挑みました。

ご存じの通り、今年の夏の週末はお天気に恵まれず、そんな中での好天の連休だけあってどこも大混雑!コース上は大キレットのHピーク、北穂-奥穂間、奥穂から紀美子平までの区間が特に大渋滞でした。山小屋の方も、穂高岳山荘でのテント場ヤバかったです。テラスまでテントがびっしり…自分はソロテントだったので辛うじて岩ごろごろの場所を確保出来ました。

今回は軽量化重視で、食糧は全部フリーズドライ、酒の肴は極力カット。代わりに山小屋でオデン等のおつまみ買ってビール飲むのを楽しみにしてましたが、あれ、どこにでもあるわけじゃないんですね。。涸沢ヒュッテ、槍ヶ岳山荘凄いんだなー。と実感。あてが外れておつまみ無かったせいか、下山直後のお風呂で体重計ると4キロも痩せてました(苦笑)。

ともあれ、お天気に恵まれて憧れてた大キレットの通過、穂高初登頂を達成できて大満足の山行でした!

次は南アルプスの雄大な稜線をのんびり歩きたいなー。今年はそろそろ厳しいかな?
訪問者数:661人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ