また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 510086 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

白峰三山縦走

日程 2014年09月12日(金) 〜 2014年09月13日(土)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
(往路)
都内−(自家用車)−芦安第2駐車場ー(乗合タクシー)−広河原タクシー降車場ー(徒歩)ー
(復路)
奈良田−(知り合った方の自家用車)ー芦安第2駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間37分
休憩
1時間3分
合計
6時間40分
S広河原インフォメーションセンター06:1506:19広河原山荘06:38白根御池分岐06:4009:56八本歯のコル10:0010:28吊尾根・北岳山荘トラバース道分岐10:3010:47吊尾根分岐11:10北岳12:0512:55北岳山荘
2日目
山行
8時間46分
休憩
59分
合計
9時間45分
北岳山荘04:4505:23中白根山05:4006:22間ノ岳06:2707:30農鳥小屋07:4008:25西農鳥岳08:3009:05農鳥岳09:1009:43大門沢分岐09:4511:45大門沢小屋12:0014:20奈良田ゲート14:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
白峰三山縦走を1泊2日で行けるとは思いませんでした。
このコースはコースタイムや交通機関のダイヤが気になる方が多いと思いますので、参考まで。

初日、12日(金)は平日ダイヤで芦安→広河原は6時発と遅いのですが、タクシー協会に電話したところ、乗り合いタクシーが5時40分から出ているとのことでした。
東京を早朝に出発し、バス停、乗り合いタクシー乗り場のある芦安第2駐車場の到着が5時過ぎでしたが、既に人数がそろった乗り合いタクシーが出発し始めようとしていました。
急いで支度をして、私の乗り合いタクシーは5時15分発。広河原のタクシー降り場到着が6時6分。降り場の正面に簡易トイレはありますが、混んでなければインフォメーションセンターのトイレの方がきれいです。

道路を進んで吊り橋を渡り、広河原山荘前を6時19分スタート。
まずは白根御池分岐まで。最初は白根御池小屋、草すべり、肩の小屋経由も考えていたのですが、時間が少し短縮できるので大樺沢二俣方面に向かい、左俣、八本歯のコルを経由して向かうことにしました。当日はほとんどの方が分岐で同じコースに進んでいました。

休憩時間を短めにして八本歯のコル到着が10時前。自分としてはかなり頑張ってる感じです。
八本歯のコルは行く前はビビってはいたのですが、天気が良かったせいもあって無事に乗り切れました。唐松ー五竜の岩場よりは怖くなかったです。

山頂到着は11時過ぎ。風は冷たいですが、天気が良いのでゆっくりして北岳山荘へ。
13時にチェックインしました。山荘の朝食は5時半とのことでしたが、翌日に奈良田までのロングコースなので早めに出発したいため、4時半にできるという朝食弁当を依頼しました。

予定よりは早めに着いたので飲み始めます。山荘には生ビール(エビス)があって嬉しい限りでした(900円のところ平日割引で700円でした)。最初外で飲んでいましたが、風が冷たくなってきたので中に戻りストーブの前で飲み足しました。缶ビール(スーパードライ、一番搾り、黒ラベル、各500円)缶チューハイ、ワイン(300円)もあり、けっこうリーズナブルで、初めて会う方々と山の話で盛り上がりながら、お酒が進んでしまいました。晩御飯を食べて、就寝。平日のこともあり、一人一枚の布団は確保できました。敷布団に敷毛布、掛け毛布に相掛け布団で夜も寒くなく快適でした。

翌朝は4時に起きて準備開始。4時半に弁当を受け取って、昨日ご一緒に飲んだ方のうち、同じコースを目指す方と一緒にまず中白根山を目指します。

スタートは4時45分。中白根山での日の出に間に合いました。
風もあるのでかなり気温が低かったですが、それを忘れるくらい雲海と日の出がきれいでした。

間ノ岳、農鳥小屋、西農鳥岳、農鳥岳と移動しましたが、早時間は風が冷たいので、フリースと雨具の上を着込んでいたのですが、それなりにアップダウンもあって汗もかき、またピークで写真撮ったりと止まるので、タイミングをみて脱いだり羽織ったりしました。

大門沢分岐までは景色が素晴らしく、本当に気持ちの良く歩けました。
大門沢分岐到着が9時40分過ぎ。ここからが勝負です。
特に荒れている場所はなかったのですがひたすら下るので、足への負担は大きいと思います。
昼に近づくのと、標高が下がるのでどんどん暑くなってきました。川が見えると大門沢小屋が近いです。小屋で水を補給。トイレ休憩をして、さらに下ります。

途中からは林の中に入りますが、とにかく長いので気持ち的にもバテてきました。
橋をいくつか渡ると工事現場に出て、しばらく行くと工事車両の通る自動車道に出ます。荒れたコンクリ―ト道がジワジワ足に来ます。

奈良田第一発電所の到着が14時半。
当初はここを15時半過ぎのバスで広河原に戻り、乗り合いタクシーで芦安まで戻る予定でしたが、小屋から同じコースを歩かれた釧路から来たご夫婦のご厚意で芦安まで送っていただくことになりました。会社を退職されてからキャンピングカーで全国を旅しながら百名山をご夫婦で目指して、あと4山とのこと。あこがれます。芦安からは一緒に下り温泉にもご一緒しました。無事に成されることを願っております。

天気に恵まれいろいろな出会いがあり、楽しい山行でした。

温泉後、韮崎まで出てコインランドリーで洗濯。翌14日も天気が良さそうなのでもう一山登りに行こうと画策。松本方面にクルマを走らせました。
コース状況/
危険箇所等
特に危険個所はありません。
その他周辺情報帰路には天恵泉白根天笑閣で外湯をいただきました。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ 耳栓
備考 特にありません。

写真

広河原の乗り合いタクシーおりば、芦安第2駐車場を5時15分に出て6時6分着でした。
ここにも簡易トイレがありますが、ビジターセンターの方がきれいです。
2014年09月12日 06:06撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原の乗り合いタクシーおりば、芦安第2駐車場を5時15分に出て6時6分着でした。
ここにも簡易トイレがありますが、ビジターセンターの方がきれいです。
1
インフォメーションセンターでトイレを済ませて出発。
2014年09月12日 06:07撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
インフォメーションセンターでトイレを済ませて出発。
川沿いに進み左手に端を渡ります。
北岳がはるか遠くに見えます。
2014年09月15日 18:08撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川沿いに進み左手に端を渡ります。
北岳がはるか遠くに見えます。
橋を渡った右手の広河原山荘。この写真の左手側から山道に入ります。出発は6時20分でした。
2014年09月12日 06:19撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡った右手の広河原山荘。この写真の左手側から山道に入ります。出発は6時20分でした。
約20分くらいで白根御池小屋分岐に到着。
今回は大樺沢二俣を方面へ。
2014年09月15日 18:09撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約20分くらいで白根御池小屋分岐に到着。
今回は大樺沢二俣を方面へ。
白根御池小屋分岐から約1時間。北岳に近づいている感はありません。
2014年09月12日 07:45撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根御池小屋分岐から約1時間。北岳に近づいている感はありません。
さらに少し行くと雪渓が現れます。この時期は雪渓に入ることはありませんでした。これは8時半くらいの景色。
2014年09月12日 08:33撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに少し行くと雪渓が現れます。この時期は雪渓に入ることはありませんでした。これは8時半くらいの景色。
左俣を通りいくつかハシゴを過ぎて八本歯のコル到着が10時でした。
2014年09月15日 18:19撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣を通りいくつかハシゴを過ぎて八本歯のコル到着が10時でした。
まだハシゴはつづきます。いい高度感でしたが、天気も良く気持ちよく乗り越えることができました。
2014年09月12日 10:03撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだハシゴはつづきます。いい高度感でしたが、天気も良く気持ちよく乗り越えることができました。
1
北岳山荘、間ノ岳へのトラバース分岐まで写真撮ったりで10時半到着でした。
2014年09月12日 10:28撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘、間ノ岳へのトラバース分岐まで写真撮ったりで10時半到着でした。
1
まだ花も少し残っています。
2014年09月12日 10:44撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ花も少し残っています。
北岳山頂到着は11時過ぎでした。後ろの仙丈ケ岳もくっきりと。
2014年09月12日 11:13撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山頂到着は11時過ぎでした。後ろの仙丈ケ岳もくっきりと。
2
山頂でご飯を食べてゆっくり過ごしました。
2014年09月12日 11:16撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でご飯を食べてゆっくり過ごしました。
2
北岳山荘に向かって下り始めます。
けっこう下りますが、美しい稜線を見ながら進んでいたら、あっという間に着きました。
2014年09月12日 12:31撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘に向かって下り始めます。
けっこう下りますが、美しい稜線を見ながら進んでいたら、あっという間に着きました。
北岳山荘着が13時前。チェックインして生ビールを外でいただきました。
2014年09月12日 12:55撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘着が13時前。チェックインして生ビールを外でいただきました。
翌日は朝をお弁当にして4時45分出発。中白根山の山頂に5時25分に到着。日の出に間に合いました。富士山もバッチリ。
2014年09月15日 18:13撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日は朝をお弁当にして4時45分出発。中白根山の山頂に5時25分に到着。日の出に間に合いました。富士山もバッチリ。
1
風が冷たいですが、山頂で朝ごはんを食べながら日の出を待ちます。
2014年09月15日 18:25撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が冷たいですが、山頂で朝ごはんを食べながら日の出を待ちます。
中白根山からの日の出。雲から顔を出したのは5時半でした。
2014年09月13日 05:31撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中白根山からの日の出。雲から顔を出したのは5時半でした。
3
日の出を見てから間ノ岳へ向かう途中のケルンからの一枚。
2014年09月15日 18:03撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出を見てから間ノ岳へ向かう途中のケルンからの一枚。
2
北アルプスも朝焼けに染まり始めてました。
2014年09月13日 05:51撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスも朝焼けに染まり始めてました。
富士山はずっとついてきてくれました。
2014年09月13日 05:58撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山はずっとついてきてくれました。
1
多少のアップダウンがあり、間ノ岳到着は6時20分。
2014年09月15日 18:26撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多少のアップダウンがあり、間ノ岳到着は6時20分。
2
広い山稜を過ぎて、農鳥小屋が見えます。
西農鳥岳、農鳥岳の稜線がみごとでした。
2014年09月15日 18:30撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い山稜を過ぎて、農鳥小屋が見えます。
西農鳥岳、農鳥岳の稜線がみごとでした。
農鳥小屋の到着が7時半。トイレを借りました。
2014年09月13日 07:30撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥小屋の到着が7時半。トイレを借りました。
2
農鳥小屋を過ぎて西農鳥岳までの道のり。気持ち良い稜線が伸びてます。
2014年09月13日 08:17撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥小屋を過ぎて西農鳥岳までの道のり。気持ち良い稜線が伸びてます。
西農鳥岳到着が8時25分。こちらの方が農鳥岳より標高が高いんですよね。
2014年09月13日 08:26撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西農鳥岳到着が8時25分。こちらの方が農鳥岳より標高が高いんですよね。
2
農鳥岳到着9時5分。白峰三山制覇です。
北岳山荘からけっこうアップダウンがありましたが、天気に恵まれ気持ち良い稜線歩きでした。
2014年09月15日 18:27撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥岳到着9時5分。白峰三山制覇です。
北岳山荘からけっこうアップダウンがありましたが、天気に恵まれ気持ち良い稜線歩きでした。
2
遠くは塩見岳かな。いつか行ってみたい山です。
2014年09月13日 09:23撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くは塩見岳かな。いつか行ってみたい山です。
1
大門沢下降点9時45分。ここからが長かった。
大門沢小屋でトイレと水補給できるのが救いでした。
途中でお昼を食べて奈良田第一発電所到着が14時半でした。
2014年09月13日 09:43撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門沢下降点9時45分。ここからが長かった。
大門沢小屋でトイレと水補給できるのが救いでした。
途中でお昼を食べて奈良田第一発電所到着が14時半でした。
1
広河原→奈良田のバスは14時38分。ぎりぎり間に合いました。
ここからは協力金なし150円でした。

本来は第一発電所→広河原→芦安とバスに乗らなければならないところ、今回は小屋で一緒になった釧路から来られたご夫婦のご厚意に甘え、芦安まで送っていただけることになりました。70劼發△襪里法調脅佞靴討發靴れません。
2014年09月13日 14:59撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原→奈良田のバスは14時38分。ぎりぎり間に合いました。
ここからは協力金なし150円でした。

本来は第一発電所→広河原→芦安とバスに乗らなければならないところ、今回は小屋で一緒になった釧路から来られたご夫婦のご厚意に甘え、芦安まで送っていただけることになりました。70劼發△襪里法調脅佞靴討發靴れません。
1
訪問者数:308人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ