また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 510159 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 妙高・戸隠・雨飾

妙高山(燕温泉周回)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候ほぼ曇り(ガス)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
燕温泉までの道は赤倉経由だと狭いです(関見トンネルは通行止め)。
駐車場は6時過ぎでほぼ満車状態でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間58分
休憩
1時間51分
合計
6時間49分
S燕温泉06:1707:01湯道分岐07:1707:52天狗堂08:0109:19妙高山09:2109:23妙高山(北峰)10:0010:30長助池分岐10:3611:09大倉分岐11:14黄金清水11:1912:01麻平分岐12:10惣滝分岐12:16河原の湯12:5213:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体的にマーキングがしっかりしていて迷うことはないかと。
山頂近くの鎖場は足場がしっかりしているので、結構登りやすい。
燕新道は滑りやすくスリップ注意。一部狭いところもあります。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

スタートは燕温泉。
山間のこぢんまりとした、いい雰囲気の温泉街ですね。
2014年09月14日 06:14撮影 by FinePix F300EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートは燕温泉。
山間のこぢんまりとした、いい雰囲気の温泉街ですね。
温泉街を抜け、黄金の湯方面へ。人気の温泉だけあり、早朝から賑わっていました。
燕温泉スキー場のゲレンデ跡を登っていきますが、早々に結構な急登です。
2014年09月14日 06:19撮影 by FinePix F300EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉街を抜け、黄金の湯方面へ。人気の温泉だけあり、早朝から賑わっていました。
燕温泉スキー場のゲレンデ跡を登っていきますが、早々に結構な急登です。
早速見えた目指す妙高山。
標高差1000m以上あるのでかなり高く感じます。
2014年09月14日 06:21撮影 by FinePix F300EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速見えた目指す妙高山。
標高差1000m以上あるのでかなり高く感じます。
赤倉温泉源泉の脇を通り、称名滝を過ぎて沢を跨ぎます。
温泉成分がたまっているのか、そこが真っ白いです。
2014年09月14日 07:00撮影 by FinePix F300EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤倉温泉源泉の脇を通り、称名滝を過ぎて沢を跨ぎます。
温泉成分がたまっているのか、そこが真っ白いです。
湯道分岐で朝食休憩。
この時点ですでに体調が悪く、ダラダラ休んでしまいました(この時体を冷やしてしまったのが、さらに不調の原因に)。

ところで、右上にミョーな奴がいるのですがw
2014年09月14日 07:16撮影 by FinePix F300EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯道分岐で朝食休憩。
この時点ですでに体調が悪く、ダラダラ休んでしまいました(この時体を冷やしてしまったのが、さらに不調の原因に)。

ところで、右上にミョーな奴がいるのですがw
帰宅後に調べてみましたが、「ミョーコーさん」というゆるキャラらしいです。
2014年09月14日 07:16撮影 by FinePix F300EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰宅後に調べてみましたが、「ミョーコーさん」というゆるキャラらしいです。
この先、ガスガスになってしまった&写真を撮る元気がなかったので、山頂手前の鎖場まで飛びます。
急な登りですが、足場がしっかりしているので結構登りやすかったです。
2014年09月14日 08:57撮影 by FinePix F300EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先、ガスガスになってしまった&写真を撮る元気がなかったので、山頂手前の鎖場まで飛びます。
急な登りですが、足場がしっかりしているので結構登りやすかったです。
その先にはトラバース。
ステップがしっかりしているので、ここも結構歩きやすい。
2014年09月14日 08:58撮影 by FinePix F300EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先にはトラバース。
ステップがしっかりしているので、ここも結構歩きやすい。
この時期の妙高の花と言えば、ミョウコウトリカブト。
景色はガスガスでないので、お花を楽しまないとね!
2014年09月14日 09:14撮影 by FinePix F300EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期の妙高の花と言えば、ミョウコウトリカブト。
景色はガスガスでないので、お花を楽しまないとね!
山頂直下の岩場を頑張って登って、最高点の妙高大神(妙高山南峰)に到着。
2014年09月14日 09:19撮影 by FinePix F300EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の岩場を頑張って登って、最高点の妙高大神(妙高山南峰)に到着。
山頂付近はすでに葉が色づいているところもありました。
2014年09月14日 09:20撮影 by FinePix F300EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近はすでに葉が色づいているところもありました。
1
巨岩の日本岩。
妙高山頂は奇岩の宝庫。自然の造形美を堪能しながら、北峰へ向かいます。
2014年09月14日 09:23撮影 by FinePix F300EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨岩の日本岩。
妙高山頂は奇岩の宝庫。自然の造形美を堪能しながら、北峰へ向かいます。
三角点のある北峰へ到着。
最高点の妙高大神と比べると多くの人で賑わっていました。
2014年09月14日 09:25撮影 by FinePix F300EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点のある北峰へ到着。
最高点の妙高大神と比べると多くの人で賑わっていました。
ガスが・・・晴れてない(-_-;)
時折青空が広がるものの、すぐそこの火打山ですらチラ見状態でした。
2014年09月14日 09:31撮影 by FinePix F300EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが・・・晴れてない(-_-;)
時折青空が広がるものの、すぐそこの火打山ですらチラ見状態でした。
長助池分岐まで急坂を一気に下ります。
山頂を出ると直ぐ樹林帯に入り、展望がないので「いつまで続くんだ?」と思うほど下ります。登りじゃないだけまし。

分岐で小休止し、少し歩くと長助池。池塘の点在するいいところでした。
2014年09月14日 10:48撮影 by FinePix F300EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長助池分岐まで急坂を一気に下ります。
山頂を出ると直ぐ樹林帯に入り、展望がないので「いつまで続くんだ?」と思うほど下ります。登りじゃないだけまし。

分岐で小休止し、少し歩くと長助池。池塘の点在するいいところでした。
ここから先、燕新道は景色の変化が少ない地味な下りが延々と続き、精神的になかなかしんどかったです。
道沿いに咲いていた白いウメバチソウがせめてもの救いでした。
2014年09月14日 11:19撮影 by FinePix F300EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先、燕新道は景色の変化が少ない地味な下りが延々と続き、精神的になかなかしんどかったです。
道沿いに咲いていた白いウメバチソウがせめてもの救いでした。
歩いたご褒美は野天風呂の河原の湯。
燕温泉街から少し歩くので空いているかと思いましたが、老若男女問わず込み入っていました。でも、温めの濁り湯は疲れた体に最高でした!
2014年09月14日 12:16撮影 by FinePix F300EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いたご褒美は野天風呂の河原の湯。
燕温泉街から少し歩くので空いているかと思いましたが、老若男女問わず込み入っていました。でも、温めの濁り湯は疲れた体に最高でした!
風呂上りに暑くならないようのんびり歩いて燕温泉へ。
体調が優れず辛かった登り、延々と続く精神的に辛い下り、なかなか歩き応えのあった妙高山でした。
2014年09月14日 13:03撮影 by FinePix F300EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風呂上りに暑くならないようのんびり歩いて燕温泉へ。
体調が優れず辛かった登り、延々と続く精神的に辛い下り、なかなか歩き応えのあった妙高山でした。

感想/記録
by Jerky

2ヶ月ぶりの山登り。舞台は妙高山です。

ペアの弟をピックアップするため、静岡→東京→妙高という500kmのロングドライブ(オール下道)ですでにダメージ。さらに仮眠30分のみという疲労困憊状態で臨みましたが、体調は案の定悪く、弟に「遅〜」と言われながら、無我夢中で登りました(´ω`;)

登り出しは晴れていましたが、あとはずっとガス。展望自慢の妙高なのでちょっと残念でしたが、久々の山は十分に歩き応えがあるものでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:602人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ