また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 510251 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥武蔵

榊山〜長沢山〜白岩山〜お清平〜太陽寺を周回

日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大血川沿いの路肩スペースに駐車。
閑散期やオフシーズンなら渓流釣り場に止めさせて貰えるみたいだが、今はシーズン真っ只中なので最初から訊かなかった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間43分
休憩
1時間40分
合計
10時間23分
Sスタート地点06:5708:50榊山09:0311:17長沢山(桶木沢ノ頭)12:1912:40仏小屋ノ頭(杣小屋ノ頭)12:45桂谷ノ頭(石楠花ノ頭)13:15コヤセドノ頭(犬落ノ頭)13:22ヤケトノ頭13:58白岩山14:0814:36前白岩山14:46前白岩山の肩15:09お清平15:2417:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
東谷林道は、源兵衛橋から先が現在工事中で通行止。ケンカ平歩道が迂回路になっている。
榊山付近からP1358辺りまで古い道形が残っているが、他は踏み跡程度で全体的に薄い。
長沢山以降はハイキングコースで問題無し。
その他周辺情報大血川渓流観光釣場で食事が出来るみたいです。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

ゲートにこんな注意書き。ケンカ平歩道で迂回できるが、クイナ沢まで行く場合は要確認。
2014年09月14日 07:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートにこんな注意書き。ケンカ平歩道で迂回できるが、クイナ沢まで行く場合は要確認。
4
ここからケンカ平歩道へ。
2014年09月14日 07:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからケンカ平歩道へ。
2
橋を渡って対岸がケンカ平歩道。
2014年09月14日 07:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡って対岸がケンカ平歩道。
4
ここから取り付けそうだが、かなりしんどそう。一旦見送って他に取り付き易そうな所が無いか偵察。
2014年09月14日 07:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから取り付けそうだが、かなりしんどそう。一旦見送って他に取り付き易そうな所が無いか偵察。
3
ガレた涸れ沢状の所を詰めるのが良さそうに思えた。しかし、登るほど急傾斜になり、途中で沢筋を外れた。
2014年09月14日 07:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレた涸れ沢状の所を詰めるのが良さそうに思えた。しかし、登るほど急傾斜になり、途中で沢筋を外れた。
6
植樹林には山仕事の踏み跡が付いていて、なんとか登り続ける事が出来た。
2014年09月14日 07:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植樹林には山仕事の踏み跡が付いていて、なんとか登り続ける事が出来た。
5
尾根筋に乗ってやっと普通の急登となり一段落。
2014年09月14日 07:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋に乗ってやっと普通の急登となり一段落。
6
主尾根に合流。右から登って来た。見比べても大差無しで、これなら末端から登った方が良かった。
2014年09月14日 07:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主尾根に合流。右から登って来た。見比べても大差無しで、これなら末端から登った方が良かった。
3
崖の様な露岩地で、どう登れば良いか思案に暮れていたら、左に巻き道が在った。
2014年09月14日 08:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖の様な露岩地で、どう登れば良いか思案に暮れていたら、左に巻き道が在った。
3
この様に一時は自然林になるが、大体は左側に植樹林。
2014年09月14日 08:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この様に一時は自然林になるが、大体は左側に植樹林。
3
おや、もうこんな季節か。
2014年09月14日 08:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おや、もうこんな季節か。
4
榊山手前に防護柵が。景色が開ける。
2014年09月14日 08:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榊山手前に防護柵が。景色が開ける。
2
大黒(酉谷山)・小黒が眼前に迫る。
2014年09月14日 08:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大黒(酉谷山)・小黒が眼前に迫る。
8
榊山はこんな感じ。地味。
2014年09月14日 08:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榊山はこんな感じ。地味。
3
三角点が無ければ見過ごす様なピーク。
2014年09月14日 08:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点が無ければ見過ごす様なピーク。
6
shuchanさん作。
2014年09月14日 09:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
shuchanさん作。
10
P1358にはこんな平坦地が在って、もしここがハイキングコースだったら絶好の休憩地になりそう。
2014年09月14日 09:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1358にはこんな平坦地が在って、もしここがハイキングコースだったら絶好の休憩地になりそう。
4
右に微妙な踏み跡。踏み跡と言ってもこの程度の所が多い。
2014年09月14日 10:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に微妙な踏み跡。踏み跡と言ってもこの程度の所が多い。
3
凄い根っ子。
2014年09月14日 10:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凄い根っ子。
4
ここを登り切れば縦走路に合流する。
2014年09月14日 10:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登り切れば縦走路に合流する。
4
長沢山に到着。縦走路に出てから結構遠かった。kinoeさんの余分だったという感想が実感出来ました。
2014年09月14日 11:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長沢山に到着。縦走路に出てから結構遠かった。kinoeさんの余分だったという感想が実感出来ました。
9
桂谷ノ頭付近から。手前尾根の窪みはお清平か?
2014年09月14日 12:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂谷ノ頭付近から。手前尾根の窪みはお清平か?
1
湿ってて滑る。
2014年09月14日 13:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿ってて滑る。
4
蕎麦粒山は遠く離れても目立つなあ。
2014年09月14日 13:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山は遠く離れても目立つなあ。
4
やっと芋ノ木ドッケに着いた。ピークは50〜60m先だけど、行くだけ無駄な残念ピークなんでパス。
2014年09月14日 13:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと芋ノ木ドッケに着いた。ピークは50〜60m先だけど、行くだけ無駄な残念ピークなんでパス。
4
白岩山手前の鞍部に何故か芋ノ木ドッケの標識が立っている。
2014年09月14日 13:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白岩山手前の鞍部に何故か芋ノ木ドッケの標識が立っている。
1
白岩山で休憩。到着時に鹿は居なかったが、休憩中に一頭やって来た。
2014年09月14日 13:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白岩山で休憩。到着時に鹿は居なかったが、休憩中に一頭やって来た。
4
和名倉山。埼玉ルートでまた行きたいなあ。
2014年09月14日 14:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和名倉山。埼玉ルートでまた行きたいなあ。
9
登った尾根がよく見えた。右端が長沢山。奥に大黒・小黒の双耳峰。
2014年09月14日 14:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登った尾根がよく見えた。右端が長沢山。奥に大黒・小黒の双耳峰。
7
お清平から太陽寺への道は歩いた事が無い。
2014年09月14日 15:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お清平から太陽寺への道は歩いた事が無い。
2
圧倒される様な巨岩の下を二箇所通る。
2014年09月14日 15:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
圧倒される様な巨岩の下を二箇所通る。
4
地蔵峠への分岐。
2014年09月14日 15:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵峠への分岐。
3
最初の林道カットに東屋が在った。膝カクし始めたんで軽く休憩。林道には4、5台の車が止まっていた。ここから雲取ピストンなのか?
2014年09月14日 16:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の林道カットに東屋が在った。膝カクし始めたんで軽く休憩。林道には4、5台の車が止まっていた。ここから雲取ピストンなのか?
3
これが太陽寺か。住職の住まいなんかも在り、何だか入りにくい雰囲気。
2014年09月14日 16:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが太陽寺か。住職の住まいなんかも在り、何だか入りにくい雰囲気。
4
左から下りて来た。渓流釣場まで下る道が在る筈なんだけど、分からなくて林道を下りてしまった。太陽寺を通り抜けねばならなかったらしい。
2014年09月14日 16:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から下りて来た。渓流釣場まで下る道が在る筈なんだけど、分からなくて林道を下りてしまった。太陽寺を通り抜けねばならなかったらしい。
4
右の連続するピークの一番左が榊山。こうして見ると簡単に登れそうなんだけどなあ。
2014年09月14日 16:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の連続するピークの一番左が榊山。こうして見ると簡単に登れそうなんだけどなあ。
5

感想/記録

予定では長沢山から酉谷山〜熊倉山、勝ちゃん新道で下山のつもりだった。ところが、取り付きから長沢山まで4時間も掛かってしまい、計画変更せざるを得なかった。ここを3時間で登れる人なら余裕だろうが、自分の力量では無理だ。日没までに熊倉山を下り切る自信が無い。

エスケープとして考えていたのは小黒から東谷だが、何だか余り気乗りしない。どこか他に歩いた事無い道は無いだろうか…っと、お清平から太陽寺に下る道が在ったのを思い出し、急遽そちらに変更した。

突然の変更なので準備不足だった。太陽寺から大血川渓流観光釣場に下る道が分からず、林道を使って下るという失態。大分遠回りの、それも舗装路歩きなんで無茶苦茶疲れた。まあ、それを除けば、お清平から太陽寺は一度歩いてみたかったんで、満足のいく山行だった。
訪問者数:1226人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ