また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 510753 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

南アルプスの女王様は甘くなかった〜仙丈ケ岳〜

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月14日(日)
メンバー
天候晴れ時々ガス
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
仙流荘駐車場→北沢峠→仙流荘駐車場(駐車場無料)
駐車場は今シーズン最高の混み具合。
13日AM3:00到着時、第1駐車場満車、第2駐車場も9割方埋まっていたと思う。
14日11時前に下りてきた時には、駐車場からはるかかなたの空き地まで車が連なる状態。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
晴れている限り、道迷いの可能性は低いと思います。
その他周辺情報仙流荘にお風呂あり。(お風呂の前にも入浴客用の駐車場が少しあり)
私はバス案内所で割引券をもらって、さくらの湯に行きました。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コッヘル 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス ストック ナイフ カメラ テント テントマット シェラフ
備考 お味噌汁を忘れたことを後悔。

写真

1便の9台目のバスで北沢峠に向かう。
途中から見えた鋸岳。ここは行けないなー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1便の9台目のバスで北沢峠に向かう。
途中から見えた鋸岳。ここは行けないなー。
1
北沢峠にはAM6時過ぎに到着。
すでにテント場にはすごい数のテント。水場・トイレから離れていない場所に隙間を見つけて設置。2年ぶりのテント、なんとか張れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢峠にはAM6時過ぎに到着。
すでにテント場にはすごい数のテント。水場・トイレから離れていない場所に隙間を見つけて設置。2年ぶりのテント、なんとか張れた。
5
テント場のお水。とっても美味しかった♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場のお水。とっても美味しかった♪
1
出発時(AM7時30分頃)のテント場。この時はまだまだ余裕。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発時(AM7時30分頃)のテント場。この時はまだまだ余裕。
1
この橋がテント場から近い登山口。橋の手前にお水が飲めるようになってます。やわらかくて美味しいお水。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋がテント場から近い登山口。橋の手前にお水が飲めるようになってます。やわらかくて美味しいお水。
登山口からすぐにこんな案内。北岳!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口からすぐにこんな案内。北岳!
行ってみると、ちょこーん。とんがった先っぽが見えました。私は嬉しくなっちゃったけど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行ってみると、ちょこーん。とんがった先っぽが見えました。私は嬉しくなっちゃったけど。
ちょっと登るとこんなにきれいな北岳が見え始めます。ずーっとずーっと見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと登るとこんなにきれいな北岳が見え始めます。ずーっとずーっと見えます。
1
キノコがいっぱい。これなに?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコがいっぱい。これなに?
二合目到着。ここで北沢峠からの登山道と合流です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二合目到着。ここで北沢峠からの登山道と合流です。
キノコのこのこいっぱーい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコのこのこいっぱーい!
巨大キノコ盗掘のあとか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大キノコ盗掘のあとか?
しつこいけど北岳さん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しつこいけど北岳さん。
ファイト!おーっ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ファイト!おーっ!
1
四合目到着。
もうこの頃から実は体調悪し。休み休み登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四合目到着。
もうこの頃から実は体調悪し。休み休み登ります。
馬ノ背ヒュッテと小仙丈ケ岳との分岐。急らしいけど、ガスが出ないうちにと、時計回りで回る小仙丈ケ岳へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬ノ背ヒュッテと小仙丈ケ岳との分岐。急らしいけど、ガスが出ないうちにと、時計回りで回る小仙丈ケ岳へ向かう。
1
けっこう急登。私ね、女王様って言われるくらいだから、もっと優しい山かと勘違いしてました。女王様って、鉄の女のことだったか。厳しい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこう急登。私ね、女王様って言われるくらいだから、もっと優しい山かと勘違いしてました。女王様って、鉄の女のことだったか。厳しい!
2
そんなヨレヨレの私を北岳さんは遠くから見つめてくれてる。2年前は、テント背負ってあの山に登ったのにね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんなヨレヨレの私を北岳さんは遠くから見つめてくれてる。2年前は、テント背負ってあの山に登ったのにね。
ガスがかかったり見えたり、甲斐駒さんがステキ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがかかったり見えたり、甲斐駒さんがステキ!
4
明日登るつもりだったけど、やっぱり無理かもしれない・・・って思った頃。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日登るつもりだったけど、やっぱり無理かもしれない・・・って思った頃。
ガスに飲まれそうな甲斐駒さん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスに飲まれそうな甲斐駒さん。
あれが小仙丈ケ岳のピークでしょうか?まだまだ遠い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが小仙丈ケ岳のピークでしょうか?まだまだ遠い。
1
ナナカマドであってますか?赤い実がいっぱいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドであってますか?赤い実がいっぱいです。
甲斐駒さんの右側の谷間。よーく見るとテント場が見えるんです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒さんの右側の谷間。よーく見るとテント場が見えるんです。
2
ぼけちゃったけど、アップ!ほらね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぼけちゃったけど、アップ!ほらね!
1
やっとのことで、小仙丈ケ岳に到着です。ふぅ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとのことで、小仙丈ケ岳に到着です。ふぅ
2
これが見たかったの。仙丈ケ岳のカール。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが見たかったの。仙丈ケ岳のカール。
7
北岳から続く間ノ岳。そして南アルプスがずーっと続きます。
あの稜線、2年前に歩きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳から続く間ノ岳。そして南アルプスがずーっと続きます。
あの稜線、2年前に歩きました。
4
伊那の町が見えてます。その向こうに御嶽山がすこしだけ顔を見せてくれましたが、雲がいっぱい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊那の町が見えてます。その向こうに御嶽山がすこしだけ顔を見せてくれましたが、雲がいっぱい。
1
カールを見ながら、仙丈ケ岳のピークの遠さを認識。まだまだかぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カールを見ながら、仙丈ケ岳のピークの遠さを認識。まだまだかぁ。
3
まっすぐ先がてっぺんではないんだよね。でも気持ちいい道やなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まっすぐ先がてっぺんではないんだよね。でも気持ちいい道やなぁ。
1
歩いてきた道がガスに覆われそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた道がガスに覆われそうです。
そして反対側。ひゃー、すごい。女王様近くで見ると迫力!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして反対側。ひゃー、すごい。女王様近くで見ると迫力!
2
気持ちよい道だけど、歩きにくかったりするのです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちよい道だけど、歩きにくかったりするのです。
右側のぼこっとなったところがてっぺん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側のぼこっとなったところがてっぺん。
1
下に仙丈小屋が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に仙丈小屋が見えました。
てっぺん見えた。あとすこし!うん、頑張る!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
てっぺん見えた。あとすこし!うん、頑張る!
1
写真の撮りあいっこしようとおじさんに声をかけられカメラを渡したら、向かう後姿まで撮られてた。(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真の撮りあいっこしようとおじさんに声をかけられカメラを渡したら、向かう後姿まで撮られてた。(笑)
3
なんとか到着しました。ヤッター!
2年ぶりの3000m越え!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか到着しました。ヤッター!
2年ぶりの3000m越え!
8
なんて書いてあるのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんて書いてあるのかな?
1
歩いてきた道のりを見渡す。頑張ったなー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた道のりを見渡す。頑張ったなー。
2
気持ちよいよね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちよいよね。
仙丈小屋でバッチだけ買って、すぐに下山。
水場では、美味しいお水がじゃんじゃか出てた。
KIKISAカップで飲むとさらに美味しい♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈小屋でバッチだけ買って、すぐに下山。
水場では、美味しいお水がじゃんじゃか出てた。
KIKISAカップで飲むとさらに美味しい♪
1
お花はとっても少なかった。相変わらず名前が分からず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花はとっても少なかった。相変わらず名前が分からず。
ガスがやってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがやってきた。
あっという間に真っ白けー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に真っ白けー。
帰りは馬の背ヒュッテ経由。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは馬の背ヒュッテ経由。
トリカブトだけは分かります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトだけは分かります。
寝不足と体調の悪さでポヤーっとしてきたので、冷たい沢に足を入れて気合入れなおし!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝不足と体調の悪さでポヤーっとしてきたので、冷たい沢に足を入れて気合入れなおし!
1
こんな沢がたくさんあります。さすがの南アルプス!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな沢がたくさんあります。さすがの南アルプス!
沢の合間から鋸岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の合間から鋸岳。
分岐まで下りて来ました。まだまだ下らないと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐まで下りて来ました。まだまだ下らないと。
四合目。体調悪化につき、気合で下ります。休んだら動けなくなりそうだから。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四合目。体調悪化につき、気合で下ります。休んだら動けなくなりそうだから。
1
あっ、鹿さんだ。黄色の首輪つけてます。調査対象の鹿さんなんだね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっ、鹿さんだ。黄色の首輪つけてます。調査対象の鹿さんなんだね。
2
テントに着くなり、寝袋に入りぐっすり。夕飯はコーンスープのみ。ビールやら、たくさんの食材、重かったのに・・・。ぐすん。
モンベルのなんだっけ?ライトにかぶせると、ぽやーっと明るい感じ。お月様が明るくて、夜中もテントの中が見えるくらいでした。星空は少しだけ・・・残念!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントに着くなり、寝袋に入りぐっすり。夕飯はコーンスープのみ。ビールやら、たくさんの食材、重かったのに・・・。ぐすん。
モンベルのなんだっけ?ライトにかぶせると、ぽやーっと明るい感じ。お月様が明るくて、夜中もテントの中が見えるくらいでした。星空は少しだけ・・・残念!
朝方周りが騒がしくなり起きた。前夜よりは体調回復していたものの、甲斐駒ケ岳に登れるほどの体力はなし。いさぎよくあきらめる。青空・・・残念!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝方周りが騒がしくなり起きた。前夜よりは体調回復していたものの、甲斐駒ケ岳に登れるほどの体力はなし。いさぎよくあきらめる。青空・・・残念!
昨日はあそこまで登ったんだよね。頑張ったなー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日はあそこまで登ったんだよね。頑張ったなー。
1
行きは慌ててて撮らなかった。北沢峠の看板。お世話になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きは慌ててて撮らなかった。北沢峠の看板。お世話になりました。
2
10時ちょっと前の臨時バスで仙流荘へ向かいます。甲斐駒さん、来年来るね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時ちょっと前の臨時バスで仙流荘へ向かいます。甲斐駒さん、来年来るね!
鋸岳は、一生無理でしょう・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳は、一生無理でしょう・・・。
3
くやしいくらいの良いお天気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くやしいくらいの良いお天気。
2
先のほうに仙流荘が見えてるんだけど、田んぼの脇に車がずらーっと。バスのドライバーさん、こんなこと初めてだって言ってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先のほうに仙流荘が見えてるんだけど、田んぼの脇に車がずらーっと。バスのドライバーさん、こんなこと初めてだって言ってました。

感想/記録

天気が悪くて行く気にならなかったお山。
久しぶりに天気がよくなる三連休。どう考えても大混雑だろうけど、行くしかないでしょう!
ちょっと欲張って、北沢峠にテント張って、仙丈ケ岳と甲斐駒ケ岳の二座登ろうと決めた!
12日金曜日、帰宅したのは20時過ぎ。夕食・お風呂、そして何もしていなかったパッキングを勢いで初めて、23時出発。
近所のスーパーで食材を買い込み中央道へ。かなりの車の量だったけど、ストレスなくぐんぐん走る。
諏訪ICから152号線の山道に入るが、前にも後ろにも車はいない。道は整備されてまったく問題ないけれど、何しろ怖い。どうするよカーブに人がいたりしたら・・・。
すれ違った車はたったの3台。高遠の町に入るまで、後ろから来る車は1台も無かった。だから空いていると思ったんだよね・・・。

仙流荘到着AM3時。第二駐車場の川沿いにスペースを見つけて駐車。周りの車に習い仮眠。すぐに眠りに落ちる。
ざわざわした声に目が覚め顔を上げると、バスが走っていく。えっ、何時なの?4時50分。えっ、えっ、えっ!
慌ててザックに詰め込み、バス乗り場へ。乗り場にもバスチケットの列にも長蛇の列。トイレに行きたかったけど、逃すわけには行かないのですぐに並ぶ。
後から聞いた話だけど、バスは10台。なんと3時過ぎから人が並び始めたので、4時50分から1便を出すことにしたらしい。
10台が行ってしまうと、戻ってくるバスを待たなくてはならない。片道50分の道のりということは、2時間も待たなければならないのだ。なんという時間のロス!
ドキドキしながら待っていると、9台目のバスに乗れた。ふぅ。
慌てまくった。家で仮眠してから出てきたらアウトだった・・・。
もちろんテント場もすごい数。私はまだまだ余裕でスペースを見つけられたけど、後から後から人が来る。大変なことになっていた。

実はここのところのハードな仕事状態で、ものすごく疲れていた。そして仮眠しかとれなかったこの日。どうも体調がすぐれない。
仙丈ケ岳に向かい始めて、自分の体力の無さを実感した。
南アルプスの女王様。遠くから眺めると優しい稜線のこの山。もっと優しいと勝手に思い込んでいた。
でも、3000mを越える山。やさしいはずがない。初めから急登。きつい。
体調の悪さと距離を考えながら登る。戻る体力を残しながら、いけるところまで行こう。
不慮のケガですら申し訳ないのに、体調悪化で救助隊のお世話になるわけにはいかない。それは山を登る人間として失格だと思う。甘えちゃいけない。
いさぎよく撤退しよう!と心に決めて、一歩ずつ登っていく。
それでもきれいな山を見てしまうと頑張ってしまう自分がいる。持ってきたおにぎりや行動食はパクパク食べられる。これは大丈夫。
ものすごく急に見える山も、休み休みでも一歩ずつ前に足を出せば、着くんだなってこと、改めて感じた。
いつものペースに比べるとものすごく遅いけど、こんなことがあってもいい。ちょっと歩いて座って、ちょっと歩いて座ってを繰り返して登っていった。
それでもコースタイムよりは早く到着出来たもの。
ちょっと無理したけれど、頑張れば成し遂げられるんだなって思った。大丈夫、下りる体力は残ってるよ。

仙丈小屋でバッチを買って、水場で美味しいお水を飲んで振り返ったら、山頂はガスに包まれていった。
一瞬で変わるんだよね。

下りこそケガをしやすいので、注意しなければならない。途中、あまりにも眠くなり、そしてちょっとの段差で足がつる。
気合を入れなおすために沢のお水に足を入れてみた。冷たくて頭のテッペンまでキーン。痛かった足も冷やせて気合入れなおし完了!
そこからは給水以外は休まずに一気に下りた。休んだら動けなくなりそうだったから。

テントに着くなり寝袋に入り込んで眠りに着く。しかし・・・寒い。夕方18時過ぎ。気温は10度。冬か。
まったく食べ物を受け付けない。なんとかコーンスープを飲み、空いたペットボトルにお湯を入れて即席湯たんぽにした。
シュラフに防水のカバーをして、ウォームアップシートも中に入れ、タイツ二重、靴下二重、フリースとダウンを着込んで睡眠。
シュラフの防水カバーをかけるだけでも、暖かいのですよ。テントの中の結露でシュラフがぬれることもないし、おすすめです。
ワタクシ、爆睡しました。20時には眠りに落ちて、1時過ぎに一度目が覚め、お月様と星空を見て、次に目が覚めたのは5時過ぎ。
甲斐駒はあきらめたので、6時過ぎまでうだうだして、10時のバスで帰ることに決定。
夜露にぬれたテントをたたむのに苦労したけれど、のんびりのんびり片付けて帰りました。
帰りのバスは1台臨時を出してくれたので、ちょっとだけ早く到着。
相変わらず青空の南アルプスを眺め、ちょっと残念だったけど、来年の目標が出来ました。
もう少し暖かいうちにテント持ってまた来ます!
体調管理をしっかりしてからね!
訪問者数:520人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/8
投稿数: 1
2014/9/16 8:17
 甲斐駒ヶ岳
山で無理は禁物ですよね。
来年は、甲斐駒ヶ岳へ行きましょう!
登録日: 2013/3/25
投稿数: 4
2014/9/19 23:18
 ありがとうございます♪
K2さん、仕事が忙しく放置してまして、御返事が遅れてごめんなさい。
来年は、体力つけて、体調に気を付けて、甲斐駒ヶ岳に登ります。ありがとうございます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ