ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 5184813
全員に公開
ハイキング
京都・北摂

5回目の大文字山 三条通りの九条山登山口から銀閣寺

2023年02月17日(金) [日帰り]
 - 拍手
体力度
2
日帰りが可能
GPS
06:31
距離
14.6km
登り
788m
下り
775m
歩くペース
速い
0.80.9
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
5:52
休憩
0:39
合計
6:31
8:00
47
スタート地点
8:47
8:50
10
9:00
9:01
5
9:06
9:06
34
9:40
9:40
40
10:20
10:21
16
10:37
10:40
92
12:12
12:18
6
12:24
12:28
31
12:59
13:17
9
13:26
13:26
40
14:06
14:09
22
14:31
ゴール地点
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2023年02月の天気図
アクセス
利用交通機関:
バス
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所は無し
今日も平安神宮近くから出発し、観光客など1人もいないインクラインを登って行く。
2023年02月17日 08:09撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 8:09
今日も平安神宮近くから出発し、観光客など1人もいないインクラインを登って行く。
三条通に出て京阪バスの九条山バス停まで歩くと九条山南登山口の道路標識が迎えてくれる。
2023年02月17日 08:25撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 8:25
三条通に出て京阪バスの九条山バス停まで歩くと九条山南登山口の道路標識が迎えてくれる。
住宅の中を歩いて地形図の神社マーク辺りの広場に入る。しかしここでは何の標識も見た事が無いので神社跡だったかは不明。
2023年02月17日 08:33撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 8:33
住宅の中を歩いて地形図の神社マーク辺りの広場に入る。しかしここでは何の標識も見た事が無いので神社跡だったかは不明。
そしてピークらしい所まで登って来た。
2023年02月17日 08:39撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 8:39
そしてピークらしい所まで登って来た。
東に張り出す尾根にテープがあったので辿ってみた。
2023年02月17日 08:44撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 8:44
東に張り出す尾根にテープがあったので辿ってみた。
しかし、先はフェンスがあって通れそうに無いしピークも無さそうだった。
2023年02月17日 08:45撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 8:45
しかし、先はフェンスがあって通れそうに無いしピークも無さそうだった。
先程のピークまで引き返すと今まで気付かなかった九条山なるプレートがあった。
2023年02月17日 08:47撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
1
2/17 8:47
先程のピークまで引き返すと今まで気付かなかった九条山なるプレートがあった。
赤いテープにも同じ山名。
2023年02月17日 08:47撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 8:47
赤いテープにも同じ山名。
ピークを過ぎて北に進むと伊背神宮遙拝所に出る。
2023年02月17日 08:50撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 8:50
ピークを過ぎて北に進むと伊背神宮遙拝所に出る。
遙拝所からは風前なのか平安神宮の大鳥居が望める。
2023年02月17日 08:50撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 8:50
遙拝所からは風前なのか平安神宮の大鳥居が望める。
東山トレイルに入ってP216標高点に出る。
2023年02月17日 09:00撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 9:00
東山トレイルに入ってP216標高点に出る。
そこは神明山。
2023年02月17日 09:00撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 9:00
そこは神明山。
次は七福思案処へ、そこから左の裏道に入る。。
2023年02月17日 09:06撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 9:06
次は七福思案処へ、そこから左の裏道に入る。。
鎌倉時代の寺院跡であったろう平坦地を横切って
2023年02月17日 09:12撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 9:12
鎌倉時代の寺院跡であったろう平坦地を横切って
朽ちた遺物の残る尾根に出る。
2023年02月17日 09:17撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 9:17
朽ちた遺物の残る尾根に出る。
椿など愛でながら
2023年02月17日 09:32撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 9:32
椿など愛でながら
東山トレイル40番ポストへ出る。
2023年02月17日 09:32撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 9:32
東山トレイル40番ポストへ出る。
そして大日山を訪問して
2023年02月17日 09:40撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
1
2/17 9:40
そして大日山を訪問して
大文字山三角点に出る。
2023年02月17日 10:20撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 10:20
大文字山三角点に出る。
いつもの京都タワー。今日は霞んで大阪のビル群は全く見えなかった。
2023年02月17日 10:20撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 10:20
いつもの京都タワー。今日は霞んで大阪のビル群は全く見えなかった。
少し雪の残る北斜面を降りて行く。
2023年02月17日 10:28撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 10:28
少し雪の残る北斜面を降りて行く。
今まで全く気付かなかったが繫がっている珍しい2本木があった。
2023年02月17日 10:30撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
3
2/17 10:30
今まで全く気付かなかったが繫がっている珍しい2本木があった。
天の原まで降りて来た。
2023年02月17日 10:40撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 10:40
天の原まで降りて来た。
今日は殆ど雪の無い天の原。
2023年02月17日 10:41撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 10:41
今日は殆ど雪の無い天の原。
そして東側の霰天神(山)プレートの尾根を北に辿る。
2023年02月17日 10:46撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 10:46
そして東側の霰天神(山)プレートの尾根を北に辿る。
次の八幡(山)は初代のプレート。
2023年02月17日 10:49撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 10:49
次の八幡(山)は初代のプレート。
函谷(鉾)プレートのピークを通過。
2023年02月17日 11:13撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 11:13
函谷(鉾)プレートのピークを通過。
大船(鉾)のピ−クでこの尾根は折り返す。
2023年02月17日 11:28撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 11:28
大船(鉾)のピ−クでこの尾根は折り返す。
西に移動して船(鉾)ピークから
2023年02月17日 11:39撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 11:39
西に移動して船(鉾)ピークから
白川展望台を経て
2023年02月17日 11:44撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 11:44
白川展望台を経て
二段の滝に降りて行く。
2023年02月17日 11:52撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2
2/17 11:52
二段の滝に降りて行く。
そして初めて辿る整備された道を行くと
2023年02月17日 11:58撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 11:58
そして初めて辿る整備された道を行くと
ここで西側の尾根に到着。
2023年02月17日 12:08撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 12:08
ここで西側の尾根に到着。
折角ここまで来たので尾根の先端に向かう。
2023年02月17日 12:09撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 12:09
折角ここまで来たので尾根の先端に向かう。
そして子鹿山のピークへ。
2023年02月17日 12:12撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 12:12
そして子鹿山のピークへ。
子鹿山から折り返して鹿山へ。
2023年02月17日 12:26撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
1
2/17 12:26
子鹿山から折り返して鹿山へ。
こんなの初めて見た。意味は作者しか解らないだろう。
2023年02月17日 12:45撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 12:45
こんなの初めて見た。意味は作者しか解らないだろう。
役行者も初代のプレート。
2023年02月17日 12:50撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 12:50
役行者も初代のプレート。
初代では無いが鷹のプレートもちゃんと残っていた。
2023年02月17日 12:57撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 12:57
初代では無いが鷹のプレートもちゃんと残っていた。
そして中尾の滝に降りて来た。
2023年02月17日 13:12撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
1
2/17 13:12
そして中尾の滝に降りて来た。
今日の中尾の滝、誰も居なかった。
2023年02月17日 13:12撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2
2/17 13:12
今日の中尾の滝、誰も居なかった。
雪のせいなのか結構大きめの木が折れていた。
2023年02月17日 13:15撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 13:15
雪のせいなのか結構大きめの木が折れていた。
そして中尾城跡に寄り道して
2023年02月17日 13:25撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
1
2/17 13:25
そして中尾城跡に寄り道して
メタセコイアの側を降りて行く。
2023年02月17日 13:33撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
1
2/17 13:33
メタセコイアの側を降りて行く。
時間が早かったので吉田山にも寄ってみた。
2023年02月17日 14:07撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 14:07
時間が早かったので吉田山にも寄ってみた。
今日は寄らなかった大文字火床をズームしてみた。
2023年02月17日 14:06撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 14:06
今日は寄らなかった大文字火床をズームしてみた。
山頂には一枚だけ古いプレートが残っていた。
2023年02月17日 14:07撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 14:07
山頂には一枚だけ古いプレートが残っていた。
誰も居ない山頂では全く警戒しない小鳥が間近で遊んでいた。
2023年02月17日 14:08撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2
2/17 14:08
誰も居ない山頂では全く警戒しない小鳥が間近で遊んでいた。
吉田山の三等三角点。
2023年02月17日 14:13撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 14:13
吉田山の三等三角点。
節分が過ぎた吉田神社は誰もいなかった。まだ時間があったので左京税務署へ書き損じた確定申告の用紙を取りに寄った。
2023年02月17日 14:16撮影 by  Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
2/17 14:16
節分が過ぎた吉田神社は誰もいなかった。まだ時間があったので左京税務署へ書き損じた確定申告の用紙を取りに寄った。

感想

今年、やっと5回目の大文字山を訪問。
趣向を変えて三条通りの九条山登山口から登る事にした。
三条通りで九条山とは如何に・・・公家の九条家がこの辺りの山を持っていたからその名が付いたと言うらしい。

今まで何度かここから登ったが九条の名の付く山は知らなかった。今日初めてプレートがあるのを知った。地形図で見る限りこの辺が一番標高の高い所らしいしそれでも良いかと思う。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:245人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら