ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 5299290
全員に公開
ハイキング
赤城・榛名・荒船

桐生:鳴神山(駒形登山口ー鳴神山 ピストン)

2022年03月27日(日) [日帰り]
 - 拍手
体力度
2
日帰りが可能
GPS
02:09
距離
4.6km
登り
572m
下り
565m
歩くペース
とても速い
0.50.6
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
1:45
休憩
0:24
合計
2:09
12:48
63
13:51
13:53
3
13:56
14:15
2
14:17
14:18
37
14:55
14:57
0
14:57
ゴール地点
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2022年03月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
鳴神山駒形登山口前 駐車スペースに駐車
コース状況/
危険箇所等
鳴神山山頂直前の登りは左側(下りなら右側)が切れているので、滑落に注意。
駒形登山口
2022年03月27日 12:48撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 12:48
駒形登山口
歩き始めの道。
2022年03月27日 12:52撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 12:52
歩き始めの道。
徐々に登山道らしく?なる。
2022年03月27日 12:55撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 12:55
徐々に登山道らしく?なる。
鳴神山は硬い岩石からなっているとのこと。
2022年03月27日 12:57撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 12:57
鳴神山は硬い岩石からなっているとのこと。
登山道脇を流れる沢の水量は少ない。
2022年03月27日 12:57撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 12:57
登山道脇を流れる沢の水量は少ない。
2022年03月27日 12:59撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 12:59
杉林の中の道
2022年03月27日 13:01撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:01
杉林の中の道
2022年03月27日 13:07撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:07
登山道が沢の中に入り岩の上を歩く道になった。
2022年03月27日 13:07撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:07
登山道が沢の中に入り岩の上を歩く道になった。
案内板
2022年03月27日 13:09撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:09
案内板
近づけば進む道が見えてくる。
2022年03月27日 13:09撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:09
近づけば進む道が見えてくる。
第一石門。ロープがかけてあった。
2022年03月27日 13:09撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:09
第一石門。ロープがかけてあった。
第一石門を越えたところ。
2022年03月27日 13:13撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:13
第一石門を越えたところ。
ピンクテープに導かれて進む。
2022年03月27日 13:13撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:13
ピンクテープに導かれて進む。
杉の根っこの道になった。
2022年03月27日 13:15撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:15
杉の根っこの道になった。
2022年03月27日 13:21撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:21
少し荒れた雰囲気。
2022年03月27日 13:23撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:23
少し荒れた雰囲気。
中間地点。
2022年03月27日 13:29撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:29
中間地点。
落ち葉が多く、登山道が薄くなった印象。
2022年03月27日 13:32撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:32
落ち葉が多く、登山道が薄くなった印象。
大岩の手前を通過する。
2022年03月27日 13:34撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:34
大岩の手前を通過する。
谷底を歩く。
2022年03月27日 13:38撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:38
谷底を歩く。
傾斜が強くなってきた。
2022年03月27日 13:39撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:39
傾斜が強くなってきた。
来た道をふり返る。
2022年03月27日 13:41撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:41
来た道をふり返る。
岩が目立ってきた。
2022年03月27日 13:41撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:41
岩が目立ってきた。
登山道の脇にネットが張ってあった。食害防止?
2022年03月27日 13:48撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:48
登山道の脇にネットが張ってあった。食害防止?
小屋のようなものが見えてきた。
2022年03月27日 13:53撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:53
小屋のようなものが見えてきた。
左前方に鳥居。右側の建物は雷神嶽神社の社殿だそうだ。よく見ると両側に狛犬がひかえているが、これは狼の像。
2022年03月27日 13:54撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:54
左前方に鳥居。右側の建物は雷神嶽神社の社殿だそうだ。よく見ると両側に狛犬がひかえているが、これは狼の像。
鳥居からまっすぐに道が続いている。
2022年03月27日 13:58撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:58
鳥居からまっすぐに道が続いている。
登りきった所、大岩の前にあった指導標。
2022年03月27日 13:59撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:59
登りきった所、大岩の前にあった指導標。
大岩を左側から巻くように上れば山頂だ。左側が切れているので注意して登る。
2022年03月27日 13:59撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 13:59
大岩を左側から巻くように上れば山頂だ。左側が切れているので注意して登る。
3分ほどで山頂に到着した。標高は980m。
これは白根山かな?
2022年03月27日 14:02撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 14:02
3分ほどで山頂に到着した。標高は980m。
これは白根山かな?
男体山だろうか?
2022年03月27日 14:03撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 14:03
男体山だろうか?
雷神岳神社の社がある。ネットで調べたところ”なるかみたけじんじゃ”と読むようだ。
2022年03月27日 14:05撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 14:05
雷神岳神社の社がある。ネットで調べたところ”なるかみたけじんじゃ”と読むようだ。
山頂はとれほど広くはないが、当日は7〜8名の方が居て、その中のお一人にシャッターを押していただいた。ありがとうございました。
山頂はとれほど広くはないが、当日は7〜8名の方が居て、その中のお一人にシャッターを押していただいた。ありがとうございました。
5月頃になればアカヤシオが咲き誇るそうである。
2022年03月27日 14:08撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 14:08
5月頃になればアカヤシオが咲き誇るそうである。
15時頃に登山口に戻ってきた。
2022年03月27日 14:57撮影 by  Canon PowerShot SX70 HS, Canon
3/27 14:57
15時頃に登山口に戻ってきた。
撮影機器:

装備

個人装備
長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

感想

以前から、桐生市方面の山に登りたいと思っていたので、実行できて良かった。低山ではあるが、山頂からの眺めの良さに感心した。また、知識豊富な方がいらっしゃって、山や花の名前を教えていただき、楽しい時間を過ごすことができありがたかった。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:62人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

技術レベル
2/5
体力レベル
2/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら