また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 531626 全員に公開 ハイキング東海

白草山(御嶽山の慰霊遥拝〜黒谷林道)

日程 2014年10月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇 後 時々晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
黒谷林道ゲートの北約200m林道脇に登山者用の駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.0〜0.1(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間45分
休憩
2時間35分
合計
6時間20分
S林道ゲート06:2007:00黒谷林道終点08:20白草山10:5512:05黒谷林道終点12:40林道ゲート12:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・周辺上部では紅葉が見頃でした。
・黒谷林道ルートの登山マップ(下呂市のHP) http://www2.city.gero.lg.jp/HP/mori/kairou/0202shirakusa.pdf
その他周辺情報・黒谷林道では工事用車両通行注意
過去天気図(気象庁) 2014年10月の天気図 [pdf]

写真

中型のこの鳥は何でしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中型のこの鳥は何でしょうか?
白草山に到着した時には、上空は雲に覆われていて、雲の隙間から太陽が見えていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白草山に到着した時には、上空は雲に覆われていて、雲の隙間から太陽が見えていました
4
山頂部の笹原のササユリの果実
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部の笹原のササユリの果実
1
北ノ俣岳-冠雪した薬師岳-黒部五郎岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ノ俣岳-冠雪した薬師岳-黒部五郎岳
3
御嶽山の稜線越しの乗鞍岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山の稜線越しの乗鞍岳
3
やがて雲の切れ間から噴煙を上げる御嶽山の山頂部が姿を現しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて雲の切れ間から噴煙を上げる御嶽山の山頂部が姿を現しました
3
継母岳、一ノ池の外輪山、王滝奥ノ院、山頂の剣ヶ峰は噴煙に隠れて見えませんでした。
下側が中腹にかかっていた雲
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
継母岳、一ノ池の外輪山、王滝奥ノ院、山頂の剣ヶ峰は噴煙に隠れて見えませんでした。
下側が中腹にかかっていた雲
2
白草山山頂の笹原と上部が雲に覆われた御嶽山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白草山山頂の笹原と上部が雲に覆われた御嶽山
2
白草山からの箱岩山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白草山からの箱岩山
1
三ツ岩(三段に積み重なった奇石)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岩(三段に積み重なった奇石)
2
ツルリンドウの果実
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルリンドウの果実
ツル性の?
→ホソバツルリンドウ(環境省の絶滅危惧II類)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツル性の?
→ホソバツルリンドウ(環境省の絶滅危惧II類)
1
乗政大滝(落差21m)に立ち寄りました
↓詳細は感想の動画にて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗政大滝(落差21m)に立ち寄りました
↓詳細は感想の動画にて
6
滝周辺の壁面にダイモンジソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝周辺の壁面にダイモンジソウ
4
麓からの寺田小屋山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓からの寺田小屋山
3
麓から箱岩山・白草山方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓から箱岩山・白草山方面
3
国道257号からの小秀山(かぶと岩)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道257号からの小秀山(かぶと岩)
3

感想/記録

今回は黒谷林道側から白草山に登りました。天気予報に反して、白草山の頂上に到着した時には周囲は雲に覆われていてほとんど視界がありませんでした。雲が切れることを期待して気長に待っていると、やがて雲の切れ間かた御嶽山の山頂部が見えてきました。前回同様、地獄谷から激しく噴煙が上がっている様子が観察できました。その後御嶽山の中腹に雲がかかり続けて、上部にも雲がかかってしまいました。長時間滞在しましたが、すぐに雲が切れそうになかったので下山することにしました。予定では下山後、近くの寺田小屋山に登る予定でしたが、中止としました。大きな花束を持った慰霊登山と思われる方がいました。
帰りに乗政大滝に立ち寄りました。

訪問者数:599人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ