また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 532335 全員に公開 沢登り尾瀬・奥利根

笠科川タル沢ワル沢から井戸沢下降

日程 2014年10月18日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
※井戸沢橋の所に4〜5台のスペース有り
※入渓場所のかさね橋には路肩に少しスペース有り
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

笠科川入渓7:00〜(遡行)〜タル沢出会い7:15〜(タル沢遡行)〜ワル沢出会い8:20/8:30〜(ワル沢遡行)〜H1580二俣8:55〜(右沢)〜H17509:50右の境界尾根に上がる〜(藪漕ぎ)〜尾根ピーク10:10/10:20〜井戸沢10:25〜(井戸沢下降)〜井戸沢橋12:35
コース状況/
危険箇所等
※タル沢のミニゴルジュは落ちてもドボンするだけなのでへつりの良い練習になります。ただしこの季節は冷たいので落ちたくない
※ワル沢の突っ張りの滝も突っ張りの良い練習になります。
※井戸沢に下りる尾根の藪漕ぎもルートファインディングの良い練習になります
※井戸沢の下降もザイルを使わずに下りました。下降の良い練習になります
※参考にさせて貰った記録サイト「沢の風と空」2013年10/14
http://www.sawakaze.sakura.ne.jp/index.html
その他周辺情報※この季節の尾瀬から水上に抜ける「湯けむり街道」は紅葉見物の車が多い。
過去天気図(気象庁) 2014年10月の天気図 [pdf]

写真

晴天の朝、出発します
2014年10月18日 06:53撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴天の朝、出発します
1
湯けむり街道の笠科川にかかるかさね橋から入渓、水が冷たい
2014年10月18日 07:01撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯けむり街道の笠科川にかかるかさね橋から入渓、水が冷たい
2
釜をもつナメ滝はひだりから
2014年10月18日 07:12撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜をもつナメ滝はひだりから
2
15分ほどでタル沢出会いに着きました
2014年10月18日 07:18撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分ほどでタル沢出会いに着きました
タル沢最初の滝は右から登る
2014年10月18日 07:21撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タル沢最初の滝は右から登る
4
ナメが出てきました
2014年10月18日 07:23撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメが出てきました
4
やっと朝日が差してきた
2014年10月18日 07:51撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと朝日が差してきた
1
後から日が差して木の陰がおもしろい
2014年10月18日 07:56撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後から日が差して木の陰がおもしろい
2
ちよっと小難しいへつりもあります
2014年10月18日 07:59撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちよっと小難しいへつりもあります
4
第1ゴルジュ、淵は膝上くらいです
2014年10月18日 08:02撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1ゴルジュ、淵は膝上くらいです
3
第2ゴルジュの淵は深いので左からへつります、落ちてもドボンするだけですか落ちたくないので必死にへつる私たち。
2014年10月18日 08:06撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2ゴルジュの淵は深いので左からへつります、落ちてもドボンするだけですか落ちたくないので必死にへつる私たち。
5
ゴルジュ出口の滝は左から登る
2014年10月18日 08:10撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュ出口の滝は左から登る
3
深い釜を持った小滝
2014年10月18日 08:14撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い釜を持った小滝
4
くの字に曲がった小滝もありました
2014年10月18日 08:20撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くの字に曲がった小滝もありました
2
引上悪沢とワル沢の二俣に到着
2014年10月18日 08:22撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引上悪沢とワル沢の二俣に到着
1
ワル沢に入るとすぐにトイ状の滝、滝は2mくらい、突っ張りで突破しようとしたが手が冷たく最後でドボンしてしまい胸までつかる。
2014年10月18日 08:40撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワル沢に入るとすぐにトイ状の滝、滝は2mくらい、突っ張りで突破しようとしたが手が冷たく最後でドボンしてしまい胸までつかる。
5
ナメ滝、ホールドは細かいが木や笹を掴みながら登る
2014年10月18日 08:46撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメ滝、ホールドは細かいが木や笹を掴みながら登る
3
1570m二俣左沢に行くと至仏からの登山道に出る、私たちは尾根を越えるので右沢に入る。
2014年10月18日 08:57撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1570m二俣左沢に行くと至仏からの登山道に出る、私たちは尾根を越えるので右沢に入る。
右沢はいるとナメ
2014年10月18日 09:01撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右沢はいるとナメ
2
霜が降りていた、日が差さないと寒い
2014年10月18日 09:10撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜が降りていた、日が差さないと寒い
1
だいぶ源頭の雰囲気が
2014年10月18日 09:26撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ源頭の雰囲気が
1
まだ滝も出てくる
2014年10月18日 09:48撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ滝も出てくる
1
右を見上げると、尾根が迫って来ている?
2014年10月18日 09:50撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右を見上げると、尾根が迫って来ている?
2
水が涸れて登って行くと目の前に赤テープがひらひらと
2014年10月18日 09:57撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水が涸れて登って行くと目の前に赤テープがひらひらと
1
テープの所から右に登り、根曲竹のヤブを10分ほど藪漕ぎして尾根に出た。目印はこの大きなコメツガの大木の所
2014年10月18日 10:08撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープの所から右に登り、根曲竹のヤブを10分ほど藪漕ぎして尾根に出た。目印はこの大きなコメツガの大木の所
2
大木の所から井戸沢に向けて藪漕ぎ
2014年10月18日 10:21撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大木の所から井戸沢に向けて藪漕ぎ
すぐに沢型が出てきてそのまま下降していきます
2014年10月18日 10:26撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに沢型が出てきてそのまま下降していきます
滑りそう最初は怖々下りて行く
2014年10月18日 10:47撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りそう最初は怖々下りて行く
キノコ〜食べられねキノコらしい
2014年10月18日 10:49撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコ〜食べられねキノコらしい
沢は支流を集めながら徐々に水量が多くなる
2014年10月18日 11:27撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢は支流を集めながら徐々に水量が多くなる
井戸沢は全体的にナメの沢
2014年10月18日 11:31撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井戸沢は全体的にナメの沢
1
こんなナメ滝も
2014年10月18日 11:47撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなナメ滝も
左岸を笹や木を掴みながら下れる
2014年10月18日 11:48撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸を笹や木を掴みながら下れる
4
綺麗なナメ床が続く
2014年10月18日 11:56撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗なナメ床が続く
3
滝も傾斜が緩い
2014年10月18日 11:56撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝も傾斜が緩い
1
紅葉とナメのコラボ
2014年10月18日 11:56撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉とナメのコラボ
2
最後に出てきた8mの滝の下降は下部が手かがりが無いけど細かなスタンスを拾って下りた
2014年10月18日 12:04撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に出てきた8mの滝の下降は下部が手かがりが無いけど細かなスタンスを拾って下りた
2
8mの滝を下ると滝は終わりで少しゴーロをあるいたら堰堤に着いた
2014年10月18日 12:24撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8mの滝を下ると滝は終わりで少しゴーロをあるいたら堰堤に着いた
3
堰堤を左から下りて踏み跡をたどって車道に到着〜
2014年10月18日 12:33撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を左から下りて踏み跡をたどって車道に到着〜
おまけ:湯けむり街道の照葉峡にある「ひぐらしの滝」
2014年10月18日 13:25撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ:湯けむり街道の照葉峡にある「ひぐらしの滝」
1
紅葉真っ盛りでした
2014年10月18日 13:28撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉真っ盛りでした
4

感想/記録
by mogu

今回の沢は岳人2012年7月号に載っていたときから何時か行きたいと思っていて、今年尾瀬の車規制かとける10月の連休後にやっと計画したのになんと先週に続き台風19号の直撃で延期、当初の参加メンバー二人行けなくなり、急遽さわねのお二人を誘っての遡行となりました。

前日、湯けむり街道の井戸沢橋手前にある堰堤広場でテントを張りました。本当は笠科川の河原に下りて焚き火をしたかったけど、4時半過ぎに現地に着き良いところが無いか捜しましたがすぐに暗くなってしまい河原に下りるのは諦めました。でも明け方は寒かったのでここで良かったと思います。

朝は霜が降りていて寒い、支度をして車1台を井戸沢橋において入渓場所の橋まで移動しますがなかなか車を止めておく場所が無く、少し離れた場所の路肩になんとか置いてから笠科川に下りて遡行開始水が冷たく霜が降りている岩や木が滑りやすそうです。すぐに釜を持った滝が出てきましたが左からへつって登り15分ほど河原を歩いてタル沢の出会いに着いた。タル沢に入るとすぐに2段8mの滝ですが傾斜は緩いので右から簡単に登れます。滝上はしばらくゴーロが続きナメ滝を越える。沢の中に朝日が差し込んできて空を見上げると真っ青な空と紅葉が綺麗。3m・4mと小滝が続きますがどれも簡単に登れます、そしてタル沢のハイライトのゴルジュが出てきました。ゴルジュと行っても威圧感が無く狭い中にトロと小滝があり、最初のゴルジュは水量が少なくへつるまもなく突破できた。次のゴルジュのトロは深そうでみんな落ちたくなく左側からへつります。このへつりも立っている岩盤の小さなバンド沿いにじわじわと進んで行きなんとか落ちずに突破できてほっ!!出口にある滝は左から登れましたが水量が多いときは大変かも。ハイライトが終わり明るく開けた沢の中を小滝を超えて登って行くと、引上悪沢とワル沢の二俣に着いた。

右のワル沢に入るとナメ床が多くなりトヨ状4×8mの滝が出てきてみんな突っ張りで登って行き、私も突っ張って行きましたが手がかじかんでいて最後でドボンしてしまった・・・腰ぐらい深さでしたので再度トライして突破したけど寒かった〜急いで雨具を着ました。トヨ状の滝の上はH1580二俣で左に行くと至仏山からの登山道に出ます。私たちは沢の風と空さんの記録を参考に右沢を登り境界尾根から井戸沢に下りるコースにしました。右沢に入るとヤブがうるさくなってきましたがナメが続き小滝も出てくる。沢型をたどって行くと水涸れたH1750あたりに赤テープが有り、そこから右の壁を少し登り根曲竹のヤブをトラバース気味に漕いでいき大きなコメツガの大木が何本か立っている開けた所に出たのでここで一休み〜やっぱり根曲がり竹の藪漕ぎは大変です。

地形図を見ながら井戸沢を目指して藪漕ぎをして下っていくがすぐに沢型に出ました、ヤブぽいけど下っていくと右から水量の多い沢と合わさる。そこからはナメ床とナメ滝とゴーロが交互に出てきてナメ滝はすべて笹や木を使って下りられた。井戸沢はとても明るい沢で秋晴れの中を下って来るのは本当に気持ちが良い。最後に8mのナメ滝を下りると堰堤にすぐに着いてしまいなんだかあっけなく終わってしまった。

今回の沢登りは短い中に滝登り、へつり、地図読み、藪漕ぎ、沢の下降と盛りだくさんで日の短いこの季節に遡行するには良い沢です。井戸沢はまたこの季節に今度は登ってみたいな、あともう一つ小赤沢が残っているのでまた来年来よう。

下山して時間を見たらまだ12時30分、みんなでこんなに早く下りたのは初めてだねと笑う。せっかくなので湯けむり街道での紅葉の名所照葉峡経由で帰ることにしました、ヘイズル沢の帰り道タクシーで通ったときに運転手さんが「この道は普段は殆ど車が通らないけど紅葉の時だけは混む」と言っていましたが本当にたくさんの車が走っていました。天気に恵まれ最後に見事な紅葉が見られて良かった。
訪問者数:1200人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2008/11/17
投稿数: 55
2014/11/1 14:54
 ドボン!
ナメが多くて癒し系の良い沢ですね。
来年は是非誘ってください。
しかし、この時期のドボンはさぞ冷たかったでしょうね ?
10月仙台の沢でのドボンを思い出し、ブルッとしました
登録日: 2008/11/17
投稿数: 164
2014/11/2 11:52
 恐怖のドボン(笑)
midori28さん、今回は台風にやられて一緒に行けなくて本当に残念でした。来年また計画するので誘いますね
そうそう、あれは本当に怖かった・・・
今回はドボンしても足が着いたので恐怖は無かったけど寒かったです。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ