また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 546300 全員に公開 ハイキング阿蘇・九重

赤川から登る晩秋の久住山

日程 2014年11月11日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇りときどき晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤川温泉下の無料駐車場に止めました。
トイレはあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間54分
休憩
1時間11分
合計
6時間5分
S赤川登山口08:3310:50久住山11:0211:24久住分れ12:1012:30扇ヶ鼻分岐12:3112:50扇ヶ鼻13:0214:33赤川登山口14:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
標高差、約740メートルの山頂までまっしぐらに登るので次第に急な登りになります。
下りは少し注意が必要なところがあります。
その他周辺情報登山口の右手奥に「赤川温泉 赤川荘」があります。
今回は入りませんでした。
過去天気図(気象庁) 2014年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

赤川の駐車場に到着です。
まだ他の登山者はいません。
2014年11月11日 07:58撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤川の駐車場に到着です。
まだ他の登山者はいません。
登山準備をしていると数台の車が来て次々と出発です。
私も登山届を書いて出発!
2014年11月11日 08:27撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山準備をしていると数台の車が来て次々と出発です。
私も登山届を書いて出発!
1
5分も登ると左手に扇ヶ鼻への分岐があります。
今回はまっすぐ久住山を目指します。
2014年11月11日 08:33撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5分も登ると左手に扇ヶ鼻への分岐があります。
今回はまっすぐ久住山を目指します。
コース唯一の渡渉地点。
素敵な景色です。
2014年11月11日 08:38撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コース唯一の渡渉地点。
素敵な景色です。
5
赤川温泉の源泉?
2014年11月11日 08:45撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤川温泉の源泉?
2
登山道の木はほとんど落葉していますが、その落ち葉を敷いた道が綺麗です。
2014年11月11日 08:52撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の木はほとんど落葉していますが、その落ち葉を敷いた道が綺麗です。
1
暫く登山道を歩いたり、林道を歩いたりを繰り返します。
2014年11月11日 08:59撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く登山道を歩いたり、林道を歩いたりを繰り返します。
1
3度ほど林道に出た後、ここからは登山道を登り続けます。
2014年11月11日 09:05撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3度ほど林道に出た後、ここからは登山道を登り続けます。
落葉を敷きつめた道は綺麗ですが、足元の状態やルートがわかりにくい時があり、少し気を使います。
2014年11月11日 09:11撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落葉を敷きつめた道は綺麗ですが、足元の状態やルートがわかりにくい時があり、少し気を使います。
2
この時期でも登山道の脇に狂い咲き(失礼!)のミヤマキリシマ。
2014年11月11日 09:16撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期でも登山道の脇に狂い咲き(失礼!)のミヤマキリシマ。
4
見晴らしがよくなったところで、疲れもでたので休憩をとり阿蘇方面を見渡します。
阿蘇は全く見えません。
2014年11月11日 09:29撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしがよくなったところで、疲れもでたので休憩をとり阿蘇方面を見渡します。
阿蘇は全く見えません。
正面には青空をバックに久住山。
2014年11月11日 09:46撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面には青空をバックに久住山。
6
まだまだ秋の色を残しています。
2014年11月11日 09:47撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ秋の色を残しています。
1
休憩後、重くなった足でのろのろと山頂を目指します。
2014年11月11日 10:15撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩後、重くなった足でのろのろと山頂を目指します。
私の足で山頂到着は11時過ぎると覚悟していましたが、ほぼ予定通り(希望通り)何とか到着!
2014年11月11日 10:52撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私の足で山頂到着は11時過ぎると覚悟していましたが、ほぼ予定通り(希望通り)何とか到着!
6
山頂に到着したころは空は曇り、風も少し強く吹いていました。
山頂付近から見る天狗ヶ城、中岳方面
2014年11月11日 10:54撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着したころは空は曇り、風も少し強く吹いていました。
山頂付近から見る天狗ヶ城、中岳方面
1
山頂で中食にするつもりが、少し寒いので避難小屋付近まで下ることにしました。
星生崎の下に小屋が見えます。
2014年11月11日 11:20撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で中食にするつもりが、少し寒いので避難小屋付近まで下ることにしました。
星生崎の下に小屋が見えます。
2
久住別れにこんな古い標柱がありました。
いままで気が付きませんでした。
2014年11月11日 11:26撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住別れにこんな古い標柱がありました。
いままで気が付きませんでした。
1
久住避難小屋前で昼食後、扇ヶ鼻へ向かいます。
振り返ると久住山は雲で見え隠れ。
2014年11月11日 12:12撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住避難小屋前で昼食後、扇ヶ鼻へ向かいます。
振り返ると久住山は雲で見え隠れ。
西千里ヶ浜。
ここは足取り軽く快適に歩きます。
2014年11月11日 12:18撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西千里ヶ浜。
ここは足取り軽く快適に歩きます。
3
西千里ヶ浜
2014年11月11日 12:24撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西千里ヶ浜
扇ヶ鼻分岐です
2014年11月11日 12:30撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻分岐です
再び登りで扇ヶ鼻方面へ向かいます。
2014年11月11日 12:35撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び登りで扇ヶ鼻方面へ向かいます。
2
一登りすると扇ヶ鼻はまだまだ先。
ミヤマキリシマとササのだんだら模様が晩秋を思わせる色をしていました
2014年11月11日 12:43撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一登りすると扇ヶ鼻はまだまだ先。
ミヤマキリシマとササのだんだら模様が晩秋を思わせる色をしていました
1
扇ヶ鼻山頂はすぐそこ〜
2014年11月11日 12:48撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻山頂はすぐそこ〜
1
扇ヶ鼻山頂です。
だーれもいません。
2014年11月11日 12:50撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻山頂です。
だーれもいません。
5
扇ヶ鼻から長者原方面です
2014年11月11日 12:50撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻から長者原方面です
2
扇ヶ鼻から久住山を眺めます。
やはり天気が今少し…
2014年11月11日 13:00撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻から久住山を眺めます。
やはり天気が今少し…
1
10分ほど休憩し赤川へ下りました。
最初はなだらかな道ですが・・・
2014年11月11日 13:04撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ほど休憩し赤川へ下りました。
最初はなだらかな道ですが・・・
すぐに急坂の下りです。
足を滑らしながら、ときどき下の国民宿舎なども眺めながら下って行きます。
2014年11月11日 13:18撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに急坂の下りです。
足を滑らしながら、ときどき下の国民宿舎なども眺めながら下って行きます。
4
少し傾斜が緩くなり、後ろの扇ヶ鼻を振り返ってみます。
2014年11月11日 13:31撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し傾斜が緩くなり、後ろの扇ヶ鼻を振り返ってみます。
久住山方面です。
この時期、ササの色が綺麗に感じます。
2014年11月11日 13:37撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住山方面です。
この時期、ササの色が綺麗に感じます。
2
笹とウツギ(と思います)がきれいな模様をつくっています。
2014年11月11日 13:38撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹とウツギ(と思います)がきれいな模様をつくっています。
2
赤川に近づき、道は林の中に入ります。
紅葉の残りが彩を添えます。
2014年11月11日 14:19撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤川に近づき、道は林の中に入ります。
紅葉の残りが彩を添えます。
3
こちらも落葉の絨毯。
2014年11月11日 14:20撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも落葉の絨毯。
2
この時期、森は明るいですね。
2014年11月11日 14:25撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期、森は明るいですね。
1
再び久住山との分岐に下ってきました。
2014年11月11日 14:30撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び久住山との分岐に下ってきました。
1
登山口到着です。
左に行けば「赤川温泉 赤川荘」です。
今回残念ながらパスしました。
2014年11月11日 14:35撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口到着です。
左に行けば「赤川温泉 赤川荘」です。
今回残念ながらパスしました。
1

感想/記録

10月の紅葉シーズンに九重のどこかに登りたかったのですが結局11月となってしまい、「晩秋の…」となってしましました。

赤川からは7・8年前に上って以来の久しぶりの登山です。

直接久住山頂を目指すか扇ヶ鼻経由にするか迷ったのですが、この年になるとやはり急な下りは苦手!

今回もまずは久住山頂を目指しました。

数日前の天気予報では、この日は晴れとの予報でしたが、着いてみるとやや期待外れ。

正面に久住山、背後に阿蘇山を見ながらの登山のはずでしたが、あいにくの天気で阿蘇は全く見えませんでした。

それでも上空は時々日が差し、青空をバックにした久住山を眺めることができ満足です。

扇ヶ鼻からの下り!
これも結構急で苦労しました。
何しろ泥道の急坂ですから ((+_+))

紅葉は見ごろは過ぎていましたが葉を落とした樹林帯は明るく、また落葉を敷き詰めた登山道もきれいで満足して帰りました。
訪問者数:483人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ