また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 549433 全員に公開 ハイキングアジア

タマン・ヘリティジ・トレイル ー ネパール

日程 2014年11月09日(日) 〜 2014年11月15日(土)
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
バス

コースタイム [注]

1日目; 7:20 カトマンズ(1300 m) → 14:35 シャブルベシ(1460m)
    7時間15分(バス乗車時間)

2 日目; 7:30 シャブルベシ(1460m) → 13:30 ガトラング(2230m)
    6時間

3日目; 7:45 ガトラング(2230m) → 14:30 タトパニ(2600m)
     6時間45分

4日目; 7:50 タトパニ(2600m) → 10:45 ナガタリ(3165m)
    2時間55分

5日目; 8:25 ナガタリ(3165m) → 14:45 ブルディム(2229m)
     6時間20分

6日目; 14:45 ブルディム(2229m) → 10:50 シャブルベシ(1460m)
    2時間40分

7日目; 7:20 シャブルベシ(1460m) → 13:40 カトマンズ(1300 m)
    6時間10分(ジープ乗車時間)

1,7日目はバス/ジープ乗車時間。2,3,5日目は休憩と昼食時間、4,6日目は休憩時間を含む。
コース状況/
危険箇所等
トレイルはほとんどが狭い山道であるが、危険な個所はない。山道や村落の道の分岐に道標が少ないため、注意が必要である。
宿泊地間の標高差は大きくないが、渓谷を渡るため数百メートルから千数百メートルの下りや登りがあり、ハードな歩行が強いられる。
その他周辺情報この地域の宿泊施設は‘Home Stay’と称しているところが多い。機能的にはロッジと変わりがないが、規模が小さいため家庭的な雰囲気が味わえる。
参考までに充電の可・不可は次の通りである。(ロッジや日にちによって異なる場合があるかもしれない)
シャブルベシ、タトパニ、ブリディムでは、無料で充電できた。
ガトラングは停電で、ナガタリは送電がないため、充電できなかった。
過去天気図(気象庁) 2014年11月の天気図 [pdf]

写真

【1日目】カトマンズからシャブルベシ行の急行バスに乗車。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【1日目】カトマンズからシャブルベシ行の急行バスに乗車。
2
バスは、山の斜面を縫うように続く未舗装の道を進む。悪路のため、140Kmの距離に7時間かかる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスは、山の斜面を縫うように続く未舗装の道を進む。悪路のため、140Kmの距離に7時間かかる。
1
車窓からガネシュ・ヒマールが見え、感激!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車窓からガネシュ・ヒマールが見え、感激!
4
シャブルベシに到着。大多数の人はランタンを目指すトレッカーだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャブルベシに到着。大多数の人はランタンを目指すトレッカーだ。
1
【2日目】まだ陽のあたらないシャブルベシを見下ろしながら、どんどん高度を上げる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【2日目】まだ陽のあたらないシャブルベシを見下ろしながら、どんどん高度を上げる。
1
登るにつれて展望が開け、ランタン(6590m)が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登るにつれて展望が開け、ランタン(6590m)が見えてきた。
ゴルジュンまで登ると、ガネシュ・ヒマール(左)やサンジェン・ ヒマールが現れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュンまで登ると、ガネシュ・ヒマール(左)やサンジェン・ ヒマールが現れた。
1
ゴルジュンから見たランタン・リルン(右、7227m)とランタン(6596m)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュンから見たランタン・リルン(右、7227m)とランタン(6596m)。
2
ガネシュ・ヒマール。右のピークはガネシュ掘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガネシュ・ヒマール。右のピークはガネシュ掘
1
サンジェン・ヒマール。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンジェン・ヒマール。
2
棚田の囲まれた今日の宿泊地、ガトラングが見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棚田の囲まれた今日の宿泊地、ガトラングが見えてきた。
1
ガトラングは、ランタン・リルンとランタン兇見られる贅沢な村だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガトラングは、ランタン・リルンとランタン兇見られる贅沢な村だ。
1
村では結婚パーティがあり、酔った男たちがダンスと歌に興じていた。宴は深夜まで続いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
村では結婚パーティがあり、酔った男たちがダンスと歌に興じていた。宴は深夜まで続いた。
小学校の校庭でサッカーをする少年たち。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小学校の校庭でサッカーをする少年たち。
羊とランタン・リルン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羊とランタン・リルン。
2
ランタン・リルンとランタン兇陵湿討院
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランタン・リルンとランタン兇陵湿討院
5
【3日目】朝のランタン供ランタン・リルンは雲に覆われていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【3日目】朝のランタン供ランタン・リルンは雲に覆われていた。
煙が立ち上るガトラング村の朝。板の屋根の家並みが美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煙が立ち上るガトラング村の朝。板の屋根の家並みが美しい。
ガトラング村を後にして、チリメへ下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガトラング村を後にして、チリメへ下る。
チリメでは、稲刈り後の田に牛が繋がれていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チリメでは、稲刈り後の田に牛が繋がれていた。
タトパニへ急な登りが続き、チリメが眼下に見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タトパニへ急な登りが続き、チリメが眼下に見える。
トウモロコシを乾燥させているタマン族の女性。ツバのない伝統的な帽子を被っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トウモロコシを乾燥させているタマン族の女性。ツバのない伝統的な帽子を被っている。
ガイドの先に、タトパニの村が見えてきた。
2014年11月11日 17:06撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガイドの先に、タトパニの村が見えてきた。
1
タトパニ村とガネシュ・ヒマール。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タトパニ村とガネシュ・ヒマール。
タトパニとは熱い水という意味で、温泉がある。地元や近隣の村の人たちが多く、トレッカーはほとんどいない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タトパニとは熱い水という意味で、温泉がある。地元や近隣の村の人たちが多く、トレッカーはほとんどいない。
2
温泉の後は、やっぱりビール。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉の後は、やっぱりビール。
3
【4日目】温泉場を後に、ナガタリへ。温泉は朝から賑わっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【4日目】温泉場を後に、ナガタリへ。温泉は朝から賑わっている。
ミルクのために飼われているヤクのメス(ナク)。オスは見かけなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミルクのために飼われているヤクのメス(ナク)。オスは見かけなかった。
1
ブリムダムの村とガネシュ・ヒマール。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブリムダムの村とガネシュ・ヒマール。
タマン族の家々には立派な彫刻の窓がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タマン族の家々には立派な彫刻の窓がある。
対岸のトウチェン村の棚田/段々畑の数には圧倒される。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸のトウチェン村の棚田/段々畑の数には圧倒される。
宿泊地のナガタリに到着。のどかな丘陵からの展望は最高!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿泊地のナガタリに到着。のどかな丘陵からの展望は最高!
1
ロッジの前から、ランタン兇大きく見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッジの前から、ランタン兇大きく見える。
ナガタリの丘からはランタンやゴサインクンドの山々が眺められる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナガタリの丘からはランタンやゴサインクンドの山々が眺められる。
1
ゴサインクンドの山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴサインクンドの山々。
2
ランタンの山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランタンの山々。
1
ガネシュ掘丙検法▲ネシュ后蔽羆)とサンジェン・ヒマール。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガネシュ掘丙検法▲ネシュ后蔽羆)とサンジェン・ヒマール。
ガネシュ掘ガイドが右を向いた像の形だと言っていたが、そう見えるような気がする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガネシュ掘ガイドが右を向いた像の形だと言っていたが、そう見えるような気がする。
1
サンジェン・ヒマール。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンジェン・ヒマール。
2
ロッジの傍の池に写ったランタン供
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッジの傍の池に写ったランタン供
2
山々を眺めながら、ビールを飲み、本を読む至福のひと時。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山々を眺めながら、ビールを飲み、本を読む至福のひと時。
1
夕日に染まるランタン供
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日に染まるランタン供
2
夕日が当たるチベットの山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日が当たるチベットの山。
4
ガネッシュ供Ν垢砲睛柴が当たっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガネッシュ供Ν垢砲睛柴が当たっている。
2
カマドの前で、ジャガイモを剥くロッジの女性。この日のロッジは私とガイド、ポーターの貸切状態だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カマドの前で、ジャガイモを剥くロッジの女性。この日のロッジは私とガイド、ポーターの貸切状態だった。
かまどを囲んで、ムスタング・コーヒー(ロキシーにコーヒー、砂糖、ヤクバターを加えた酒)を飲む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かまどを囲んで、ムスタング・コーヒー(ロキシーにコーヒー、砂糖、ヤクバターを加えた酒)を飲む。
1
【5日目】ゴサインクンドの山々の朝焼け。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【5日目】ゴサインクンドの山々の朝焼け。
2
チベットの山々の朝焼け。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チベットの山々の朝焼け。
1
ガネシュ・ヒマーやサンジェン・ヒマールが明るくなりだした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガネシュ・ヒマーやサンジェン・ヒマールが明るくなりだした。
1
ツマンを目指してひたすら降りる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマンを目指してひたすら降りる。
ミレット(ヒエ)を刈る人々。ミレットは蒸留酒ロキシーの原料にもなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミレット(ヒエ)を刈る人々。ミレットは蒸留酒ロキシーの原料にもなる。
ミレット(ヒエ)を干す人。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミレット(ヒエ)を干す人。
パッチワークのような段々畑。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パッチワークのような段々畑。
ナガタリから1600m下り、ボーコテシ川を渡る。釣り橋の下の道路はチベット(中国)に続いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナガタリから1600m下り、ボーコテシ川を渡る。釣り橋の下の道路はチベット(中国)に続いている。
1
里山に咲くヒマラヤ桜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里山に咲くヒマラヤ桜。
ブリディムのロッジに到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブリディムのロッジに到着。
ロッジの女性はマニ車を熱心に回していた。1日に1-2時間回すと言う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッジの女性はマニ車を熱心に回していた。1日に1-2時間回すと言う。
【6日目】ブリディムを後にしてシャブルベシへ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【6日目】ブリディムを後にしてシャブルベシへ。
トレイルを覆うヒマラヤ桜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレイルを覆うヒマラヤ桜。
1
樹林帯を下るポーター。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を下るポーター。
昨日、ナガタリからツマンに降りた尾根(右)が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日、ナガタリからツマンに降りた尾根(右)が見えた。
豆を干す農家の女性。ウズラに似た豆で、ダリバートに使われる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豆を干す農家の女性。ウズラに似た豆で、ダリバートに使われる。
眼下にシャブルベシが見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下にシャブルベシが見えてきた。
【7日目】翌日、乗合のジープでカトマンズへ6時間のドライブ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【7日目】翌日、乗合のジープでカトマンズへ6時間のドライブ。
撮影機材:

感想/記録
by ayanao

タマン・ヘリティジ・トレイルは、カトマンズの北にあるタマン族の村々を巡るトレイルである。
タマンの文化に触れ、ガネシュ・ヒマール、ランタンやゴサインクンドの山々の展望を楽しむことができる。特に、ナガタリからの展望は、「タマンのプーンヒル」とでも呼べるような素晴らしい眺めである。
このトレイルの魅力のひとつは、タトパニの温泉である。豊富な湯量で、トレッキングの疲れを癒してくれる。
1日に出合ったトレッカーは数人で、静かな山旅が味わえる秘境のようなトレイルである。
観光地化せずに、このままの姿を保ち続けてほしいと思った。
訪問者数:1473人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ