また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 558823 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

ノボリオイゾネを歩きたくて久々に縦走

日程 2014年12月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
飯能駅北口→諏訪橋(国際興業バス)
   7:10→7:46 湯の沢行 飯01-2(土・日始発)590円

成木市民センター前→成木一丁目四ッ角(都バス)
  16:23→16:31 裏宿町行 梅74甲(土・日最終)210円
成木一丁目四ッ角→飯能駅北口(国際興業バス)
  16:51→17:12 飯能駅行 飯11(土・日・平日共通)330円
(都バスから国際興業バスへの乗り換えは上畑・下畑でも可能)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間36分
休憩
1時間47分
合計
8時間23分
Sスタート地点07:5009:35馬乗馬場(大門指山・ダイモンザス)09:50黒山(トキワ山・コハカヅル山)10:0010:17逆川ノ丸10:54興越山11:08名坂峠(大丹波峠)11:18岩茸石山12:1812:38常福院12:54永栗ノ峰12:5513:10伏木峠13:20元祖伏木峠13:3413:45大指山13:56松ノ木峠13:5714:21ノボリオイゾネ381m峰14:32茗荷峠(稲詰峠)14:43夕倉山15:0315:51ノボリオイゾネ319m峰15:5216:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・ノボリオイゾネ
ほぼ廃道状態で、急傾斜地では道形が消えている。
尾根分岐では枝尾根との明確な差が感じられない。
踏み跡が僅かなので地図読みが必要。
過去天気図(気象庁) 2014年12月の天気図 [pdf]

写真

諏訪神社脇から和泉入り沿いの林道を行く。立派な造りの神社だこと。神明造というやつかな?
2014年12月07日 07:53撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪神社脇から和泉入り沿いの林道を行く。立派な造りの神社だこと。神明造というやつかな?
6
地形図に無い道が左岸尾根を登っていた。うーん、どうしよっか。
2014年12月07日 08:02撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図に無い道が左岸尾根を登っていた。うーん、どうしよっか。
3
予定ではもう少し先の尾根から地形図破線を登るつもりだったが、悩んだ末に新しい道の行方が気になり右へ。
2014年12月08日 20:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定ではもう少し先の尾根から地形図破線を登るつもりだったが、悩んだ末に新しい道の行方が気になり右へ。
8
しかし、10分ほど登ったら道は終点に。戻るべきか再び悩むが、面倒なのでこのまま登る事にした。
2014年12月07日 08:12撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、10分ほど登ったら道は終点に。戻るべきか再び悩むが、面倒なのでこのまま登る事にした。
5
支尾根に乗るとすっきり歩き易くなった。
2014年12月07日 08:20撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支尾根に乗るとすっきり歩き易くなった。
4
更に主尾根には、はっきりとした道形が通っている。急傾斜ではこの様に蛇行した道で歩き易い。
2014年12月07日 08:32撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に主尾根には、はっきりとした道形が通っている。急傾斜ではこの様に蛇行した道で歩き易い。
3
だが、ハイキングコース合流直前で道が消えた。なかなか考えられているね。これなら向こうからは道が在る様に見えない。
2014年12月07日 09:15撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だが、ハイキングコース合流直前で道が消えた。なかなか考えられているね。これなら向こうからは道が在る様に見えない。
3
ハイキングコースに出てすぐ先がこの休憩所。ちょっと一服。
2014年12月07日 09:27撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイキングコースに出てすぐ先がこの休憩所。ちょっと一服。
3
こんな標識が付けられていた。前回来た時は気付かなかったが、最近付けられたんだろうか。
2014年12月07日 09:26撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな標識が付けられていた。前回来た時は気付かなかったが、最近付けられたんだろうか。
2
そこそこ踏まれている感じだ。P464経由で大松閣に至ると思われる。ちょっと気になるが、検証は他の人に任せます(^^;)
2014年12月07日 09:27撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこそこ踏まれている感じだ。P464経由で大松閣に至ると思われる。ちょっと気になるが、検証は他の人に任せます(^^;)
2
P776に登ってみたが何も無し。馬乗馬場ってどこの事なんだ?
2014年12月07日 09:34撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P776に登ってみたが何も無し。馬乗馬場ってどこの事なんだ?
1
霜柱がよく育ってる。
2014年12月07日 09:38撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜柱がよく育ってる。
3
黒山到着。ここから岩茸石山は初歩き。
2014年12月07日 09:50撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒山到着。ここから岩茸石山は初歩き。
4
登山地図には名前が無い。
2014年12月07日 10:16撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山地図には名前が無い。
1
ビューポイント。柵があるんで安心。
2014年12月07日 10:24撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビューポイント。柵があるんで安心。
5
ハードな道だねえ。底まで下りて登り返す感じは旧正丸峠に似てる。しかも、登り返す岩茸石山の高さは比較にならない。
2014年12月07日 11:07撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハードな道だねえ。底まで下りて登り返す感じは旧正丸峠に似てる。しかも、登り返す岩茸石山の高さは比較にならない。
3
相変わらず人が多い。
2014年12月07日 11:18撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず人が多い。
4
今回は巻き道を行ってみる。
2014年12月07日 12:32撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は巻き道を行ってみる。
1
代わりに永栗ノ峰に登る。
2014年12月07日 12:51撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
代わりに永栗ノ峰に登る。
2
山名板あり。
2014年12月07日 12:54撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名板あり。
2
ここから伏木峠へ。
2014年12月07日 13:00撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから伏木峠へ。
1
現在はここが伏木峠。左へ行くと元祖伏木峠。
2014年12月07日 13:10撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現在はここが伏木峠。左へ行くと元祖伏木峠。
1
道はこんな状態。ちょっと綺麗だけど。
2014年12月07日 13:15撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はこんな状態。ちょっと綺麗だけど。
3
沢を渡る。
2014年12月07日 13:17撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡る。
3
元祖伏木峠に到着。
2014年12月07日 13:20撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元祖伏木峠に到着。
2
この石祠が元祖たる証し。
2014年12月07日 13:20撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この石祠が元祖たる証し。
5
さて、本日のメイン、ノボリオイゾネを堪能しますか。ところで、ノボリオイゾネってここから? それとも松ノ木峠から?
2014年12月07日 13:34撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、本日のメイン、ノボリオイゾネを堪能しますか。ところで、ノボリオイゾネってここから? それとも松ノ木峠から?
3
まだ紅葉に間に合った。
2014年12月07日 13:43撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ紅葉に間に合った。
2
大指山。
2014年12月07日 13:45撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大指山。
4
鉄塔を過ぎると…
2014年12月07日 13:54撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔を過ぎると…
1
すぐに松ノ木峠。
2014年12月07日 13:56撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに松ノ木峠。
3
石仏は古い峠ならでは。
2014年12月07日 13:57撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石仏は古い峠ならでは。
3
滑り易い急坂で下りるの大変。
2014年12月07日 14:08撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑り易い急坂で下りるの大変。
3
石灰採掘に使われた機材だって。
2014年12月07日 14:28撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石灰採掘に使われた機材だって。
4
茗荷峠。
2014年12月07日 14:31撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茗荷峠。
2
やっと夕倉山に到着。殆んど巻く所が無いんで疲れる。15:15のバスには絶対間に合わないんで、のんびり休憩した。
2014年12月07日 14:43撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと夕倉山に到着。殆んど巻く所が無いんで疲れる。15:15のバスには絶対間に合わないんで、のんびり休憩した。
4
この鉄塔は電線が無い。ここではたと気が付いた。「しまった、稲詰峠を見落とした」…後の祭りである。引き返す時間は無い。
2014年12月07日 15:31撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鉄塔は電線が無い。ここではたと気が付いた。「しまった、稲詰峠を見落とした」…後の祭りである。引き返す時間は無い。
1
このリボンでミスリードされた。少し下ると藪が酷くなる。尾根の流れから同じ様な所へ下れそうだが、バスの時刻が迫っているので冒険は出来ない。
2014年12月07日 15:40撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このリボンでミスリードされた。少し下ると藪が酷くなる。尾根の流れから同じ様な所へ下れそうだが、バスの時刻が迫っているので冒険は出来ない。
3
P319から採石場を見下ろす。
2014年12月07日 15:51撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P319から採石場を見下ろす。
2
予定通り慈福寺横に下った。
2014年12月07日 16:04撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定通り慈福寺横に下った。
5
撮影機材:

感想/記録

「峠のむこうへ」さんの影響で古い峠に興味がある。ノボリオイゾネは変わった名前の響きから、特に気になる尾根だった。ここには古い峠が幾つか内包されているのだ。しかし、場所柄どうも周回ルートが組み難い。そこでまだ歩いた事が無い黒山〜岩茸石山間のルートと組み合わせて縦走してみた。必然的にバス利用となるが、慣れないせいか追い立てられる気がして性に合わなかった。やはり下山時刻の自由な登山が合っている。

ノボリオイゾネは予想通りと言うか、予想以上に寂れた尾根だった。地形図コンパスは必須。こんな市街地に近い山でワイルドな気分が味わえるんだから、ある意味貴重だ。両側を幹線道路に挟まれてるんで、迷ったところでたかが知れているし。道行く車やバイクの排気音が常に聞こえていたんで、妙な安心感もあった。バリエーションに興味のある方、最初の一歩としていかがですか?

なお、P319からの下山ルートはsilchariさんの http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-299245.html を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

訪問者数:1351人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ