また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 561297 全員に公開 ハイキング奥武蔵

松尾山〜秋葉山〜天久保山のつもりがルートミスで秋葉山カット

日程 2014年12月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ一時曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
正丸駅に日貸駐車場あり
24H/500円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間20分
休憩
1時間0分
合計
7時間20分
S正丸駅08:0809:09三田久保峠10:23松尾山10:3611:42飯盛峠12:0812:10飯盛山13:43天久保峠13:4513:55天久保山(向本陣山)14:1414:21天久保峠15:28正丸駅15:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は無し。
ハイキングコース以外の所も踏み跡はある。
過去天気図(気象庁) 2014年12月の天気図 [pdf]

写真

久々にものがたり奥武蔵から。松尾山〜秋葉山〜天久保山のつもりだったが、北川尾根でルートミスしてしまい秋葉山は踏めなかった。
2014年12月15日 17:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々にものがたり奥武蔵から。松尾山〜秋葉山〜天久保山のつもりだったが、北川尾根でルートミスしてしまい秋葉山は踏めなかった。
12
ここから取り付く。3年前にツツジ山からここへ下ったが、当時と比べて踏み跡が分かり難くなっていた。使う人が居ないのだな。
2014年12月14日 08:09撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから取り付く。3年前にツツジ山からここへ下ったが、当時と比べて踏み跡が分かり難くなっていた。使う人が居ないのだな。
4
3年前には無かった林道が横切る。主尾根に乗るまで計3回あった。しかも、後2回は尾根の勾配がもっと急なんで越えるの大変。
2014年12月14日 08:25撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3年前には無かった林道が横切る。主尾根に乗るまで計3回あった。しかも、後2回は尾根の勾配がもっと急なんで越えるの大変。
4
こういう良い変化もあった。
2014年12月14日 08:44撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう良い変化もあった。
5
P513を下ると林道になる。そのまま林道を行けば舗装路に接続する。
2014年12月14日 09:02撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P513を下ると林道になる。そのまま林道を行けば舗装路に接続する。
2
ツツジ山へ行くならここから尾根へ復帰出来る。今回は目的が違うので通過。
2014年12月14日 09:04撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジ山へ行くならここから尾根へ復帰出来る。今回は目的が違うので通過。
3
かつての峠道を歩くには、ここを通らなければならない。数回声掛けしたが、返事が無かったのでそのまま通り抜けさせてもらった。
2014年12月14日 09:14撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かつての峠道を歩くには、ここを通らなければならない。数回声掛けしたが、返事が無かったのでそのまま通り抜けさせてもらった。
7
現状はここを無理矢理下った方が良いかも知れない。登りとなると大変そうだけど。
2014年12月14日 09:16撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現状はここを無理矢理下った方が良いかも知れない。登りとなると大変そうだけど。
2
ちょっとの距離だけど、ここでショートカット出来る。
2014年12月14日 09:21撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとの距離だけど、ここでショートカット出来る。
1
雪じゃなくて霜。寒さで鼻水が垂れるよー。
2014年12月14日 09:25撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪じゃなくて霜。寒さで鼻水が垂れるよー。
7
ぶな峠入口公衆便所と書いてあった。ここを左に入る。
2014年12月14日 09:26撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぶな峠入口公衆便所と書いてあった。ここを左に入る。
1
ここを折り返して数軒の集落へ。
2014年12月14日 09:32撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを折り返して数軒の集落へ。
1
お堂らしき建物の脇を通ると…
2014年12月14日 09:35撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お堂らしき建物の脇を通ると…
2
すぐに山道に変わる。この道は行かずに、石垣の上の細い踏み跡へ。
2014年12月14日 09:36撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに山道に変わる。この道は行かずに、石垣の上の細い踏み跡へ。
1
すると祠が祀られていた。
2014年12月14日 09:37撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると祠が祀られていた。
2
全部で三つ。
2014年12月14日 09:38撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全部で三つ。
2
暫く登って行くと左に建物の屋根が見えた。神社だった。Yahooの地図を見ると浅間神社だったらしいが、今はどう見ても廃神社だ。
2014年12月14日 09:45撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く登って行くと左に建物の屋根が見えた。神社だった。Yahooの地図を見ると浅間神社だったらしいが、今はどう見ても廃神社だ。
4
510m圏までの踏み跡はこんな程度。それ以降はもう少し歩き易くなる。
2014年12月14日 09:56撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
510m圏までの踏み跡はこんな程度。それ以降はもう少し歩き易くなる。
2
麓の集落から見て手前になる、最初に登り着くピーク。名前が付くとしたら、P650ではなくこっちだろうと思っていた。
2014年12月14日 10:23撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓の集落から見て手前になる、最初に登り着くピーク。名前が付くとしたら、P650ではなくこっちだろうと思っていた。
4
文字の痕跡で松尾山と書いてあったのが分かる。これでここが松尾山と確信した。
2014年12月14日 10:35撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文字の痕跡で松尾山と書いてあったのが分かる。これでここが松尾山と確信した。
6
コルに下ると左からの確りした道に繋がった。ここにも同じ人が付けた道標が有る。越えて来た山は松尾山で間違いなかった。左に下ると岩井神社らしい。
2014年12月14日 10:41撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルに下ると左からの確りした道に繋がった。ここにも同じ人が付けた道標が有る。越えて来た山は松尾山で間違いなかった。左に下ると岩井神社らしい。
4
こうして見ると、大ツツジ・小ツツジは「山と高原地図」が正しいと良く分かる。右端が三角点峰のツツジ山だが、高さが足らないんで大小になってない。
2014年12月14日 10:43撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうして見ると、大ツツジ・小ツツジは「山と高原地図」が正しいと良く分かる。右端が三角点峰のツツジ山だが、高さが足らないんで大小になってない。
4
この石仏から道が東に巻き始める。馬頭の痕跡があるんで馬頭観音だろう。安永三年となってるんで、少なくともそれ以前から在る古道という事になる。何でこういう道を地図に載せないんだろうか。Wikiで調べたら杉田玄白が解体新書を刊行した年だって。
2014年12月14日 10:45撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この石仏から道が東に巻き始める。馬頭の痕跡があるんで馬頭観音だろう。安永三年となってるんで、少なくともそれ以前から在る古道という事になる。何でこういう道を地図に載せないんだろうか。Wikiで調べたら杉田玄白が解体新書を刊行した年だって。
6
念のためP650にも登ったが何も無し。もし来る事があったらどんどん巻いちゃって。
2014年12月14日 10:49撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念のためP650にも登ったが何も無し。もし来る事があったらどんどん巻いちゃって。
2
おや、こんな所にトイレが。知っておけばもしもの時キジ撃ちしなくて済むな。
2014年12月14日 10:59撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おや、こんな所にトイレが。知っておけばもしもの時キジ撃ちしなくて済むな。
4
ここにも馬頭観音。寛政九年は安永三年の23年後。
2014年12月14日 11:01撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも馬頭観音。寛政九年は安永三年の23年後。
3
地図を確認すれば良かったが、このまま林道でぶな峠に着くと勘違いした。まあ、何度も行ってるんで気にしないけど。
2014年12月14日 11:17撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図を確認すれば良かったが、このまま林道でぶな峠に着くと勘違いした。まあ、何度も行ってるんで気にしないけど。
2
ここもそのうち歩かなきゃな。
2014年12月14日 11:39撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもそのうち歩かなきゃな。
4
飯盛峠に到着。写真には写らなかったけど、雪が降って来た。
2014年12月14日 11:42撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯盛峠に到着。写真には写らなかったけど、雪が降って来た。
4
こうしとくとホッカホカでおいしく食べられる。ビニール袋に入れちゃダメよ。化学反応しなくて温かくならない。
2014年12月14日 11:45撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうしとくとホッカホカでおいしく食べられる。ビニール袋に入れちゃダメよ。化学反応しなくて温かくならない。
18
ここから北川尾根へ。
2014年12月14日 12:18撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから北川尾根へ。
2
写真だとちょっと分かり難いけど、道が尾根から逸れていった。これは無視して尾根筋を下る。
2014年12月14日 12:21撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真だとちょっと分かり難いけど、道が尾根から逸れていった。これは無視して尾根筋を下る。
2
と、ここで道が横切っていた。もしかしたら、さっきの道が急勾配を巻き下ってここに出るのかも知れない。確信は無いけど。
2014年12月14日 12:28撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と、ここで道が横切っていた。もしかしたら、さっきの道が急勾配を巻き下ってここに出るのかも知れない。確信は無いけど。
2
P636から真南の尾根にリボンが付いていた。そんなワナには嵌まらねーぜと回避したが、そこで安心してしまい隣尾根に入ってしまった。左に弧を描く感じが似てるんで全く疑わなかった。沢音が聞こえる頃になって気付いたが、時すでに遅し。
2014年12月14日 12:59撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P636から真南の尾根にリボンが付いていた。そんなワナには嵌まらねーぜと回避したが、そこで安心してしまい隣尾根に入ってしまった。左に弧を描く感じが似てるんで全く疑わなかった。沢音が聞こえる頃になって気付いたが、時すでに遅し。
1
町屋敷に下ってしまったらしい。もう登り返す気になれない。
2014年12月14日 13:06撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
町屋敷に下ってしまったらしい。もう登り返す気になれない。
4
まゆ毛のある馬頭尊てどうよ?
2014年12月14日 13:12撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まゆ毛のある馬頭尊てどうよ?
6
武甲山から続くベルトコンベア。今日は駆動音がしていた。ここから更に越上山の下を通り、宿谷の滝近くを通り、富士山の下を通って日高のセメント工場に運ばれる。
2014年12月14日 13:20撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山から続くベルトコンベア。今日は駆動音がしていた。ここから更に越上山の下を通り、宿谷の滝近くを通り、富士山の下を通って日高のセメント工場に運ばれる。
5
尾根末端から取り付くつもりだったが、全昌院の前を通ることになったんで峠道を探索する事にした。ここを入れば良いんだろうか?
2014年12月14日 13:32撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根末端から取り付くつもりだったが、全昌院の前を通ることになったんで峠道を探索する事にした。ここを入れば良いんだろうか?
1
全昌院の隣のお宅から道が続いていた。庭先を通り抜けなければならないが、雨戸が閉まっていたんで今は誰も住んでいないらしい。道は想像よりも確りしていた。
2014年12月14日 13:34撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全昌院の隣のお宅から道が続いていた。庭先を通り抜けなければならないが、雨戸が閉まっていたんで今は誰も住んでいないらしい。道は想像よりも確りしていた。
1
トンネルの上を通る。
2014年12月14日 13:36撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルの上を通る。
4
直前で林道に合流すると天久保峠に着いた。今は林道が越えているので、かつての姿ではないと思う。
2014年12月14日 13:43撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直前で林道に合流すると天久保峠に着いた。今は林道が越えているので、かつての姿ではないと思う。
3
天久保山に向かうと、トラロープの手摺りが張られた所が在った。意外とここを歩く人は多いんだろうか。天久保峠の向こう側にも2〜3箇所在った。
2014年12月14日 13:49撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天久保山に向かうと、トラロープの手摺りが張られた所が在った。意外とここを歩く人は多いんだろうか。天久保峠の向こう側にも2〜3箇所在った。
3
天久保山に到着。西側が自然林なんで意外と明るい。
2014年12月14日 13:55撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天久保山に到着。西側が自然林なんで意外と明るい。
4
ここって以前tacasicaさんが登録したと思ったけど、なぜか無くなってたんで再登録した。
2014年12月14日 13:55撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここって以前tacasicaさんが登録したと思ったけど、なぜか無くなってたんで再登録した。
2
天久保峠に戻って尾根を逆方向に行く。こっちでも尾根が林道で切られていた。
2014年12月14日 14:26撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天久保峠に戻って尾根を逆方向に行く。こっちでも尾根が林道で切られていた。
1
暫く林道を行き、ここで尾根筋に復帰する。
2014年12月14日 14:28撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く林道を行き、ここで尾根筋に復帰する。
1
ちょっとした岩場も在る。
2014年12月14日 14:40撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとした岩場も在る。
2
疲れたんでここから林道へ。目論見通りNo.3の写真の所へ着いた。
2014年12月14日 14:57撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れたんでここから林道へ。目論見通りNo.3の写真の所へ着いた。
2
撮影機材:

感想/記録

車で正丸駅に向かう途中、空気が澄んでいて遠くの山まで見えた。富士山クッキリは勿論の事、都心越しとなる筈の房総半島の山まで見えた。いや、初めて見た気がするんで確実に房総の山かは分からないが、方角からはそうとしか思えない。

こんな日に藪山なんてなあ。我ながらどうかしてる。いっそのこと別の山にしようかと考えたが、地図などの準備が無いし、気持ちの切り替えも簡単ではない。

そんな中での山行だったが、天候は急転した。昼頃には雪まで降る始末。これなら眺望の無い山でも諦めがつく。雪が降ったのは短い時間だったが、朝のスッキリした空からは想像出来ない雲の多い日だった。

ルートミスで踏めなかった秋葉山だが、実は資料が無いんで場所がはっきりしない。松尾山と同じ理屈で430m峰と考えているが、果たしてどうだろうか。

北川尾根・松尾山 其の二
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-617480.html

訪問者数:1120人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ