また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 565218 全員に公開 雪山ハイキング十和田湖・八甲田

単独ラッセル練習と根性試しに北八甲田

日程 2014年12月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候はらはらと雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
酸ヶ湯上の駐車場を使用しました
除雪作業中でした〜
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 2.7〜2.8(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間52分
休憩
17分
合計
4時間9分
S酸ヶ湯公共駐車場09:1809:20大岳登山口09:25日本山脈縦走起点09:3612:26残雪期道迷い注意地点12:3213:23日本山脈縦走起点13:25酸ヶ湯公共駐車場13:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
たくさんの降雪直後、まったく踏み跡はありませんでした

大岳環状ルートが正解ルートですが、分からないのでコンパスみながら歩きました
地獄湯ノ沢手前の沢には穴がまだありました(凍っていたので大丈夫そうでしたが…)
その他周辺情報冷え冷えした後には極楽の酸ヶ湯へどうぞ
珠の肌になりそうです
過去天気図(気象庁) 2014年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 毛帽子 ザック 輪カンジキ 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック スキー

写真

駐車場の雪壁もたかくなってきましたね
2014年12月27日 09:00撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の雪壁もたかくなってきましたね
山に登る前に、まずはこの雪壁を上らなくてはいけません(汗)
2014年12月27日 09:22撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山に登る前に、まずはこの雪壁を上らなくてはいけません(汗)
1
今日はすこし陽がさしました
きらきらと雪面に星が光ります
2014年12月27日 09:48撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はすこし陽がさしました
きらきらと雪面に星が光ります
きれいな景色を見られるのは貴重!
2014年12月27日 09:48撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな景色を見られるのは貴重!
3
ちゃんとしたコース取りが分からないので、コンパスウォーク中
とにかく方角まっすぐに…
2014年12月27日 10:18撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちゃんとしたコース取りが分からないので、コンパスウォーク中
とにかく方角まっすぐに…
沢に当たって登ってきたら、指導標にあたりました
2014年12月27日 10:41撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に当たって登ってきたら、指導標にあたりました
2
ここからしばらく指導標沿いにいきます
2014年12月27日 11:13撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからしばらく指導標沿いにいきます
3
木から時々雪がどさっと落ちてきます
こっちでいいのかなーと思いながらずーっと歩いています
時間も昼になってしまいました
2014年12月27日 12:35撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木から時々雪がどさっと落ちてきます
こっちでいいのかなーと思いながらずーっと歩いています
時間も昼になってしまいました
1
沢に当たって巻こうとしたけど片方のシールが剥がれて踏ん張りつかず、登れなくなりました
根性もなくなって、ここまでー
ということで戻ってきたところ…
2014年12月27日 12:55撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に当たって巻こうとしたけど片方のシールが剥がれて踏ん張りつかず、登れなくなりました
根性もなくなって、ここまでー
ということで戻ってきたところ…
4
戻ってきました
後続が踏んだあとは歩きやすい〜
2014年12月27日 12:55撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってきました
後続が踏んだあとは歩きやすい〜
では、おなかがすいたので、お昼ごはんです
今日は樹林の中は無風に近いのでツェルトの出番なし
2014年12月27日 12:58撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、おなかがすいたので、お昼ごはんです
今日は樹林の中は無風に近いのでツェルトの出番なし
3
はらはらっと雪が舞い落ちてきます
結晶がみえました
2014年12月27日 13:01撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はらはらっと雪が舞い落ちてきます
結晶がみえました
あっという間に戻ってきました
もう1時間くらい頑張ればよかったかなーと少し後悔
2014年12月27日 13:11撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に戻ってきました
もう1時間くらい頑張ればよかったかなーと少し後悔
1
綺麗な雪面もみられたのでよし、かな
2014年12月27日 13:12撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な雪面もみられたのでよし、かな
やっぱり一人ラッセルは時間がかかって疲れますね〜
2014年12月27日 13:12撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり一人ラッセルは時間がかかって疲れますね〜
7
この通り…
シールの調整必要ですね
2014年12月27日 13:21撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この通り…
シールの調整必要ですね
1

感想/記録

年末年始もお仕事がバラバラと入って、相棒には今日は振られてしまいました
こんな時でもないと、冬山単独行のトレーニング、というか根性試しもできないので第一目標の仙人岱小屋までの地形を頭に叩き込む練習に出かけました
やっぱり一人で歩かないと、なかなか深くは刻み込めない気がしていました

朝一で仕事をしてそのまま山へ
ここ数日でどっさりと雪が積もっていましたが、ありがたいことに駐車場は早めに除雪されていました〜
第一の誤算は酸ヶ湯の裏口に通じる通路が除雪されていなくて、そこから雪壁の上によじ登るつもりが一から作る羽目になったこと
やっぱり、というか、今日もだれも先行者がおりません
まあ、町でもあれだけ降ったんですから、こんなときに山に入りにくるのは「変人」なのでしょう
ストックとスキーと手で雪壁を突き崩しながら、ゆっくり徐々に体を持ち上げてなんとか雪壁の上に立てた、と思ったら、ずぶずぶと股まで雪に埋もれる…
スキーを何とか履いてようやく立てました
ふうー
スキーでなら膝位までのラッセル
今回はブラックダイアモンドの「聖痕(すてぃぐま)」、沈みはやはり前の板より少ないようです
雪山単独ラッセルの本格的なのは初めてなので、どんなペースで歩いていいのやら分かりません
今回は息が上がらないペースを目指します
ちゃんとした大岳環状ルートのルートどりがよくわからない(景色が頭にはいっていない)ので、コンパスあわせてとにかく地獄湯ノ沢の渡渉点を目指します
よくわからないルートができるのが恥ずかしいけれど仕方ありません(笑)
沢に当たって上に回り込もうとしたら17番の指導標が木の上に見えました
ここから30番までは指導標にそっていきます
起伏がなくてさすがです
でもここからは木がこんもりと雪が積もり、さらに樹氷化が始まってまったく次は分かりません
再びなんとなくの感覚とコンパスで歩きますが、なんとなく上流側に歩いてしまいました
はと気づくと、左上に一筋の雪の段差があります
雪崩の前兆か?と思ったけれど、よく見るとずーっと続いています
ということは夏道の名残のよう、つまりは上流に来過ぎ
目の前の沢はまだ地獄湯ノ沢ではないのですが、穴が見えています
たぶん大丈夫だけれども、自信なし
上から巻きながらできれば夏道であることを確認しようとしますが、左足のシールが剥がれてうまく上がれません
雪だらけになって、ここでまもなく13時になるのを確認して今日の終着点にしました
樹林帯にもどって昼ごはん、と思っていたら顔見知りのパーティーがちょうど上がってきました
間違いルートを見られて恥ずかしいですが、この後は正しく直していただけるかなーと期待してするするっと下りました
穏やかなひととき、いい体験でした
今度は一人でちゃんと小屋まで行けるようにならなくては…
訪問者数:741人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/9/23
投稿数: 168
2014/12/28 19:13
 お疲れさま
昨日はラッセルありがとうございました。
スゲ〜頑張ってくれたと思います。
ルートはちょっと上行ってましたがお陰様で助かりました。
オラ達も小屋に届きませんでしたが、急遽酸ヶ湯温泉に部屋を取り反省会盛り上がりました。
登録日: 2009/9/30
投稿数: 5829
2014/12/28 22:15
 弱気に
一人で歩いて、弱気の虫に押されてしまい、途中で終わってしまいました
もう少し頑張ってもよかったかな、と思い始めても後の祭り
スキーだとあっという間に下山できるので感覚が狂いますね

はずかしいルート、修正いただけたでしょうか?
登録日: 2009/7/7
投稿数: 3518
2014/12/30 8:19
 単独は〜
komaさん、こんにちはです。
積雪の八甲田を楽しむなんて、なんて贅沢なのでしょうか 
単独・・・・・特に夏山と条件が違うと心寂しい所が有りますよね、心境、表情より、お察し致します。
後は慣れて楽しめればその後はOK
積雪での移動はやはりスノーシューより板の方が早そうですね。
登録日: 2009/9/30
投稿数: 5829
2014/12/30 16:21
 たっぷりの生クリーム
kintakunteさんへ

風が弱い日でなければ、朝早めに上がれば結構ラッセルを楽しめます(特に地獄湯ノ沢以降)
山にはたっぷりの生クリームが乗っかています
ごちそう状態です

冬道は夏道とかなり違うので予習が夏にできません
正しいルートを覚えるのはとにかく冬に歩くしか方法がありません
よくわかっていないのに歩くので、かなり不安があります
というか、間違ってもいいんですが、後続に迷惑かけないかと心配です
まあ、慣れた方が修正していってくださるんですが
八甲田に関しては、ラッセルするときにはスキー板有利ですね
今回は太めだったので予想よりは楽でした
たぶん、単独でスノーシューだったら序盤でギブアップになったと思います

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ