また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 583743 全員に公開 ハイキング奥武蔵

伊豆ヶ岳南東尾根から吹上山のショートコース周回

日程 2015年02月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
地蔵橋袂の不動堂前に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち37%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間3分
休憩
1時間14分
合計
6時間17分
Sスタート地点09:3511:56伊豆ヶ岳12:5213:09古御岳13:1413:46高畑山13:5914:14中ノ沢ノ頭(イモグナノ頭)14:34天目指峠15:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・南東尾根
全般に危険箇所は無いが、東尾根に合流する直前の崖地は巻くべきところ。
東尾根方向に踏み跡が巻いていたが、逆に向こうからこちらに巻く場所と勘違いして登ってしまった。

・580m峰〜不動堂
鉄塔の前後は巡視路で道が在るが、他は微かな踏み跡程度。
440mの尾根分岐は間違え易いので注意が必要。
過去天気図(気象庁) 2015年02月の天気図 [pdf]

写真

不動堂前に車を止めてスタート。
2015年02月01日 09:35撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動堂前に車を止めてスタート。
南東尾根末端にお堂がある。ここから取り付き。
2015年02月01日 09:43撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東尾根末端にお堂がある。ここから取り付き。
4
お堂の裏を登って行く。
2015年02月01日 09:44撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お堂の裏を登って行く。
3
すぐ先で踏み跡が横切っていた。左が登り気味だったんでそちらへ。
2015年02月01日 09:47撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ先で踏み跡が横切っていた。左が登り気味だったんでそちらへ。
1
暫く行った所で踏み跡が消えてしまい、結局直登して尾根に乗った。
2015年02月01日 09:54撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く行った所で踏み跡が消えてしまい、結局直登して尾根に乗った。
4
尾根には山仕事道が通っている。急登箇所は巻いて登るんで歩き易い。
2015年02月01日 10:15撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根には山仕事道が通っている。急登箇所は巻いて登るんで歩き易い。
3
ここ実際に行くと分かるが、雰囲気が変わって足を止めたくなる。神々しいはオーバーだが、琴線に触れる感じ。
2015年02月01日 10:18撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ実際に行くと分かるが、雰囲気が変わって足を止めたくなる。神々しいはオーバーだが、琴線に触れる感じ。
7
で、見渡すとやっぱり居られた。錫杖を手にしているのでお地蔵様らしい。こんな山の中でなぜお地蔵様?
2015年02月01日 10:20撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、見渡すとやっぱり居られた。錫杖を手にしているのでお地蔵様らしい。こんな山の中でなぜお地蔵様?
9
この辺までは日影に雪が残ってた程度だったが、いよいよ一面の雪になった。足跡が無いんで嬉しい。
2015年02月01日 10:50撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺までは日影に雪が残ってた程度だったが、いよいよ一面の雪になった。足跡が無いんで嬉しい。
8
ちょっとした岩場あり。
2015年02月01日 10:52撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとした岩場あり。
5
東尾根がだいぶ近くなった。人が歩いていたら分かる距離。
2015年02月01日 10:53撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東尾根がだいぶ近くなった。人が歩いていたら分かる距離。
2
アセビがちょっと煩い。
2015年02月01日 11:02撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビがちょっと煩い。
4
地面が凍っててズリズリ下がってしまい登れない。仕方なくアイゼンを装着した。面倒くさっ!
2015年02月01日 11:18撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面が凍っててズリズリ下がってしまい登れない。仕方なくアイゼンを装着した。面倒くさっ!
4
山頂への登りと勘違いして登ってしまった。岩屑がボロボロ剥がれ落ちる危険な登り。踏み跡が巻いてたんでそっちへ行った方が良い。
2015年02月01日 11:34撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂への登りと勘違いして登ってしまった。岩屑がボロボロ剥がれ落ちる危険な登り。踏み跡が巻いてたんでそっちへ行った方が良い。
4
今度こそ本当の山頂への登り。アイゼン着けっ放しなんで登り難い。
2015年02月01日 11:48撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度こそ本当の山頂への登り。アイゼン着けっ放しなんで登り難い。
2
山頂に到着。少し前に東尾根を登って来た人が居たらしく、新しい足跡が付いていた。
2015年02月01日 11:56撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着。少し前に東尾根を登って来た人が居たらしく、新しい足跡が付いていた。
11
十字型の山頂標がある岩場で昼食。
2015年02月01日 12:51撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十字型の山頂標がある岩場で昼食。
10
風紋ていうの?…が綺麗。
2015年02月01日 12:52撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風紋ていうの?…が綺麗。
12
上久通へ下る分岐の道標が無くなってた。足跡も当然なし。
2015年02月01日 12:58撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上久通へ下る分岐の道標が無くなってた。足跡も当然なし。
4
古御岳を通過。伊豆ヶ岳からずっと強風に晒されて寒い。顔の感覚が無くなってきた。
2015年02月01日 13:10撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古御岳を通過。伊豆ヶ岳からずっと強風に晒されて寒い。顔の感覚が無くなってきた。
5
南面は雪が融けていた。アイゼンの外し時が難しい。一応この先の急下りに備えて着けたままにした。
2015年02月01日 13:11撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南面は雪が融けていた。アイゼンの外し時が難しい。一応この先の急下りに備えて着けたままにした。
1
名郷分岐でアイゼンを外す。結局、古御岳から外しちゃっても大丈夫そうだった。
2015年02月01日 13:26撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名郷分岐でアイゼンを外す。結局、古御岳から外しちゃっても大丈夫そうだった。
3
雪はまだあるけど凍ってないから平気。
2015年02月01日 13:36撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はまだあるけど凍ってないから平気。
1
高畑山で休憩。
2015年02月01日 13:46撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高畑山で休憩。
1
久し振りに中ノ沢ノ頭に寄ったら、イモグナの頭の山名板が無くなっていた。
2015年02月01日 14:14撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久し振りに中ノ沢ノ頭に寄ったら、イモグナの頭の山名板が無くなっていた。
6
580m峰に到着。ベンチがあるんで暫し休憩。
2015年02月01日 14:48撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
580m峰に到着。ベンチがあるんで暫し休憩。
2
580m峰から北に下る。写真だと分からないが結構な急坂。数歩踏み出したけど、滑って危なかったんで戻ってアイゼンを着けた。
2015年02月01日 14:55撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
580m峰から北に下る。写真だと分からないが結構な急坂。数歩踏み出したけど、滑って危なかったんで戻ってアイゼンを着けた。
3
アイゼンが必要だったのは20〜30mだけだったが、保険で暫く着けっ放しで歩いた。この辺は巡視路なんで確りした道がある。
2015年02月01日 15:09撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンが必要だったのは20〜30mだけだったが、保険で暫く着けっ放しで歩いた。この辺は巡視路なんで確りした道がある。
1
安曇幹線342号。単焦点レンズなんで引きで撮れない。
2015年02月01日 15:11撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安曇幹線342号。単焦点レンズなんで引きで撮れない。
1
吹上山への登り。薄っすら踏み跡がある程度。
2015年02月01日 15:14撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹上山への登り。薄っすら踏み跡がある程度。
1
ここが最高地点の吹上山第一候補…なんだけど、533mの標高が合致しない。
2015年02月01日 15:17撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが最高地点の吹上山第一候補…なんだけど、533mの標高が合致しない。
5
2週間前に誰か来ていた。フジオカ.T.Kと書かれている。
2015年02月01日 15:19撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2週間前に誰か来ていた。フジオカ.T.Kと書かれている。
2
ここで尾根が北と東に分かれる。ピークという感じではないが、標高で考えるならここが吹上山になると思う。若御子山もこんな風な所だから可能性はある。
2015年02月01日 15:24撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで尾根が北と東に分かれる。ピークという感じではないが、標高で考えるならここが吹上山になると思う。若御子山もこんな風な所だから可能性はある。
3
大きいモミが並んで良い雰囲気。
2015年02月01日 15:28撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きいモミが並んで良い雰囲気。
5
地形図では細い尾根なんで、岩尾根だったら嫌だなーと思っていたが、普通に土の細尾根で安心した。
2015年02月01日 15:33撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図では細い尾根なんで、岩尾根だったら嫌だなーと思っていたが、普通に土の細尾根で安心した。
6
ここから下りて来た。
2015年02月01日 15:50撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから下りて来た。
4
撮影機材:

感想/記録

伊豆ヶ岳に南東尾根から登ってみた。前から興味はあったが、なかなか重い腰が上らなかった。雪が降ったのでショートコースをと思い、ようやくここの出番となった。

それともう一つ、吹上山に行くのも目的だった。「増補ものがたり奥武蔵」の地図で天目指峠と愛宕山の間から北に派生する尾根上に吹上山と書かれている。地形図に照らし合わせてみると、合致するのは580m峰から北に伸びる尾根だけだった。

しかし、標高が533mと書き入れられているので疑問が残る。そこの最高地点は540m以上なのだ。古い書物なので標高は精度の問題とも取れるが、正確な値だとすると少し東にそれらしい所が在る。薪から見上げるとするなら、まさしくそこが山頂に見える事だろう。

ただ、山頂だけが吹上山なのではないのだから、明確にここと決める必要も無い。地形図をざっくり眺めれば、これらを含めた全体で一つの山になっている。そこの最高地点が540mなのだから、それを山頂にすれば良いだけだ。

訪問者数:1303人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ