また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 586250 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

苧川天狗谷右俣〜555ピーク〜天狗谷左俣〜西尾根〜西谷

日程 2015年02月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間31分
休憩
1分
合計
4時間32分
Sスタート地点12:1012:23JR新幹線新神戸駅13:52学校林道分岐13:5316:16見晴らし台16:27JR新幹線新神戸駅16:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年02月の天気図 [pdf]

写真

今日は苧川谷を色々行ってみるつもり。やっぱり「ウガワダニ」だと思うんだけど…オガワダニなのかな。
2015年02月08日 12:28撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は苧川谷を色々行ってみるつもり。やっぱり「ウガワダニ」だと思うんだけど…オガワダニなのかな。
2
法徳寺到着。寺の方に「山登りの人?この先道ないですよ。」とのこと。そら出入りされたらいい気はしないでしょう。「行ってみます。」と言うと呆れ半分に「無理だったら戻って来なさい。」
2015年02月08日 12:42撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
法徳寺到着。寺の方に「山登りの人?この先道ないですよ。」とのこと。そら出入りされたらいい気はしないでしょう。「行ってみます。」と言うと呆れ半分に「無理だったら戻って来なさい。」
3
進んですぐ。奥に堰堤。右手から越す。
2015年02月08日 12:45撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進んですぐ。奥に堰堤。右手から越す。
2
結構な斜度。
2015年02月08日 12:46撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な斜度。
1
この先二俣。まず右俣を進む。後から左俣を下って来る予定。
2015年02月08日 12:48撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先二俣。まず右俣を進む。後から左俣を下って来る予定。
いい感じで滝が続く。
2015年02月08日 12:51撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じで滝が続く。
2
滝芯を登る。
2015年02月08日 12:53撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝芯を登る。
3
これは登れないので右岸から巻く。巻いてる途中滑って焦る…。
2015年02月08日 12:55撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは登れないので右岸から巻く。巻いてる途中滑って焦る…。
2
振り返って左岸にロープがある。一旦下がって左岸の下の方から高巻いていくのが正解だったもよう。こうして見ると右岸は無理があったかも。
2015年02月08日 13:00撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って左岸にロープがある。一旦下がって左岸の下の方から高巻いていくのが正解だったもよう。こうして見ると右岸は無理があったかも。
2
どんどん登る。
2015年02月08日 13:02撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん登る。
登った先ガレガレ…
2015年02月08日 13:05撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登った先ガレガレ…
2
かなりゴシャゴシャしているところを登る。作業用の水汲みみたいなものが。左手山腹をホースが登っている。
2015年02月08日 13:08撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりゴシャゴシャしているところを登る。作業用の水汲みみたいなものが。左手山腹をホースが登っている。
1
堰堤越えて、二俣。左俣は本来の道なんだろうけど、現在立ち入り禁止のコルに出る道…なので右俣を選択。555ピークを目指す。
2015年02月08日 13:11撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤越えて、二俣。左俣は本来の道なんだろうけど、現在立ち入り禁止のコルに出る道…なので右俣を選択。555ピークを目指す。
2
崩落が激しい様子。ちょっとずつ心の中で後悔が始まる。ろくな感じがしない。
2015年02月08日 13:21撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落が激しい様子。ちょっとずつ心の中で後悔が始まる。ろくな感じがしない。
1
地理院地図で見れる雨裂の箇所周辺かな。
2015年02月08日 13:25撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地理院地図で見れる雨裂の箇所周辺かな。
2
進退極まりそうな感じもする。左右とも崩落激しく逃げれない。この最奥は岩壁状になっていて、なんとか左手から越す。越す際に倒木が真横を通りすぎて落ちていく…。さすがに身の危険を感じる。
2015年02月08日 13:31撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進退極まりそうな感じもする。左右とも崩落激しく逃げれない。この最奥は岩壁状になっていて、なんとか左手から越す。越す際に倒木が真横を通りすぎて落ちていく…。さすがに身の危険を感じる。
2
茶色の反射板が見えた。もうすぐ555。やっと落ち着きを取り戻す。
2015年02月08日 13:48撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶色の反射板が見えた。もうすぐ555。やっと落ち着きを取り戻す。
2
登りついて学校林道出合い。稲妻坂を下る。
2015年02月08日 13:52撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りついて学校林道出合い。稲妻坂を下る。
2
写真中央の谷筋を登ったかたち。崩落現場すぐ裏手。もう二度と行かない。
2015年02月08日 14:06撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真中央の谷筋を登ったかたち。崩落現場すぐ裏手。もう二度と行かない。
2
ハーブ園方面に進んでコル。左手谷筋に向かって下りる。天狗谷左俣を下るかたち。
2015年02月08日 14:12撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハーブ園方面に進んでコル。左手谷筋に向かって下りる。天狗谷左俣を下るかたち。
1
V字。下りでもさほど問題なし。
2015年02月08日 14:20撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
V字。下りでもさほど問題なし。
2
特筆事項もなく、二つの堰堤を越えて、二俣分岐に到着。
2015年02月08日 14:27撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特筆事項もなく、二つの堰堤を越えて、二俣分岐に到着。
分岐点から谷を少し下って右手の西方向尾根に取り付く。苧川谷西尾根から東に伸びる尾根。
2015年02月08日 14:34撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点から谷を少し下って右手の西方向尾根に取り付く。苧川谷西尾根から東に伸びる尾根。
1
尾根に乗るまで一苦労。乗ってからは比較的楽。
2015年02月08日 14:39撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗るまで一苦労。乗ってからは比較的楽。
眼前に世継山東峰。
2015年02月08日 14:43撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼前に世継山東峰。
2
いい感じかも。しかし、陽が入らないせいかさみしい雰囲気。
2015年02月08日 14:43撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じかも。しかし、陽が入らないせいかさみしい雰囲気。
2
こんな箇所もあったり。
2015年02月08日 14:45撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな箇所もあったり。
2
苧川谷西尾根に合流。尾根を下る。
2015年02月08日 14:48撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苧川谷西尾根に合流。尾根を下る。
1
適当に木を伝いながら急斜面を下る。かなり注意して。
2015年02月08日 14:57撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適当に木を伝いながら急斜面を下る。かなり注意して。
西谷の一つ目の堰堤が見えてきた。適当なところから谷側に向かって下り右手谷筋を進む。
2015年02月08日 15:11撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西谷の一つ目の堰堤が見えてきた。適当なところから谷側に向かって下り右手谷筋を進む。
すぐの二つ目の堰堤を階段で越して進む。
2015年02月08日 15:13撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐの二つ目の堰堤を階段で越して進む。
右岸に廃屋らしきものが3〜4件。がっつり生活していたっぽいけどなぜにこんな場所に…。
2015年02月08日 15:17撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸に廃屋らしきものが3〜4件。がっつり生活していたっぽいけどなぜにこんな場所に…。
1
水流はほとんないけど、いい感じの谷相。
2015年02月08日 15:20撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水流はほとんないけど、いい感じの谷相。
1
芯を登っていく。特に問題なし。
2015年02月08日 15:21撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芯を登っていく。特に問題なし。
1
きれいなV字。
2015年02月08日 15:30撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいなV字。
1
この先二俣。右俣を進む。左俣はとてもじゃないけど登れなさそう。
2015年02月08日 15:35撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先二俣。右俣を進む。左俣はとてもじゃないけど登れなさそう。
もうすぐハーブ園東尾根に合流できる、と思いきや体力使いすぎたか、斜度がきついのか、中々進めない。木を伝いながら登る。
2015年02月08日 15:39撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐハーブ園東尾根に合流できる、と思いきや体力使いすぎたか、斜度がきついのか、中々進めない。木を伝いながら登る。
1
登りついてここ。
2015年02月08日 15:53撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りついてここ。
1
正面に中間駅。風の丘が見える地点。尾根道を下る。
2015年02月08日 15:53撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に中間駅。風の丘が見える地点。尾根道を下る。
1
痛みが激しい休憩場所。毎回怖い…。この奥から尾根が伸びているよう。またいつか。展望所経由で帰ろう。
2015年02月08日 16:04撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痛みが激しい休憩場所。毎回怖い…。この奥から尾根が伸びているよう。またいつか。展望所経由で帰ろう。
1
雄滝方面ではなくコンクリート道で帰って正解。地蔵尊のところで猫と戯れて癒やされる。手袋はダイソーで108円w 二週間で毎回破れる…。
2015年02月08日 16:19撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄滝方面ではなくコンクリート道で帰って正解。地蔵尊のところで猫と戯れて癒やされる。手袋はダイソーで108円w 二週間で毎回破れる…。
5
もうひとりいた。ご飯中らしい。邪魔せんとこ。
2015年02月08日 16:20撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうひとりいた。ご飯中らしい。邪魔せんとこ。
1
ほんの少し雨がパラついている三本松。無茶はやめようと決意…。
2015年02月08日 16:37撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんの少し雨がパラついている三本松。無茶はやめようと決意…。
1

感想/記録

苧川天狗谷から555ピークへ向かう右俣谷筋は崩落現場の裏手、尾根の北側の谷筋。当たり前だけど危険地帯。谷筋の岩も何かあればすぐ落ちてきそう。要注意。
訪問者数:673人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ