また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 617480 全員に公開 ハイキング奥武蔵

北川尾根にリベンジ 古道メインで歩いてみる

日程 2015年04月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ→曇り→小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中組自治会集会所前に有料駐車場あり(2〜3台)
料金は500円で、集会敷地内の権現様の賽銭箱に入れる
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間34分
休憩
1時間33分
合計
6時間7分
Sスタート地点07:1808:35前坂峠08:5410:07飯盛山10:0810:10飯盛峠10:42檥峠10:5511:35松尾山12:3112:52岩井沢観音堂12:5613:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特になし。
往路・復路の尾根は踏み跡の薄い所もあるが、一応古道を歩いている。
過去天気図(気象庁) 2015年04月の天気図 [pdf]

写真

中組自治会館横の道を登って行く。
2015年04月19日 07:18撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中組自治会館横の道を登って行く。
3
すぐにこの分岐へ着く。左へ。
2015年04月19日 07:21撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにこの分岐へ着く。左へ。
3
一登りで大岩の下に登り着いた。ここがロッククライミングの練習場らしい。
2015年04月19日 07:23撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一登りで大岩の下に登り着いた。ここがロッククライミングの練習場らしい。
6
岩の前にこんな貼り紙が。今更こんな事知らされてもねえ。駐車地に貼っといてくれよー。元サイズで見れば全文が読めます。
2015年04月19日 07:26撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の前にこんな貼り紙が。今更こんな事知らされてもねえ。駐車地に貼っといてくれよー。元サイズで見れば全文が読めます。
7
右側から登って岩の上に出ると、立派な秋葉大権現の石碑が祀られていた。秋葉山とはここの事じゃないだろうか。
2015年04月19日 07:29撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側から登って岩の上に出ると、立派な秋葉大権現の石碑が祀られていた。秋葉山とはここの事じゃないだろうか。
4
430m峰に大きなモミが立っていた。幹周は3m以上ありそうだが、巨樹と呼ぶにはまだ若い。最初はここが秋葉山と考えていたが、石碑からだいぶ離れてしまった。ちょっと無理があるかな。
2015年04月19日 07:44撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
430m峰に大きなモミが立っていた。幹周は3m以上ありそうだが、巨樹と呼ぶにはまだ若い。最初はここが秋葉山と考えていたが、石碑からだいぶ離れてしまった。ちょっと無理があるかな。
6
P460を過ぎた辺りから笹の林床になった。奥武蔵ではなかなか無い。
2015年04月19日 08:01撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P460を過ぎた辺りから笹の林床になった。奥武蔵ではなかなか無い。
5
木材切り出しの新しい道が出来、古い道が消えていく。地主さんの身になれば仕方ない事だけど、残念だ。
2015年04月19日 08:17撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木材切り出しの新しい道が出来、古い道が消えていく。地主さんの身になれば仕方ない事だけど、残念だ。
2
古道特有の窪んだ道が下っていた。どうやらここが柏木への分岐らしい。興味あるけど今回はパス。
2015年04月19日 08:25撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古道特有の窪んだ道が下っていた。どうやらここが柏木への分岐らしい。興味あるけど今回はパス。
2
巻き始めたら酷い道になってしまった。
2015年04月19日 08:31撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き始めたら酷い道になってしまった。
1
前坂峠に着いた。大日如来は文字が風化するほど古いが、上の二つは幕末期のものだった。
2015年04月19日 08:35撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前坂峠に着いた。大日如来は文字が風化するほど古いが、上の二つは幕末期のものだった。
8
丁字路になっている。
2015年04月19日 08:36撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丁字路になっている。
4
グリーンライン方向の道。確り踏み跡がついている。
2015年04月19日 08:54撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンライン方向の道。確り踏み跡がついている。
1
すぐ先に分岐が在り、左はP636に向かうのが明らかなので、右の巻き道を行ってみた。
2015年04月19日 08:57撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ先に分岐が在り、左はP636に向かうのが明らかなので、右の巻き道を行ってみた。
1
住居跡みたいな所に着く。高畑集落の最上部だろうか。或いは離れて暮らしていたのか。何れにしろグリーンラインには行けそうも無いので引き返す。
2015年04月19日 09:03撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住居跡みたいな所に着く。高畑集落の最上部だろうか。或いは離れて暮らしていたのか。何れにしろグリーンラインには行けそうも無いので引き返す。
2
左の道は確りした道だったが、P636を東に巻き始めたらこんな風になってしまった。気付かなかったり、ピークを踏まないと気が済まなかったりで、ここを通る人が少ないのだろう。
2015年04月19日 09:15撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の道は確りした道だったが、P636を東に巻き始めたらこんな風になってしまった。気付かなかったり、ピークを踏まないと気が済まなかったりで、ここを通る人が少ないのだろう。
3
尾根筋に復帰する。こんな邪魔が有るんじゃ、人が通らないのも無理はない。
2015年04月19日 09:17撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋に復帰する。こんな邪魔が有るんじゃ、人が通らないのも無理はない。
3
岩の急斜面に突き当たる。前回ここをどう下ったか覚えてない。
2015年04月19日 09:30撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の急斜面に突き当たる。前回ここをどう下ったか覚えてない。
4
西側の新しい道は多分巻き道。
2015年04月19日 09:30撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側の新しい道は多分巻き道。
3
東側にも古い道が巻いている。元々の道はこっちだろう。
2015年04月19日 09:30撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側にも古い道が巻いている。元々の道はこっちだろう。
3
隣尾根との境で道が無くなってしまった。取り敢えず尾根に登ってみたが、歩き難くはないものの、道が在った様に見えない。
2015年04月19日 09:39撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣尾根との境で道が無くなってしまった。取り敢えず尾根に登ってみたが、歩き難くはないものの、道が在った様に見えない。
3
尾根間の谷間に下りてみた。うーん、道みたいにも見えるけど、何か微妙。
2015年04月19日 09:43撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根間の谷間に下りてみた。うーん、道みたいにも見えるけど、何か微妙。
4
そのまま進み続けると道型にフェードイン。前回見て、ここに道が在るのは分かってた。やはり古道は谷間を通っていた様だ。
2015年04月19日 09:47撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま進み続けると道型にフェードイン。前回見て、ここに道が在るのは分かってた。やはり古道は谷間を通っていた様だ。
4
フウリンツツジの様子を見に行ってみる。関係ないが、ここを左に下るとウバッカシに行ける。
2015年04月19日 10:18撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フウリンツツジの様子を見に行ってみる。関係ないが、ここを左に下るとウバッカシに行ける。
5
まだ早かった。枯れてるのかと思ったが、梢に新芽が出てるんで大丈夫。
2015年04月19日 10:25撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ早かった。枯れてるのかと思ったが、梢に新芽が出てるんで大丈夫。
11
前回は左から登ってきたが、今回は右へ。
2015年04月19日 10:37撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回は左から登ってきたが、今回は右へ。
3
ちょっとだけ眺めが良い。
2015年04月19日 10:39撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとだけ眺めが良い。
8
P782の平坦地は休憩に良い場所。ぶな峠よりこっちがおすすめ。
2015年04月19日 10:42撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P782の平坦地は休憩に良い場所。ぶな峠よりこっちがおすすめ。
4
松尾山に向かう。
2015年04月19日 11:01撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松尾山に向かう。
4
藪化した道だけど、眺めは良かった。ヤマザクラが目立つんだけど、近くを歩いても道からは見えにくいんだよなあ。
2015年04月19日 11:02撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪化した道だけど、眺めは良かった。ヤマザクラが目立つんだけど、近くを歩いても道からは見えにくいんだよなあ。
8
ミツバツツジは開花が早いんで今が時期。
2015年04月19日 11:05撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジは開花が早いんで今が時期。
12
こんな所にも馬頭尊があった。前回は尾根を真っ直ぐ登ってしまい、ここは通らなかった。
2015年04月19日 11:05撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所にも馬頭尊があった。前回は尾根を真っ直ぐ登ってしまい、ここは通らなかった。
6
元号が欠けていて読めなかったが、右側面は道標になっている。草書は読みにくいけど、多分「右 於ごせ」「左 知゛こふ山」と書かれている。
2015年04月19日 11:06撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元号が欠けていて読めなかったが、右側面は道標になっている。草書は読みにくいけど、多分「右 於ごせ」「左 知゛こふ山」と書かれている。
6
上段の道へ。
2015年04月19日 11:21撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上段の道へ。
2
この辺りは、もはや道と呼べない。
2015年04月19日 11:26撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは、もはや道と呼べない。
2
前回も撮った安永三年の馬頭尊。
2015年04月19日 11:30撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回も撮った安永三年の馬頭尊。
10
松尾山に到着。ポツポツと小雨が降ってきてしまった。
2015年04月19日 11:35撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松尾山に到着。ポツポツと小雨が降ってきてしまった。
5
主目的の山名板を括り付ける。近くにおいでの際は、是非お立ち寄り下さい。
2015年04月19日 11:40撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主目的の山名板を括り付ける。近くにおいでの際は、是非お立ち寄り下さい。
21
変な木。
2015年04月19日 12:35撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
変な木。
2
岩井沢観音堂に近付くと、道にびっしり一面のシャガ。窪んだ古道なので、申し訳ないが踏まずに通れない。
2015年04月19日 12:47撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩井沢観音堂に近付くと、道にびっしり一面のシャガ。窪んだ古道なので、申し訳ないが踏まずに通れない。
7
観音堂に寄ってく。左のって弥勒菩薩だよねえ。珍しい。
2015年04月19日 12:53撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音堂に寄ってく。左のって弥勒菩薩だよねえ。珍しい。
8
岩井沢観音堂。
2015年04月19日 12:54撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩井沢観音堂。
5
岩井沢観音堂。
2015年04月19日 12:55撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩井沢観音堂。
5
桜が少し残ってた。桜餅の旨そうな匂いが漂う。
2015年04月19日 12:56撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜が少し残ってた。桜餅の旨そうな匂いが漂う。
6
この花は方々にたくさん咲いてた。
2015年04月19日 13:09撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この花は方々にたくさん咲いてた。
6
なんて鮮やかな赤。
2015年04月19日 13:10撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんて鮮やかな赤。
10
最後になってしまったが、駐車代500円を投入する。
2015年04月19日 13:28撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後になってしまったが、駐車代500円を投入する。
12
撮影機材:

感想/記録

昨年12月に北川尾根を下るつもりだったが、ルートミスして町屋敷に下ってしまった。それが非常に心残りなので再訪する事にした。更に、松尾山からぶな峠に向かう途中で見た岩井沢観音堂への道。こいつも気になる。何せ、240年前には既に在った道なんだから。

そんな訳で、北川尾根は確実な登りとし、岩井沢観音堂への道を下る周回ルートを組んだ。岩井沢観音堂からは峠ノクボへ登り返し、コカシアゲ、三田久保峠と辿った後、旧北側小学校裏の尾根を下るつもりだった。しかし、松尾山で休憩していると小雨がパラついてきてしまい、本降りに変わる前に撤収という結論に至る。

雨は結局大降りにならず、最後まで時々頬を打つ程度だったがまあ良いだろう。北川尾根、岩井沢観音堂への古道、松尾山の山名プレート取り付けという三つの目的は果たした。

松尾山は殆んど知る人の居ない山かと思ったが、こんな地図を見つけた。
http://www.shomaru.com/map01.html (リンク切れしたらゴメンナサイ)
地元では案外メジャーなのかも。

訪問者数:1277人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ