また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 649967 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

奥秩父中津川の高尾はこんな所

日程 2015年05月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
こまどり荘前の駐車場(無料)利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間22分
休憩
1時間49分
合計
8時間11分
Sスタート地点08:1708:49南天山登山口09:11法印の滝09:2209:44沢コース分岐10:46南天山11:1012:151400m地点の岩山12:5013:07上山14:17タカウツ山14:4115:37山鳥峠15:5216:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・南天山まではハイキングコース

・南天山〜山鳥峠
高尾までが道無しの藪岩でかなりハード。突き上げた岩がー多く、ピーク越え・巻き共に危険が伴う。道型が感じられる所もあるが、長年使われておらず藪化している。印象としては馬道のコル〜帳付山に似た感じ。高尾以降は土尾根に変わるが、やはり道は無く前半は藪漕ぎ箇所が多い。

・山鳥峠からは峠道で問題無し。赤テープの目印が見られた。
その他周辺情報こまどり荘
 レストランの一般客利用はランチタイム(11:30〜13:00)のみ。
 日帰り入浴は11:00〜16:00(15:30受付終了)
過去天気図(気象庁) 2015年05月の天気図 [pdf]

写真

まずは南天山に向かう。
2015年05月30日 08:49撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは南天山に向かう。
1
法印の滝。水量が少なくて、以前見た時とだいぶ印象が違う。
2015年05月30日 09:12撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
法印の滝。水量が少なくて、以前見た時とだいぶ印象が違う。
4
五年振りの南天山。
2015年05月30日 10:46撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五年振りの南天山。
17
高尾がだいぶ近くに見える。昼頃には着いちゃうんじゃないの?と思ったがとんでもない。3倍かかった。高尾の上に先週歩いた芋掘りドッケンと烏頭山が見える。
2015年05月30日 10:53撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾がだいぶ近くに見える。昼頃には着いちゃうんじゃないの?と思ったがとんでもない。3倍かかった。高尾の上に先週歩いた芋掘りドッケンと烏頭山が見える。
18
ここからラジオを鳴らして行く。ホームセンターで安物を購入したが失敗だった。ボリュームが全然足らない。
2015年05月30日 11:04撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからラジオを鳴らして行く。ホームセンターで安物を購入したが失敗だった。ボリュームが全然足らない。
12
立入禁止テープの張られたここを入って行く。この時点では道が在る様に見えたが…
2015年05月30日 11:10撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立入禁止テープの張られたここを入って行く。この時点では道が在る様に見えたが…
5
すぐ先で行き止まり。ここから延々と藪漕ぎが始まる。
2015年05月30日 11:15撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ先で行き止まり。ここから延々と藪漕ぎが始まる。
4
生々しいクマ剥ぎが。嫌だなあ。ラジオの音、もっと大きくならんか?
2015年05月30日 11:23撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生々しいクマ剥ぎが。嫌だなあ。ラジオの音、もっと大きくならんか?
13
積み上がった岩と藪でなかなか進まない。
2015年05月30日 11:32撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積み上がった岩と藪でなかなか進まない。
3
右奥がP1468。昼までに届く気配なし。
2015年05月30日 11:39撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右奥がP1468。昼までに届く気配なし。
7
どこまで行っても岩と藪。厳しいーっ!!
2015年05月30日 11:59撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまで行っても岩と藪。厳しいーっ!!
4
お昼過ぎちゃったんで、この岩の天辺でランチにした。
2015年05月30日 12:13撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼過ぎちゃったんで、この岩の天辺でランチにした。
4
左が南天山。1時間掛かって進んだのがこれっぽっち。
2015年05月30日 12:17撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が南天山。1時間掛かって進んだのがこれっぽっち。
10
本当は切りのいいP1468まで行きたかったけど、あんなに木が繁った所じゃ落ち着いて休めない。熊が怖くて。
2015年05月30日 12:31撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当は切りのいいP1468まで行きたかったけど、あんなに木が繁った所じゃ落ち着いて休めない。熊が怖くて。
6
高尾が近くて遠い。まだ半分も来てない。
2015年05月30日 12:31撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾が近くて遠い。まだ半分も来てない。
2
この上がP1468。
2015年05月30日 13:06撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この上がP1468。
4
岩が無い所は藪が酷い。はーっ、ストレスが溜まる。
2015年05月30日 13:26撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩が無い所は藪が酷い。はーっ、ストレスが溜まる。
3
こういうのたまにある。
2015年05月30日 13:31撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういうのたまにある。
3
岩・藪・岩・藪。
2015年05月30日 13:46撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩・藪・岩・藪。
3
この上が高尾頂上。半分ぐらいまで登ったけど、その先は手掛かりが無くて無理だった。
2015年05月30日 14:05撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この上が高尾頂上。半分ぐらいまで登ったけど、その先は手掛かりが無くて無理だった。
3
基部を巻いて北から登る。
2015年05月30日 14:10撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基部を巻いて北から登る。
2
ここが高尾頂上。何か人工物の残骸があった。自分が来といて何だけど、ここは来るべき所じゃない。全くお勧め出来ない。
2015年05月30日 14:17撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが高尾頂上。何か人工物の残骸があった。自分が来といて何だけど、ここは来るべき所じゃない。全くお勧め出来ない。
13
山名プレート設置。地理院地図では、現在0.3m増えて1348.1mになっている。
2015年05月30日 14:24撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名プレート設置。地理院地図では、現在0.3m増えて1348.1mになっている。
33
慎重に方向を確かめて下る。見た目ではこの方向に尾根が在る様に見えない。
2015年05月30日 14:41撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に方向を確かめて下る。見た目ではこの方向に尾根が在る様に見えない。
4
頂上を振り返って。山鳥峠側から来ても、最後にここを登らなければ頂上に立てない。ロープ無しで大丈夫だが少々危険。
2015年05月30日 14:46撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上を振り返って。山鳥峠側から来ても、最後にここを登らなければ頂上に立てない。ロープ無しで大丈夫だが少々危険。
1
祠の残骸。遷御されて用済みなのだろう。
2015年05月30日 14:48撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠の残骸。遷御されて用済みなのだろう。
2
はーっ、やっぱり土尾根は落ち着く。
2015年05月30日 14:55撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はーっ、やっぱり土尾根は落ち着く。
4
唐突にペイントマークが現れた。ウズノ沢遡行の人用かな?
2015年05月30日 15:12撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐突にペイントマークが現れた。ウズノ沢遡行の人用かな?
1
やっと手入れされた植林地になった。歩きやすい。
2015年05月30日 15:19撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと手入れされた植林地になった。歩きやすい。
1
この辺にもクマ剥ぎはあるけど、古いのばっかり。
2015年05月30日 15:28撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺にもクマ剥ぎはあるけど、古いのばっかり。
3
写真失敗したけど電柱が立ってた。
2015年05月30日 15:30撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真失敗したけど電柱が立ってた。
3
切り通しみたいに尾根が切られてる。もちろん林道なんて無い。建物でも在ったか?
2015年05月30日 15:32撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切り通しみたいに尾根が切られてる。もちろん林道なんて無い。建物でも在ったか?
4
今度はコンクリート製の電柱。こんなの人力じゃ絶対運べない。ヘリか?
2015年05月30日 15:34撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度はコンクリート製の電柱。こんなの人力じゃ絶対運べない。ヘリか?
2
やっと山鳥峠に到着。疲れたーっ!
2015年05月30日 15:37撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと山鳥峠に到着。疲れたーっ!
6
山鳥峠から見る赤岩尾根。
2015年05月30日 15:38撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山鳥峠から見る赤岩尾根。
10
もう文字が見えないんで意味無しだが、一応起こしておく。
2015年05月30日 15:52撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう文字が見えないんで意味無しだが、一応起こしておく。
9
倒壊した家の横を通る。
2015年05月30日 16:08撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒壊した家の横を通る。
4
金山神社に下り着いた。
2015年05月30日 16:12撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山神社に下り着いた。
3
中津川林道を歩いてこまどり荘まで戻る。
2015年05月30日 16:14撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中津川林道を歩いてこまどり荘まで戻る。
3
何だか懐かしさを覚える風景。
2015年05月30日 16:17撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何だか懐かしさを覚える風景。
14
撮影機材:

感想/記録

先週行くつもりだった高尾に登った。ハイキングコースで南天山まで行き、そこから東に尾根伝いで向かう。想像していたのと違い、とんでもない藪岩尾根だった。苦労して立った山頂もそれに見合うものではない。山と高原地図に名前が載っているにも拘わらず、一切の情報が無い山だったため興味本意で登ってみたが、"実際に登った"という事実に自己満足するだけの山だった。二度と行く事は無いと思う。

山名プレートまで設置しておいて何だが、他の人には全くお勧め出来ない。それでも構わず登るというなら、山鳥峠からのピストンが良いと思う。或いは沢に慣れた人ならウズノ沢と絡めても良いか。とにかく、高尾の西側は踏み入らない方が賢明。

訪問者数:1692人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ