また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 662599 全員に公開 沢登り 丹沢

世附川 日蔭沢下降と土沢

情報量の目安: B
-拍手
日程 2015年06月19日(金) [日帰り]
メンバー
天候小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
過去天気図(気象庁) 2015年06月の天気図 [pdf]

写真

一瞬だけ明るく開けたところ。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す一瞬だけ明るく開けたところ。
泥と落ち葉の急な窪で、やっとの思いで下る。
ということで、この6m滝が日陰沢の唯一の滝でした。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泥と落ち葉の急な窪で、やっとの思いで下る。
ということで、この6m滝が日陰沢の唯一の滝でした。
4
2条の滝を過ぎると堰堤は近い。
堰堤の上は河原がしばらく続いて、一の沢橋。
水に濁りがはいっていると思っていたら、
橋から先の伐採地で重機が作業中でした。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2条の滝を過ぎると堰堤は近い。
堰堤の上は河原がしばらく続いて、一の沢橋。
水に濁りがはいっていると思っていたら、
橋から先の伐採地で重機が作業中でした。
林道を30分も登ると、明神峠。
今日の収穫、サンショウの実。
茹でてから、チリメンサンショウを作ります。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を30分も登ると、明神峠。
今日の収穫、サンショウの実。
茹でてから、チリメンサンショウを作ります。
2
まだかなあ、と思う頃にしっかりした滝!
大きく捲くなら右岸だろう。
左岸から小さく捲いてみる。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだかなあ、と思う頃にしっかりした滝!
大きく捲くなら右岸だろう。
左岸から小さく捲いてみる。
1
暗い廊下状に小滝とゴーロが続く。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す暗い廊下状に小滝とゴーロが続く。
まずは湯船山へ。
シズカナリ。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは湯船山へ。
シズカナリ。
深い釜の滝、3mくらい。
前回は捲いたとおもうのだが、今回は右からへつりながら登ってみる。
なんと、新しいハーケンが3枚も連打されていた。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い釜の滝、3mくらい。
前回は捲いたとおもうのだが、今回は右からへつりながら登ってみる。
なんと、新しいハーケンが3枚も連打されていた。
開けてきて、倒木と泥と岩とクモの巣。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す開けてきて、倒木と泥と岩とクモの巣。
日陰沢を下っていく。
コケむしたルンゼ。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰沢を下っていく。
コケむしたルンゼ。
滝からすぐに土沢に出合う。
少しの距離なのだが、出合からは滝は見えない。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝からすぐに土沢に出合う。
少しの距離なのだが、出合からは滝は見えない。

感想/記録

朝から雨・・・。
湯船山から日蔭沢を下降。
上部はルンゼ状 中間部は開けて倒木とゴーロ小滝、
土沢出合近くに唯一の6m滝。(出合からは見えない)
土沢本流を登り、一の沢橋から林道を歩いて戻った。
小雨、驟雨、霧ションベン・・・
静かな山の一日でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:527人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ