また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 671549 全員に公開 ハイキング 奥秩父

甲武信ヶ岳(大弛峠ピストン) 往路2:17 復路2:43【スピードハイク】

情報量の目安: S
-拍手
日程 2015年07月04日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り 時々 小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大弛峠へは車でアクセス出来るも、長野側(北側)から入ると9km程、悪路。
山梨側(南側)から入ると舗装路だが、名古屋からだと距離・時間共に延びる。
名古屋方面の場合、四駆+高車高の場合、近い&早いので悪路側を推奨。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
19.1 km
登り
1,635 m
下り
1,617 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

<往路> 標準CT 6:05
--------------------------
大弛峠     0:00
国師ヶ岳    0:22
国師のタル   0:42
甲武信ヶ岳   2:17 (短縮率:38%)

<復路> 標準CT 7:00
--------------------------
甲武信ヶ岳   0:00
大弛峠     2:43 (短縮率:39%)
コース状況/
危険箇所等
危険箇所なし、明瞭。
その他周辺情報知る人ぞ知る、住宅地の中の名湯、山口温泉。(@¥600/人)
天然炭酸泉。
炭酸が溶解しない36℃程度の泉温で素晴らしい湯でした。
過去天気図(気象庁) 2015年07月の天気図 [pdf]

写真

かなりの悪路をモートン号(Fit)で何とかクリアし、10時過ぎに大弛峠に到着。
空きスペースは3台。
多くの人は、金峰往復され、帰宅準備中www
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりの悪路をモートン号(Fit)で何とかクリアし、10時過ぎに大弛峠に到着。
空きスペースは3台。
多くの人は、金峰往復され、帰宅準備中www
2
甲武信へは右、金峰へは左。
本日は、先に甲武信、のちの金峰の予定。
いずれもピストンでトレーニング目的。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信へは右、金峰へは左。
本日は、先に甲武信、のちの金峰の予定。
いずれもピストンでトレーニング目的。
1
ふむふむ。
甲武信へ6時間との事なので、目標タイムは、2:30に設定。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふむふむ。
甲武信へ6時間との事なので、目標タイムは、2:30に設定。
1
大弛小屋のメニュー。
美味そうですね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛小屋のメニュー。
美味そうですね!
そして可愛らしい大弛小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして可愛らしい大弛小屋。
4
ここが取り付きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが取り付きです。
1
国師ヶ岳までは、こういう木の階段と木道がメインです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国師ヶ岳までは、こういう木の階段と木道がメインです。
4
あ、金峰ですかね??
突起物は、もしかして五丈石??
でも、山頂にないし、なんか形も違う・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ、金峰ですかね??
突起物は、もしかして五丈石??
でも、山頂にないし、なんか形も違う・・・
4
この時はまだ、それほどガスは出てませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時はまだ、それほどガスは出てませんでした。
0:16、前国師に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0:16、前国師に到着。
4
すぐに国師ヶ岳到着。
0:22。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに国師ヶ岳到着。
0:22。
3
眺望はゼロです。
本日の最高点はここ。
この後は激下りが始まり、本日の最低点まで一気に下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望はゼロです。
本日の最高点はここ。
この後は激下りが始まり、本日の最低点まで一気に下ります。
1
おそらくここが最低鞍部。
本日、計画外山行の為地図無し、とにかく位置関係がよくわかりません…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おそらくここが最低鞍部。
本日、計画外山行の為地図無し、とにかく位置関係がよくわかりません…。
途中、三角点っぽいものが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、三角点っぽいものが。
1
ずーっとこういう樹林帯を、登ったり下ったり、登ったり下ったり…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずーっとこういう樹林帯を、登ったり下ったり、登ったり下ったり…
1
いきなり、崖に出ました。
眺望が開けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり、崖に出ました。
眺望が開けます。
と言っても、ガスで何も見えませんけど…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と言っても、ガスで何も見えませんけど…。
わ、静脈瘤みたい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わ、静脈瘤みたい!
砂場に出、眺望が開けますが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂場に出、眺望が開けますが…
1
残念ながら、ガスガスです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら、ガスガスです。
下も良く見えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下も良く見えません。
む!
後2時間という事は、4時間の行程が終わったって事ですね!
まだ、1:42ですので、まぁまぁのペースですが、残り2時間を50分以内に行かねば、目標の2:30は切れません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
む!
後2時間という事は、4時間の行程が終わったって事ですね!
まだ、1:42ですので、まぁまぁのペースですが、残り2時間を50分以内に行かねば、目標の2:30は切れません。
分岐到着。
ここで休憩中のご夫婦と立ち話。
今日は小屋泊だそうです。
山頂までは30分もあれば着くと教えて頂き、タイムを見ると、2:07。
何とか2:30切りイケそう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐到着。
ここで休憩中のご夫婦と立ち話。
今日は小屋泊だそうです。
山頂までは30分もあれば着くと教えて頂き、タイムを見ると、2:07。
何とか2:30切りイケそう!
1
最後の延々登りを急ぐと、急に岩に変化。
もしかして山頂??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の延々登りを急ぐと、急に岩に変化。
もしかして山頂??
やっぱり!
山頂到着、2:17!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり!
山頂到着、2:17!
4
貸切の山頂。
そして寒い!
モートンくんは5分遅れの、2:22で到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貸切の山頂。
そして寒い!
モートンくんは5分遅れの、2:22で到着。
今日は時間がないので、小屋には寄れません、残念。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は時間がないので、小屋には寄れません、残念。
初甲武信岳!
寒いので、さすがにウィンドブレーカーを羽織りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初甲武信岳!
寒いので、さすがにウィンドブレーカーを羽織りました。
9
なんだか宣教師みたいなポージングのモートンくんw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだか宣教師みたいなポージングのモートンくんw
7
その後、山頂カップラを食べ、そそくさと下山開始。
と言っても、絶対に戻りの方が上山って感じです・・・!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後、山頂カップラを食べ、そそくさと下山開始。
と言っても、絶対に戻りの方が上山って感じです・・・!
2
復路は、個々にスピードハイク。
ここまでは非常に順調で、往路よりも早い到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
復路は、個々にスピードハイク。
ここまでは非常に順調で、往路よりも早い到着。
んがくっく、国師への登りは中々に長い。
偽ピークを幾つも乗り越え、また下り、また登り…。
また下るんかい!と独りツッコミを何度叫んだ事か。。。笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
んがくっく、国師への登りは中々に長い。
偽ピークを幾つも乗り越え、また下り、また登り…。
また下るんかい!と独りツッコミを何度叫んだ事か。。。笑
そして、ようやく国師到着!
長かった〜〜〜。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、ようやく国師到着!
長かった〜〜〜。。。
2
眺望は行きより悪く、小雨が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望は行きより悪く、小雨が続く。
キミ、300名山なんだってね…。
でも今日はガスで眺望ゼロ、その良さがサッパリさ。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キミ、300名山なんだってね…。
でも今日はガスで眺望ゼロ、その良さがサッパリさ。。。
3
そこからすぐ、大弛小屋、2:43。
木道階段は、下りの方が難しかったです。
濡れて滑り易く、幅が狭くて、足を置くのが大変でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこからすぐ、大弛小屋、2:43。
木道階段は、下りの方が難しかったです。
濡れて滑り易く、幅が狭くて、足を置くのが大変でした。
行きよりも帰りの方が時間掛かりました。
往路の最中、絶対復路の方が掛かるんじゃないか、と思ってましたが、やっぱりその通りでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きよりも帰りの方が時間掛かりました。
往路の最中、絶対復路の方が掛かるんじゃないか、と思ってましたが、やっぱりその通りでした。
あ、奥秩父最高峰の北奥千丈岳に寄るのを忘れました…。
その後、モートンくんを待つも中々現れず。
独りで金峰に向かっちゃうのは悪いなぁと思い、16時閉店の大弛小屋にて暖を取らせてもらい、ついでに缶ビールも飲んじゃいました笑
結局35分ほど待って、モートンくん到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ、奥秩父最高峰の北奥千丈岳に寄るのを忘れました…。
その後、モートンくんを待つも中々現れず。
独りで金峰に向かっちゃうのは悪いなぁと思い、16時閉店の大弛小屋にて暖を取らせてもらい、ついでに缶ビールも飲んじゃいました笑
結局35分ほど待って、モートンくん到着!
17時を回っていた&小雨が続いていた為、残念ながら金峰は諦めました。
その後、入浴してからラーメン屋にて生!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17時を回っていた&小雨が続いていた為、残念ながら金峰は諦めました。
その後、入浴してからラーメン屋にて生!
3
そして、ラーメン&チャーハンで〆ました^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、ラーメン&チャーハンで〆ました^^
2

感想/記録

元々モートンくんと、八草駅〜定光寺駅までのトレラン35kmを予定。
朝5:30我が家集合も、意外に鳳凰三山辺りの天気が良さそうだったので、
青木鉱泉から鳳凰三山の日帰り周回へと変更、中央道に乗りましたが、
天気がコロコロ変わり、結局何処登ろうか迷いつつも、
大弛峠から甲武信&金峰ピストンへと変更。

最後、大弛峠手前9kmほどから、舗装路から結構な悪路に…。
何とかfitで大弛峠到着しましたが、予想以上に時間が掛かり、
山行開始が10:30頃になってしまいました。
金峰往復も見据えると、16時には大弛に戻りたいよね、と、
スピードハイクを余儀なく求められる展開に。
山頂でのお昼タイムの30分を考慮して、往復5時間というかなり無理っぽい目標笑

しかも、突然決めた山行先のため、地図無しで、
ポイントポイントでの位置関係がよくわからず、
残りの行程がわからないので、ペース配分が出来ず…。

とにかく、往路は何とか目標タイム以下で到着。
でも、往路では、あまりにも下る行程が多かったため、
復路の方が厳しそうだなと予想、国師のタルまでは楽勝も、
案の定、国師ヶ岳への最後の登りが本当に長かったです!
登って登ってまた下る。
また登って登ってまた下る。
なーんてのが続いて、かなりドSな国師ヶ岳でした笑

復路は各々のペースでのハイクで、ほぼ全行程ソロになり、大弛峠到着が16時半。
金峰までは、標準CTで2:30のため、
スピードハイクで行けば、1:00〜1:15位では到着出来るので、
このままソロで行っちゃおうかかなり迷いましたが、
やはりモートンくんを待つことにしました。

モートン号の鍵は持っておらず、寒さを凌ぐため、
小屋周りを歩き回り、完全に不審者だったので、
小屋の親父さんが声を掛けてくれ、中で暖を取らせて頂きました。
時間は既に17時。
これは金峰は無理かな、と、親父さんに缶ビールを発注w

親父さん含め、3名の小屋スタッフさんたちが、
ワインで盛り上がってるところにプチ参加させて頂きました。
営業時間外だったのに、チョコまで頂き良くしてくれ、本当にありがとうございました!!

そして、10分ほどでモートンくんも到着。
彼にもチョコを頂け、深く御礼申し上げます。

モートンくんは、かなり脚が死んでいるとのことで、結構遅れたようでした。
が、帰宅して、復路の標準CTを調べたところ、7時間だったので、
3時間十数分で戻ってきたのはかなり速く、彼もたいしたものだなぁと思いました。

その後、スマホで調べて、山口温泉という年期の入った施設にて入浴しましたが、
炭酸泉らしく、体温と同程度の泉温で、素晴らしい湯でした!
身体に負荷無くのんびり入っていられ、本当に疲れが取れました。
露天もあり、珍しく30分も入浴しましたが、
熱くて苦しいとか我慢する事なく、リラックス入浴。

低温の為、湯冷めするかと思いきや、身体の芯からポッカポカ。
源泉掛け流しで、温度調整なし。
帰宅後、ネットで調べてみたところ、
二酸化炭素は、高温になると溶解してしまい効果が薄くなるとの事で、
32℃〜36℃が適温なのだそうです。
あんな住宅地に天然炭酸泉があるなんて驚きでした。

次週は、南アに行きたいと思っていますが、
今回みたいな時間に追われた山行ではなく、ゆとりのある山行を楽しめたらと思います^^

合計距離: 19.07km
最高点の標高: 2570m
最低点の標高: 2149m
累積標高(上り): 1522m
累積標高(下り): 1521m
EK度数:19+15+7.5=41.5
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:2276人

コメント

お疲れ様でした!
週末はあいにくの天気でしたね〜。

にしてもmessiahさんにかかったら、甲武信もトレーニング場となってしまうという・・。(大半の人はヒ〜コラ登る山なのに・・。相変わらずすごいです!

しかもその後に金峰も行く予定だったとは!!言葉を失ってしまいますだ!(苦笑)

山頂の写真、寒い!と言いながら下は相変わらずの生足という・・。(思わず笑ってもうた)

来週は南の予定なんですね!天気が良いといいですね〜!梅雨時はなかなか山行の予定を組むのは難しいですよね。こちらは、週末、北に向かおうかと考えてますが、如何せん天気次第ですよね・・。
2015/7/6 13:03
Re: お疲れ様でした!
chaoさん、コメントいただきありがとうございます

この日は、残念な天気でしたが、本降りにならなくて良かったです。
雨だと、さすがに生脚&半袖だと寒くて堪らず、
さすがに上下レイン着ないといけないので、動きにくいのです

甲武信については、正直全然調べず行ってしまったので、
CTとかも知らずに、登山口にて初めて知りました^^;
あまりこういう山行は宜しくないのですが、
人気の100名山なら道迷いもまず無いかなと。。。

ところで、大弛からのルート、これは本当にトレーニングでした!
眺望なく変化のない樹林帯を延々登ったり下ったりで、
飽きがきますので、精神的なツラさの方が大きいと思いました笑

復路もまずまずノッていたので、
間髪入れず、金峰まで一気に行っちゃいたかったとこですが、
それでは、デュオで来た意味がないと思い、留まりました^^;

今週末は、後輩くんと、光〜聖日帰りにチャレンジしようと思っていたのですが、
妻も行きたいという事なので、青木鉱泉からの鳳凰三山日帰りか、
光か聖の1座日帰りにする可能性大です。

次の3連休は、北アに行くつもりです!
お互い良い山行になると良いですね
2015/7/7 10:49
すごいな〜
こんばんは messiah さん
 こんなアップダウンの道をわずか2時間ちょっとで登ってしまうとは。お連れも並みではありませんね。標高差もあるし。年を取った私は無理せず持久力を維持と思ってます。タイムアップは望めません。
 でも、行ってみたい山です。
2015/7/7 21:19
Re: すごいな〜
sireotokoさん、コメントいただきありがとうございます。

甲武信は初めてでしたが、大弛からのルートは変化に乏しく、
かなり飽きさせるルートでした。
眺望も3ヶ所くらいしかポイントあれませんし、
メインルートの方が、百名山らしさがあるのではと思いました。

アップダウンはかなり多く、気分的に疲労します笑

2時間ちょいで登れて、何とか金峰への可能性を繋いだのですが、
復路は、国師のタルまでは楽勝ですが、国師ヶ岳への登りが大変でした

後輩くんもハーフを1:40で走るだけあり、基礎体力が備わっているので、
あとは、山用の脚を作り、ふくらはぎを使わず、
ハムストと臀部、骨盤を使って登る技術を得ていくだけです^^

ところで、今日ふと思ったのですが、私が年を取ったら、
過去の体力からの過信で遭難する老人になるのでは、、、
なんて、ふと考えたりしてました笑

そうならないように、なるべく長く体力維持をしていきたいと思います^^;
2015/7/7 22:01
そっかぁ〜
ここ大弛峠は金峯へも行けるのね。
コースタイム6時間のところを
そんなにサク〜〜って行けちゃうんだね
どの山がトレラン向きだとか、そういうのは調べたりしないんだ
夏の縦走はどこ狙っているのかな
2015/7/8 20:54
Re: そっかぁ〜
にこちゃん、コメントありがとね

基本的にトレラン適地とかは調べないよ、だってハイカーだから
フツーに登山道があれば、それはハイク適地だからね♪

このルートは、多分この先、何年も登ることがないと思う^^;
サクッと行くにはちょい長いルートだけど、
にこちゃんもトレランシューズでガチに行けば、
かなり満足度上がるんじゃないかな♪

夏の縦走、もしかして合流してくれるのー?
新穂高から北ア主峰テン泊縦走、日本海まで3泊4日だよ^^
途中のテン場で合流&宴会は、いつでもウェルカムです♪
2015/7/8 22:58
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ