また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 677824 全員に公開 沢登り 谷川・武尊

檜又谷 大スラブ沢

情報量の目安: B
-拍手
日程 2015年07月14日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ/曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間40分
休憩
30分
合計
8時間10分
S檜又谷出合近く林道10:2012:00大スラブ沢出合12:1015:10武能西尾根15:2016:20稜線 武能岳肩16:3018:30蓬峠経由林道PG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
檜又谷 二の沢出合付近より雪渓
大スラブ沢は全くなし
過去天気図(気象庁) 2015年07月の天気図 [pdf]

写真

長いシュリンゲの垂れる滝。
シュリンゲのところから左へトラバースして簡単に越える。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長いシュリンゲの垂れる滝。
シュリンゲのところから左へトラバースして簡単に越える。
4m断層を越していく。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す4m断層を越していく。
1
出合から一直線に伸びる大スラブ沢。
どんづまりのピークまでつめた。
短い沢だ。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出合から一直線に伸びる大スラブ沢。
どんづまりのピークまでつめた。
短い沢だ。
1
ほどなく雪渓。でかい熊を発見!
画像の中央にいます。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく雪渓。でかい熊を発見!
画像の中央にいます。
3
いよいよ大スラブの始まりか。
もう日陰がないじゃんよ〜・・。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ大スラブの始まりか。
もう日陰がないじゃんよ〜・・。
中央の一番高いピークを目指す。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す中央の一番高いピークを目指す。
一気にかなりの高さを稼いだ。
ところが暑さにバテテしまって、ペースがあがらない・・。
ちょっとした日陰を探しては、ヒーヒー息をつく・・・。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気にかなりの高さを稼いだ。
ところが暑さにバテテしまって、ペースがあがらない・・。
ちょっとした日陰を探しては、ヒーヒー息をつく・・・。
工事現場のようなゴーロをしばらく歩く。
スタートが遅いので日差しがきつく、消耗はなはだしい。
振り返ると足拍子岳。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工事現場のようなゴーロをしばらく歩く。
スタートが遅いので日差しがきつく、消耗はなはだしい。
振り返ると足拍子岳。
最後はちょっと急な草付きやら崩壊壁やらで残った体力を絞られる。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す最後はちょっと急な草付きやら崩壊壁やらで残った体力を絞られる。
斜度がきつくなってくる。
階段状とはまさしくこれだな、という快適な斜面を登る。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度がきつくなってくる。
階段状とはまさしくこれだな、という快適な斜面を登る。
傾斜はゆるく、ほとんど手は使わないレベル。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す傾斜はゆるく、ほとんど手は使わないレベル。
胸のカラータイマーが点滅するなか、やっと尾根にあがる。
水切れのため、蓬沢下降と思っていたが、
ガスがでて、方角が不安なので、稜線まで歩くことにする。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胸のカラータイマーが点滅するなか、やっと尾根にあがる。
水切れのため、蓬沢下降と思っていたが、
ガスがでて、方角が不安なので、稜線まで歩くことにする。
1
夏に来るなら早朝がお勧めです。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す夏に来るなら早朝がお勧めです。
1
檜又谷出合の取水堤の下は伏流。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す檜又谷出合の取水堤の下は伏流。
スラブは終了。
草付きの中の岩を拾いながらつめる。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スラブは終了。
草付きの中の岩を拾いながらつめる。
熊さんはその後、大スラブ沢出合で木を折って葉っぱを食べていた。
しばらく観察したあと、ホイッスルで気づかせて、移動してくれるまで待つ。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊さんはその後、大スラブ沢出合で木を折って葉っぱを食べていた。
しばらく観察したあと、ホイッスルで気づかせて、移動してくれるまで待つ。
1
武能岳の肩に到着。
やっぱり道はいいよな〜。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武能岳の肩に到着。
やっぱり道はいいよな〜。
やっとゴーロが終わり、大釜の2m滝。
落口に二の沢が入る。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとゴーロが終わり、大釜の2m滝。
落口に二の沢が入る。
すぐの15m滝。
左のチョロチョロの水流わきを登る。
階段状で快適。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐの15m滝。
左のチョロチョロの水流わきを登る。
階段状で快適。
1
改修中の蓬峠の小屋。
この先の水場で生き返って、長い登山道を下山。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
改修中の蓬峠の小屋。
この先の水場で生き返って、長い登山道を下山。

感想/記録

久しぶりの谷川の硬い岩を楽しんだ。
特に悪場もなく、快適な沢だった。
10時という遅いスタートだったので、猛暑の日差しにやられて、スラブ登りにはつらかった。
早いスタートで、午前中に稜線まで抜けるのがいいと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1247人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ