また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 678568 全員に公開 ハイキング八幡平・岩手山・秋田駒

八幡平 曇り時々雨のち本降り

日程 2015年07月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々雨のち本降り
アクセス
利用交通機関
電車バス
7:04東京駅発の新幹線で盛岡に9:36着。盛岡駅発9:42の八幡平頂上行きバスに乗り、黒谷池で降車。帰りは八幡平頂上バス停14:30発のバスで終点の松尾鉱山資料館バス停まで移動。宿泊先まで歩き。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間24分
休憩
28分
合計
1時間52分
S黒谷地口11:3911:55黒谷地湿原12:0912:42源太森12:4613:01陵雲荘13:0813:13ガマ沼13:18見返峠13:1913:23鏡沼分岐13:2413:28八幡平山頂レストハウス13:2913:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に問題ない。お花畑状態のところがたくさんあるので、気を取られて木道を踏み外さないように注意した。
その他周辺情報下山後、今回は八幡平温泉を利用。
過去天気図(気象庁) 2015年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 予備電池(7) 1/50 000地形図(1) コンパス(1) 筆記具 保険証(1) 飲料(2) ティッシュ(3) タオル(2) 携帯電話(1) 雨具(1) 防寒着(1) 非常食(7) GPS(1) グローブ(1) 予備の着替え(1) カメラ

写真

黒谷池バス停で降車。今日はここからスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒谷池バス停で降車。今日はここからスタート。
1
のっけからニッコウキスゲがお出迎え。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のっけからニッコウキスゲがお出迎え。
1
ニッコウキスゲのアップ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲのアップ。
3
ニッコウキスゲが主役を主張している感じだけど、ワタスゲやミヤマカラマツ、イワイチョウなどの白色の花もたくさん咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲが主役を主張している感じだけど、ワタスゲやミヤマカラマツ、イワイチョウなどの白色の花もたくさん咲いている。
1
ミヤマセンキュウはとても多く見られる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマセンキュウはとても多く見られる。
1
ミヤマカラマツ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマカラマツ。
3
ハクサンフウロ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ。
2
アオモリトドマツが立ち並ぶ。枯れている木もアオモリトドマツか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アオモリトドマツが立ち並ぶ。枯れている木もアオモリトドマツか
1
イワイチョウは盛りを過ぎつつある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワイチョウは盛りを過ぎつつある。
1
相変わらず主役はニッコウキスゲ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず主役はニッコウキスゲ。
2
池塘の周りには色々な種類の植物がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘の周りには色々な種類の植物がある。
1
ニッコウキスゲのお花畑。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲのお花畑。
2
ニッコウキスゲの密度が濃い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲの密度が濃い。
1
池塘の周りには色々な種類の植物があるので、見てて楽しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘の周りには色々な種類の植物があるので、見てて楽しい。
1
熊の泉。清水のパイプが3本あるので、団体さんも安心ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の泉。清水のパイプが3本あるので、団体さんも安心ですね。
2
ウマノアシガタの元気良さ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウマノアシガタの元気良さ。
3
コバイケイソウはもう盛りを過ぎたのか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケイソウはもう盛りを過ぎたのか。
1
お花畑とその向こうの山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑とその向こうの山々。
1
シャクナゲの蕾。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲの蕾。
1
咲き始めのシャクナゲ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き始めのシャクナゲ。
2
黒谷池湿原の休憩所。りっぱです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒谷池湿原の休憩所。りっぱです。
1
黒谷池湿原。池塘の中からニョキニョキ出ているのがなんなのか、近くで観察したいw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒谷池湿原。池塘の中からニョキニョキ出ているのがなんなのか、近くで観察したいw
1
茶臼岳から八幡平頂上へ続く道の分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳から八幡平頂上へ続く道の分岐。
1
いい時間なのでお昼ゴハン。誰にも会わないので、のんびりと一服。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい時間なのでお昼ゴハン。誰にも会わないので、のんびりと一服。
3
向こうに頭だけ見えているのが茶臼岳?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうに頭だけ見えているのが茶臼岳?
1
満開のシャクナゲ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のシャクナゲ。
1
ショウジョウバカマの実。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマの実。
1
コケのつくしみたいなのが生えてる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケのつくしみたいなのが生えてる。
1
コイワカガミの咲いた後
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワカガミの咲いた後
キヌガサソウのアップ。葉の数と花弁の数が同じなので、幾何学的な美しさも感じます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キヌガサソウのアップ。葉の数と花弁の数が同じなので、幾何学的な美しさも感じます。
3
元気なイワイチョウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元気なイワイチョウ。
1
ムシトリスミレの葉っぱは色が薄い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムシトリスミレの葉っぱは色が薄い。
3
ハクサンチドリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ。
1
黄色より白色の花が多いお花畑は今日は初めて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色より白色の花が多いお花畑は今日は初めて。
1
また木道歩きになる。相変わらず空は白い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また木道歩きになる。相変わらず空は白い。
2
雲が上下にあるけど、上の方が暗い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が上下にあるけど、上の方が暗い。
1
とりあえず源太森に登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず源太森に登る。
1
雨が強くなってきた。遠望は全く効かない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が強くなってきた。遠望は全く効かない。
1
八幡池はまだ見えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡池はまだ見えている。
1
木の上に突き出た黒い物体は、松ぼっくりだったw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の上に突き出た黒い物体は、松ぼっくりだったw
1
草原に降りてくると、目につくのはたくさんのコバイケイソウ。当たり年なのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草原に降りてくると、目につくのはたくさんのコバイケイソウ。当たり年なのかな?
2
チングルマはどれを見ても実になっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマはどれを見ても実になっている。
2
ガマ池は雨とガスで霞んでいる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガマ池は雨とガスで霞んでいる。
1
ミヤマアキノキリンソウ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ?
2

感想/記録

7月の3連休、台風11号のおかげでどこに行くべきかが決められない。
とりあえず、梅雨の影響が少なさそうな北東北に行く予定を立てた。

まだ訪れたことがない、岩手山と早池峰山に遊びに行くことを目的に
宿を予約。後は台風がどうなるか、成り行き任せで東京駅を7/18の
朝に出発。9:42盛岡駅発の八幡平頂上行きバスになんとか間に合い、
茶臼山から登るか、黒谷池から登るか迷った挙句、黒谷池からのルートを
選択した。この時点で、天気予報は曇り。現地でも陽光はないものの、
曇り空で、すぐそばに見えるはずの岩手山は山麓以外は雲に包まれていた。

黒谷池に向かう道は、のっけからニッコウキスゲをはじめとしたお花畑が
多く、木道を踏み外さない程度に脇見をしながら先へ進んだ。
源太森までは快適な山歩きとたくさんのお花畑で、気分も良く八幡平を
楽しんでいたものの、源太森に差し掛かるあたりで少し雨が強くなってきた。
そのうち雨も弱くなるだろうと思ったのが間違いで、源太森からは傘をさして
進んでいたらどんどん本降りに。

陵雲荘 避難小屋あたりで雨具を着けたいと思いながら先を急ぐものの、
どんどん本降りに。さすがに木道上で着替えるのを躊躇しているうちに
陵雲荘に着く頃には靴の中まで浸水。ゴアテックスの靴は浸水を許した後の
処理が大変なことになるのをわかっていながら、防げなかったのは
ただただ油断ですね。避難小屋で雨具を装着して、先を進みましたが
雨が強く、とにかく八幡平山頂レストハウスに逃げ込むことを目標にして
なんとか到着。

レストハウスのトイレで着替えて、人心地をつき、後は帰りのバスの時間まで
時間を潰した。待っている間に周りがどんどんガスガスになってきて、
気温も下がってきたので、あのタイミングで下山できたのは良かったのかなと
思いました。

14:30のバスに乗り、八幡平温泉にある今日の宿に向かいましたが、岩手山は
相変わらず雲の中。。。

明日行く予定の岩手山は無理だね〜〜。
訪問者数:425人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ