ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6884031
全員に公開
無雪期ピークハント/縦走
阿蘇・九重

由布岳 鶴見岳

2024年06月04日(火) [日帰り]
 - 拍手
体力度
4
1泊以上が適当
GPS
05:14
距離
9.2km
登り
1,462m
下り
866m
歩くペース
とても速い
0.60.7
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
4:38
休憩
0:35
合計
5:13
9:10
9:12
61
10:13
10:14
5
10:20
10:21
7
10:27
10:32
6
10:38
10:41
6
10:47
10:53
6
10:58
11:08
54
12:01
12:09
23
12:31
12:31
43
13:15
13:15
5
13:20
13:20
13
13:33
13:35
17
13:51
天候 曇り時々晴れ
過去天気図(気象庁) 2024年06月の天気図
アクセス
利用交通機関:
バス
別府駅西口から7時38分のバスで向かいます
コース状況/
危険箇所等
由布岳までは歩きやすい登山道
由布岳東登山口までの道は踏み跡不明瞭で注意です
由布岳登山口からスタートです
2024年06月04日 08:36撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
6/4 8:36
由布岳登山口からスタートです
右の山が由布岳です
今日は山頂は雲の中です。
昨日ははっきり見えたのに…
2024年06月04日 08:37撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
6/4 8:37
右の山が由布岳です
今日は山頂は雲の中です。
昨日ははっきり見えたのに…
緩やかに登り始めました
2024年06月04日 08:42撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
6/4 8:42
緩やかに登り始めました
新緑が眩しい!
まるでWindows XPの壁紙の様な風景www(古い)
冬に野焼きをするので春には綺麗な緑になるんですね
2024年06月04日 08:43撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
2
6/4 8:43
新緑が眩しい!
まるでWindows XPの壁紙の様な風景www(古い)
冬に野焼きをするので春には綺麗な緑になるんですね
樹林帯に入りました。
溶岩ゴロゴロしてます
2024年06月04日 08:54撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
6/4 8:54
樹林帯に入りました。
溶岩ゴロゴロしてます
合野越からは九十九折れの登りが続きます。
ここにもミヤマキリシマが見えてきました
2024年06月04日 09:37撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
6/4 9:37
合野越からは九十九折れの登りが続きます。
ここにもミヤマキリシマが見えてきました
マタエに到着
左側が西峰への登りです
由布岳の核心部は西峰への鎖場です
とこの時は思っていました…
2024年06月04日 10:11撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
1
6/4 10:11
マタエに到着
左側が西峰への登りです
由布岳の核心部は西峰への鎖場です
とこの時は思っていました…
はるか下に登山口が見えます
右には湯布院に向かう昨日通った道路です
2024年06月04日 10:18撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
1
6/4 10:18
はるか下に登山口が見えます
右には湯布院に向かう昨日通った道路です
西峰の鎖場の障子ヶ戸です
ここが怖い!ステップ、ホールドはあるので確実に足を置く、岩を掴む、でゆっくり進みました。
2024年06月04日 10:19撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
2
6/4 10:19
西峰の鎖場の障子ヶ戸です
ここが怖い!ステップ、ホールドはあるので確実に足を置く、岩を掴む、でゆっくり進みました。
鎖場を越えるとミヤマキリシマの群生地です!
ウイニングラン!
2024年06月04日 10:26撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
1
6/4 10:26
鎖場を越えるとミヤマキリシマの群生地です!
ウイニングラン!
西峰到着です
山頂は独占でした!
(先行で一人いたはずだけど…まさか滑落してないよね)
2024年06月04日 10:28撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
1
6/4 10:28
西峰到着です
山頂は独占でした!
(先行で一人いたはずだけど…まさか滑落してないよね)
マタエに戻り、西峰を見る
左下から右上に登ったんですよね…
下りの方が怖かったですが…
2024年06月04日 10:49撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
1
6/4 10:49
マタエに戻り、西峰を見る
左下から右上に登ったんですよね…
下りの方が怖かったですが…
さらに右上が西峰の山頂です
障子ヶ戸の鎖場の途中で引き返している方が見えました
無理しない方が良いです
2024年06月04日 10:54撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
6/4 10:54
さらに右上が西峰の山頂です
障子ヶ戸の鎖場の途中で引き返している方が見えました
無理しない方が良いです
東峰からの眺め。はるか下に登山口が見えました
東峰山頂もミヤマキリシマ群生地です
2024年06月04日 10:57撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
2
6/4 10:57
東峰からの眺め。はるか下に登山口が見えました
東峰山頂もミヤマキリシマ群生地です
東峰にも登頂です。
こちらの道は安全でした。
ここまでは…
2024年06月04日 10:59撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
2
6/4 10:59
東峰にも登頂です。
こちらの道は安全でした。
ここまでは…
鶴見岳に向かいます(いきなりロープ!)
先ほど西峰を先行していた方が来た
お鉢巡りをしていたのですね。滑落してなくて良かった😮‍💨
2024年06月04日 11:09撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
1
6/4 11:09
鶴見岳に向かいます(いきなりロープ!)
先ほど西峰を先行していた方が来た
お鉢巡りをしていたのですね。滑落してなくて良かった😮‍💨
お鉢巡りの登山道から東登山口に下山します
ここからが今日の核心部でした…
2024年06月04日 11:14撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
6/4 11:14
お鉢巡りの登山道から東登山口に下山します
ここからが今日の核心部でした…
下山ルートを見下ろしています。
登山道が岩の間に続くはずがその先が見えん
嫌な予感しかしない😨
そうです。ここから鎖場の連続です。
2024年06月04日 11:19撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
6/4 11:19
下山ルートを見下ろしています。
登山道が岩の間に続くはずがその先が見えん
嫌な予感しかしない😨
そうです。ここから鎖場の連続です。
ロープ
2024年06月04日 11:22撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
1
6/4 11:22
ロープ
2024年06月04日 11:25撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
1
6/4 11:25
鎖かロープ
2024年06月04日 11:29撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
6/4 11:29
鎖かロープ
ロープ…
何回あったのか覚えてませんが、崖を下りていく印象でした。握力無くなってきた…
2024年06月04日 11:34撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
1
6/4 11:34
ロープ…
何回あったのか覚えてませんが、崖を下りていく印象でした。握力無くなってきた…
その後、登山道が不明瞭で迷いまくりました…
もう泣きそうです。
写真は岩の上に木が生えている不思議な図です
2024年06月04日 11:57撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
1
6/4 11:57
その後、登山道が不明瞭で迷いまくりました…
もう泣きそうです。
写真は岩の上に木が生えている不思議な図です
東登山口まで下りてきました
(山頂からは3名のみのすれ違いありでした)
この後鶴見岳への登り返しです
2024年06月04日 12:31撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
6/4 12:31
東登山口まで下りてきました
(山頂からは3名のみのすれ違いありでした)
この後鶴見岳への登り返しです
登り返しに向かいます
正面の山は鶴見岳の隣の鞍ヶ戸
もうヘロヘロですが最後の登りです!
2024年06月04日 12:32撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
6/4 12:32
登り返しに向かいます
正面の山は鶴見岳の隣の鞍ヶ戸
もうヘロヘロですが最後の登りです!
しばらく登って振り返って由布岳を見る
あの山頂から下ってきました
カッコ良い!
2024年06月04日 12:47撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
2
6/4 12:47
しばらく登って振り返って由布岳を見る
あの山頂から下ってきました
カッコ良い!
ここからの登りがキツかった
急登がずっと続きます。
誰もすれ違い無し。マイナールートかな?
2024年06月04日 12:49撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
6/4 12:49
ここからの登りがキツかった
急登がずっと続きます。
誰もすれ違い無し。マイナールートかな?
崩落したエリアも登山道になってました。
大丈夫なのかな…
2024年06月04日 12:56撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
1
6/4 12:56
崩落したエリアも登山道になってました。
大丈夫なのかな…
稜線まで到着しました。
左に行くと鞍ヶ戸ですが通行禁止でした
2024年06月04日 13:34撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
6/4 13:34
稜線まで到着しました。
左に行くと鞍ヶ戸ですが通行禁止でした
振り返って中央奥に由布岳。
右に鞍ヶ戸です。通行禁止ですが岩岩の危険エリアです
2024年06月04日 13:40撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
3
6/4 13:40
振り返って中央奥に由布岳。
右に鞍ヶ戸です。通行禁止ですが岩岩の危険エリアです
鶴見岳登頂です
鶴見岳登りはキツかった…
これで大分県遠征の目的は全て達成!
2024年06月04日 13:51撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
2
6/4 13:51
鶴見岳登頂です
鶴見岳登りはキツかった…
これで大分県遠征の目的は全て達成!
山頂から別府港を見る
4時間後に乗船する、さんふらわあ号が見えます!
下りはロープウェイで下ります
2024年06月04日 13:54撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
3
6/4 13:54
山頂から別府港を見る
4時間後に乗船する、さんふらわあ号が見えます!
下りはロープウェイで下ります
ロープウェイで10分で麓の駅まで下りてきました
楽で早い!
2024年06月04日 14:31撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
6/4 14:31
ロープウェイで10分で麓の駅まで下りてきました
楽で早い!
振り返って鶴見岳
お疲れ様でした。
2024年06月04日 14:33撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
1
6/4 14:33
振り返って鶴見岳
お疲れ様でした。
無事に乗船しました
ご飯を食べながら鶴見岳を見ました
ありがとう大分県の山々
キツかったけど、また来ます。
2024年06月04日 18:16撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
2
6/4 18:16
無事に乗船しました
ご飯を食べながら鶴見岳を見ました
ありがとう大分県の山々
キツかったけど、また来ます。
別府港の船上で夕焼けを見ました
お疲れ様でした
2024年06月04日 19:51撮影 by  iPhone 13 Pro Max, Apple
3
6/4 19:51
別府港の船上で夕焼けを見ました
お疲れ様でした

感想

大分県遠征二日目は由布岳、鶴見岳の縦走に行こう!

この山行でキツかったこと!
・由布岳の西峰の鎖場
・東峰から東登山口への下りの鎖…ロープ場
・東登山口までの不明瞭な登山道
・鶴見岳への登り返しの急登

全部キツかったです…


由布岳正面登山口から見る由布岳はとても綺麗です
YouTubeなどでも見てましたが本物はとても綺麗で大迫力です。
登りは九十九折れで高度を上げていきます。
登ってくるとミヤマキリシマが見えてきます。やはり高山植物なので高いところに生えています。

西峰と東峰の分岐のマタエという所に到着してからが核心部です。
まずは西峰に登り、次に東峰、さらに先に進んで鶴見岳への縦走の予定です。


・由布岳の西峰の鎖場
西峰への登りは鎖場のある結構怖い道です。特に障子ヶ戸という鎖場は怖かった。ステップ、ホールドはあるので焦らず慎重に鎖も持てば大丈夫です。
崖にしがみついて登っていきます。こえー

西峰の山頂まではミヤマキリシマの群生地です。山頂までのウイニングランです!が、帰りの鎖場の下りを考えるとブルーになります😰

山頂には一人も人はおらず、独占でした。

西峰山頂を下りるときに一名登ってきました。せっかくなので引き返して写真撮影をしてもらいました。サンダルのおにーさんありがとうございます。
地元の方で四国にお遍路した帰りに登ってきたそうで、サンダルで来ている強者でした。

帰りの障子ヶ戸の鎖場は恐怖のあまり緊張して、下りるルートを間違えて別の崖に向かってクライムダウンしました。登ってきた親切な方が、間違えているルートの指摘してくれて、正しいルートに戻ることが出来ました。滑落注意エリアでしたので命拾いしました。


・東峰から東登山口への下りの鎖…ロープ場
次は安全な東峰に登り、少し休憩して東峰の先に進みます。ろくに下調べをせずにこのルートを選びましたが、すぐに後悔することになります…

ここからロープ場、鎖場が始まりました。このルートは崖を下りていく様なルートでした。下りには向いていないと後で思いました…
いくつも滑落注意の看板ありました。こえー

鎖を掴んでの下りになり、握力をも無くなります。
この時点でかなりヘロヘロです。一気にペースが落ちました。
この下りが本日の核心部でした!


・東登山口までの不明瞭な登山道
鎖場を下り終えるとなだらかな道になりますが、不明瞭な登山道でピンクリボンを探しながら、何回も山レコ見てルート、方向を確認して進みます。遭難するかと思った…


・鶴見岳への登り返しの急登
最後の鶴見岳への登りは急登です。踵が痛くなる様な急坂を登ります。もう体力が残っていない…
キツかったですが、気力で登りました。
全く人に合わないルートでした。

馬の背という稜線近くまで来ると傾斜は緩やかになります。ミヤマキリシマに囲まれた登山道をウイニングランします。振り返ると通行禁止の鞍ヶ戸が見えますが、道ではなく崖しか見えません…

山頂に到着して本日のゴールです。下りはロープウェイで帰ります。


本日の反省
由布岳正面登山口からのルートは素晴らしいです
それ以外のルートは滑落注意の危ないルートでした。
岩登り好きでなければ、お奨めしません。
鶴見岳への縦走もキツいです。体力自慢でなければお奨めしません。
でも忘れられない素晴らしい山行になりました😆

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:88人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

ハイキング 九州・沖縄 [日帰り]
由布岳 正面登り
利用交通機関: 車・バイク、 電車・バス
技術レベル
1/5
体力レベル
1/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら