ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6898325
全員に公開
ハイキング
大峰山脈

山上ヶ岳

2024年06月08日(土) [日帰り]
 - 拍手
体力度
4
1泊以上が適当
GPS
06:52
距離
16.0km
登り
1,279m
下り
1,278m
歩くペース
速い
0.70.8
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
5:38
休憩
1:12
合計
6:50
4:52
14
5:06
5:06
8
5:14
5:14
14
5:28
5:28
25
5:53
5:58
27
6:25
6:26
19
6:45
6:55
10
7:05
7:05
3
7:08
7:08
13
7:21
7:32
11
7:43
7:47
6
7:53
7:54
5
7:59
8:14
5
8:19
8:22
29
8:51
8:59
45
9:44
9:47
1
9:48
9:53
1
9:54
9:54
33
10:27
10:28
31
10:59
10:59
30
11:39
11:42
0
11:42
ゴール地点
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2024年06月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
母子堂の駐車場を利用(1000円:8台程度)
母公堂の駐車場からスタートします。
朝の5時前で先に1台だけ駐車してありました。
今日はここから山上ヶ岳を登り、レンゲ辻へと下り、稲村小屋へと周回するお気に入りのルートを2020年5月以来の4年ぶりに歩きます。
2024年06月08日 04:49撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 4:49
母公堂の駐車場からスタートします。
朝の5時前で先に1台だけ駐車してありました。
今日はここから山上ヶ岳を登り、レンゲ辻へと下り、稲村小屋へと周回するお気に入りのルートを2020年5月以来の4年ぶりに歩きます。
とりあえずは、舗装道を大橋茶屋へと歩きます。
上の服装は半袖を着て歩き始めるも、寒くてここでウィンドブレーカーを羽織りました。今日は朝から車で走行中に洞川のトンネルを越えた場所にある温度計を見ると9度になっており、ここは下界とは違ってまだまだ寒い場所なんですね。
2024年06月08日 04:56撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 4:56
とりあえずは、舗装道を大橋茶屋へと歩きます。
上の服装は半袖を着て歩き始めるも、寒くてここでウィンドブレーカーを羽織りました。今日は朝から車で走行中に洞川のトンネルを越えた場所にある温度計を見ると9度になっており、ここは下界とは違ってまだまだ寒い場所なんですね。
大橋茶屋の奥に見えるピークが山上ケ岳ですね。
今日は早い時間ですけどいつもより駐車している車が多いですね。
2024年06月08日 05:12撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 5:12
大橋茶屋の奥に見えるピークが山上ケ岳ですね。
今日は早い時間ですけどいつもより駐車している車が多いですね。
清浄大橋を渡ります。
2024年06月08日 05:14撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 5:14
清浄大橋を渡ります。
ここからは女人禁制になります。
2024年06月08日 05:15撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 5:15
ここからは女人禁制になります。
登山ルートは明瞭です。
2024年06月08日 05:31撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 5:31
登山ルートは明瞭です。
一本松茶屋で座って数分ほど休みます。暑くなってきたので羽織っていたウィンドブレーカーは脱いで、ここから以降は半袖で歩きます。
2024年06月08日 05:52撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 5:52
一本松茶屋で座って数分ほど休みます。暑くなってきたので羽織っていたウィンドブレーカーは脱いで、ここから以降は半袖で歩きます。
お助け水に到着です。
2024年06月08日 06:25撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 6:25
お助け水に到着です。
日が射して新緑が綺麗ですね。
2024年06月08日 06:27撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 6:27
日が射して新緑が綺麗ですね。
行者さんがすれ違って行きました。この山ほど行者姿が似合う山は他にはない・・・
今日は何故だか行者姿の人を多く見かける1日でした。
2024年06月08日 06:28撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
2
6/8 6:28
行者さんがすれ違って行きました。この山ほど行者姿が似合う山は他にはない・・・
今日は何故だか行者姿の人を多く見かける1日でした。
洞辻茶屋に着きました。大峰奥駈道と合流します。
ここでも座って小休止をします。
2024年06月08日 06:45撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 6:45
洞辻茶屋に着きました。大峰奥駈道と合流します。
ここでも座って小休止をします。
男前のご不動様がおられます。
2024年06月08日 06:55撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 6:55
男前のご不動様がおられます。
天気はよくていい雰囲気です。
先に見えるは陀羅尼助茶屋です。
2024年06月08日 07:04撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 7:04
天気はよくていい雰囲気です。
先に見えるは陀羅尼助茶屋です。
陀羅尼助茶屋の中を通過します・・・
2024年06月08日 07:05撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 7:05
陀羅尼助茶屋の中を通過します・・・
左の行者道か?右の巻き道か?選択できますが、左から行きます・・・
2024年06月08日 07:07撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 7:07
左の行者道か?右の巻き道か?選択できますが、左から行きます・・・
ここからの階段が急登りでしんどいです。
2024年06月08日 07:12撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 7:12
ここからの階段が急登りでしんどいです。
振り返って下を見ると・・・ 行者さんたちの集団が記念撮影をしておられました。
2024年06月08日 07:12撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 7:12
振り返って下を見ると・・・ 行者さんたちの集団が記念撮影をしておられました。
鐘掛岩の下に到着しました。右からの巻道で登ります。
2024年06月08日 07:19撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 7:19
鐘掛岩の下に到着しました。右からの巻道で登ります。
鐘掛岩の上に来ました。
2024年06月08日 07:23撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 7:23
鐘掛岩の上に来ました。
眼下には中央やや右に尖った山容の大天井ヶ岳が見えています。
2024年06月08日 07:25撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 7:25
眼下には中央やや右に尖った山容の大天井ヶ岳が見えています。
大天井ヶ岳の向こうには金剛山と葛城山が見えています。
2024年06月08日 07:26撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
2
6/8 7:26
大天井ヶ岳の向こうには金剛山と葛城山が見えています。
いよいよ雰囲気が祈りの山らしくなってきました。
2024年06月08日 07:35撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 7:35
いよいよ雰囲気が祈りの山らしくなってきました。
西の覗きに到着しました。
「修行しますか?」と声をかけられましたが遠慮しておきました。(*^^*)
2024年06月08日 07:42撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 7:42
西の覗きに到着しました。
「修行しますか?」と声をかけられましたが遠慮しておきました。(*^^*)
山門をくぐり。。。
2024年06月08日 07:57撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 7:57
山門をくぐり。。。
大峯寺に到着しました。
建物前のベンチに座って日陰で10分ほど休みます。
2024年06月08日 08:09撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 8:09
大峯寺に到着しました。
建物前のベンチに座って日陰で10分ほど休みます。
そして、山上ヶ岳のピークに到着しました。
2024年06月08日 08:10撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 8:10
そして、山上ヶ岳のピークに到着しました。
遠くには八経ヶ岳が見えています。
2024年06月08日 08:12撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 8:12
遠くには八経ヶ岳が見えています。
花のない笹原のお花畑です。^ ^
これはこれで美しい。次は展望のいい日本岩に向かいます。
2024年06月08日 08:15撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 8:15
花のない笹原のお花畑です。^ ^
これはこれで美しい。次は展望のいい日本岩に向かいます。
ここはまっすぐが日本岩です。
戻ってきてから左へ稲村小屋へと下ります。
2024年06月08日 08:17撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 8:17
ここはまっすぐが日本岩です。
戻ってきてから左へ稲村小屋へと下ります。
日本岩には行者様の団体が休んでおられました。
2024年06月08日 08:19撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 8:19
日本岩には行者様の団体が休んでおられました。
レンゲ辻へと階段を下ります。
2024年06月08日 08:26撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 8:26
レンゲ辻へと階段を下ります。
イワカガミ
2024年06月08日 08:29撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
2
6/8 8:29
イワカガミ
山椿ですね。
2024年06月08日 08:30撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
2
6/8 8:30
山椿ですね。
この階段を下りきると・・・
2024年06月08日 08:48撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 8:48
この階段を下りきると・・・
レンゲ辻に到着です。ここまでが女人結界になります。
2024年06月08日 08:50撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 8:50
レンゲ辻に到着です。ここまでが女人結界になります。
稲村小屋を目指してトラバースを歩きます。
ここは冬には凍結して恐ろしいトラバースになります。
2024年06月08日 09:06撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 9:06
稲村小屋を目指してトラバースを歩きます。
ここは冬には凍結して恐ろしいトラバースになります。
ブナの新緑が美しいですね・・・・
2024年06月08日 09:20撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 9:20
ブナの新緑が美しいですね・・・・
この橋を渡ると・・・ 
2024年06月08日 09:40撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 9:40
この橋を渡ると・・・ 
すぐに稲村小屋に到着しました。ここで15分ほどベンチに座って休みます。ここでも行者姿の人たちが休んでおりました。しかも女性の行者様たちもおられました。今日は何かの日だったのだろうか?
2024年06月08日 09:53撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 9:53
すぐに稲村小屋に到着しました。ここで15分ほどベンチに座って休みます。ここでも行者姿の人たちが休んでおりました。しかも女性の行者様たちもおられました。今日は何かの日だったのだろうか?
さて、駐車地の母公堂へと左に下ります。
2024年06月08日 09:53撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 9:53
さて、駐車地の母公堂へと左に下ります。
いつぞやに倒れた橋はいまだにそのままです。
2024年06月08日 09:59撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 9:59
いつぞやに倒れた橋はいまだにそのままです。
マンモス君は健在でした。
2024年06月08日 10:28撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 10:28
マンモス君は健在でした。
ですが、首元を見ると枯れてきております。心配ですね。
2024年06月08日 10:27撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 10:27
ですが、首元を見ると枯れてきております。心配ですね。
法力峠を通過します。
2024年06月08日 10:59撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 10:59
法力峠を通過します。
下山まであと少し。
ここはもう少しで紫陽花の花が咲きそうです。
2024年06月08日 11:26撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 11:26
下山まであと少し。
ここはもう少しで紫陽花の花が咲きそうです。
ここを下って・・・
2024年06月08日 11:40撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 11:40
ここを下って・・・
母公堂に戻ってきました。
2024年06月08日 11:41撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 11:41
母公堂に戻ってきました。
本日のログ。
2024年06月08日 11:42撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 11:42
本日のログ。
母公堂では以前に堂守をされていたTさんに再開しました。私の顔は覚えてもらえていたようです。私の方はちゃんと名前まで覚えておりました。うれしい再会でした。
昨年より堂守に復帰されたそうだ。茶菓子と珈琲をいただきましたが、今日は夕方より用事があるのであまりゆっくりできずで帰ることになりました。
2024年06月08日 11:48撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
1
6/8 11:48
母公堂では以前に堂守をされていたTさんに再開しました。私の顔は覚えてもらえていたようです。私の方はちゃんと名前まで覚えておりました。うれしい再会でした。
昨年より堂守に復帰されたそうだ。茶菓子と珈琲をいただきましたが、今日は夕方より用事があるのであまりゆっくりできずで帰ることになりました。

装備

備考 出324 着433 水分消費600ml ケストレル38 ファインダー 10.80キロ

感想

 4年ぶりに大峰の母公堂から山上ヶ岳を登り、稲村小屋へと下って母公堂へと戻るお気に入りのルートを歩いた。ここ最近は他のことに忙しくて山に行くペースは減っているので以前のように歩くことができるのか?心配だったが4年前と変わらないペースで歩き切ることができた。今日は風もあって涼しく歩くことができたのもその原因かもしれない。最後に母公堂の堂守をされていたTさんに2017年5月以来で7年ぶりに再開した。変わらずに優しさの滲み出る心地よい人だった。今日はいい1日になった。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:131人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

この記録に関連する登山ルート

ハイキング 大峰山脈 [日帰り]
母公堂〜山上ヶ岳〜大日山〜稲村ヶ岳
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
2/5
体力レベル
3/5
技術レベル
3/5
体力レベル
4/5
ハイキング 大峰山脈 [日帰り]
大峰山・山上ヶ岳(清浄大橋からピストン)
利用交通機関: 車・バイク、 電車・バス、 タクシー
技術レベル
1/5
体力レベル
2/5
無雪期ピークハント/縦走 大峰山脈 [日帰り]
技術レベル
3/5
体力レベル
3/5
無雪期ピークハント/縦走 大峰山脈 [日帰り]
技術レベル
1/5
体力レベル
1/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら