ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6907646
全員に公開
ハイキング
槍・穂高・乗鞍

上高地散策 大正池〜徳沢

2024年06月09日(日) [日帰り]
 - 拍手
kimicha その他1人
体力度
2
日帰りが可能
GPS
07:23
距離
21.8km
登り
179m
下り
172m
歩くペース
標準
1.11.2
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
6:02
休憩
1:22
合計
7:24
5:21
18
スタート地点
5:39
5:42
24
6:06
6:06
4
6:10
6:11
6
6:17
6:18
13
6:38
6:44
15
6:59
6:59
40
7:39
7:51
7
7:58
7:58
47
8:45
8:45
3
8:48
9:15
46
10:01
10:19
36
梓川河原で休憩
10:55
10:56
7
11:03
11:04
39
11:43
11:43
8
11:51
12:00
30
12:30
12:31
9
12:40
12:41
4
ヤマレコスタートが遅れました。5:02に取水口近くの展望地からスタートしました。ログは大正池から移動した直後から。
天候 曇り
過去天気図(気象庁) 2024年06月の天気図
アクセス
利用交通機関:
バス タクシー 自家用車
沢渡バスターミナルから行きはタクシー、帰りはバス
コース状況/
危険箇所等
遊歩道
取水口のところ
2024年06月09日 05:01撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 5:01
取水口のところ
大正池がとても空いてました
2024年06月09日 05:14撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 5:14
大正池がとても空いてました
生憎の曇り空
2024年06月09日 05:14撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 5:14
生憎の曇り空
2024年06月09日 05:15撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
1
6/9 5:15
田代池近くはレンゲツツジ
2024年06月09日 05:31撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 5:31
田代池近くはレンゲツツジ
田代池
2024年06月09日 05:39撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 5:39
田代池
ツマトリソウ
2024年06月09日 05:41撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 5:41
ツマトリソウ
2024年06月09日 05:42撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 5:42
田代湿原
2024年06月09日 05:42撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 5:42
田代湿原
梓川の深み
2024年06月09日 05:52撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
1
6/9 5:52
梓川の深み
マイズルソウ
2024年06月09日 06:03撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 6:03
マイズルソウ
霞沢岳
2024年06月09日 06:06撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 6:06
霞沢岳
ターミナルの対岸あたり、ベニバナイチヤクソウが満開
2024年06月09日 06:27撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
1
6/9 6:27
ターミナルの対岸あたり、ベニバナイチヤクソウが満開
2024年06月09日 06:29撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 6:29
河童橋
2024年06月09日 06:43撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 6:43
河童橋
河童橋
2024年06月09日 06:43撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 6:43
河童橋
カタバミ?
2024年06月09日 07:00撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 7:00
カタバミ?
2024年06月09日 07:04撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 7:04
2024年06月09日 07:17撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 7:17
2024年06月09日 07:31撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 7:31
2024年06月09日 07:32撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 7:32
明神館
2024年06月09日 07:49撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 7:49
明神館
エンレイソウ
2024年06月09日 07:51撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 7:51
エンレイソウ
ユキザサ
2024年06月09日 07:52撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 7:52
ユキザサ
2024年06月09日 07:54撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 7:54
カミコウチテンナンショウ
2024年06月09日 07:59撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 7:59
カミコウチテンナンショウ
オドリコソウ
2024年06月09日 08:14撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 8:14
オドリコソウ
2024年06月09日 08:39撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 8:39
徳沢に到着
2024年06月09日 08:45撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 8:45
徳沢に到着
楽しみにしてた蜂蜜トースト
2024年06月09日 08:58撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
2
6/9 8:58
楽しみにしてた蜂蜜トースト
チーズのピザ
2024年06月09日 08:59撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
2
6/9 8:59
チーズのピザ
ドコカラキマシタカ?
2024年06月09日 09:14撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 9:14
ドコカラキマシタカ?
見え方が変わりました
2024年06月09日 09:22撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 9:22
見え方が変わりました
川沿いにベニバナイチヤクソウ
2024年06月09日 09:24撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 9:24
川沿いにベニバナイチヤクソウ
ヤナギが綺麗
2024年06月09日 09:59撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 9:59
ヤナギが綺麗
蝶ヶ岳方面
2024年06月09日 10:24撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 10:24
蝶ヶ岳方面
新村橋近く、道路を歩くとダケカンバ
2024年06月09日 10:29撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 10:29
新村橋近く、道路を歩くとダケカンバ
氷河のような前穂の雪渓
2024年06月09日 10:48撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 10:48
氷河のような前穂の雪渓
2024年06月09日 10:48撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 10:48
徳沢に戻りました
2024年06月09日 10:53撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 10:53
徳沢に戻りました
青と黄色
2024年06月09日 11:10撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 11:10
青と黄色
2024年06月09日 12:04撮影 by  DSC-RX100M7, SONY
6/9 12:04

感想

 6月の曇り〜雨の予報で、展望の良い山は難しいので、新緑の上高地へ行ってみることにしました。バスターミナルに4:30ころ到着して、トイレ、準備を済ませました。バスの始発は5:00でしたが、インフォの方にタクシーとどちらが早いですかと尋ねると、それはタクシーの方が断然早いねと言われました。

 タクシーは釜トンネル手前で数分待っただけでした。5:00より少し前に入れたようです。取水口のところで降ろしていただいて、4,300円でした。大正池の水面は波がなくて、曇ってはいますが穂高は山頂まで見えてます。ラッキーでした。よく、ここで写真を撮っているカメラマンも見るのですが誰もいませんでした。

 大正池に移動しても、数名の観光客だけと、この時期は少ないようです。緑が深まりつつある上高地はよく見ると、高山植物が色々と見られました。田代湿原、池の近くではレンゲツツジが見事でした。あとは可憐な花ばかりですが、ベニバナイチヤクソウがそこかしこに群落を作っていたのが嬉しかったです。

 一つの目的は、徳沢園の蜂蜜トーストでした。以前に食べた時に、忘れられない味ということで、前回は品切れでしたが、今回は運よく食べることができました。トーストのパンが特別なものということで、これをカリッと焼いて蜂蜜をたっぷりとかけたトーストは、疲れを吹き飛ばしてくれました。できればプリンもと思ってましたがかないませんでした。

 タクシーを利用したおかげか、時間に余裕もあり、また、天気も持ったので、横尾方面に少し進みました。梓川の仮設道路が2箇所あり、そこでは展望がひらけて前穂高がよく見えるので、横尾側の河原で休憩して帰ってきました。帰りは疲れたので、穂高神社側には進まず、右岸を帰ってきました。木道では先行者がいるとペースを合わせなくてはならないですから。

 河童橋ではすでに穂高の山頂に雲がかかっていました。帰りはバスターミナルからバスを利用しました。臨時便が出ていたので10分と待たずに帰れました。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:102人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

ハイキング 槍・穂高・乗鞍 [3日]
技術レベル
2/5
体力レベル
4/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら