ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6958709
全員に公開
ハイキング
奥武蔵

梅雨の合間の伊豆ヶ岳

2024年06月22日(土) [日帰り]
 - 拍手
体力度
2
日帰りが可能
GPS
05:24
距離
8.7km
登り
591m
下り
592m
歩くペース
標準
0.91.0
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
4:05
休憩
1:12
合計
5:17
11:24
13
正丸駅
11:37
11:37
11
11:48
11:48
74
13:02
13:09
24
13:33
14:15
12
14:27
14:27
10
14:37
14:38
4
14:42
14:42
24
15:06
15:28
73
16:41
正丸駅
天候 晴れのち曇り
過去天気図(気象庁) 2024年06月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
梅雨入りして、泊まりの登山は難しい。
上州武尊とか行ってみるつもりだったが寝坊して、今日は埼玉の伊豆ヶ岳に行くことにした。
ここは正丸駅。
コインパーキング満車だったが、売店の人に聞いたら、500円で従業員用の駐車場に停めさせてくれた。
2024年06月22日 11:19撮影 by  X100F, FUJIFILM
1
6/22 11:19
梅雨入りして、泊まりの登山は難しい。
上州武尊とか行ってみるつもりだったが寝坊して、今日は埼玉の伊豆ヶ岳に行くことにした。
ここは正丸駅。
コインパーキング満車だったが、売店の人に聞いたら、500円で従業員用の駐車場に停めさせてくれた。
西武線がガタゴト動く中、駅の横の階段を降りて、西武線の高架の下をくぐる。
2024年06月22日 11:23撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 11:23
西武線がガタゴト動く中、駅の横の階段を降りて、西武線の高架の下をくぐる。
しばらくは生活道路歩き。
廃れた休憩所などがある。
2024年06月22日 11:36撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 11:36
しばらくは生活道路歩き。
廃れた休憩所などがある。
やがて山道に入って、沢沿いの道を上る。
2024年06月22日 11:59撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 11:59
やがて山道に入って、沢沿いの道を上る。
橋など架かっていて、それなりに整備されている。
降りてくる人もそこそこいる。
先週の棒ノ折山と違い、集団はいなく、ソロの人が多いようだ。
2024年06月22日 12:04撮影 by  X100F, FUJIFILM
1
6/22 12:04
橋など架かっていて、それなりに整備されている。
降りてくる人もそこそこいる。
先週の棒ノ折山と違い、集団はいなく、ソロの人が多いようだ。
沢も終わりかけてきた。
2024年06月22日 12:10撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 12:10
沢も終わりかけてきた。
沢筋から尾根筋に登っていく。
2024年06月22日 12:17撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 12:17
沢筋から尾根筋に登っていく。
尾根が見えてきたかな。
このルートは、ずっと勾配キツめだけど、生活道路、沢筋歩き、広い斜面の登りという構成で、結構気持ちが良い。
2024年06月22日 12:23撮影 by  X100F, FUJIFILM
1
6/22 12:23
尾根が見えてきたかな。
このルートは、ずっと勾配キツめだけど、生活道路、沢筋歩き、広い斜面の登りという構成で、結構気持ちが良い。
尾根に出ると風もある。
2024年06月22日 12:40撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 12:40
尾根に出ると風もある。
岩場が出てくる。
この山はチャートの山だって。
2024年06月22日 12:50撮影 by  X100F, FUJIFILM
1
6/22 12:50
岩場が出てくる。
この山はチャートの山だって。
広場に出た。
2024年06月22日 13:00撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 13:00
広場に出た。
チャートの解説。
2024年06月22日 13:05撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 13:05
チャートの解説。
直登の男坂ルートと、右から巻く女坂ルートが選べる。
今日は男坂を行くつもりだったので、ヘルメット持って来ている。
2024年06月22日 13:05撮影 by  X100F, FUJIFILM
1
6/22 13:05
直登の男坂ルートと、右から巻く女坂ルートが選べる。
今日は男坂を行くつもりだったので、ヘルメット持って来ている。
クサリ場。
2024年06月22日 13:10撮影 by  X100F, FUJIFILM
1
6/22 13:10
クサリ場。
なかなかの角度の所もある。
登山靴でクサリ使って登るのはしんどそう。左側には足場があるので、ズルしてよじ登っていく
2024年06月22日 13:14撮影 by  X100F, FUJIFILM
1
6/22 13:14
なかなかの角度の所もある。
登山靴でクサリ使って登るのはしんどそう。左側には足場があるので、ズルしてよじ登っていく
こういうのは楽。
2024年06月22日 13:18撮影 by  X100F, FUJIFILM
1
6/22 13:18
こういうのは楽。
ちょっとしたピーク。
どれがどれの根だか分からない。
木も必死なんだろう。
2024年06月22日 13:22撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 13:22
ちょっとしたピーク。
どれがどれの根だか分からない。
木も必死なんだろう。
ラストのピーク。
2024年06月22日 13:25撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 13:25
ラストのピーク。
これは振り返っている。
女坂と合流した。
2024年06月22日 13:30撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 13:30
これは振り返っている。
女坂と合流した。
ほぼ頂上。
アマチュア無線の人かな。
2024年06月22日 13:31撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 13:31
ほぼ頂上。
アマチュア無線の人かな。
伊豆ヶ岳のうんちく。
伊豆が見えるから伊豆ヶ岳と読んで来たが、眺望はほとんど無い。
このアイヌ説に一票。
2024年06月22日 13:32撮影 by  X100F, FUJIFILM
1
6/22 13:32
伊豆ヶ岳のうんちく。
伊豆が見えるから伊豆ヶ岳と読んで来たが、眺望はほとんど無い。
このアイヌ説に一票。
頂上。
2024年06月22日 13:33撮影 by  X100F, FUJIFILM
1
6/22 13:33
頂上。
メシにします。
2024年06月22日 13:46撮影 by  X100F, FUJIFILM
1
6/22 13:46
メシにします。
ゆっくり休んだ後は女坂を下る。
2024年06月22日 14:18撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 14:18
ゆっくり休んだ後は女坂を下る。
さっきの広場。
時間的には女坂の方がだいぶ速いようだ。
2024年06月22日 14:27撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 14:27
さっきの広場。
時間的には女坂の方がだいぶ速いようだ。
来た道は取らず、正丸峠の方に行ってみる。
だいぶ良い道で、こっちがメインルートなのかも。
2024年06月22日 14:28撮影 by  X100F, FUJIFILM
1
6/22 14:28
来た道は取らず、正丸峠の方に行ってみる。
だいぶ良い道で、こっちがメインルートなのかも。
登りもちらちら見えたどっかのピーク。
大きな鉄塔が建っている。
2024年06月22日 14:41撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 14:41
登りもちらちら見えたどっかのピーク。
大きな鉄塔が建っている。
小ピーク。
写真には撮っていないが、峠道が近いらしく、車とバイクの音が時々聞こえるのと、あと、どこかで祭りの笛太鼓の音がずっと聞こえていた。
2024年06月22日 14:41撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 14:41
小ピーク。
写真には撮っていないが、峠道が近いらしく、車とバイクの音が時々聞こえるのと、あと、どこかで祭りの笛太鼓の音がずっと聞こえていた。
立派な道。
2024年06月22日 14:53撮影 by  X100F, FUJIFILM
1
6/22 14:53
立派な道。
道路に出た。
2024年06月22日 15:05撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 15:05
道路に出た。
そして茶屋がある。
2024年06月22日 15:06撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 15:06
そして茶屋がある。
ちょっと休憩します。
メロンフロート、懐かしくうまいなあ。
2024年06月22日 15:12撮影 by  X100F, FUJIFILM
1
6/22 15:12
ちょっと休憩します。
メロンフロート、懐かしくうまいなあ。
その後はアスファルトの林道をテクテク降りて、ここから山道に入ります。
2024年06月22日 15:56撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 15:56
その後はアスファルトの林道をテクテク降りて、ここから山道に入ります。
じめじめした沢筋歩き。
真夏は使いたくないかな。
2024年06月22日 15:59撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 15:59
じめじめした沢筋歩き。
真夏は使いたくないかな。
まあ、でもそこそこ整備されていた。
2024年06月22日 16:03撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 16:03
まあ、でもそこそこ整備されていた。
どでかい岩があった。
登れるなら登って見たい。
2024年06月22日 16:10撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 16:10
どでかい岩があった。
登れるなら登って見たい。
里に出ました。
2024年06月22日 16:23撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 16:23
里に出ました。
国道299に出て、
2024年06月22日 16:31撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 16:31
国道299に出て、
これは秩父に続く長い西武線のトンネル。
2024年06月22日 16:34撮影 by  X100F, FUJIFILM
6/22 16:34
これは秩父に続く長い西武線のトンネル。
スタート地点に戻りました。
温泉入りたかったが、帰りのルートにはちょうど良いのが無い。。
疲れたのもあって、素直に帰ってビール飲んでシャワー浴びました。
お疲れさまでした!
2024年06月22日 16:36撮影 by  X100F, FUJIFILM
1
6/22 16:36
スタート地点に戻りました。
温泉入りたかったが、帰りのルートにはちょうど良いのが無い。。
疲れたのもあって、素直に帰ってビール飲んでシャワー浴びました。
お疲れさまでした!

感想

埼玉に来て2年が過ぎたが、埼玉の山はこれまで登っていなかった。
GW空けて、日和田山2回、棒ノ折山、伊豆ヶ岳と、土曜のトレーニングに使っている。この中だとここが一番良かったかな。
あとは武甲山登ったら埼玉制覇と言えるだろうか。あ、長瀞とかまだたくさんあるか。
(両神・甲武信は何回も行っている)

たとえどこに住んでも、二時間も運転すればどっかの山に登れるというのは、日本素敵ということかな。お疲れさまでした。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:98人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

ハイキング 奥武蔵 [日帰り]
伊豆ヶ岳(男坂〔クサリあり〕経由)周回
利用交通機関: 電車・バス
技術レベル
3/5
体力レベル
2/5
トレイルラン 奥武蔵 [日帰り]
技術レベル
2/5
体力レベル
2/5
ハイキング 奥武蔵 [日帰り]
正丸駅から伊豆ヶ岳
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
1/5
体力レベル
1/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら