ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 7011841
全員に公開
沢登り
金剛山・岩湧山

金剛山、石ブテ東谷/真夏日、れんげ大祭の日

2024年07月07日(日) [日帰り]
 - 拍手
GPS
--:--
距離
6.7km
登り
738m
下り
620m

コースタイム

日帰り
山行
5:50
休憩
0:00
合計
5:50
9:20
0
スタート地点
9:20
9:20
60
10:20
10:20
120
12:20
12:20
20
12:40
12:40
10
12:50
12:50
40
13:30
13:30
0
13:30
13:30
70
14:40
14:40
30
15:10
15:10
0
15:10
ゴール地点
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2024年07月の天気図
アクセス
利用交通機関:
電車 バス タクシー
近鉄富田林駅前〜東水分:4市町村コミバス(400円)
東水分バス停〜水越トンネル入口手前旧道分岐:第一タクシー(1400円)
金剛登山口バス停〜河内長野駅前:南海バス(500円)
コース状況/
危険箇所等
滝は、直登が無理なら、ほとんど巻き道がある。しかし、大抵の場合、濡れるのを厭わず、流れに沿って登った方が楽な場合が多い。設置されたトラロープは、かなり劣化している、体重を預けず、軽く握り、バランスを取る程度にすること。
石ブテ橋を渡り、林道を歩く。林道脇のヤブジラミ、白い小さな花。ぼんやり赤いのは、ヘビイチゴ。
2024年07月07日 11:37撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 11:37
石ブテ橋を渡り、林道を歩く。林道脇のヤブジラミ、白い小さな花。ぼんやり赤いのは、ヘビイチゴ。
ホタルブクロとヒメジョオン。
2024年07月07日 11:39撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 11:39
ホタルブクロとヒメジョオン。
林道終点から入渓する・・沢の流れが運ぶ涼風に、歩いて火照った体が冷やされる。
2024年07月07日 11:44撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 11:44
林道終点から入渓する・・沢の流れが運ぶ涼風に、歩いて火照った体が冷やされる。
最初に見えてくる小滝。
2024年07月07日 11:48撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 11:48
最初に見えてくる小滝。
私の身長くらい。流れの右を攀じ登る。
2024年07月07日 11:49撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 11:49
私の身長くらい。流れの右を攀じ登る。
滝の中段から、シャッターを切る。
2024年07月07日 11:50撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 11:50
滝の中段から、シャッターを切る。
雰囲気のいい滑滝が続く。
2024年07月07日 11:53撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 11:53
雰囲気のいい滑滝が続く。
2024年07月07日 11:54撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 11:54
足元の流れに、視線を落としてみる。
2024年07月07日 11:54撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 11:54
足元の流れに、視線を落としてみる。
奥に、段差程度の小滝が連続する・・梅雨明けのような日差しが眩しい。
2024年07月07日 11:56撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 11:56
奥に、段差程度の小滝が連続する・・梅雨明けのような日差しが眩しい。
涼し気な渓流。
2024年07月07日 11:56撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 11:56
涼し気な渓流。
幅広の滝、3mぐらいが見えてくる。
2024年07月07日 11:57撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 11:57
幅広の滝、3mぐらいが見えてくる。
流れの中を乗り越える。
2024年07月07日 11:57撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 11:57
流れの中を乗り越える。
その奥に、3段7mぐらいの滝。
2024年07月07日 11:58撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 11:58
その奥に、3段7mぐらいの滝。
この数日の雨で、蓄えられた水が、一気にほとばしる。
2024年07月07日 11:59撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 11:59
この数日の雨で、蓄えられた水が、一気にほとばしる。
これまでにないほどの水量だ・・
2024年07月07日 11:59撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 11:59
これまでにないほどの水量だ・・
2段目の滝の前に立つと、夏の日射しが、濡れた岩に照り映える・・
2024年07月07日 12:00撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 12:00
2段目の滝の前に立つと、夏の日射しが、濡れた岩に照り映える・・
滝つぼも、強い日差しに輝く・・
2024年07月07日 12:00撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 12:00
滝つぼも、強い日差しに輝く・・
2段目の滝を這い上がる・・水しぶきが跳ねて、日差しに輝く・・
2024年07月07日 12:01撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:01
2段目の滝を這い上がる・・水しぶきが跳ねて、日差しに輝く・・
水しぶきで服がびしょ濡れになる・・
2024年07月07日 12:01撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:01
水しぶきで服がびしょ濡れになる・・
滝の上段が見えてくる。
2024年07月07日 12:02撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:02
滝の上段が見えてくる。
滝の上段と滝つぼ。
2024年07月07日 12:02撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 12:02
滝の上段と滝つぼ。
落ち口から見える、上流の緑が輝く・・
2024年07月07日 12:03撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 12:03
落ち口から見える、上流の緑が輝く・・
2024年07月07日 12:04撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:04
頭上に蔽いかぶさるような、緑を押し分けて、上流へ向かう・・
2024年07月07日 12:07撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:07
頭上に蔽いかぶさるような、緑を押し分けて、上流へ向かう・・
まるで緑色のステンドグラスのようだ・・
2024年07月07日 12:07撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 12:07
まるで緑色のステンドグラスのようだ・・
なだらかな流れが続く。
2024年07月07日 12:14撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:14
なだらかな流れが続く。
丸滝谷との分岐、東谷入口の滝。右岸を巻いて滝の上流へ。
2024年07月07日 12:17撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:17
丸滝谷との分岐、東谷入口の滝。右岸を巻いて滝の上流へ。
すぐ見えてくる、次の滝。ソロの男性が先を行く。
2024年07月07日 12:19撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 12:19
すぐ見えてくる、次の滝。ソロの男性が先を行く。
何段にも分かれて流れる滝。
2024年07月07日 12:20撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:20
何段にも分かれて流れる滝。
岩の至るところに、水流がほとばしる・・
2024年07月07日 12:20撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:20
岩の至るところに、水流がほとばしる・・
しばらく続く、なだらかな流れ。
2024年07月07日 12:22撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:22
しばらく続く、なだらかな流れ。
暗い谷に、日射しが射し、流れが輝く・・
2024年07月07日 12:22撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:22
暗い谷に、日射しが射し、流れが輝く・・
5mぐらいの滝。これだけ豊かな水量で、流れ落ちるのを見たことがない。
2024年07月07日 12:26撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 12:26
5mぐらいの滝。これだけ豊かな水量で、流れ落ちるのを見たことがない。
滝の中段へ這い上がる。
2024年07月07日 12:27撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:27
滝の中段へ這い上がる。
激しく跳ねる水しぶき・・さらにずぶ濡れになる・・
2024年07月07日 12:27撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:27
激しく跳ねる水しぶき・・さらにずぶ濡れになる・・
中段の踊り場から、落ち口の向こうを覗く・・
2024年07月07日 12:28撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:28
中段の踊り場から、落ち口の向こうを覗く・・
暗い回廊の奥に、次の滝が見えてくる・・
2024年07月07日 12:29撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:29
暗い回廊の奥に、次の滝が見えてくる・・
昨年の雨で溜まっていた小石や砂利が、きれいに洗い流されていた・・
2024年07月07日 12:29撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 12:29
昨年の雨で溜まっていた小石や砂利が、きれいに洗い流されていた・・
暗い回廊に立ち、滝の落ち口辺りを振り返る・・
2024年07月07日 12:30撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:30
暗い回廊に立ち、滝の落ち口辺りを振り返る・・
回廊の奥にある滝・・強い日差しで、緑の影が映り、滝全体が緑色に染まる・・
2024年07月07日 12:30撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 12:30
回廊の奥にある滝・・強い日差しで、緑の影が映り、滝全体が緑色に染まる・・
滝を這い上がる・・
2024年07月07日 12:30撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:30
滝を這い上がる・・
中段の踊り場から、落ち口を見上げる・・すでに、服もズボンもびしょ濡れだ・・
2024年07月07日 12:31撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:31
中段の踊り場から、落ち口を見上げる・・すでに、服もズボンもびしょ濡れだ・・
滝を這い上がり、上流を見る。
2024年07月07日 12:32撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:32
滝を這い上がり、上流を見る。
滝の落ち口から、下を見下ろす。
2024年07月07日 12:33撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 12:33
滝の落ち口から、下を見下ろす。
渓流の畔に咲く、ミゾホオズキ。
2024年07月07日 12:47撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 12:47
渓流の畔に咲く、ミゾホオズキ。
倒木のトンネルを潜り、しばらく行くと、次の滝が見えてくる。
2024年07月07日 12:47撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:47
倒木のトンネルを潜り、しばらく行くと、次の滝が見えてくる。
3mぐらいの滝。手前の段差の小滝を含めると、5mはある。
2024年07月07日 12:48撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:48
3mぐらいの滝。手前の段差の小滝を含めると、5mはある。
流れの畔に、ヤマトウバナ・・小さい白い花だ。
2024年07月07日 12:49撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 12:49
流れの畔に、ヤマトウバナ・・小さい白い花だ。
3mの滝、流れの右に手と足を掛け、這い上がる。
2024年07月07日 12:50撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:50
3mの滝、流れの右に手と足を掛け、這い上がる。
滝つぼに水が跳ねる・・
2024年07月07日 12:50撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:50
滝つぼに水が跳ねる・・
暗い谷を右に回り込むと、5mぐらいの斜瀑に出合う。流れの左から這い上がる。
2024年07月07日 12:55撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 12:55
暗い谷を右に回り込むと、5mぐらいの斜瀑に出合う。流れの左から這い上がる。
さらに、奥へ向かうと、倒木と土砂に埋もれた滝。右から登り、滝の中段を横切り、左から滝の上へ・・
2024年07月07日 12:58撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:58
さらに、奥へ向かうと、倒木と土砂に埋もれた滝。右から登り、滝の中段を横切り、左から滝の上へ・・
足元を流れる渓流・・
2024年07月07日 12:58撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 12:58
足元を流れる渓流・・
標高720m、細い隘路のような滝、7mぐらい・・流れの中を、中段まで登り、滝の中段から、左岸を巻く。
2024年07月07日 13:02撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 13:02
標高720m、細い隘路のような滝、7mぐらい・・流れの中を、中段まで登り、滝の中段から、左岸を巻く。
普段は暗い滝が、夏の強い日差しに、明るく輝く・・
2024年07月07日 13:02撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 13:02
普段は暗い滝が、夏の強い日差しに、明るく輝く・・
しばらく、穏やかな流れが続く・・流れの畔に、ヤマアジサイ。
2024年07月07日 13:06撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 13:06
しばらく、穏やかな流れが続く・・流れの畔に、ヤマアジサイ。
1つだけ、2mぐらいの小滝を乗り越える。
2024年07月07日 13:12撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 13:12
1つだけ、2mぐらいの小滝を乗り越える。
陽光に輝く緑へ、滝を乗り越える・・
2024年07月07日 13:18撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 13:18
陽光に輝く緑へ、滝を乗り越える・・
滝を乗り越えると、谷は二股に分かれる。二股は右へ向かう。
2024年07月07日 13:18撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 13:18
滝を乗り越えると、谷は二股に分かれる。二股は右へ向かう。
右股の谷の奥に、最後の崖のような滝が見えてくる。
2024年07月07日 13:23撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 13:23
右股の谷の奥に、最後の崖のような滝が見えてくる。
8m、立ちはだかる壁のような滝・・この日、東谷は大勢の人で賑わっていた。ソロの男性が5人、10人くらいのパーティーが2組・・2組目のパーティーのリーダーらしき男性が、長いザイルを巻き上げ、回収している。
2024年07月07日 13:25撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 13:25
8m、立ちはだかる壁のような滝・・この日、東谷は大勢の人で賑わっていた。ソロの男性が5人、10人くらいのパーティーが2組・・2組目のパーティーのリーダーらしき男性が、長いザイルを巻き上げ、回収している。
すべての人が去った後、静かになった滝を、一人、登っていく。
2024年07月07日 13:27撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
2
7/7 13:27
すべての人が去った後、静かになった滝を、一人、登っていく。
普段なら、わずかの水の流れが、目に見えるほどの水流で流れる・・
2024年07月07日 13:27撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 13:27
普段なら、わずかの水の流れが、目に見えるほどの水流で流れる・・
滝の落ち口が見えて来た・・大勢の人が歩いた後で、水は濁っていた。
2024年07月07日 13:28撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 13:28
滝の落ち口が見えて来た・・大勢の人が歩いた後で、水は濁っていた。
滝の落ち口から、対岸を見上げる。太尾の尾根が覗く。
2024年07月07日 13:32撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 13:32
滝の落ち口から、対岸を見上げる。太尾の尾根が覗く。
滝の落ち口から、下をのぞき込む・・日差しが眩しい。
2024年07月07日 13:32撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 13:32
滝の落ち口から、下をのぞき込む・・日差しが眩しい。
ここから上は、なだらかな谷が続き、標高850m辺りから、左岸の尾根(中尾の背)にエスケープした・・尾根に咲くアカショウマ。
2024年07月07日 14:01撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 14:01
ここから上は、なだらかな谷が続き、標高850m辺りから、左岸の尾根(中尾の背)にエスケープした・・尾根に咲くアカショウマ。
大日岳手前、植林の中のヤマアジサイ。
2024年07月07日 14:32撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 14:32
大日岳手前、植林の中のヤマアジサイ。
大日岳のホタルブクロ。
2024年07月07日 14:39撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 14:39
大日岳のホタルブクロ。
転法輪寺は、れんげ大祭で賑わっていた。大勢の行者と信者の方たち。
2024年07月07日 14:50撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 14:50
転法輪寺は、れんげ大祭で賑わっていた。大勢の行者と信者の方たち。
下山は、タカハタ道の尾根から・・尾根のブナの樹を見上げる。
2024年07月07日 15:38撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 15:38
下山は、タカハタ道の尾根から・・尾根のブナの樹を見上げる。
尾根を下り、水場のある小さな谷の上に聳える樹・・
2024年07月07日 16:14撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
7/7 16:14
尾根を下り、水場のある小さな谷の上に聳える樹・・
途中から、松ノ木ルートの尾根にエスケープした。
2024年07月07日 16:26撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 16:26
途中から、松ノ木ルートの尾根にエスケープした。
影の濃い尾根は、涼しく歩ける。
2024年07月07日 16:28撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 16:28
影の濃い尾根は、涼しく歩ける。
下山し、林道を歩く。モンベル前に、美しいアジサイの花・・ミヤマヤエムラサキが咲いていた。
2024年07月07日 17:02撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
7/7 17:02
下山し、林道を歩く。モンベル前に、美しいアジサイの花・・ミヤマヤエムラサキが咲いていた。

装備

個人装備
Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ナイフ カメラ ストック ハッカ水(虫除け)

感想

 私は暑さが苦手だ。だから、雨の降り続く梅雨の間は、比良山系を歩くが、梅雨が明けて、真夏の太陽が照りつけるようになると、暑さを避けて、涼しい金剛山の沢を歩くようになる。
 真夏日となったこの日、いつものように石ブテ東谷を歩く。普段は静かな東谷は、大勢の人で賑わっていた。ソロの男性5人、男性リーダーに率いられた10人ぐらいの女性パーティーが2組。私は、ゆっくり歩きながら、人の去った後の静かな谷を歩く。
 山頂に着くと、転法輪寺は、れんげ大祭の日で、大勢の人で賑わっていた。ほら貝の音と、「さんげ、さんげ、六根清浄」を唱和する声が山に響き渡る。
 下山する時、思わぬ人から声を掛けられた。10年前くらい、比良山系を歩いていた時から、何度かお会いして言葉を交わしたことのある、ソロの女性だ。一人の山歩きを心から楽しんでおられるのが、伝わってくる、物静かな方で、染み入るような笑顔を向けられる。この女性が、名前も知らぬ私の、ヤマレコの記事を見て、おそらく私だろうとわかったとおっしゃるのだ。また、いつお会いするかも分からない方だが、正直、うれしかった。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:97人

コメント

いきなり猛暑になったこの頃、清涼感たっぷりの画像を堪能させていただきました。
この時期は金剛山沢ルートが良いですね〜。
晴天で休日の「れんげ大祭」はさぞ人が多かったことでしょう。
比良でご縁のあった出会いがまさかの金剛山であられたのですね。
2024/7/11 6:31
 キバラーさん、もう、ほとんど馬鹿の一つ覚えでしょう?(笑)
 先々週の日曜、滋賀県がかなりの大雨に見舞われ、さすがに比良は無理だろうと、金剛山を歩いた時と、余り変わり映えしない写真になってしまいました。自分でも、ほとんど同じやん・・と思いながら、レコに載せてしまいました(笑)。自分的には、微妙に違うんですけどね。先々週の私のレコを見た人は、おそらく、同じ写真を見るようで、余り新鮮味を感じられなかったことでしょう。でも、何万人もいるヤマレコ利用者が、次々と上げていくレコで、山行記録の掲載順位はどんどん後ろになっていきます。偶然、私のレコを見る人なんて、何万分の一の確率でしかありません。なら、しつこいようでも、初めて見る人のために、同じような写真や表現、説明も必要なのかな・・と思って、省略しないようにしています。
 梅雨が明けて、猛暑の毎日が始まったら、おそらく金剛山の沢通いが始まると思います。石ブテ東谷だけでなく、丸滝谷、石ブテ西谷もあるわけですが、丸滝谷は、少し人が多く、しんみりとした雰囲気を味わうには難がある気がします、西谷は、沢歩きを楽しめる距離が短く、後半のだらだらとした植林の谷歩きが退屈です。
 金剛バスの運行が無くなり、下山は千早側に下りるしかなくなりました。なので、モミジ谷から下りることはできません。今、考えているのは、妙見谷を下りるルートです。長い間歩いていないので、谷が今どんな状況かは分かりませんが、これが私の新しい定番ルートになれば、登りも下りも、涼しい沢歩きが楽しめそうです。
 声をかけてくださったソロの女性は、年齢は40代くらいでしょうか。初めて比良で出会った時も、単独で歩く姿がとても凛々しく、かっこいい人だな・・と思っていました。その後、何回か、登山バスでお会いしました。ところが、コロナで大阪府外の山を歩けなくなった時、水越峠行きバスの車内でお会いしたのです。何だ、大阪の方だったのか・・とうれしく思ったのですが、交わす言葉は「どちらへ行かれるんですか」「今日は、〇〇です」ぐらいでした。今回のように、長く話したのは初めてです。そんな人が、私のヤマレコの記事を見てくれていた・・というのは、やはりうれしかったですね(笑)。
2024/7/11 21:30
いいねいいね
1
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

ハイキング 金剛山・岩湧山 [日帰り]
技術レベル
2/5
体力レベル
1/5
沢登り 金剛山・岩湧山 [日帰り]
技術レベル
4/5
体力レベル
3/5
ハイキング 金剛山・岩湧山 [日帰り]
金剛山冬
利用交通機関:
技術レベル
1/5
体力レベル
1/5
沢登り 金剛山・岩湧山 [日帰り]
石ブテ西谷
利用交通機関:
技術レベル
5/5
体力レベル
2/5

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら