また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 748319 全員に公開 ハイキング阿蘇・九重

秋の久住登山は南から

日程 2015年10月20日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤川の登山口から登りました。
広い駐車場とトイレがあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間20分
休憩
55分
合計
6時間15分
S赤川登山口08:4510:55扇ヶ鼻11:1011:29扇ヶ鼻分岐11:59久住避難小屋12:2912:33久住分れ12:3413:02久住山13:1115:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コースはわかりやすいですが、扇ヶ鼻、久住山のいずれも山頂に近づくと急坂が多くなります。
下りは慎重に下った方が良いようです。
その他周辺情報赤川温泉 赤川荘があり、日帰り入浴ができます。
過去天気図(気象庁) 2015年10月の天気図 [pdf]

写真

R442あざみ台付近から見た阿蘇。
思わず車を停めて写しました。
2015年10月20日 08:08撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
R442あざみ台付近から見た阿蘇。
思わず車を停めて写しました。
5
赤川登山口の駐車場です。
2015年10月20日 08:18撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤川登山口の駐車場です。
1
ここから南登山道へと向かうつもりでしたが、なんと工事中で「全面通行止!」の看板。
2015年10月20日 08:21撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから南登山道へと向かうつもりでしたが、なんと工事中で「全面通行止!」の看板。
3
しかたなく、扇ヶ鼻経由で久住山を目指しました。
2015年10月20日 08:48撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかたなく、扇ヶ鼻経由で久住山を目指しました。
1
扇ヶ鼻への分岐
2015年10月20日 08:54撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻への分岐
2
しばらく木々の中を進みます
2015年10月20日 09:16撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく木々の中を進みます
林を抜けると芒の原の向うに見える、
扇ヶ鼻・肥前ヶ城・久住山。
2015年10月22日 10:41撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林を抜けると芒の原の向うに見える、
扇ヶ鼻・肥前ヶ城・久住山。
5
扇ヶ鼻への登りの途中で振り返れば、彼方に祖母傾連山と阿蘇五岳
2015年10月22日 10:45撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻への登りの途中で振り返れば、彼方に祖母傾連山と阿蘇五岳
4
扇ヶ鼻の斜面のススキ、その向うに肥前ヶ城の紅葉、奥には久住山頂。
2015年10月20日 10:11撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻の斜面のススキ、その向うに肥前ヶ城の紅葉、奥には久住山頂。
6
急な登りに汗が流れる。
見上げれば山頂も近いようだが…
2015年10月20日 10:36撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な登りに汗が流れる。
見上げれば山頂も近いようだが…
7
何度も休憩!!
2015年10月20日 10:46撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も休憩!!
2
西千里ヶ浜からの道と合流。
ここまで来れば、山頂は目の前。
2015年10月20日 10:51撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西千里ヶ浜からの道と合流。
ここまで来れば、山頂は目の前。
2
一息ついて星生山から久住山までを見渡します。
2015年10月20日 10:52撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一息ついて星生山から久住山までを見渡します。
5
扇ヶ鼻到着です。
2015年10月20日 10:54撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻到着です。
3
扇ヶ鼻で休憩後西千里ヶ浜へと下ります。
2015年10月20日 11:26撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻で休憩後西千里ヶ浜へと下ります。
5
西千里ヶ浜の西端、扇ヶ鼻分岐。
2015年10月20日 11:29撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西千里ヶ浜の西端、扇ヶ鼻分岐。
1
扇ヶ鼻分岐付近より北西の展望。
涌蓋山、万年山、その向こうは英彦山?
2015年10月20日 11:30撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻分岐付近より北西の展望。
涌蓋山、万年山、その向こうは英彦山?
3
肥前ヶ城と扇ヶ鼻の裾から覗くのは祖母山?
2015年10月20日 11:31撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肥前ヶ城と扇ヶ鼻の裾から覗くのは祖母山?
4
西千里ヶ浜より西を望めば
2015年10月20日 11:42撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西千里ヶ浜より西を望めば
3
久住避難小屋に到着。
大休止後、久住山頂へと向かいます。
2015年10月20日 11:59撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住避難小屋に到着。
大休止後、久住山頂へと向かいます。
1
久住分れ。
「(寒の)地獄を経て豊後中村驛」
が寝てました。
2015年10月20日 12:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住分れ。
「(寒の)地獄を経て豊後中村驛」
が寝てました。
3
山頂目指してのろりのろのろと登ります。
2015年10月20日 12:42撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂目指してのろりのろのろと登ります。
2
この時期、足元ではリンドウが一番目に付きました。
2015年10月20日 12:46撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期、足元ではリンドウが一番目に付きました。
3
久住山頂\(^o^)/
2015年10月20日 13:02撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住山頂\(^o^)/
4
大船山方面です。
あちらもたくさんの登山者が登っているのでしょう。
2015年10月20日 13:05撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大船山方面です。
あちらもたくさんの登山者が登っているのでしょう。
3
ニャンコの由布岳が何とか見えました。
2015年10月20日 13:05撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニャンコの由布岳が何とか見えました。
3
硫黄山の煙は少ないようです。
2015年10月20日 13:06撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄山の煙は少ないようです。
3
午後になり、阿蘇も霞んできました。
2015年10月20日 13:09撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後になり、阿蘇も霞んできました。
2
ここから赤川目指してまっしぐらに下ります。
こちら側も紅葉が楽しめそうです。
2015年10月20日 13:12撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから赤川目指してまっしぐらに下ります。
こちら側も紅葉が楽しめそうです。
6
九重の南斜面より扇ヶ鼻を望みます。
2015年10月20日 13:17撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九重の南斜面より扇ヶ鼻を望みます。
7
もうすぐ林の中。
休憩を兼ねもう一度振り返ります。
2015年10月20日 14:01撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ林の中。
休憩を兼ねもう一度振り返ります。
4
疲れていますが、紅葉の林の中も気持ちが良いですね。
2015年10月20日 14:38撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れていますが、紅葉の林の中も気持ちが良いですね。
4
川を渡れば間もなく登山口。
2015年10月20日 14:51撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を渡れば間もなく登山口。
3
戻ってきました<(`^´)>
2015年10月20日 15:00撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってきました<(`^´)>
1

感想/記録

昔々、南登山口に下山した事があったので、いつか南登山口から登ってみたいと思っていました。
登山記録で赤川から南登山道へとつながる道があることを知り、今回は赤川に車を置いて、南登山道経由で久住山に登るつもりでいったのですが…

林道の入口には工事中のため「全面通行止」の看板が立っていました。
『全面』ということは車も人も?

同じころに登ってきた登山者に聞いても知らないという。
工事の車があったので、工事の人はいないかと探してみたが誰もいない。

それに、以前の登山記録で見た登山ポストもない ( ノД`)シクシク…

仕方ないので去年も登ったコース、
せめに反対周りでということで、今回は扇ヶ鼻から登ることにしました。

久住直登コースよりこちらの方が断然楽だと思って登ったのですが、やはり年には勝てません。

何歩か登っては汗を拭き、何歩か登っては息を整える。
 この調子ではいつ到着するのやら、
 扇ヶ鼻から引き返すのが正解かな?
なんて思ってましたが、

このコースから見る肥前ヶ城や扇ヶ鼻の紅葉がなんと良いことか!!
それに
扇ヶ鼻山頂の風にあたると一気に気分良くなりました。

あとは足取りも軽〜く

いえいえ
やはり久住山から赤川への急坂の下山は苦労しました。
訪問者数:498人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/14
投稿数: 75
2015/10/25 8:40
 紅葉、素晴らしいですね
こんにちは。

扇ケ鼻と久住山でしたか。
今年は、九重連山の紅葉は何処も素晴らしいようですね。
何れの写真も構図がお見事です。(E-M5も少し驚き)

今年の紅葉は、竈門神社で我慢しようかな。
私の方は、昨日、宗像四塚に行ってきました。
足がガタガタです(笑)。
登録日: 2014/1/8
投稿数: 53
2015/10/25 20:08
 Re: 紅葉、素晴らしいですね
今年の久住の紅葉の当たり年だったのか、たまたまタイミングが良かったのか、久しぶりに良い紅葉を観てきました。

E-M5と12-50mmのレンズは体力のない私としては万能レンズとして重宝していますよ。
ただカメラの調子がちょっとおかしいので、今度見てもらおうと思ってますが…

宗像四塚の方は完登ですか?
さすがですネ。

そしたら完全復活ですね

私も
一度現在の体力測定に再挑戦したいとも思いますが、なんだか無理そうです

元気回復したようなので
今後もよろしくお願いしま〜す。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ