また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 76447 全員に公開 沢登り近畿

亀ケ壺

日程 2010年09月02日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
姫路市夢前町前の庄から山之内方面 河原口→亀ケ壺へ 河原川を遡上
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

9:15林道駐車地点→9:25一軒目の廃小屋→10:00二軒目の廃小屋→10:15亀ケ壺の滝(400m)10:35→ピストン→11:34林道駐車地点 全長7.5キロ 2時間20分(休憩込み)
コース状況/
危険箇所等
長くひつこい下界の残暑を逃れるように、さわやかな沢登りをひとり計画した。過去何度か訪れたことのある、七種山系の北に位置する「亀ケ壺」の滝が今回の目的地だ。兵庫の山の先哲「多田繁次」氏が、絶賛した河原川を遡上し、播但線の鶴居駅まで続く長い道を二度ほど歩いたことがあるが、今日は滝までのピストンコース。前の庄から雪彦山へ向かう途中に河原(こうら)口という所を右折し、林道を15分ほど走る。最後の別荘地が終わったあたりに駐車をしてスタート。林道をさらに奥へ、川沿いに詰めて行く。コンクリートの橋をわたり、最初の廃小屋につく辺りで、「亀ケ壺」の看板がある。また、ここより約50分との案内もある。道はいよいよ細く踏み跡程度、自然と川の中を歩くようになってくる。沢足袋かウェーディングブーツがあれば、杞憂はないが、濡れても良い足ごしらえが必要だ。この時期、水の中に足を入れるのは、子供の気持ちに帰ってワクワクする。両岸の岩壁やうっそうとした苔むした樹木、川のせせらぎ音が涼を十分誘ってくれる。誰もいないところを、ひっそりと歩くので、静かで良いのだが、慣れていない人には少々不気味かも…。終点の滝までは、二か所ほど難所があるが、そんなに厳しくはない。場所的には、かなり滝に近づいてからだが、両岸への高巻き道はないので、岩角をもって体を上へ引きあげるしかない。滝の水量は、雨が少ないのでそんなに期待したほどではなかったが、保水力のある深い森が流れを切らしていない。滝のマイナスイオンの中で飲む熱いコーヒーの味は格別だ。日ごろのうっとしい暑さを、目に優しい緑とそよ風が十分に忘れさせてくれた。
過去天気図(気象庁) 2010年09月の天気図 [pdf]

写真

今回の行動軌跡 赤い実線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の行動軌跡 赤い実線
一軒目の廃小屋
林道はここで終わる拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一軒目の廃小屋
林道はここで終わる
二軒目の廃小屋
林道作業小屋のあと拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二軒目の廃小屋
林道作業小屋のあと
滝を登らないと上へ行けない
難所の一か所拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝を登らないと上へ行けない
難所の一か所
いよいよゴールの滝
水量はさすがに少ない拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよゴールの滝
水量はさすがに少ない
最初の廃屋の対岸にある小滝拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す最初の廃屋の対岸にある小滝
県道のバス停と
亀ケ壺の表示塔拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道のバス停と
亀ケ壺の表示塔
訪問者数:1831人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ