ヤマレコ

記録ID: 790067 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走伊豆・愛鷹

越前岳・呼子岳(須山愛鷹登山口駐車場より周回)

日程 2016年01月02日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
須山愛鷹山登山口駐車場 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間57分
休憩
1時間8分
合計
5時間5分
S須山愛鷹登山口10:3010:55愛鷹山荘10:58富士見峠11:0011:12黒岳11:1711:22黒岳展望広場11:2411:29富士見峠11:51鋸岳展望台11:5612:22富士見台(昼食)12:4513:00越前岳13:1013:38高場所尾根への分岐13:4013:48呼子岳13:5314:00割石峠14:0314:12蓬莱山14:1814:23割石峠14:57第1ケルン15:0215:14大沢橋15:35須山愛鷹登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道標もしっかりとあり、危険箇所は特になし。
割石峠から大沢橋への道は、一部水の無い沢歩きとなる。落石に注意。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 時計 ストック カメラ

写真

かなり遅い10時20分に須山愛鷹登山口駐車場に到着。10数台の車が駐車している。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり遅い10時20分に須山愛鷹登山口駐車場に到着。10数台の車が駐車している。
駐車場前に、登山道案内。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場前に、登山道案内。
駐車場前の山神社が登山口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場前の山神社が登山口。
富士見峠を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見峠を目指す。
愛鷹山荘。無人・無料の看板あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛鷹山荘。無人・無料の看板あり。
愛鷹山荘からすぐに富士見峠。ここから黒岳を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛鷹山荘からすぐに富士見峠。ここから黒岳を目指す。
黒岳の大杉、黒岳展望広場を素通りし、まずは黒岳山頂へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳の大杉、黒岳展望広場を素通りし、まずは黒岳山頂へ。
山頂から富士山を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から富士山を望む。
3
山頂には数人の登山者あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には数人の登山者あり。
丹沢方面を望む。正面は大室山だろうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢方面を望む。正面は大室山だろうか?
黒岳から富士見峠に戻る時に、展望広場から富士山をもう一枚。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳から富士見峠に戻る時に、展望広場から富士山をもう一枚。
1
富士見峠に戻り、越前岳を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見峠に戻り、越前岳を目指す。
越前岳への稜線の道。ゆっくりと高度を稼ぐ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越前岳への稜線の道。ゆっくりと高度を稼ぐ。
崩れやすい土なのだろうか。抉れた道には、霜柱が融けずに白い肌を覗かせる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩れやすい土なのだろうか。抉れた道には、霜柱が融けずに白い肌を覗かせる。
鋸岳展望台に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳展望台に到着。
左が位牌岳。中央に鋸岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が位牌岳。中央に鋸岳。
1
右端は蓬莱山だろうか。ナイフリッジ状の尾根が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右端は蓬莱山だろうか。ナイフリッジ状の尾根が続く。
崩壊場の横を通り、少し歩くと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊場の横を通り、少し歩くと
富士見台に到着。やっぱり富士山。ここで昼食。埼玉から来たという単独行の方と、山の話が弾む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台に到着。やっぱり富士山。ここで昼食。埼玉から来たという単独行の方と、山の話が弾む。
2
富士山の左奥には白峰三山。雪を冠った北岳がはっきりと見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の左奥には白峰三山。雪を冠った北岳がはっきりと見える。
富士見台からひと登りで越前岳山頂。広場になった山頂は全面泥濘状態。風が強いが冷たさは感じない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台からひと登りで越前岳山頂。広場になった山頂は全面泥濘状態。風が強いが冷たさは感じない。
3
越前岳から急坂を下り、呼子岳を目指す。駿河湾の奥に伊豆の山々が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越前岳から急坂を下り、呼子岳を目指す。駿河湾の奥に伊豆の山々が見える。
鋸岳から位牌岳への稜線が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳から位牌岳への稜線が続く。
1
振り返れば越前岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば越前岳。
両側が切り立ったヤセ尾根が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両側が切り立ったヤセ尾根が続く。
1
高場所への分岐で休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高場所への分岐で休憩。
大岳を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳を望む。
呼子岳への稜線の道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
呼子岳への稜線の道。
呼子岳山頂。かわいいお地蔵さんがあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
呼子岳山頂。かわいいお地蔵さんがあった。
1
呼子岳から越前岳、富士山を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
呼子岳から越前岳、富士山を望む。
1
こちらは位牌岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは位牌岳。
呼子岳から割石峠への道。途中V字型の谷を見下ろす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
呼子岳から割石峠への道。途中V字型の谷を見下ろす。
割石峠到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
割石峠到着。
1
名前の通り、石を斧で割った様な谷。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前の通り、石を斧で割った様な谷。
1
下山路は割石峠から下るのだが、蓬莱山まで行ってみる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山路は割石峠から下るのだが、蓬莱山まで行ってみる。
振り返って呼子岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って呼子岳。
途中天狗の畑という場所があった。行ってみたが、名前の由来がわからず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中天狗の畑という場所があった。行ってみたが、名前の由来がわからず。
蓬莱山山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬莱山山頂。
ここから位牌岳への道は危険なので自粛するよう促す看板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから位牌岳への道は危険なので自粛するよう促す看板。
蓬莱山山頂から鋸岳の稜線と位牌岳を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬莱山山頂から鋸岳の稜線と位牌岳を望む。
1
割石峠に戻り、あとは駐車場を目指すのみ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
割石峠に戻り、あとは駐車場を目指すのみ。
涸れ沢を只管下る。ひじょうに歩きづらい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸れ沢を只管下る。ひじょうに歩きづらい。
途中で割石峠を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で割石峠を振り返る。
大分下って来たかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大分下って来たかな。
沢を外れると歩き易い道が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を外れると歩き易い道が。
第1ケルンで休憩。駐車場までもう少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第1ケルンで休憩。駐車場までもう少し。
林道らしき道になってくる。車の通行は無理だろうね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道らしき道になってくる。車の通行は無理だろうね。
大沢橋。かつて林道が存在していたようだが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢橋。かつて林道が存在していたようだが。
今はとても車で通行は無理。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今はとても車で通行は無理。
前岳からの登山路分岐点を過ぎ、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前岳からの登山路分岐点を過ぎ、
崩壊した林道を歩き続けると、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊した林道を歩き続けると、
急に綺麗な林道に出くわす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に綺麗な林道に出くわす。
工事中のようで、工事事務所のトイレには、ハイカーも使用して下さいとある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
工事中のようで、工事事務所のトイレには、ハイカーも使用して下さいとある。
林道が舗装路に変わると数分で山神社の登山口へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が舗装路に変わると数分で山神社の登山口へ。
須山愛鷹登山口駐車場へゴール!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須山愛鷹登山口駐車場へゴール!

感想/記録

新年あけましておめでとうございます。
今年も安全で楽しい山行が出来ますように!!

朝、テレビで箱根駅伝のスタートを見ながら、何故か急遽山に行こうと思い立ち、愛鷹山(越前岳)に行くことにする。
遅い出発となったので、登山口の須山愛鷹登山口駐車場に到着したのが午前10時20分。準備運動もそこそこに、何とか夕暮れまでに戻ろうと歩き始める。

まずは富士見峠を目指す。
天気は快晴。1月としてはひじょうに暖かい。
富士見峠への登りで、すでに下山する登山者数名とすれ違う。そう、もうそんな時間なのだ。
富士見峠まで一挙に登り、まずは富士山を見ようと黒岳を目指す。

黒岳からの富士山は雄大!のひとこと。
静岡県民としては、やはり静岡県側から見る富士山が一番雄大と思う。
優雅な姿だけでなく、宝永火口の迫力ある雄姿が魅力的なのだ。

黒岳からは富士見峠に戻り、越前岳を目指す。
それ程急登は無いので、ゆっくりと標高を稼いで行く。
登山道は霜柱が融けずに残っているおかげで、泥濘となっていない。

富士見台で昼食。
埼玉から来たという単独行の登山者と、山の話が弾む。
十里木から越前岳を経由して黒岳まで行き、ピストンで戻る途中だとのこと。越前岳を2回登るのだから、なかなか健脚のようだ。

富士見台からひと登りで越前岳へ。
山頂は日当たりが良い為か、泥濘がすごい。風も強いのだが、冷たさを感じない。
富士山を堪能した後、呼子岳を目指して歩く。
急な坂を下り、ヤセ尾根上を歩いて呼子岳へ。
山頂は狭いが、位牌岳、鋸岳、越前岳の眺望が良い。

呼子岳からは割石峠を経て、登山口まで下山する予定なのだが、とりあえず蓬莱山まで足を延ばしてみる。
蓬莱山から位牌岳への鋸岳稜線の道は、崩壊が激しく通行を自粛するよう看板があるのだが、いつかは行ってみたいと思っているのだ。

蓬莱山からは、割石峠に戻り、涸れ沢を下って行く。
ひじょうに歩きにくい道だが、浮石に乗らないように慎重に歩いてく。
涸れ沢を下り、崩壊した林道を歩き、きれいな林道を経て、予定より少し早く夕暮れ前に須山愛鷹山駐車場にゴール。

富士山を十分に堪能できた山行で、疲れもあまりなく、十分に楽しめた。
何よりも、箱根駅伝を見ながら一杯呑んでしまわずに、山に来て本当に良かった。

訪問者数:446人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ