ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 815488 全員に公開 トレイルラン金剛山・岩湧山

ダイトレ全山日帰り縦走(滝畑で撃沈)

日程 2016年02月20日(土) [日帰り]
メンバー kusakusa1
天候曇り時々雨(終盤激雨)
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
<行き>
JR:奈良駅→高井田駅@390円(屯鶴峯駐車場までタクシー@2520円)
<帰り>
日野・滝畑コミュニティバス:滝畑ダム→河内長野駅@530円

コミュニティバス時刻表↓(最終は19:08)
http://www.city.kawachinagano.lg.jp/kurashi/doro_kotsu/community_bus.html


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間35分
休憩
21分
合計
11時間56分
S屯鶴峯入口(ダイトレ起点)05:4806:01ダイヤモンドトレール北入口06:51岩屋06:5307:00竹内峠07:1307:44平石峠08:15岩橋山08:45持尾辻09:39大和葛城山10:09水越峠10:1011:31一の鳥居12:17久留野峠12:1813:17行者杉13:31杉尾峠14:25紀見峠14:2815:46根古峰16:44岩湧山16:4517:44滝畑、下山G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所ありませんでした。よく整備された道です。
標識の見落しさえ無ければ迷う事は無いでしょう。

全行程の9割以上がトレイルになっておりロードは極僅かです。
そして丸太階段が非常に多い!延々と続きます。。。

葛城山、金剛山の山頂付近に食堂兼売店、自販機がありましたが、
金剛山を過ぎると自販機すら無く(少なくとも縦走路上には)
滝畑の売店?もゴールした時間には閉まっていました。

金剛山でしっかりと補給する事が後半戦のカギになると思います。

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 防寒着 日よけ帽子 トレランシューズ ザック(7L) 行動食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) GPS 携帯 時計 カメラ 手袋
備考 レインコート必須!食料も足りなかった。。

写真

5:15JR高井田駅下車。ここからタクシーで屯鶴峯(ダイトレ起点)へ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:15JR高井田駅下車。ここからタクシーで屯鶴峯(ダイトレ起点)へ向かいます
6:00 ダイトレ北入口にて(ブレてます、、)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:00 ダイトレ北入口にて(ブレてます、、)
7:04 岩屋から竹内峠にショートカットしてきたところ(本来のダイトレコースは万葉の森駐車場を通ります)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:04 岩屋から竹内峠にショートカットしてきたところ(本来のダイトレコースは万葉の森駐車場を通ります)
7:12 今回初めて食べるエナジージェル。味はまぁ、何というか一言で言うとまずい。効果はあるのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:12 今回初めて食べるエナジージェル。味はまぁ、何というか一言で言うとまずい。効果はあるのか?
8:15 岩橋山到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:15 岩橋山到着
1
8:50 葛城山への登りに向けてアミノバイタルを補給。今回初めて食べる。味は薬っぽいが効き目ありかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:50 葛城山への登りに向けてアミノバイタルを補給。今回初めて食べる。味は薬っぽいが効き目ありかも。
1
ダイトレ名物丸太階段(右に写ってるのはダイトレ石碑)
どこまでも続きます。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレ名物丸太階段(右に写ってるのはダイトレ石碑)
どこまでも続きます。。
9:40 葛城山山頂に到着!奈良方面を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:40 葛城山山頂に到着!奈良方面を望む。
1
10:11 水越峠まで降りてきました。右手前はダイトレ石版
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:11 水越峠まで降りてきました。右手前はダイトレ石版
10:35 金剛の水で顔を洗う(飲むのは厳しいかも)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:35 金剛の水で顔を洗う(飲むのは厳しいかも)
金剛山山頂付近。雪が積もってました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛山山頂付近。雪が積もってました
11:30 鳥居前に到着。ここを登れば金剛山山頂!だが今回は華麗にスルーそして、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:30 鳥居前に到着。ここを登れば金剛山山頂!だが今回は華麗にスルーそして、、、
11:45 売店でソフトクリームを食べる。売店開いてて良かった!(肉まんとか暖かいものもあったけど、何故かソフトクリームをチョイス)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:45 売店でソフトクリームを食べる。売店開いてて良かった!(肉まんとか暖かいものもあったけど、何故かソフトクリームをチョイス)
1
ここで残りの食料を確認。右下のチョコレートは売店で購入したもの。今思えば圧倒的に足りなかった(あとチョコレート2箱は必要)別途自販機で水530mlを購入
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで残りの食料を確認。右下のチョコレートは売店で購入したもの。今思えば圧倒的に足りなかった(あとチョコレート2箱は必要)別途自販機で水530mlを購入
1
11:58 売店を出発 普段人で賑うちはや園地も誰も居ない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:58 売店を出発 普段人で賑うちはや園地も誰も居ない
12:09 金剛山〜久留野峠 幻想的な森の風景に癒される
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:09 金剛山〜久留野峠 幻想的な森の風景に癒される
12:19 久留野峠(と、ダイトレ名物丸太階段)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:19 久留野峠(と、ダイトレ名物丸太階段)
13:15 行者杉 金剛山以降誰とも会いません。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:15 行者杉 金剛山以降誰とも会いません。。
14:24 予定より24分遅れて紀見峠到着!長かったぁ〜なかなか紀見えへん峠やんか!ここから南海紀見峠駅へ下る事も出来るが迷った挙句先を進むことに。
2016年02月20日 14:24撮影 by SC-02F, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:24 予定より24分遅れて紀見峠到着!長かったぁ〜なかなか紀見えへん峠やんか!ここから南海紀見峠駅へ下る事も出来るが迷った挙句先を進むことに。
14:31 岩湧山への登りに向けて今回の秘密兵器VESPAを補給。1個700円もしたんだぜコレ。味は薄味でgood.何だか元気が湧いてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:31 岩湧山への登りに向けて今回の秘密兵器VESPAを補給。1個700円もしたんだぜコレ。味は薄味でgood.何だか元気が湧いてきた。
2
岩湧山への登り口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩湧山への登り口。
14:54 岩湧山へ延々と続く登り。今回一番キツかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:54 岩湧山へ延々と続く登り。今回一番キツかった
15:48 根古峰 このあたりで雨が本気出してきた。インナーも若干濡れてて寒い。紀見峠に引き返そうか悩むが、滝畑までは進む事に(この時点で全山縦走は半ば諦めモード)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:48 根古峰 このあたりで雨が本気出してきた。インナーも若干濡れてて寒い。紀見峠に引き返そうか悩むが、滝畑までは進む事に(この時点で全山縦走は半ば諦めモード)
これ何だろう?(ブレてる、、)たぶん根古峰のダイトレ石版です。この時点で写真撮ってる余裕ほとんどありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これ何だろう?(ブレてる、、)たぶん根古峰のダイトレ石版です。この時点で写真撮ってる余裕ほとんどありません。
16:36 岩湧山手前のトイレで休憩。どしゃぶりの雨の中で呆然とする様子。もう少し休憩したいが日没も迫っているので急いで滝畑まで下山する事に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:36 岩湧山手前のトイレで休憩。どしゃぶりの雨の中で呆然とする様子。もう少し休憩したいが日没も迫っているので急いで滝畑まで下山する事に
3
17:45 何とか滝畑まで下山。ここから槇尾山まで1時間、槇尾山口バス停までは2時間かかる。体調、食料、現時刻など考慮して、ダイトレ全山日帰り縦走無念のリタイア!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17:45 何とか滝畑まで下山。ここから槇尾山まで1時間、槇尾山口バス停までは2時間かかる。体調、食料、現時刻など考慮して、ダイトレ全山日帰り縦走無念のリタイア!
1
撮影機材:

感想/記録

12時間で全山縦走する計画でしたが、残り3.8kmを残して滝畑で撃沈!

2週間前にダイトレ初挑戦した時は屯鶴峯から紀見峠まで8時間かかったので、
あと4時間ぐらいあれば日帰り全山縦走いけるやん?
そんな風に考えていた時期が私にもありました。

計画はこうです↓
6:00 ダイトレ北入口
9:30 大和葛城山
11:30 金剛山
14:00 紀見峠
16:00 岩湧山
17:00 滝畑
18:00 槇尾山(施福寺ゴール)
19:00 槇尾山口バス停

日没までに(ライトを使わずに)ゴールする計画でした。
(ただし日の出前はライトを使用します)

まず自宅から始発に乗ると6:00にスタート出来ないので、どこかに前泊します。
色々考えた挙句、奈良駅前のビジネスホテルに前泊しました。
JR奈良駅4:50発の始発で高井田駅5:15着、高井田駅からタクシーで屯鶴峯(ダイトレ起点)まで移動という方法をとりました。

今回は長丁場になるので各種サプリ(エネルギージェルなど)を使いました。普段はサプリなど全く飲みませんが補給して短時間で活力が湧いてくる気がします。でもその分食料を減らしたのがダメでした。サプリだけでは満腹感を得られません。金剛山の売店でもっとチョコレート買っとけば良かった。。。

今日の天候は曇りときどき雨。天候のせいか前回と比べ人に逢いません。金剛山まですれ違ったのはランナー2人、ハイカー4人のみ。金剛山以降は誰ともすれ違わないという。

紀見峠までは霧がかった幻想的な森の雰囲気を楽しむ余裕がありました。
が、岩湧山三合目辺りで雨が本気を出しはじめます。
それまでは小雨でアウターが濡れるぐらいでしたが、根古峰に到着する頃にはインナーまで浸水してました。ここで紀見峠に引き返すか、岩湧山を経て滝畑まで進むか悩みます(この時点で槇尾山までの全山縦走は半ば諦めモード)

まだ寒さを感じて無かったので滝畑まで進む事を選択しました。
「確か滝畑バス停の最終は19時代だったはず」今から進めば十分間に合います。

16:45岩湧山到着、かなり雨が本気だったので写真も撮らずに走って下山します(そもそもガスって展望など全く無かった)この時点でも下りを走る余力がありました。サプリのおかげか。雨さえ無ければ槇尾山まで行けたかもしれません。道は水溜りになっている所が多いですが気にせず突っ走ります。靴下はぐちゃぐちゃ。でも最早気にしない。

17:45滝畑(岩湧山登山口)到着。計画より45分遅れ。しかもかなり寒い上に食料も殆ど無かったので槇尾山まで進まずここでリタイアする事に。

しかし大変なのはここからでした。
次のバスは19:08発(17:13発から2時間近く空きます)滝畑の売店は既に閉まっており、自販機で缶コーヒーすら買えない状況。トイレしかありません。タクシーを呼ぼうにも配車センターに電話が繋がらない(話中だったり、コールしても出ない)

結局18:55頃バスが来るまで体を動かして寒さを耐え凌ぎました。(バスが早めに来てくれた事がせめてもの救いでした)河内長野駅に着いて自販機で缶コーヒーを購入、暖かくて思わず缶コーヒーに頬ずりしてしまいました(周りからは変な人に見えたに違いないw)

今回の反省点は3つ
1.雨対策を全くしていなかった
  トレランをはじめて1ヶ月半、雨に遭遇した事がなかったので雨具を
  持っていなかった。雨に濡れるとここまで寒いとは、、

2.食料が足りなかった
  チョコレートあと2箱は必要。岩湧山手前で食料が無くなった。

3.紀見峠に引き返さず、滝畑に進む選択をした
  1日数本のバスに頼る時は時刻を正確に把握しておく事。
  タクシーも呼べるとは限らない。

ダイトレ全山縦走は六甲縦走より遥かに厳しかったです。
特に後半、六甲縦走は後半殆ど登りが無く売店もあり補給が楽です。
対してダイトレは後半でもアップダウンが激しく、自販機すらありません。

またゴールするにせよリタイアするにせよ、六甲はロードに出さえすれば交通手段が豊富ですが、ダイトレはそうでもない。交通手段があってもバスが1日数本とか、最終が早かったりとか。この辺りもダイトレ全山縦走が厳しい理由だと思います。

雨さえ降らなければ槇尾山まで行けてたかも。ただ、日没までに到達するのは厳しそ
うなので、もう少しレベルアップしたらまた日帰り全山縦走挑戦したいと思います。
訪問者数:839人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス コール 前泊 クリ
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ