ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 837983 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

赤岳(地蔵尾根から赤岳)

日程 2016年03月12日(土) 〜 2016年03月13日(日)
メンバー tetsu0710
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

3/12
美濃戸8:05→9:25堰堤広場9:30→11:00赤岳鉱泉(泊)

3/13
赤岳鉱泉7:10→7:35中山乗越7:40→7:45行者小屋→9:15地蔵尾根分岐→10:30赤岳10:40→11:55行者小屋→12:30赤岳鉱泉13:35→15:08美濃戸
コース状況/
危険箇所等
地蔵尾根の上部は急傾斜になります。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

美濃戸まで車で入ると楽ちん。駐車場代は1000円/日です。
2016年03月12日 08:19撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸まで車で入ると楽ちん。駐車場代は1000円/日です。
雪がすくないなぁー
2016年03月12日 09:28撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪がすくないなぁー
アイスキャンデーは大賑わいでしたぁー
2016年03月12日 11:22撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイスキャンデーは大賑わいでしたぁー
夕食は焼肉です。
2016年03月12日 16:01撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食は焼肉です。
1
翌日は、イマイチの天気。
2016年03月13日 06:18撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日は、イマイチの天気。
地蔵尾根に入ります。
2016年03月13日 08:12撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根に入ります。
次第に急登になってゆきます。
2016年03月13日 08:19撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次第に急登になってゆきます。
かなりの勾配。
2016年03月13日 08:40撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなりの勾配。
ここら辺から風が強くなってゆきました。
2016年03月13日 08:54撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここら辺から風が強くなってゆきました。
あと少しで、地蔵尾根分岐。
2016年03月13日 09:04撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少しで、地蔵尾根分岐。
1
赤岳がでかいです。
2016年03月13日 09:15撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳がでかいです。
1
赤岳の登りも急登です。
2016年03月13日 09:56撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳の登りも急登です。
頂上に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上に到着。
1
下りは岩稜帯です。
2016年03月13日 10:54撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは岩稜帯です。
やはり今年は雪がすくないなー
2016年03月13日 11:27撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり今年は雪がすくないなー

感想/記録

冬の八ヶ岳は、雪山・アイス・バリエーションなどが充実しているエリアで、ショートながら、色々なタイプの登山が楽しめます。
昨年と同様に赤岳を中心とした山行を計画しました。赤岳鉱泉でテント泊での計画なので、家財道具一式をザックに詰め込んで出発しました。久しぶりに担いだって感じで、美濃戸を出発し北沢に入ります。美濃戸の赤岳山荘駐車場は、1000円/日・台です。
行者小屋への南沢よりは、北沢の方が歩きやすく、アップダウンも少ないので、荷物が重たい場合は、北沢経由で赤岳鉱泉に行った方が楽です。
天気が良かったので、途中で写真撮影するなど、のんびりと歩いたので、美濃戸から3時間位で赤岳鉱泉に到着しました。
テント代は1000円/人です。夕食は、屋外の自炊場でバーベキューをやりました。
翌日は、晴天とは行かないものの風も無く、うす曇りの天候でした。赤岳鉱泉を7:00に出発し、中山乗越から行者小屋へ行き、地蔵尾根に入ります。上部は急登の連続ですが、展望は良く、阿弥陀岳や横岳西壁が良く見えました。雪が少ないせいか、午前中でも黒々した岩肌でした。地蔵尾根分岐に出ると多少風が吹き始めてきましたが、気にならない程度でした。
赤岳の登りは急ですが、焦らずゆっくりと登ります。登るにつれて周辺の山が低くなってゆきます。やはり暖冬の影響か、例年よりは雪が少ないみたいです。
下山は文三郎尾根を下山しました。頂上直下がちょっとした、雪壁になっていて、少し緊張しましたが、特に問題なく下山することが出来ました。
冬の八ヶ岳は1年に1回は色々なパターンで楽しみたいところです。
訪問者数:142人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザック テント 乗越 急登 テン 山行 地蔵
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ