ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 879959 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

西穂ふたたび【西穂高岳】 〜蒼い空と仲間のお蔭で〜

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー touryou
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間7分
休憩
1時間3分
合計
5時間10分
S西穂高口(千石平)10:3011:16西穂山荘11:1811:28西穂丸山11:3012:06西穂独標12:1012:22ピラミッドピーク12:2613:12西穂高岳13:4014:05ピラミッドピーク14:0714:18西穂独標14:2514:44西穂丸山14:4614:53西穂山荘15:0515:40西穂高口(千石平)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・西穂高口駅付近、及び西穂山荘付近以外残雪無し
 一部残ってる箇所にあっても気になる斜面ではないので今後軽アイゼンも不要。
・山荘からは日陰箇所皆無と言っていい。
 これからの季節、UV対策及び水分調整が大事になってくる。 
 すぐに大きい石が登山道に出て来るが、それを登りきるまでは
 後ろを振り向く事なかれ! 後に感動が待ってます(^.^)
・丸山から13峰にかけてザレたやや急な斜面になる
 ☆意外とこの区間が一番気をつかわなければならないかと思う。
・12峰まで来るとポールはザックへ。
 この後の回り込みは慎重に。
・11峰独標へは3点支持が不可欠。
 ☆登る事より下りる事を考慮し、無理そうなら登る前に止めた方がよい。
・独標から9峰を超えるまでは痩せた細尾根が続く。
 シーズン中は渋滞必至ではなかろうか。
・9峰からの下りに鎖無しの一枚岩通過箇所あり。
 ☆足がかりが1点しか無いので特に岩が濡れてる時は細心の注意が必要。
・8峰ピラミッドピークまでは飛騨側ガレ場をトラバース
 高度感はさほど無いが浮石が多数あるので急がない様に。
・7峰は登らずその手前で真新しい鎖場をトラバース
 独標から本峰までの鎖場はこの1箇所のみと言ってもいい。
 ☆下山時は7峰横の岩峰に向かって踏み跡がある為、導かれない様に注意!
・6峰、5峰は割としっかりした踏み跡があるトラバース
 その後4峰チャンピオンピークに向けやや心折れるガレ場を歩く。
・4峰下りは細尾根(唯一残雪があったが気になるものではない)
 その後3峰2峰はピークに登らず飛騨側ガレ場をトラバース。
 視界が効く時でもしっかり○印を探して歩こう。
・本峰直下は2足歩行不可能な鎖無しの急登で滑りやすい岩場。
 濡れた状態を想像するとゾッとします。
 ☆コース上最も神経を使う所と思って間違いない。
★言うまでも無いが、下山時は登り以上に慎重な行動が求められる。

★コースタイムはしっかりかかると思っていた方が まず間違いないと思う。

※以上、個人的に感じた事です。 
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

備考 この日は朝イチの用事があった為
RWは4便目の白樺平駅10:15発に乗りこむ事になった。

10時過ぎに駐車場に着いた時には3段目までほぼ満車。
改札口にはズラッと並んでいたが、ちょうどチケットを買ってる時に開いた為、
全く列に並ばずすんなり乗る事が出来た。

10:30スタートと ちょっと遅めではあるが、
2週間前の山行でほぼ時間が読めた為、急ぐ事無く登り始める。

今回はしっかり本峰が目的で登山届を出し、
憧れ続けた頂への期待に胸躍らせて 独り歩みを始めました。

写真

この日も錫杖岳がしっかり見えた

風もほとんどなく暑いくらいだが、いい条件で歩ける事に感謝してスタートする。
2016年05月22日 09:59撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日も錫杖岳がしっかり見えた

風もほとんどなく暑いくらいだが、いい条件で歩ける事に感謝してスタートする。
17
こちらもしっかり見えてます

すっかり雪が無くなり綺麗に整備された登山道を、この日は黙って突き進む。
2016年05月22日 10:44撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらもしっかり見えてます

すっかり雪が無くなり綺麗に整備された登山道を、この日は黙って突き進む。
6
山荘手前のいつものダケカンバ

今日は太陽も入れて撮ってみる
2016年05月22日 11:15撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘手前のいつものダケカンバ

今日は太陽も入れて撮ってみる
10
丸山からこの解放感ある素晴らしい景色を見て、もう笑いがとまらんかった(^.^)
2016年05月22日 11:28撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山からこの解放感ある素晴らしい景色を見て、もう笑いがとまらんかった(^.^)
18
蒼い空に向かって!!

辛い登りもこの景色のお蔭で救われます
2016年05月22日 11:34撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒼い空に向かって!!

辛い登りもこの景色のお蔭で救われます
10
天気を選んで来てるから
これまで西穂でハズレがないんです!

今日の独標も綺麗に撮れました(^.^)
2016年05月22日 12:01撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気を選んで来てるから
これまで西穂でハズレがないんです!

今日の独標も綺麗に撮れました(^.^)
15
笠ヶ岳と黒部五郎岳も入れて!

今日はハナっから上で景色を楽しむと決めてたんで、ここでは長居せず先に進みます。
2016年05月22日 12:06撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳と黒部五郎岳も入れて!

今日はハナっから上で景色を楽しむと決めてたんで、ここでは長居せず先に進みます。
28
9峰から見たピラミッドピーク

何度見てもかっこいいなぁ!!
2016年05月22日 12:14撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9峰から見たピラミッドピーク

何度見てもかっこいいなぁ!!
14
で、この9峰からの下り

ここは十分気をつけて!
2016年05月22日 12:13撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、この9峰からの下り

ここは十分気をつけて!
12
拡大してみる
矢印の左下にあるくぼみ。
この1点しか足がかりがありません。

左は切れ落ちてますから、ここはかなり高度感があります。
2016年05月22日 12:14撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
拡大してみる
矢印の左下にあるくぼみ。
この1点しか足がかりがありません。

左は切れ落ちてますから、ここはかなり高度感があります。
14
そして4峰ピラミッドピーク到着。
左に5峰 右に4峰チャンピオンピークで、ど真ん中が今日目指す本峰。

しかし一気に雪が融けました。
2016年05月22日 12:23撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして4峰ピラミッドピーク到着。
左に5峰 右に4峰チャンピオンピークで、ど真ん中が今日目指す本峰。

しかし一気に雪が融けました。
24
<2週間前の写真>

これだけ違うんです
2016年05月08日 12:04撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<2週間前の写真>

これだけ違うんです
12
奥穂ジャンダルムからの吊尾根と前穂。

ここからでも十分素晴らしい景色ですが、今日はもっと近くで眺める為にここまで来た。
ここから先は初めて足を踏み入れます。
2016年05月22日 12:23撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂ジャンダルムからの吊尾根と前穂。

ここからでも十分素晴らしい景色ですが、今日はもっと近くで眺める為にここまで来た。
ここから先は初めて足を踏み入れます。
18
7峰は登らずクサリをつたってこんなトラバース

もはや高度感には慣れて来ましたが、それでも気を抜かず慎重に歩みを進めます。
2016年05月22日 12:37撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7峰は登らずクサリをつたってこんなトラバース

もはや高度感には慣れて来ましたが、それでも気を抜かず慎重に歩みを進めます。
13
6峰5峰と巻いて、ここから4峰チャンピオンピークまでのガレ場をジグザグに登る。

この辛い登りも、蒼い空が救いだった(^.^)
2016年05月22日 12:44撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6峰5峰と巻いて、ここから4峰チャンピオンピークまでのガレ場をジグザグに登る。

この辛い登りも、蒼い空が救いだった(^.^)
9
<4峰から振り返る>

左端独標→ピラミッドピーク→7峰。
右の岩峰を飛ばしてやや低い6峰と荒々しい5峰。
惚れ惚れする峰々です(^.^)
2016年05月22日 12:49撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<4峰から振り返る>

左端独標→ピラミッドピーク→7峰。
右の岩峰を飛ばしてやや低い6峰と荒々しい5峰。
惚れ惚れする峰々です(^.^)
14
チャンピオンピークを振り返って。

いつも見る裏側はこうなってんのやね!
2016年05月22日 12:50撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チャンピオンピークを振り返って。

いつも見る裏側はこうなってんのやね!
16
3峰も2峰も飛騨側を巻く。
そしていよいよラスト本峰を残すのみ!

この時全く風は吹いてません。
真っ蒼な空が待っててくれる!そんな感じでした。
2016年05月22日 12:58撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3峰も2峰も飛騨側を巻く。
そしていよいよラスト本峰を残すのみ!

この時全く風は吹いてません。
真っ蒼な空が待っててくれる!そんな感じでした。
9
振り返って乗鞍岳の真下にピラミッドピーク。
それからここ2峰までの素晴らしい稜線。

だ〜れも居ない今日はドローンでも飛ばしてやりたいくらいだ。(持ってれば!!ですが^_^;)
2016年05月22日 12:58撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って乗鞍岳の真下にピラミッドピーク。
それからここ2峰までの素晴らしい稜線。

だ〜れも居ない今日はドローンでも飛ばしてやりたいくらいだ。(持ってれば!!ですが^_^;)
15
さ〜目の前だ!
しかし誰も居ないと思ったらお父さんが一人下りて来た。

で、ちょうどこの方の頭の上がこのコース一番の難所です。
2016年05月22日 13:06撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さ〜目の前だ!
しかし誰も居ないと思ったらお父さんが一人下りて来た。

で、ちょうどこの方の頭の上がこのコース一番の難所です。
11
決して2本の足だけでは登れませんし下りられません。
クサリの無い1枚スラブのこのポイントが、無雪期でも一番の危険個所ですね。
2016年05月22日 13:08撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
決して2本の足だけでは登れませんし下りられません。
クサリの無い1枚スラブのこのポイントが、無雪期でも一番の危険個所ですね。
14
そして難所をクリアした瞬間に待ってる景色がこれだ!

とうとう手の届く所に来た。
この時の感動が今も忘れられない。
2016年05月22日 13:11撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして難所をクリアした瞬間に待ってる景色がこれだ!

とうとう手の届く所に来た。
この時の感動が今も忘れられない。
17
2時間と42分

初めて西穂高岳に登らせて頂きました(^.^)

2016年05月22日 13:12撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間と42分

初めて西穂高岳に登らせて頂きました(^.^)

29
金沢を出発した時、空は霞んで真っ白だった。
それがまさかここまで眺望出来るなんて・・・。

ここからの360度の景色を
しばらくお付合い下さいませm(__)m
2016年05月22日 13:13撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金沢を出発した時、空は霞んで真っ白だった。
それがまさかここまで眺望出来るなんて・・・。

ここからの360度の景色を
しばらくお付合い下さいませm(__)m
16
左から笠ヶ岳、そして抜戸岳と弓折岳の間に黒部五郎岳がハッキリ見える
2016年05月22日 13:13撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から笠ヶ岳、そして抜戸岳と弓折岳の間に黒部五郎岳がハッキリ見える
17
双六岳の上には三俣蓮華岳がひょっこりと。
鷲羽岳の上に水晶岳。
そしてその右奥になんと立山までこの日は見えた!

その右、野口五郎岳(真砂岳?)から三ッ岳で終わり、西鎌尾根から槍ヶ岳へと続く。
2016年05月22日 13:14撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六岳の上には三俣蓮華岳がひょっこりと。
鷲羽岳の上に水晶岳。
そしてその右奥になんと立山までこの日は見えた!

その右、野口五郎岳(真砂岳?)から三ッ岳で終わり、西鎌尾根から槍ヶ岳へと続く。
20
槍ヶ岳から南岳をアップで!
2016年05月22日 13:14撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳から南岳をアップで!
21
真っ蒼な空に
槍穂高の素晴らしい北アルプスの稜線
2016年05月22日 13:14撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ蒼な空に
槍穂高の素晴らしい北アルプスの稜線
15
涸沢岳と奥穂ジャンダルムと吊尾根!
カッコいいなぁ(^.^)

しかし今立ってるこの先の稜線を歩く事はあるのだろうか・・・。
ここに立って見て、初めてその難易度を肌で感じた。
2016年05月22日 13:14撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳と奥穂ジャンダルムと吊尾根!
カッコいいなぁ(^.^)

しかし今立ってるこの先の稜線を歩く事はあるのだろうか・・・。
ここに立って見て、初めてその難易度を肌で感じた。
20
前穂から明神岳

この二つを左右に見れるのも西穂ならでは。
2016年05月22日 13:14撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂から明神岳

この二つを左右に見れるのも西穂ならでは。
13
岳沢と右下にかろうじて写った西穂高沢

2016年05月22日 13:15撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢と右下にかろうじて写った西穂高沢

12
上高地:河童橋付近

下から眺める景色も大好きだが、一度立った頂きを再度下から眺めてみるのも きっといいもんなんだろうなぁ。
2016年05月22日 13:15撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地:河童橋付近

下から眺める景色も大好きだが、一度立った頂きを再度下から眺めてみるのも きっといいもんなんだろうなぁ。
13
乗鞍岳の奥に霞んで見える御嶽山と、左に特徴ある▲ピークの鎌ヶ峰。
そして独標から今日歩いて来た岩稜。
これまで前後に見えてた景色が、今日は一つになって見渡せる。
無雪期ならではのこの素晴らしい光景に、猛烈に感動してました。
2016年05月22日 13:15撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳の奥に霞んで見える御嶽山と、左に特徴ある▲ピークの鎌ヶ峰。
そして独標から今日歩いて来た岩稜。
これまで前後に見えてた景色が、今日は一つになって見渡せる。
無雪期ならではのこの素晴らしい光景に、猛烈に感動してました。
14
この日ようやくお話する事が出来た方です。

二人しかいない山頂で山談議に花を咲かせてました(^.^)
2016年05月22日 13:30撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日ようやくお話する事が出来た方です。

二人しかいない山頂で山談議に花を咲かせてました(^.^)
22
自分も撮って頂き、そして楽しいひと時を ありがとうございました(^.^)

ほぼ無風の中、30分程じっくりこの景色を堪能し、スッキリとした気持ちで下山します。
2016年05月22日 13:18撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分も撮って頂き、そして楽しいひと時を ありがとうございました(^.^)

ほぼ無風の中、30分程じっくりこの景色を堪能し、スッキリとした気持ちで下山します。
47
7峰まで戻って来て、ここが要注意箇所。
この岩峰は次の写真左に写ってるもの。

この場所では次の8峰の標柱が見えてませんし、この様にしっかりとした踏み跡があるので、迷い込みに要注意です!!
2016年05月22日 14:02撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7峰まで戻って来て、ここが要注意箇所。
この岩峰は次の写真左に写ってるもの。

この場所では次の8峰の標柱が見えてませんし、この様にしっかりとした踏み跡があるので、迷い込みに要注意です!!
12
それを誤って行ってしまうと最後は切れ落ちて終わり。

しかしこうやって見ると、7峰下のクサリも有難い所に設置されてますね。
2016年05月22日 14:05撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それを誤って行ってしまうと最後は切れ落ちて終わり。

しかしこうやって見ると、7峰下のクサリも有難い所に設置されてますね。
13
独標に戻って振り返る

ここからでは全く見えない稜線歩きでした。
2016年05月22日 14:18撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標に戻って振り返る

ここからでは全く見えない稜線歩きでした。
13
丸山にて最後にもう一度振り返る

今日一日、ホントにいい天気に感謝(^.^)
2016年05月22日 14:44撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山にて最後にもう一度振り返る

今日一日、ホントにいい天気に感謝(^.^)
15
ここに来て15:15発の便は無理と判断。
時間調整の為、ベンチで休憩させて頂きました。

中の自販機にノンアルがあるって初めて知った(^_^;)
この日は炭酸が美味かった〜(^.^)
2016年05月22日 14:54撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに来て15:15発の便は無理と判断。
時間調整の為、ベンチで休憩させて頂きました。

中の自販機にノンアルがあるって初めて知った(^_^;)
この日は炭酸が美味かった〜(^.^)
10
RW西穂高口付近、
千石園地での雪の状況。

もう夏靴で大丈夫ですよ!
2016年05月22日 15:37撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
RW西穂高口付近、
千石園地での雪の状況。

もう夏靴で大丈夫ですよ!
9
5分前にピッタリ到着!!

行きも帰りも待ち時間無しでスムーズに!
が、モットーです(^.^)
2016年05月22日 15:40撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5分前にピッタリ到着!!

行きも帰りも待ち時間無しでスムーズに!
が、モットーです(^.^)
11
岩稜帯からうって変わって新緑を楽しむ。
まだまだ蒼い空でいてくれました(^.^)

今日は足湯 スルーします
(^_^;)
2016年05月22日 15:56撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜帯からうって変わって新緑を楽しむ。
まだまだ蒼い空でいてくれました(^.^)

今日は足湯 スルーします
(^_^;)
9
ここは1年を通していつでも楽しめますね!

また是非訪れたくなる場所です。
2016年05月22日 15:58撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは1年を通していつでも楽しめますね!

また是非訪れたくなる場所です。
15
撮影機材:

感想/記録

いやいや〜
この日も終始笑いがとまらん日でした(^.^)

初の西穂本峰を素晴らしい日に登れたことに
心から感謝したいです。

コース内容なんかは上で十分書きましたので、
ここではちょっと余談を。


この日は地元小学校校下の町会対抗運動会でした。
(こちらでは社会体育大会と呼んでます)
自分は朝7時から小学校運動場にてテント張りを任されてました。
その後もここで運動会に参加する予定で準備してましたが、
その時 役員の仲間から、

役:こんないい天気に山いかんのか?
棟:行きてぇけど、コレ放って行けんやろ・・・14時から片付けもあるし。
役:今年は人おるし、それにおめーんとこからトラックと次男も出てっから
  なんも問題ねぇぞ! 行って来いや
棟:マジでっ!!(^.^)

って事で、
ここで遠慮する事無く 作業が終わると同時に高速に向かった。

行先は迷う事無く新穂高へ。
10:15発のRWに乗れた時点でこの日の目的地は決まってた。
しかしこれまで最終RWの時間を気にした事が無かったので、
西穂高口で確認するのをつい忘れてしまった。
おそらく16時台があったと思うが確信が無い。

途中でそれに気が付き、自分で調べればそれで済む話だが、
こんな時は・・・山仲間だ(^.^)

自分の今日の山行を仲間に伝えると共にLINEグループで尋ねた所、
僅か数分でtaimuさんが教えてくれた。
今回は場所が場所だけに、山仲間が知っててくれると思うと・・・
それだけで心にゆとりが出来ました。
ありがとうございました(^.^)


下山時に、リレーの選手として出た次男が気になって電話してみた。

棟:どうやった?
役:3人抜きやったぞ! でも結果2位やったけどな(^_^;)
棟:少しは役に立った様やな!
役:来年もトラックと次男置いてけばおめーおらんでいいぞ!山でも行っとれ!!
棟:・・・あらら(^_^;)。
役:18時からみんなで飲むから待っとっぞ!!
  気〜つけて帰ってこいや〜(^.^)


って、こんなやり取りしてました。

常日頃から 地域の方との持ちつ持たれつのお付き合いが、こんな時に生きて来る。
もちろん山仲間ともです。


この日の天候に感謝。
快く送り出してくれた地元の仲間に感謝。
そして安心感を作ってくれた 山仲間に感謝。


これからも何事にも驕らず、
謙虚に楽しく 山に携わって行きたいと思います。

訪問者数:1253人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ