また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 88739 全員に公開 フリークライミング丹沢

東丹沢 広沢寺 弁天岩 その3

日程 2010年11月27日(土) [日帰り]
メンバー
 stk(CL)
 t-kinjou(感想)
 shin-w(記録)
天候曇り(たまに晴れ)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道246号〜県道603号〜県道63号〜県道64号
コンビニは県道603号あたりが最後です。

また、電車・バスを利用する場合、厚木駅より神奈中バスで
広沢寺温泉または広沢寺行きを利用します。
広沢寺温泉玉翠楼付近に、登山用の駐車場があります。
http://dia.kanachu.jp/bus/viewtop
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

基礎練習
・最左端ルート5.8(濡れているため撤退)
・プレゼントファイヴ5.7
・一般左ルート5.7

前回の記録(東丹沢 広沢寺 弁天岩 その2)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-84722.html
コース状況/
危険箇所等
時間帯によって水が染み出してます。特に最左端ルートより左側は、フリクションが得られず危険な状態。
また枯葉がホールドに溜まっており、足を置くときは滑らないよう要注意でした。
過去天気図(気象庁) 2010年11月の天気図 [pdf]

写真

予期せぬ紅葉にびっくり!
2010年11月28日 02:19撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予期せぬ紅葉にびっくり!
広沢寺付近。
2010年11月27日 10:59撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広沢寺付近。
紅葉目的で来てもイイ場所かもしれないです。
2010年11月28日 02:23撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉目的で来てもイイ場所かもしれないです。
紅葉狩りを楽しみます。
2010年11月27日 11:09撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉狩りを楽しみます。
弁天岩に付くと先客が多数。外国人の大集団がいました。
2010年11月28日 02:20撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弁天岩に付くと先客が多数。外国人の大集団がいました。
落葉も進み、左上部奥のルートも下から望めました。
2010年11月27日 11:13撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落葉も進み、左上部奥のルートも下から望めました。
しょうがないので空いてる最左端ルートをいくが、ここはごらんの通り濡れててダメでした。
2010年11月28日 02:25撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しょうがないので空いてる最左端ルートをいくが、ここはごらんの通り濡れててダメでした。
ヌメった岩。水分がこんなにも影響するということがよくわかりました。
2010年11月27日 12:30撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌメった岩。水分がこんなにも影響するということがよくわかりました。
ロープシートのしたにKEENのマットを敷いて泥除け。
2010年11月27日 12:30撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープシートのしたにKEENのマットを敷いて泥除け。
一瞬空いたスキをついてプレゼントファイヴを敢行
2010年11月28日 02:22撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬空いたスキをついてプレゼントファイヴを敢行
紅葉が美しい弁天岩上部
2010年11月28日 02:23撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉が美しい弁天岩上部
stkヌンチャク回収中
2010年11月28日 14:05撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
stkヌンチャク回収中
stkロワーダウン
2010年11月28日 02:24撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
stkロワーダウン
一般左ルート t-kinjou挑戦中
2010年11月28日 02:27撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般左ルート t-kinjou挑戦中
なんとヌンチャク切れ!となり、一旦ロワーダウンするt-kinjou
2010年11月28日 13:55撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとヌンチャク切れ!となり、一旦ロワーダウンするt-kinjou
アイゼンでの登攀トレをしている人もいました。
2010年11月28日 02:44撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンでの登攀トレをしている人もいました。
shin-w 一般中央ルートロワーダウン
2010年11月28日 02:34撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
shin-w 一般中央ルートロワーダウン
t-kinjou一般左を継続挑戦。これでついに突破します。水の染み出しが大きくなってるのがわかります。
2010年11月28日 02:41撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
t-kinjou一般左を継続挑戦。これでついに突破します。水の染み出しが大きくなってるのがわかります。
t-kinjouがゴールについた頃。
傾斜の関係上、姿は見えません。実際はもっと暗く、三脚+スローシャッターでこの明るさに写ってます。
2010年11月28日 02:24撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
t-kinjouがゴールについた頃。
傾斜の関係上、姿は見えません。実際はもっと暗く、三脚+スローシャッターでこの明るさに写ってます。

感想/記録
by stk

3度目の弁天岩

感想をポイントごとに

1.人が多い。。。
今まで一番混んでいたかも。
外国人の大集団が複数ルートに取り付いていてビックリ。
他にもソロの訓練の人多数。アイゼントレをしている人もいました。

2.水が染み出す。。
暖かい時期と違い、染み出す水の蒸発速度のバランスの関係上、結構濡れている場所が多かった。最左端ルートなど、フリクション効かず取り付くことすらままならなかった。危ないですね。

3.進歩?
かなり、というか相当遅い時間(ヘッドランプたよりに懸垂下降)になってしまったが、t-kinjouが一般左ルートをゴールまでいった。高さおよそ50m。プレゼントファイヴ以外で初のゴール到達。これを足がかりにレベルを上げていきたい。

感想/記録

<1本目>
◆最左端ルート(5.8)@リード
降雨後の日陰のルートで全体に塗れており、取り付き1本めのボルトで敗退。
ヌメった感じでフリクションが全く効かない。前回敗退を克服できず残念。

<2本目>
◆プレゼントファイブ(5.7)@トップロープ
ファイブ・テンのアプローチシューズ「イグザム ガイド」を購入したので靴下2枚履きの登山仕様にして登った。
この靴は、締めつけが強く、足と一体感がありフリクションも無問題。
クライミングシューズに比べて足が温かいし、クライミングシューズに比べれば締め付けは弱いので
逆に登り易いくらいだった。

<3本目>
◆プレゼントファイブ(5.7)@トップロープ
3本目は、連続でファイブ・テンのクライミングシューズ「モカシムオンサイト」で登り直し。
感覚の違いを感じてみた。
「イグザム ガイド」との違いは、岩の硬さが伝わってくること。安心感があること。足が冷たいこと。

<4本目>
◆一般左ルート(5.8)@ボルト3本目までトップロープ、中間点でロアーダウン。
今回初挑戦のルートで、途中まではトップロープになっていたので一気に登る。
ホールドも明確で、プレゼントファイブとあまり変わらない。
ボルト3本目以降はロープが張られていないので、中間点まではリードで登る。
ここら辺からホールドが若干細かくなるけど、体力を消耗していないのでスタンスさえ決まれば
あとは体を押し上げる感じでガシガシ進めていけた。

5本目のボルトが明らかに終了点の形状でレスト出来るスタンス(中間点)もあり小休憩。
見上げると上部にもボルトは続いており登るべきか、降りるべきか悩みつつ、とりあえず数m登った。
そのタイミングで「ロープが足りないかもしれない」との声が下からあり、さっさと降りた。
実際、この中間点までなら懸垂下降できるけど以降はビレイでは登れるものの
懸垂下降は、途中でピッチを切らないと行けない状態だった。

降りたあと、懸垂降下の仕方をSTKに確認して(^^;
再チャレンジを目指すことにした。

<5本目>
◆一般左ルート(5.8)@中間点までトップロープ、以降リード。
(夕方6時30分からのトライだったので、ヘッドランプを装備に加えてチャレンジ)
中間点から先、2つ先のボルトあたりまでがホールドが探しづらい。
小さいホールドなので、こまめにスタンスを確認して上げつつ、上下に手足を掛けて登った。
さらに、ここら辺になると慣れないロープの重さにも苦労しつつなんとか終了点に到着。
セルフビレイを取って振り返ると、ビレイヤーはスラブ岩の下で見えない。ようやくゴール。

ここから懸垂下降で降りるものの、日没後で手元が暗くなりだしヘッドランプを点けて降下。
さらに中間点の支点で、ロープダウンをして再度の懸垂下降。
最後は真っ暗な中、ひたすら左右のヌンチャクを探すことに神経を集中し何も考えないで降りた。
無事降りてから足が震えました。。

<反省>
・ヘッドランプを使う時間に登らない。
 少なくともベルトとランプが簡単に分離するランプで登らない。。落ちそうなので口でくわえて降りました・・・。
・エイト環を落とす恐怖は良くない。手際よくしないと。
 今後は環付ビナ(orオーバルのストレートゲート)と合わせて予備は持って登ることににする。
・終了点まで行くと、クライミングせずにアプローチできる脇道があるので
今回の場合、無理せずトップロープでヌンチャクを回収しつつ降りて、アプローチ道経由で登ってロープ回収したほうが早かった。。

<感想>
・今回、室内と外岩の違いというか、外岩としてのフリクションのかけやすさを実感できたのは大きな収穫。
小さなフットホールドでも案外イケる。上下に手足をホールドすることで意外とカカリが良くなる。

・今回のウェアはミズノのブレスサーモのウール。スポーティすぎるので、
半袖Tシャツを着たけど薄手でも結構温かい。一緒に来たメンバーはフリースだったけど、
これで十分だった。発汗性能は確認出来なかったがベースレイヤとしてヒートテックの代わりになりそう。
訪問者数:1734人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ