ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 906413 全員に公開 ハイキング中国山地西部

西の原から三瓶山-室の内

日程 2016年06月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道9号線出雲市差海交差点-才谷トンネル-国道184号線飯南町志津見(うぐいす茶屋右折)-県道40号線大田市西の原駐車場

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間59分
休憩
41分
合計
4時間40分
S西の原登山口08:1008:19男三瓶・扇谷分岐08:2209:06森林限界(標高920m)09:0709:40男三瓶山09:4510:01ユートピア10:0310:26女三瓶山10:4010:53室ノ内展望台10:5411:15室内池11:1811:22室内池分岐11:2312:00鞍部分岐12:0512:25男三瓶・扇谷分岐12:3112:50西の原登山口12:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

定めの松からグリーンの草原を歩く
由布岳登山口を彷彿させる風景です
2016年06月26日 08:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定めの松からグリーンの草原を歩く
由布岳登山口を彷彿させる風景です
10
自然林の急斜面のトラバースから九十九折のターンを繰り返す
2016年06月26日 08:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然林の急斜面のトラバースから九十九折のターンを繰り返す
2
ガスの三瓶山頂に着いた!
真っ白い景色を堪能!
犬戻しへと急ぐ
2016年06月26日 09:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの三瓶山頂に着いた!
真っ白い景色を堪能!
犬戻しへと急ぐ
6
犬戻しを通過し高度を下げると視界が開けてくる
2016年06月26日 09:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬戻しを通過し高度を下げると視界が開けてくる
1
ユートピアから室の内カルデラを俯瞰する
三瓶山の神秘の中枢部
ここへ行かないと三瓶に来た気がしません
今日も行きますが
2016年06月26日 10:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユートピアから室の内カルデラを俯瞰する
三瓶山の神秘の中枢部
ここへ行かないと三瓶に来た気がしません
今日も行きますが
2
女三瓶の展望デッキ
2016年06月26日 10:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女三瓶の展望デッキ
1
平坦な森を歩くと室内池に到着
2016年06月26日 11:15撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦な森を歩くと室内池に到着
2
孫三瓶の山体が映る
2016年06月26日 11:16撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫三瓶の山体が映る
3
男三瓶を仰ぐ(ここからの標高差約500mです)
クヌギ・カシワの林を抜け室の内の奥へ奥へと進む
2016年06月26日 11:24撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男三瓶を仰ぐ(ここからの標高差約500mです)
クヌギ・カシワの林を抜け室の内の奥へ奥へと進む
1
アカゲラくんが遊びに来た(^^)
2016年06月26日 12:34撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカゲラくんが遊びに来た(^^)
3
またお隠れになる
梅雨の狭間の晴れ間でした
2016年06月26日 13:03撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またお隠れになる
梅雨の狭間の晴れ間でした
5

感想/記録

晴れの予報でしたがお山は雲を被ったままw
西の原から登るのは超ひさしぶりですがやはりここが『正面』登山口の雰囲気たっぷりでワクワクします。
ハイカーじゃなくてもここから登りたいという衝動に駆られるでしょう!
こんな雰囲気は由布岳登山口に似てます。
草原を渡る〜麓の樹林帯に取付く〜森林限界を抜ける〜絶頂に立つ
という共通の王道のシナリオです!
三瓶山のもう一つ大きな魅力は室の内です。
ここは外に流れ出す水流も全くない完全な窪地でこの樹海に降り立つと外界から
完全に隔絶されたロストワールドにいるような空気を味わえます( ̄▽ ̄)
恐竜はいませんが小鳥たちの天国になってます(*'▽')



訪問者数:384人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ