ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 907721 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走妙高・戸隠・雨飾

黒姫山

日程 2016年07月01日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ 一時ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
黒姫高原に駐車場がたくさんあります。今回は、町営駐車場に止めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間49分
休憩
43分
合計
7時間32分
S町営駐車場06:0006:30スキー場内の望湖台07:12四合目望湖台07:42姫見台07:4508:13越見尾根08:48黒姫乗越08:5009:15七ツ池09:30峰ノ大池09:4010:10峰ノ大池分岐10:22黒姫山10:4511:50日ノ出石11:5512:30シナノ木13:32町営駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雨の直後でしたので滑りやすかったですが、危険箇所はありません。
七ツ池散策は湿地を歩きます。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

町営駐車場の少し上から見た朝の黒姫山。このころは山頂部が見え隠れしていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
町営駐車場の少し上から見た朝の黒姫山。このころは山頂部が見え隠れしていました。
スキー場内にある「望湖台」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場内にある「望湖台」
標識はわかりませんでしたが、要するに山頂方向に向かう登山道を歩けばよいということで、花を見ながら歩きました。登山道は明瞭です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識はわかりませんでしたが、要するに山頂方向に向かう登山道を歩けばよいということで、花を見ながら歩きました。登山道は明瞭です。
四合目の望湖台です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四合目の望湖台です。
姫見台。ガスが流れてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫見台。ガスが流れてきます。
この頃は、日が差したりしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この頃は、日が差したりしました。
黒姫乗越から火口へと下ります。すると、まもなく平坦になり、楽に歩けるようになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒姫乗越から火口へと下ります。すると、まもなく平坦になり、楽に歩けるようになります。
突然、目の前に湿原が見えます。これまでの疲れが、吹き飛びます。ここから七ツ池を楽しみながら歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然、目の前に湿原が見えます。これまでの疲れが、吹き飛びます。ここから七ツ池を楽しみながら歩きます。
1
いいですねえ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいですねえ。
2
七ツ池の隣は、峰ノ大池です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ池の隣は、峰ノ大池です。
1
誰もいないので、三脚を立てて撮りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰もいないので、三脚を立てて撮りました。
4
そして、黒姫山の山頂です。昼食を摂っていたら男性が来たので、撮影をお願いしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、黒姫山の山頂です。昼食を摂っていたら男性が来たので、撮影をお願いしました。
3
ガスがとれると、こんな感じに。
晴れそうもないので、表登山道を下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがとれると、こんな感じに。
晴れそうもないので、表登山道を下ります。
1
日ノ出石。ここからは緩やかな下りとなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日ノ出石。ここからは緩やかな下りとなります。
1
やがて林道に出ます。今回は御鹿池に向かう登山道を使います。ところが、御鹿池への分岐あたりで作業をしていて、すぐには分岐がわからなかったのですが、目印があったので修正できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて林道に出ます。今回は御鹿池に向かう登山道を使います。ところが、御鹿池への分岐あたりで作業をしていて、すぐには分岐がわからなかったのですが、目印があったので修正できました。
1
その後は、こんな標識もあって、御鹿池や童話館へと道が続いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後は、こんな標識もあって、御鹿池や童話館へと道が続いています。

感想/記録

黒姫高原からの周回コースを考えて、このルートにしました。同じ道を通らないで主な場所を通過するようにしました。
直前まで雨が降っていたようで、木々も地面も濡れていました。ややすべりやすい状態でした。雲がとれるときれいな青空が見えるのですが、周りの山は見えませんでした。
なお、山頂で会った男性は3名の同行者がいましたが、それ以外に会った人はいませんでした。
訪問者数:516人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

乗越 ガス 林道 高原 目印
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ