また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 934042 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

硫黄岳、赤岳周回 (還暦祝いのゆるい山行)

日程 2016年08月05日(金) 〜 2016年08月07日(日)
メンバー , その他メンバー6人
天候晴れ(時に曇り,一時小雨)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央高速道路諏訪南ICより八ヶ岳ズームラインにて美濃戸口経由で美濃戸。
当初、美濃戸口集合でそこからスタートするつもりでしたが、林道から出て来る車が多かったので、車の台数減らして、美濃戸まで。
赤岳山荘駐車場(1000円/1泊)を利用しました。登山届、下山届は手前の美濃戸口にて提出。
軌跡は、帰りの美濃戸〜美濃戸口の車移動分が入ってしまいました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間7分
休憩
6分
合計
2時間13分
S赤岳山荘12:1012:16美濃戸山荘13:15堰堤広場13:2114:23赤岳鉱泉
2日目
山行
6時間31分
休憩
3時間6分
合計
9時間37分
赤岳鉱泉06:3606:43大同心沢(大同心ルンゼ)分岐06:4408:06赤岩の頭08:1408:39硫黄岳08:4909:13硫黄岳山荘09:2710:01横岳(奥ノ院)10:1310:19無名峰10:2110:27横岳(三叉峰)10:3010:35石尊峰10:3710:40鉾岳10:4410:46日ノ岳10:5411:01二十三夜峰11:0511:14地蔵の頭11:18赤岳天望荘12:0112:45赤岳頂上山荘12:49赤岳13:3713:40竜頭峰13:4114:28中岳14:4214:48中岳のコル14:5015:33行者小屋15:4316:13赤岳鉱泉
3日目
山行
3時間2分
休憩
54分
合計
3時間56分
赤岳鉱泉07:4308:17行者小屋09:0209:56中ノ行者小屋跡10:0111:30美濃戸山荘11:3411:39赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全線で良く整備された登山道。
稜線でも要所ははしご、階段があり、岩場も安心して歩けるコースです。(積雪期は解りません)
当然ですが、湿潤時のスリップ、ガス発生時のルート取りなどの通常の歩行注意は必要です。
尚、記載した所要時間は全く参考になりません。どう考えても休憩、グズグズが多すぎますので(笑)。
その他周辺情報下山後、「もみの湯」(入湯料500円)で汗を流しました。また、「山の幸」で山の幸定食を頂きました。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

久しぶりの多人数パーティーです。このメンバーで登るのは30年ぶり。
わくわくして、全員既にテンションはかなり高め。自分も南八ヶ岳が初めてなので、ワクワクします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの多人数パーティーです。このメンバーで登るのは30年ぶり。
わくわくして、全員既にテンションはかなり高め。自分も南八ヶ岳が初めてなので、ワクワクします。
2
金曜日の昼で駐車場はこんな感じ。明日からは8月最初の土日なのでもっと混んでくるんだろうなァ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金曜日の昼で駐車場はこんな感じ。明日からは8月最初の土日なのでもっと混んでくるんだろうなァ。
良い雰囲気です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い雰囲気です。
雨です。10分ぐらいは強め、あとは雨具を使うかどうか迷うほどの小雨です。雨がそんなに楽しいですか?というほど、しゃべくり倒してます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨です。10分ぐらいは強め、あとは雨具を使うかどうか迷うほどの小雨です。雨がそんなに楽しいですか?というほど、しゃべくり倒してます。
1
さすがに人気の山域です。抜群に整備されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすがに人気の山域です。抜群に整備されています。
2
あれがいわゆる横岳?。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれがいわゆる横岳?。
1
赤岳鉱泉に到着。冷たい生ビールが頭に浮かびます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉に到着。冷たい生ビールが頭に浮かびます。
1
これが有名なステーキの夕食だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが有名なステーキの夕食だ。
1
鉱泉の小屋前から赤岳が見えてます。立派な山容ですね。
小屋前で飲む冷たい生ビール、缶ビールと持参したウイスキーでかなり出来上がってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉱泉の小屋前から赤岳が見えてます。立派な山容ですね。
小屋前で飲む冷たい生ビール、缶ビールと持参したウイスキーでかなり出来上がってます。
二日目のスタートです。
涼しいし、いい道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目のスタートです。
涼しいし、いい道です。
1
もうすぐ赤岩の頭です。稜線にケルンが並んでます。
でも「ケルンが見える!」で、休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ赤岩の頭です。稜線にケルンが並んでます。
でも「ケルンが見える!」で、休憩。
あれが横岳、赤岳かァ。近そうに見えるけど、結構な道のりなんだろうなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが横岳、赤岳かァ。近そうに見えるけど、結構な道のりなんだろうなあ。
1
硫黄岳。でも「もうチョイだ!」で、休憩。
(ユル過ぎる)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳。でも「もうチョイだ!」で、休憩。
(ユル過ぎる)
2
硫黄岳到着。さすがに登山者が多いです。
自分は、勝手にココで富士山が見えるものと勘違いしてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳到着。さすがに登山者が多いです。
自分は、勝手にココで富士山が見えるものと勘違いしてました。
1
コレが爆裂火口ですかァ。すごいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コレが爆裂火口ですかァ。すごいですね。
いつもは各自ソロ登山者ですが、パーティーになると、バカ話していても自然に「等間隔の列」になっていくのは昔の習性でしょうか?見ていて笑えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもは各自ソロ登山者ですが、パーティーになると、バカ話していても自然に「等間隔の列」になっていくのは昔の習性でしょうか?見ていて笑えます。
2
コマクサ。保護されてます。遅くなかったんだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマクサ。保護されてます。遅くなかったんだ。
ユルイおじさんたち。
行程中、ズーッとしゃべって、笑ってる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユルイおじさんたち。
行程中、ズーッとしゃべって、笑ってる。
積雪時は稜線上をたどるのでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪時は稜線上をたどるのでしょうか?
横岳。(ってゆう山頂があるんだ!北八ッにもあったような気がする)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳。(ってゆう山頂があるんだ!北八ッにもあったような気がする)
なんか、めちゃくちゃに気分がいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか、めちゃくちゃに気分がいい。
各年代の元CL達だから、「全員がCLになっちゃう」瞬間がある。自分は行程中ズーッと最下級生でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
各年代の元CL達だから、「全員がCLになっちゃう」瞬間がある。自分は行程中ズーッと最下級生でした。
2
以前は「鎖なんぞ有っても信用するな」って言われたけどねえ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前は「鎖なんぞ有っても信用するな」って言われたけどねえ。
1
カメラを向けると、妙なテンションではしゃぐ還暦前後のおじさん達。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラを向けると、妙なテンションではしゃぐ還暦前後のおじさん達。
2
カメラ向けるとやっぱり変。いくら楽しくても、この年で「ピース」はないでしょう(笑)!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラ向けるとやっぱり変。いくら楽しくても、この年で「ピース」はないでしょう(笑)!
1
ここはよくレコされてる撮影ポイントですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはよくレコされてる撮影ポイントですね。
4
「くまもん」地蔵の頭。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「くまもん」地蔵の頭。
1
展望荘まで、もうチョイ。
でも、やっぱりここで休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望荘まで、もうチョイ。
でも、やっぱりここで休憩。
1
振り返り写真。横岳、硫黄岳、向こうに天狗。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返り写真。横岳、硫黄岳、向こうに天狗。
1
赤岳展望荘到着。
やっぱり休憩。
「ペットのカルピスがある」で購入し、こんなことでも盛り上がる。行動食と「おつまみ」が混在してザックからでてくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳展望荘到着。
やっぱり休憩。
「ペットのカルピスがある」で購入し、こんなことでも盛り上がる。行動食と「おつまみ」が混在してザックからでてくる。
1
赤岳山頂です。混雑してます。
やっぱり大休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂です。混雑してます。
やっぱり大休憩。
1
登山者が多いので、順番待ちもあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者が多いので、順番待ちもあります。
1
振り返ると、結構大変なルートだわ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、結構大変なルートだわ。
1
中岳登りから振り返り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳登りから振り返り。
中岳。コルより行者小屋方面に下ります。
三人ほど阿弥陀ピストンと駄々をこねるが、時間的にも却下。
小屋で生ビールが優先です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳。コルより行者小屋方面に下ります。
三人ほど阿弥陀ピストンと駄々をこねるが、時間的にも却下。
小屋で生ビールが優先です。
1
文三郎尾根ルートとの合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根ルートとの合流。
1
もうチョイで行者小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうチョイで行者小屋。
中山乗越。赤岳鉱泉はこっちだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山乗越。赤岳鉱泉はこっちだ。
赤岳鉱泉に帰ってきました。
本日終了。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉に帰ってきました。
本日終了。
二日目夕食はビーフシチューと大エビフライ。すごいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目夕食はビーフシチューと大エビフライ。すごいです。
1
刻一刻と変化する雲。見ていて飽きない。夜空もきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刻一刻と変化する雲。見ていて飽きない。夜空もきれい。
1
夜の赤岳鉱泉。さすがに土曜日は満員のようです。にぎやかです。
個室を手配していたので、消灯後も各自ヘッドライト着けて、円陣で、声を落とした山の話とウイスキー。懐かしい三角テントの中の雰囲気だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜の赤岳鉱泉。さすがに土曜日は満員のようです。にぎやかです。
個室を手配していたので、消灯後も各自ヘッドライト着けて、円陣で、声を落とした山の話とウイスキー。懐かしい三角テントの中の雰囲気だ。
1
おはようございます。3日目です。
素晴らしい青空。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます。3日目です。
素晴らしい青空。
南沢を下ることにして、一旦 行者小屋へ向かいます。
コースタイムで40分ほどなのに、途中休憩、散策付きですから、自分だけ先に小屋へ行ってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢を下ることにして、一旦 行者小屋へ向かいます。
コースタイムで40分ほどなのに、途中休憩、散策付きですから、自分だけ先に小屋へ行ってます。
行者小屋到着後、いきなり大休憩。
赤岳を望む。
ココで現役パーティーと合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋到着後、いきなり大休憩。
赤岳を望む。
ココで現役パーティーと合流。
やっぱり南八ッもコケが多いんだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり南八ッもコケが多いんだ。
1
総勢16名の移動。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
総勢16名の移動。
1
美濃戸山荘到着。周回は終了です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘到着。周回は終了です。
1

感想/記録
by patho

部活OB有志の山行。還暦祝いを兼ねての「赤岳鉱泉起点で硫黄岳〜赤岳の周回」2泊3日で余裕たっぷり、ユルユルの山行。
東海、三河、北陸、大阪、京都から各自で美濃戸口へ集合。
自分にとっては南八ヶ岳が初めてでもあり、計画段階からかなり楽しみにしていました。他は結構 八ヶ岳に登っているらしい。
各自普段はソロ主体で、30数年〜40年ぶりにパーティーを組みました。全員が最初から最後までテンションが上がりっぱなしで、学生時代に逆戻り。というより、現役の縛りがないからユルユルになりました。
高くて、奇妙なテンションを保ちながら、最高に面白い、夢の中にいるような3日間でした。
これからは、毎年一回の継続を約束して、散会しました。
自身の反省ですが、いい山なのになんで今までここに来なかったんだろう?
訪問者数:260人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ