ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 936812 全員に公開 沢登り大山・蒜山

大休谷(伯耆大山:一向平より周回)

日程 2016年08月11日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴!
無風
大休峠避難小屋気温22℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
一向平キャンプ場駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間18分
休憩
17分
合計
8時間35分
S一向平05:4906:53大休口07:49大休滝→大休谷へ12:22登山道出合12:31大休峠12:4814:24一向平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
合計時間: 8時間39分
合計距離: 11.45km
累積標高(上り): 1100m
累積標高(下り): 1105m
コース状況/
危険箇所等
一般登山道の箇所についてはその他のレポを参照されたい。
ここには「大休谷」のみ記載する。

■大休谷
地獄谷を経由して大休滝へ。
F1大休滝10mは右岸を高巻く。
急傾斜であり、岩も脆い。
木の根や枝を掴みながら上がる。

F2の滝壺を観るため一度沢へ下降。
ロープを出したが、出さなくても良い箇所もあった。
F2は2段約25m。下段5m、上段20m。
自分には直登出来ない。
右岸を高巻く事になるが、尾根までは急傾斜。
足元も滑りやすい。
F2の滝壺を観ないのであればそのまま巻けば良いかと。

高巻きに使った尾根は痩せており、
地獄谷側は切れ落ちている。
大休谷側も落ちれば止まらない斜度。
一部ガレ場があり、かなり崩落が進んでいる印象だった。
通過にはかなり気を遣った。

F2上流へは比較的楽に降りられる。
以後、直登不可能な滝は無く快適に遡行出来る。
(F4だけはちょっと技術が必要)
標高1000m付近で水は涸れる。(伏流?)
ブッシュと倒木が酷くなり、1090m付近で登山道へ逃げた。
大休谷の支渓を登り、途中で尾根に取付く。
羽虫多く防虫ネットが有り難かった。
その他周辺情報登山届は一向平キャンプ場の管理棟に提出
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

登山届を提出して、
一向平を出発。
良く晴れて、ガスもなし。
2016年08月11日 05:49撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届を提出して、
一向平を出発。
良く晴れて、ガスもなし。
大山吊り橋。
ゆれる。
2016年08月11日 06:07撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山吊り橋。
ゆれる。
1
大休口到着。
そのまま地獄谷へ降りる。
2016年08月11日 06:54撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大休口到着。
そのまま地獄谷へ降りる。
地獄谷出合。
装備を整える。
沢筋は空気もひんやり。
2016年08月11日 07:02撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷出合。
装備を整える。
沢筋は空気もひんやり。
1
崩落した堰堤。
いつも通り右岸を巻く。
水量少ない?
2016年08月11日 07:32撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落した堰堤。
いつも通り右岸を巻く。
水量少ない?
1
ここもいつも通り左岸を上がる。
2016年08月11日 07:34撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここもいつも通り左岸を上がる。
1
7号堰堤。
目的の大休滝はもうすぐ。
2016年08月11日 07:39撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7号堰堤。
目的の大休滝はもうすぐ。
大休滝。
大休谷F1。
ちょっと戻って右岸を巻きにかかる。
2016年08月11日 07:49撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大休滝。
大休谷F1。
ちょっと戻って右岸を巻きにかかる。
F1を巻く途中。
傾斜強く岩は脆い。
木の根を掴みながら上がって行く。
2016年08月11日 07:56撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1を巻く途中。
傾斜強く岩は脆い。
木の根を掴みながら上がって行く。
大休谷F2。
F2は2段約25m。
下段は5m、上段は20mの直瀑。
ハレーションで上段は写っていない。

とても登れそうに無いので少し戻り右岸を高巻く。
この高巻きが核心だった。
2016年08月11日 08:37撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大休谷F2。
F2は2段約25m。
下段は5m、上段は20mの直瀑。
ハレーションで上段は写っていない。

とても登れそうに無いので少し戻り右岸を高巻く。
この高巻きが核心だった。
F2の高巻きの途中。
ようやく尾根へ上がる。
この尾根は細く、ガレている箇所がある。
向かって左は地獄谷へ切れ落ちている。
右も結構な斜度。
F2上段が少し見えていたが、写真には写らず。
2016年08月11日 09:02撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F2の高巻きの途中。
ようやく尾根へ上がる。
この尾根は細く、ガレている箇所がある。
向かって左は地獄谷へ切れ落ちている。
右も結構な斜度。
F2上段が少し見えていたが、写真には写らず。
ガレ場を越えて振り返る。
崩落が進めば尾根は切れるだろう。
まだ繋がっていて良かった。
2016年08月11日 09:06撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場を越えて振り返る。
崩落が進めば尾根は切れるだろう。
まだ繋がっていて良かった。
大休谷へ降り立つ。
水が綺麗で遡行意欲が湧いてくる。
2016年08月11日 09:13撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大休谷へ降り立つ。
水が綺麗で遡行意欲が湧いてくる。
F3。
釜が深い。
2016年08月11日 09:19撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F3。
釜が深い。
深いV字谷。
急な増水があれば逃げられないだろう。
2016年08月11日 09:21撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深いV字谷。
急な増水があれば逃げられないだろう。
F4。
左岸側の流れを上がる。
手掛かり少い。
ここが一番楽しかった。
2016年08月11日 09:27撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F4。
左岸側の流れを上がる。
手掛かり少い。
ここが一番楽しかった。
1
峡谷が続く。
美しい谷だ。
2016年08月11日 09:40撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峡谷が続く。
美しい谷だ。
1
やがて谷は少しづつ開けて来る。
2016年08月11日 10:08撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて谷は少しづつ開けて来る。
1
同時に水量も細くなり、ブッシュが濃くなってくる。
2016年08月11日 10:19撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同時に水量も細くなり、ブッシュが濃くなってくる。
F5。
手掛かり多く簡単に上がれる。
2016年08月11日 10:20撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F5。
手掛かり多く簡単に上がれる。
1
F6。
二条になっている。
左は倒木で塞がれている。
右の流れを上がる。
2016年08月11日 10:43撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F6。
二条になっている。
左は倒木で塞がれている。
右の流れを上がる。
振り返ると矢筈の稜線がくっきり。
この辺りで水は涸れる。
2016年08月11日 10:50撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると矢筈の稜線がくっきり。
この辺りで水は涸れる。
2
正面に野田ヶ山が見えてくる。
2016年08月11日 11:25撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に野田ヶ山が見えてくる。
沢筋のブッシュが濃くなってくる。
水も無いのでここで遡行終了。
比較的緩傾斜の尾根を登り、支渓に取付く。
2016年08月11日 11:30撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢筋のブッシュが濃くなってくる。
水も無いのでここで遡行終了。
比較的緩傾斜の尾根を登り、支渓に取付く。
大休谷の支渓を登って行く。
水はない。
2016年08月11日 11:42撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大休谷の支渓を登って行く。
水はない。
野田ヶ山と大休峠の中間辺りに飛び出す。
2016年08月11日 12:22撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野田ヶ山と大休峠の中間辺りに飛び出す。
1
避難小屋では3パーティが休憩中だった。
装備を片付け休止。
一向平へ歩き出すが、
あと5.1kmの表示に愕然とする。
2016年08月11日 12:33撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋では3パーティが休憩中だった。
装備を片付け休止。
一向平へ歩き出すが、
あと5.1kmの表示に愕然とする。
よく晴れて、稜線も綺麗に見える。
今日は賑わっているだろうな。
2016年08月11日 13:01撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく晴れて、稜線も綺麗に見える。
今日は賑わっているだろうな。
1
大山滝へは沢山の家族連れがあり、
小さい子供も元気に歩いていた。
最初は階段をパスするつもりだったが、
あの子たちに顔向け出来ない気がして考え直す。
2016年08月11日 14:00撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山滝へは沢山の家族連れがあり、
小さい子供も元気に歩いていた。
最初は階段をパスするつもりだったが、
あの子たちに顔向け出来ない気がして考え直す。
1
それでも階段は地獄のようだった。
ラッセルのようにゆっくりゆっくり歩を進める。
2016年08月11日 14:05撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも階段は地獄のようだった。
ラッセルのようにゆっくりゆっくり歩を進める。
ようやくキャンプ場まで戻った。
ブトとアブの攻勢が激しかった。
画面左下の黒いものはブト。
2016年08月11日 14:23撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくキャンプ場まで戻った。
ブトとアブの攻勢が激しかった。
画面左下の黒いものはブト。
一向平牧場付近より。
稜線くっきり。
「山の日」としては最高の天気!
2016年08月11日 14:48撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一向平牧場付近より。
稜線くっきり。
「山の日」としては最高の天気!
1

感想/記録

以前から考えていた大山大休谷の遡行。
F1とF2の高巻きにひやひやしながらも
F2から上流の沢は割と平易で、
水温も冷たく気持ち良く遡行出来た。

野田ヶ山まで詰めるつもりだったが、
途中水も涸れ、ブッシュも濃くなって来たので早目に出渓した。

山の日の大山と言うことでもっと騒がしいかと思っていたが、
東大山は割と静かだった。
大休峠から大山滝までは誰にも会うことは無かった。

大山滝までの山道は沢山の家族連れで賑わっていた。
小さな子供が元気に歩いているのが印象的だった。

良く晴れて、山の日に相応しい一日だった。
訪問者数:269人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ