また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 945418 全員に公開 ハイキング 塩見・赤石・聖

鳥倉⇔荒川岳(赤石岳は爆風&雨の為、断念!)【スピードハイク】

情報量の目安: S
-拍手
日程 2016年08月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候超早朝  ド快晴
7:30〜  ガス、小雨、稜線は暴風雨(特に中岳)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鳥倉ゲート前P、前夜19:30頃到着時、入りは7〜8割程度。(枠外駐車多々)
当日15時下山時、かなり多くの空きスペース有り。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
38.4 km
登り
3,757 m
下り
3,741 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間52分
休憩
2時間12分
合計
14時間4分
S鳥倉ゲート前P12:5001:15鳥倉林道登山口01:1602:29三伏峠小屋02:3603:04烏帽子岳03:53小河内岳03:5505:25板屋岳05:45高山裏避難小屋06:0307:27前岳07:3007:38中岳07:4207:43荒川中岳避難小屋08:0008:29悪沢岳08:3609:00荒川中岳避難小屋09:4910:43高山裏避難小屋10:4511:18板屋岳11:2713:30烏帽子岳13:3113:51三伏峠小屋14:0015:00鳥倉林道登山口15:0315:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
CP    標準区間CT 標準CT  実区間CT  実累積CT  対標準CT比
鳥倉P     0:00
登山口    0:50   0:50   0:25   0:25   50%
三伏峠小屋  2:50   3:40   1:13   1:38   45%
烏帽子岳   0:55   4:35   0:28   2:06   46%
小河内岳   1:35   6:10   0:49   2:55   47%
板屋岳    2:05   8:15   0:30   3:25   41%
高山裏小屋  0:50   9:05   0:20   3:45   41%
前岳     3:15   12:20   1:24   5:09   42%
中岳     0:15   12:35   0:08   5:17   42%
東岳(悪沢岳) 1:30   14:05   0:29   5:46   41%
中岳非難小屋 1:10   15:15   0:24   6:10   40%
高山裏小屋  3:30   18:45   0:54   7:04   38%
板屋岳    1:10   19:55   0:38   7:42   39%
烏帽子岳   3:45   23:40   2:03   9:45   41%
三伏峠小屋  0:40   24:20   0:20   10:05   41%
登山口    2:00   26:20   1:00   11:05   42%
鳥倉P     0:40   27:00   0:16   11:21   42%
=======================================
合計          27:00        11:21   42%

食事等停滞時間含む総時間=14:04(対標準CT比=52%)
コース状況/
危険箇所等
■鳥倉〜三伏峠
 危険箇所無し、10分割標識有り。

■三伏峠〜荒川岳
 烏帽子、前小河内、小河内、板屋と、UP&DOWNを繰り返すが下りが多い印象。
 その後、最低鞍部の高山裏非難小屋を超えたら、荒川前岳へと向け600Mの上昇。
 中岳はすぐ(10分)、その後、荒川主峰の東岳へは、大きく下り、また登る。
 一部岩場があり「危」マークが地図上にあるが、塩見山頂直下レベルと同じで
 どなたでも登れる。

■復路
 大きく下降、その後、UP&DOWNを繰り返す。
 往路でこの事には既に気付くが、ピストンだと何と嫌なルートか笑
その他周辺情報松川IC傍の「信州まつかわ温泉 清流荘」@\400
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

前夜、車内にて晩御飯+プレモル500缶&ツマミ+冷酒。
かろうじて3時間だけ睡眠を取れた。
今回、予定では、先ず赤石岳へ行き、復路で荒川岳に寄りピストン。
50km弱の長いプランです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前夜、車内にて晩御飯+プレモル500缶&ツマミ+冷酒。
かろうじて3時間だけ睡眠を取れた。
今回、予定では、先ず赤石岳へ行き、復路で荒川岳に寄りピストン。
50km弱の長いプランです。
3
晴れ渡っており、非常に月光が明るい。
ヘッ電なしでも歩けるほど。
普段、ナイトハイクはまずしませんが、赤石目標だとしゃーないか、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れ渡っており、非常に月光が明るい。
ヘッ電なしでも歩けるほど。
普段、ナイトハイクはまずしませんが、赤石目標だとしゃーないか、、、
鳥倉登山口到着。
ウォームアップを兼ねた早歩きで25分。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥倉登山口到着。
ウォームアップを兼ねた早歩きで25分。
1
三伏峠まで半分来ました。
2014年の塩見の時もそうでしたが、だいたい7分間隔で標識に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏峠まで半分来ました。
2014年の塩見の時もそうでしたが、だいたい7分間隔で標識に到着。
6/10を過ぎると水場。
今はジャンジャン出てます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6/10を過ぎると水場。
今はジャンジャン出てます。
2
Mr. TJARこと望月選手、紺野選手の古巣、三伏小屋到着。
200歩看板から、179歩でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Mr. TJARこと望月選手、紺野選手の古巣、三伏小屋到着。
200歩看板から、179歩でした。
4
2014年の塩見の時は、70分で到着しましたが、今回は73分。
塩見と違って長丁場なので、ゆっくり目です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2014年の塩見の時は、70分で到着しましたが、今回は73分。
塩見と違って長丁場なので、ゆっくり目です。
テン場は満杯に見えました。
夜中2:30、まだどのテントにも明かりは点いていませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場は満杯に見えました。
夜中2:30、まだどのテントにも明かりは点いていませんでした。
2
塩見と赤石の分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見と赤石の分岐。
登っていくと美しい夜空が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っていくと美しい夜空が。
2
月が明るい為、雲が幻想的に照らし出されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月が明るい為、雲が幻想的に照らし出されています。
6
街の明かりも見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
街の明かりも見えました。
2
烏帽子岳にはあっさり到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳にはあっさり到着。
時刻はまだAM3時。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時刻はまだAM3時。
撮るものといったら、夜空と街明かりくらいしかありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮るものといったら、夜空と街明かりくらいしかありません。
でも、幻想的な雲が見れて見惚れてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、幻想的な雲が見れて見惚れてました。
1
高山裏非難小屋では、ドリンク類が全て完売!!
でも、今回はコンディション悪くなく、飲料水の減りはいつも通りかなり少ないので、1.5Lあれば充分そうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山裏非難小屋では、ドリンク類が全て完売!!
でも、今回はコンディション悪くなく、飲料水の減りはいつも通りかなり少ないので、1.5Lあれば充分そうです。
小河内岳到着。
景色がない。
やはりナイトハイクはつまらない、、、涙
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内岳到着。
景色がない。
やはりナイトハイクはつまらない、、、涙
3
夜景を楽しみますか!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜景を楽しみますか!
3
お、夜が明けてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、夜が明けてきました。
1
残念ながら、下って樹林帯に突入していた為、ご来光らしきものは拝めませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら、下って樹林帯に突入していた為、ご来光らしきものは拝めませんでした。
2
反対側の空は、まだ月夜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側の空は、まだ月夜。
2
明けてきましたが、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明けてきましたが、、、
なんだか雲が雨雲の張り出し方です、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだか雲が雨雲の張り出し方です、、、
1
広いところに出る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広いところに出る。
あれが目指す赤石岳か、、、?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが目指す赤石岳か、、、?
2
だいぶ明るくなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ明るくなってきました。
1
方角、距離からして、やっぱりあれが赤石岳だろうか、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
方角、距離からして、やっぱりあれが赤石岳だろうか、、、
2
おー、北アです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おー、北アです!
4
あ、槍穂見えてます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ、槍穂見えてます!
6
こっちは中央アルプス!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちは中央アルプス!
2
左に中ア、繋がるように北ア。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に中ア、繋がるように北ア。
3
この景色が見れただけでも来た甲斐ありました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色が見れただけでも来た甲斐ありました!
3
中アにも日が当たり始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中アにも日が当たり始めました。
3
壮大なアルプス山脈の景観が広がっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壮大なアルプス山脈の景観が広がっています。
3
あれは、、、乗鞍とか??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれは、、、乗鞍とか??
2
素晴らしい、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい、、、
3
板屋岳到着。
大日影山とか瀬戸沢ノ頭とか、知らない間に通り過ぎ、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板屋岳到着。
大日影山とか瀬戸沢ノ頭とか、知らない間に通り過ぎ、、、
恐らく、左側が荒川岳で、右奥が赤石岳だろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恐らく、左側が荒川岳で、右奥が赤石岳だろう。
1
フォトでは伝わらないが、迫力の斜面。
大地からエネルギーの塊が隆起したかのよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フォトでは伝わらないが、迫力の斜面。
大地からエネルギーの塊が隆起したかのよう。
1
なんとも澄んだ美しい朝空。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとも澄んだ美しい朝空。。。
2
高山裏非難小屋までもうちょい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山裏非難小屋までもうちょい。
見えてきました、可愛らしい小さな小屋です^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えてきました、可愛らしい小さな小屋です^^
1
到着〜!
時間はAM5:45、朝食は0時だった為、外テーブルでおにぎりを食べる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着〜!
時間はAM5:45、朝食は0時だった為、外テーブルでおにぎりを食べる。
2
すると大将が出てきて談笑。
ワタクシの太ももを一目見るやいなや、立派な脚してるな、こりゃ中々おらんぞ、と太ももをさする。
何かご利益ありそう!!笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると大将が出てきて談笑。
ワタクシの太ももを一目見るやいなや、立派な脚してるな、こりゃ中々おらんぞ、と太ももをさする。
何かご利益ありそう!!笑
6
どうやら、TJARの影響で、ドリンク類は全て完売したとか。
なので、大将お奨めはこの看板に。
水場、確かに冷たくて美味しい水が出てますよ〜!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうやら、TJARの影響で、ドリンク類は全て完売したとか。
なので、大将お奨めはこの看板に。
水場、確かに冷たくて美味しい水が出てますよ〜!
2
テン場はどの区画も綺麗に整地してあり快適そう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場はどの区画も綺麗に整地してあり快適そう!
1
そしてこれが大将の言ってた水場!
冷たくてウマイ水だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてこれが大将の言ってた水場!
冷たくてウマイ水だった。
4
まだまだすっきり青空が広がり中!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだすっきり青空が広がり中!
また標高を上げると出てくる中ア&北ア。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また標高を上げると出てくる中ア&北ア。
5
槍穂。
画面中央右が槍!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂。
画面中央右が槍!
4
中ア。
中央に千畳敷カールと宝剣!
目立ちます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ア。
中央に千畳敷カールと宝剣!
目立ちます。
5
ドーーーンと広がる絶景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドーーーンと広がる絶景。
3
中アと駒ヶ根市。
また主峰全山縦走したい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中アと駒ヶ根市。
また主峰全山縦走したい。
3
北アも晴れ渡っている。
この後、天気はどうだったのだろう、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アも晴れ渡っている。
この後、天気はどうだったのだろう、、、
って、ここ登るのタフ!!
延々続いてます!!汗
TJARの選手、300km以上移動してきてここ登るんだ、凄いな、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
って、ここ登るのタフ!!
延々続いてます!!汗
TJARの選手、300km以上移動してきてここ登るんだ、凄いな、、、
3
無心になって登り続けます。
時々振り返り、風景に元気をもらう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無心になって登り続けます。
時々振り返り、風景に元気をもらう。
2
手前の山肌、南アって感じでダイナミックで良い感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の山肌、南アって感じでダイナミックで良い感じ。
2
やっと登り終え稜線に。
この頃からガスり始めました。
風もかなり強い!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと登り終え稜線に。
この頃からガスり始めました。
風もかなり強い!
と、一気に雲が流れてきました、、、
やっと稜線なのにナゼ?!
WHY JAPANESE CLOUDS?!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と、一気に雲が流れてきました、、、
やっと稜線なのにナゼ?!
WHY JAPANESE CLOUDS?!
1
暴風の中、荒川前岳到着!
手前の痩せ尾根、暴風時はキケン!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暴風の中、荒川前岳到着!
手前の痩せ尾根、暴風時はキケン!
4
この時、雨はまだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時、雨はまだ。
2
で、中岳に向かいますが、完全に雲の中、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、中岳に向かいますが、完全に雲の中、、、
赤石への分岐。
遂に雨が降ってきました。
そして、余りの暴風に、赤石はここで断念する事を決意。
晴れた日に行かねば意味ナシ!!涙
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石への分岐。
遂に雨が降ってきました。
そして、余りの暴風に、赤石はここで断念する事を決意。
晴れた日に行かねば意味ナシ!!涙
1
荒川中岳。
ここは前岳以上に爆風が吹き荒んでました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川中岳。
ここは前岳以上に爆風が吹き荒んでました。
一応セルフィー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応セルフィー。
6
ソロのおっちゃんと交代で撮影。
風で身体が持っていかれます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソロのおっちゃんと交代で撮影。
風で身体が持っていかれます。
11
中岳非難小屋到着。
一瞬だけ雲が取れる。
不思議と、フォトでは非常〜に穏やかに見えます笑
雨も強まってきたため、レインパンツも穿き、東岳目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳非難小屋到着。
一瞬だけ雲が取れる。
不思議と、フォトでは非常〜に穏やかに見えます笑
雨も強まってきたため、レインパンツも穿き、東岳目指します。
中岳を過ぎしばらくすると、風は強風程度に。
でも、雨が強まってきてます。
8:29、悪沢岳とうちゃく!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳を過ぎしばらくすると、風は強風程度に。
でも、雨が強まってきてます。
8:29、悪沢岳とうちゃく!
2
ソロのイケメン男性に撮ってもらいました。
まだ8時半と早いですが、さぁ、サッサと下山しましょう!
中岳非難小屋にてカップヌードルを購入、持参したカルビ丼弁当と共に、スタミナ補給!
都合50分ほど停滞し、寒い中へ飛び出しました(イヤだったけど、、、)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソロのイケメン男性に撮ってもらいました。
まだ8時半と早いですが、さぁ、サッサと下山しましょう!
中岳非難小屋にてカップヌードルを購入、持参したカルビ丼弁当と共に、スタミナ補給!
都合50分ほど停滞し、寒い中へ飛び出しました(イヤだったけど、、、)
6
雨は強まる一方、、、
止まない雨は無いとの事ですが、雨は止みませんでした涙
板屋岳辺りで霧雨に(フォトはその時撮影)
が、また本降り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨は強まる一方、、、
止まない雨は無いとの事ですが、雨は止みませんでした涙
板屋岳辺りで霧雨に(フォトはその時撮影)
が、また本降り。
鳥倉登山口到着!
時間は15時ジャスト。
赤石外した為、だいぶ早く戻りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥倉登山口到着!
時間は15時ジャスト。
赤石外した為、だいぶ早く戻りました。
5

感想/記録

今回、鳥倉から荒川三山を日帰りピストンしてきました。

ヤマレコで良くして頂いているSさんのレコを参考にし、
本来なら、鳥倉→赤石→荒川三山→鳥倉という、
距離:48.70km、累積↑5,302m、累積↓5,288mという、
かなりスケールの大きいプランにてチャレンジしたのですが、
夜中〜超早朝まですこぶる良かった天気も、
台風の影響か、早い時間から暴風&雨となり、残念ながら、赤石は断念しました。
景色の無いガスガスの中、暴風に曝され歩いてても楽しくないですもんね、、、

前夜の車中泊で3時間しか眠れなかった割には、
いつも通り、飲料水の摂取は非常に控えめで、無理なく身体が動き、
調子良く歩けました。

烏帽子までは上昇していきますが、その後、大きく下降、また上昇と、
帰路を思っただけでウンザリ気味になりましたが、
往路は往路の事だけを考えよう!と現実逃避し(笑)、遠い赤石を目指しました。

順調に高山裏非難小屋に到着し、小屋の親父さんと談笑。
とっても人柄の良いお爺ちゃんで、
何だか大将の為にお役に立てる事ないかなぁ、
とついつい思わせる本当に良い〜〜〜方でした^^
Sさんからの差し入れの梨は、シロップ漬けで、つまんでらっしゃるとの事です!

さて、烏帽子からずっとそうでしたが、かなり風が強く、
体温調整の為のウィンドシェルの脱ぎ着は頻繁。
いよいよ標高差600Mのカールの大斜面登りになりますが、
汗だくでヒィコラ登ってここを抜け、稜線に出るとかなり強風。
そして、荒川前岳で暴風、荒川中岳では爆風となりました。
加えて、雨も降ってきて、赤石岳は断念する事を決意。
よって、東岳へ行き、せめて荒川三山でピストンしようと思い向かうも、
雨は強くなってきて、景色はゼロ。
一応、ピークを踏みましたが、これでは意味ナシですよね?

こまめに行動食を食べていて、それ程空腹ではなかったですが、
空腹感とは関係なしに、エネルギーが枯渇し掛けている事を感じていた為、
帰路の中岳非難小屋にて、しっかりエネルギーを補給しておかないと、
長い復路が持たないと感じ、また、暴風雨で体温が下がってきていた為、
カップヌードルと持参したカルビ丼を半ば無理やり食しました。
でも、これが正解だった様で、体温上昇し、満腹感で満たされ、
何より気力が物凄く戻りました!
(実際、CT短縮率も復路の方が良くなっていました)

ちなみにこちらの小屋の親父さん、凛々しい顔立ちで厳格な方で、
一見怖い印象と思われる方もいらっしゃると感じましたが、
まさに山ヤで、山と小屋のマナーとルールをきちんと守れば、
すこぶる芯が優しい方、そんな印象を抱きました。
南アの小屋の親父さん=昔ながらの生粋の山の親父、というのを思い出され、
山への対し方について袂を正す、そんな気にさせて頂けました。
ありがとうございます。
(滞在していた間、色々なハイカーさんが注意を受けていました。
 カップラを食べ終え「大将ご馳走様、元気出ました!」と空容器を渡すと、
 びっくりする程満面の笑みをくれ「おぉそうか!ありがとう、気をつけて!」
 と送り出してくれ、実はそれが一番元気が出たのです)

さて、荒川含め、赤石もリベンジしたいので、改めて入山しますが、
このピストンはもういいです、、、笑
Sさん、これを続けて2回もやるなんて凄過ぎ!
元々ピストンは得意ではありませんが、往路も復路も登ったり降りたりで、
どっちが上山・下山って感じじゃないです^^;
まぁでも、これぞ縦走!って事なんだと思いますし、
だからこそ、デッカイ南アは懐が深いんだと思います。

また、荒川岳周辺を除き、鳥倉〜荒川区間で出会ったハイカーは、
10名もいなかったと思います。
まだまだ南部南ア初心者なワタクシ、今期来期とじっくりと登りたいと思います。

天気はイマイチどころじゃありませんでしたが、
結果、素晴らしいハイクとなりました^^


合計距離: 38.42km
累積標高(上り): 4137m
累積標高(下り): 4123m
EK度数:38.4+41.4+20.6=100.4
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:2007人

コメント

こんどは南ですか!
ルンルン・ラブラブハイクをお盆に楽しんでいたのに
休む暇なく、こんなロングで身体をイジメてたんだ
まさに雨と鞭
私も来年の夏、ソロテン泊で荒川3山チャレンジします!
南の南は、一人で満喫したい!と思う今日この頃

私は週末、弾丸ご来光登山で 行こうと思ってたのにキャンセルしたの。
これで2連敗
400mリレーの決勝見れたからよしとしよう。
マサヤンのレコで山に行った気になれたわ、ありがとう
来週こそは…と思っているけど、またまたお天気悪しだね
2016/8/21 17:45
Re: こんどは南ですか!
elyちゃん、コメントあんがとね〜♪

ラブラブハイクの後は、少しキツめなのやっておかないと身体が鈍っちゃうからね^^;
鳥倉=塩見、という固定観念があったけど、
荒川岳や赤石岳も射程圏内とわかり目から鱗

但し、ピストンはメンタル的にキツイから、
次回、荒川や赤石行く時は、ワンウェイかラウンドで検討するよ

南部南アは静かな山域だから、是非ソロで満喫してきてね〜♪
南部南ア、なんというか北アとかと違って、
より自然の中に入ってるって感じがして、濃縮された時間だったよ。

是非楽しんできてね!
2016/8/21 20:22
Sです!
稜線にでるとものすごい絶景なんですけど
(それまでの樹林帯が長いのでよけいに感動します!)
無敵のmessiahさんでもやっぱり天気には勝てませんでしたか。
天気さえよければ、荒川三山+赤石、楽勝でやれてましたね。
しかし、タイムはさすがに速い
今度リベンジするときは晴れだといいですね
2016/8/21 19:15
Re: Sです!
sm1959さん、コメントいただきありがとうございます。

ハイク中、こんなキツいところを2回も行ったsmさんは凄い!
そんな事ばかり考えながら歩いてました笑
ほんとUp & Downが凄く、ここ歩いた後なら、先日行った、
七倉〜船窪〜不動〜烏帽子間のUp & Downもちょっと楽に感じちゃいそうです笑

今回、稜線での景色は一切なかったので、
本来の折り返し地点である赤石岳が、どの程度先にあるのか検討もつきませんでしたが、
好天で絶景があったのなら、元気が出て行ける!という気持ちと、
げっ、まだあんな遠い、、、という気持ちと、どっちが勝ってたやら、、、笑

でも、せっかくあそこまで行ったので、本当に赤石まで行きたかったです、、、(T_T)

リベンジは赤石も荒川もしたいと思いますが、
このピストンではもう計画しそうにありません^^;
大人しく、畑薙Pからのラウンドハイクにて行って来ようと思っています。

ここ行った上での感想ですが、ほんと2回も行かれたなんて凄い!!
ワタクシには到底出来そうにありません

でも、お陰で南部奥地の荒川三山へ行って来る事が出来ましたので、
smさんに本当に感謝いたします!
ありがとうございました^^
2016/8/21 20:35
sさんのレポで
 やりましたね。すごい標高差。それをすんなりとこなせる貴方の脚。小屋の主人も思わず触れたくなる。それもかなりの悪天候で。お疲れ様でした。
 マラソンでもサブスリーの仲間入りでは?
2016/8/21 21:44
Re: sさんのレポで
sireotokoさん、コメントいただきありがとうございます。

今回の標高差は中々のもので、
行きも帰りもかなり登った感があります^^;
ここはピストンではなく、ワンウェイだったならもっと楽しい!そう思いました^^

高山裏非難小屋の親父さんは、本当に人柄の良い方で、
ボランティア歩荷で、ビール24缶お届けしたいなとか思いながら、
岐路歩いていました。
その事を相談してみようかなと思い、帰りに立ち寄ったのですが、
タイミング悪く「水場に出掛けて不在」の立て札があり、相談出来ず、、、
また、来夏にちゃんと伺いたいなと感じました。

ところで、サブスリーだなんてとんでもない!
この盆中、久しぶりに八草駅までのロード往復約20kmに出たのですが、
午後イチであり気温が高かった事、雨があがった後で太陽が出て、
アスファルトがサウナ状態で非常に高湿だった事などあり、
県大交差点で戻ってきました
しかも、復路の途中歩いたりして、、、
よって、サブフォーが良いとこだと思います^^;

山は既に秋の気配ですが、まだやりたいハイクが幾つも残っているので、
なるべく出掛けたいなと思っています。
2016/8/21 23:12
今度はmessiahさんですか((((;゜Д゜)))))))
少し前にsmさんがやったと思ったら今度はmessiahさんですか((((;゜Д゜)))))))
いや~ぁ 今回は天候も悪い中でのピストンで、タイムはいつもと変わらないハイペースですよね。
今回天候は残念でしたが、良い日の快走ぶりも見てみたい(^^♪ でも、暫らくは違うアプローチの南アですかね(^-^)
2016/8/21 21:59
Re: 今度はmessiahさんですか((((;゜Д゜)))))))
shinさん、コメントいただきありがとうございます。

smさんに続いて、悪沢やってきましたが、
これを2回続けて赤石まで行ったsmさんは、本当に凄いです
相当なUp & Downの連続で、復路もかなりの負荷があるので、
よし下山か〜楽勝〜などとならず、気合入れねば、、、!となりました^^;

タイム的には今回順調で、
先だっての七倉からの船窪〜烏帽子の様なバッドコンディションではなかったので、
それは本当に救いでした。

赤石、悪沢はもう一度行くつもりですが、
バスを使用しない、畑薙Pからのラウンドハイクを検討しています。
(元々この計画をしていたのですが)

また、北アでも歩きたいコースが何本かあるので、
果たして今夏中に出来るかどうか、、、
来夏になれば、また歩きたいコースが出てきますので、
なるべく沢山歩いておきたいですね
2016/8/21 23:20
夏にしては素晴らしい朝でしたね
 赤石は悪天候のためやめましたか、でも正解ですね。
 私も朝方は駒ヶ岳にいました、その時の南ア以外の山系は、雲が掛かっていなかったけど、南アだけは早い時間からガスが掛かり気味で天候が良くないなと思いました。その中にmessiahさんがいたんですね。

 今回の大収穫として、朝方に望めた山々でないでしょうか?
 真夏なのに空気が澄んで遠くの山々見え、下界は雲が広がっていました。中アは今夏5回目ですが、こんなに素晴らしい朝の風景を見れたのは、これが初めてです。

 でも、日帰りピストンで荒川&赤石の両方取りに行くのは、私でも無理かな〜、長いピストンだし〜
2016/8/22 6:05
Re: 夏にしては素晴らしい朝でしたね
gontaさん、コメントいただきありがとうございます。

なるほど、やっぱり南アが一番雲掛かるの早かったんですね、、、
確かに前泊の夜、過去の追突事故による鞭打ち症で首が痛くて寝られなかったので、
こりゃ天気崩れるなと思ってたのですが、思いのほか早く崩れ残念でした。

前岳、中岳での爆風、及び、降雨開始で、その後の雷雨の恐れが怖かったので、
赤石行きを止めましたが、もう2度とこのピストンしたくないと思ってたので、
極力行っちゃいたかったんですけどね!笑

悪沢分岐から赤石は、往復4時間で見ていた為、
当初の赤石&悪沢での下山予定は、18時半〜20時。
なので、充分予定通り狙えたと思うのですが、荒天で本当に残念でした、、、(T_T)

ところで、仰るとおり、超早朝の遠望っぷりは、素晴らしかったですね〜
これだけでも充分楽しめましたし、結果、今回の山行も満足しています^^

次回の南アは、聖〜赤石〜悪沢のラウンドハイクとします
2016/8/22 12:29
これまた珍しい?雨レコ??
messiahさん

おはようございます。

いつも、テッカテカのお日様の下を駆け抜けている男が、珍しくお日様に嫌われちゃった?? (晴れ男にしては珍しい??)
まぁ、今回は水も滴る・・ということころでございますでしょうか??

messiahさんの脚をもってしても、「ここのピストンはもういいや・・」ってどんだけエグイコースなのやら・・。(想像もしたくね〜! 眩暈がする・・。苦笑)

真面目な所、このコースを日帰りで踏破するためには、messiahさんのレコを拝見するに、このとんでもない距離と標高差をコースタイム40%くらいで歩ききるスペックがないとできない!ということなんですね・・。(凄過ぎ!!  まぁ、私には、永遠に縁がないコースでございまするが・・。苦笑)
それにしても南アはでかい!!というのを改めて認識させられてしもた・・。

次は、是非ドピーカン!の時にリベンジですな!
2016/8/22 9:26
Re: これまた珍しい?雨レコ??
chaoさん、コメントいただきありがとうございます。

今回天気ダメでしたね〜〜〜
実は、前日も昼までどうするか迷ってたんです。
多分天気ダメだろうな〜、、、でも日曜はのんびりしたいし、、、
盆が終わっちゃうな〜、、、まぁダメ元で行ってみるか!
の流れで、急遽午後イチから準備開始し、夕方出発した次第です^^;

現在使用中のレインは、上がトレントフライヤー、下がバーサライトですが、
バーサは、濡れ続ける、または、肌に触れ続ける事で浸透してきますので、
動いている間は良いですが、座って停滞すると、
密着した太ももから湯気が立ち上り、気化熱で体温低下していくので、
軽量化の限界もこの辺りか、、、と感じています。

実際、中岳非難小屋から外へ出た時は、暴風でめっちゃくちゃ寒く、
低体温になっちまうぜベイベェ!と、心が折れそうになりましたが、
とにかく下るのだ!さすれば、風は少し穏やかになり、また心が復活する!
と、弱いメンタルを奮起させ、下山してました笑

今回、気合は充分だったため、ほんと赤石まで行っちゃいたかったのですが
非常に残念です、、、(T_T)
※二度とやりたくないためw

リベンジは、もっとのんびり楽しめる内容で臨みます!

ところでどーします?コラボハイク、、、!
2016/8/22 12:37
超ロング、お疲れ様でした^^
いやー、月明かりに浮かぶ雲の様子が綺麗ですねー
曇ってあり過ぎると展望が利かなくてがっかりしますが、いい感じに出ていればアクセントになるので重要ですね!
後半は雨と暴風で大変だったかと思いますが、足の方は絶好調な様子がヒシヒシと伝わってきます

南アは実は鳳凰三山しか行ったことないのです
混み合う時期でも静かな山行を楽しめるようですが、大阪からはアクセスが難点ですよね。北岳や甲斐駒にはぜひ行ってみたいのですが。。。

私のほうはお盆休みは山に行けず、さらには先週末から原因不明?の指関節の炎症で週末も行けませんでした
大分と良くなってきたので、今週末こそは山に行けることを願います^^;;
2016/8/22 20:36
Re: 超ロング、お疲れ様でした^^
chataroさん、コメントいただきありがとうございます^^

そうなんです、雲についてのコメント、まさにその通りなんです

たった一人、いえ、独り、あの時間に南アの山に取り付いていると、
この時間、このデカイ南アを歩いてる人間なんて、
もしかしたら、自分独りかも、、、と思いながら、
月光に照らされた雲を見、まるで、天空の城ラピュタで、
バズーが飛行艇のデッキで監視してる時みたいだなーとか、
取り止めも無い事を思いながら歩いてましたが、
あのアクセント雲がなければ、全く以って味気なかったかもしれません^^;

さて、南アはやはり北部はアクセスし易いですが、南部は中々ですよね
北部はやっぱり混む時期には混みますが、北アよりはマシかもしれません。

ところで、盆は休養されていたのですね。
指関節炎症と言えば、思い付くのは通風。
我々山ヤはビアが好きですから、なりやすいかもしれませんので
お大事になさってください。
かくいうワタクシも、尿酸値は全く高くないのに、
数ヶ月前に、急性通風?になったみたいで、一晩だけ、指関節の激痛に襲われ、
かなり驚きましたが、人体は不思議でいっぱいですね、、、

今週末、晴れてくれると良いですね!
2016/8/22 21:28
南アルプスのオヤジさんたち
messiahさん、こんばんは

いつか南の南にも行かれるんだとは思っていましたが、
休憩込で52%なら、鳥倉から悪沢行っても日帰りに調理されちゃうんですね。
お見事です。
もうちょっと修行したら、どこかの山で、
短パン姿のお兄さんにどこかで追い抜かれたいものです。

南の南は、どこの小屋番さんもいいですよね。
僕もこれまで、あちこちで暖かくしてもらい(高山裏も中岳も)、
とても良い思い出になっています。
なんというか、人間味があって、昭和の親父って感じです。
良識ある登山者をしっかり応援してくれますよね。

P.S. 次は、まさか畑薙Pから走られるのですか?
2016/8/22 20:59
Re: 南アルプスのオヤジさんたち
3120mさん、コメントいただきありがとうございます。

その標高の赤石まで行きたかったのにとても残念でした
が、あんな荒天で登っても、ピークハントしただけになり、
何も記憶に残らなかったと思いますので、やはりド快晴の時にリベンジご正解ですね^^

今回、結構停滞したのですが、意外に短い時間で行ってこれました。
元々、55%で計画してたので、まぁまぁでした

さて『良識ある登山者をしっかり応援してくれる』
まさにその言葉通りだと感じました!
素晴らしい表現力ですね

自分自身がきちんと良識を保ててるかわかりかねるところもありますが、
安全向上のため、山のため、注意してもらえるのは有難いことかもしれませんね^^

ところで、計画しているのは、やはり畑薙Pからのラウンドを考えています。
が、椹島からの帰還がすんごいネックなのですけど、、、

今夏出来るか、来かになるか、、、
どちらにしろ、楽しみたいと思います^^
2016/8/23 20:07
南なスケールのスケジュール!
めいしゃん。こんち。
荒川三山の暴風友って呼びたいw
私も人生で一番の強風を悪沢で体験したよ!相方バク転して逆さまになってたし(笑
鳥倉から荒川いけるんだね!
私もelyちゃんみたく、南なソロテンで来年行っちゃおうかなぁ〜〜*\(^o^)/**/
2016/8/22 21:19
Re: 南なスケールのスケジュール!
にこちゃん、コメントあんがとねー♪

えー、にこちゃんも荒川暴風だったんだ!
仲間だね〜

しかし、バク転してひっくり返ったってヤバすぎだよね
ケガなく何よりだよ〜

ん?
南アソロテン泊??
是非!!

でも、後ろを振り向くと、少し離れてmessiahがきっといるけど、、、

フフフのフ♪
2016/8/23 20:10
わぁ〜!さすがっす☆
いやぁ〜…
すごい!!はやーーーい!!
こんだけのペースで進めたらどこまでも楽しめますね\(^^)/
え?楽しかった…ですか?
私は「天気が良くて」楽しかったですよ〜
あ、いや、自慢じゃないデス…ヨ。笑

>200歩看板から、179歩でした。

羨ましい足の長さです
私は2回通って2回とも200歩超えてるので…(-_-)

リベンジの快晴レコ楽しみにしてますね〜
2016/8/22 23:44
Re: わぁ〜!さすがっす☆
kazuhaちゃん、コメントありがとーーー\(^o^)/

今回、距離が長いので、控えめに歩いてたのだけれど、
結局そのイーブンペースが良くて、ロングだと、それが結局一番早かったりするんだよねー^^

疲れないことは既に楽しい!

でも、、、
天気はねぇ、、、笑
中アや北アは見えたけど、肝心の南ア、全然見えなかった!(T_T)

kazuhaちゃんが裏山鹿ー!笑

あ、179歩だけど、脚の長さは自分で気の毒になるほど
kazuhaちゃんのスタイルの良さが羨ましいっす!

ド快晴リベンジ頑張りますだおかだ^^
2016/8/23 20:27
流石ですね。
この何コースをサクッと登ってしまうあたりが、Messiahさんらしいです。
おまけに、酒も前夜にたしなめていますもんねー
いつも、若さを感じ、エネルギーを貰ってます!
私も、そろそろ、復活しないと、、、
2016/8/23 4:45
Re: 流石ですね。
koufaxさん、コメントいただきありがとうございます。

今回、前夜7時半頃到着しましたので。少しゆっくり飲めるかな?と思ったのですが、
初めての早めスタートのナイトハイクで、23:45起きだと、
すぐ寝ても四時間しか寝られない事に気付き、慌てて食べて呑んで、
いつもよりだいぶ少なめの飲酒でしたが、結局中々そんな早く眠れず、
実質3時間寝れなかったので、次回から、早寝出来る何か秘策を準備しないといけませんね!

ところでkoufaxさん。
骨折中ですので、あまり急いで無理することはないと思います^^
こんな時こそDVD三昧!なんてのはどうですか?
たまには良いと思います

復活したら爆発させましょう!!
2016/8/23 20:36
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ