ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 98099 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

信州・佐久の茂来山(もらいさん、1718m)。静かな展望の山

日程 2011年02月05日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上信越道・佐久インターから、国道141、国道299、林道経由登山口まで40分。
林道で車止め(事実上の登山口)まで行く区間がわかりにくい。途中で右斜めに登る細い林道に入ったら、雪が多く、途中で位置確認して、引き返した。
車止め(登山口)の地図に、注意あり。行かれる方は、アップした写真の案内図(看板)を見てください。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

登山口(林道車止め)10時50分発→
登山道取りつき   11時07分 →
こぶ太郎(トチの大木)11時25分 →
枝沢を離れる(最終取水場所) →
昼食        11時35分〜11時50分→
尾根(槙沢分岐)  12時25分 →
茂来山山頂     12時38分〜13時05分 →
槙沢分岐      13時10分 →
こぶ太郎      13時35分 →
登山道取りつき   14時03分 →
登山口(林道車止め) 14時15分

 行きが、関越道渋滞のため登山口着が遅くなりました。
 帰りはスイスイ。


コース状況/
危険箇所等
積雪は、今年は少なめのよう。林道では5〜10センチ。登山道は下部が10〜20センチ。北側斜面を登る吹き溜まりでも30センチまで。
数日前に数人のパーティーが入り、トレースがあった。
過去天気図(気象庁) 2011年02月の天気図 [pdf]

写真

国道299号を十石峠へむけて走ると、右手に茂来山の登山口の標識が出て来ます。右折して林道へ。(これは帰りに撮影)
ここから右へ進むと、途中で3箇所、分岐があります。
雪が少なめの今回でも、10センチほどは正規の林道ルートに積雪がありました。車の足固めは万全に。
2011年02月05日 20:28撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道299号を十石峠へむけて走ると、右手に茂来山の登山口の標識が出て来ます。右折して林道へ。(これは帰りに撮影)
ここから右へ進むと、途中で3箇所、分岐があります。
雪が少なめの今回でも、10センチほどは正規の林道ルートに積雪がありました。車の足固めは万全に。
2
林道車止めの広場。15台ほど駐車できます。
ここが事実上の登山口になります。
2011年02月05日 10:40撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道車止めの広場。15台ほど駐車できます。
ここが事実上の登山口になります。
この看板は、茂来山に入る方は、林道に入る前に見ておくと迷いません。私は林道の迷いポイントで20分ロスしました。この看板の「注意 迷いやすい」というその分岐の場所でした。
2011年02月05日 14:16撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この看板は、茂来山に入る方は、林道に入る前に見ておくと迷いません。私は林道の迷いポイントで20分ロスしました。この看板の「注意 迷いやすい」というその分岐の場所でした。
1
車止めを越えて、林道をしばらく進みます。
2011年02月05日 14:12撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車止めを越えて、林道をしばらく進みます。
日蔭は10センチほどの雪。
2011年02月05日 10:49撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日蔭は10センチほどの雪。
林道が大きくUターンする場所に、登山道の標識。
2011年02月05日 10:58撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が大きくUターンする場所に、登山道の標識。
作業道のような登り。枝沢沿いを進みます。
2011年02月05日 11:12撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業道のような登り。枝沢沿いを進みます。
トチの大木、「こぶ太郎」です。
2011年02月05日 11:24撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トチの大木、「こぶ太郎」です。
2
同。
2011年02月05日 13:36撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同。
同。
2011年02月05日 13:36撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同。
こぶ太郎のあたりは、次第に登山道らしくなってきます。積雪15センチ。
2011年02月05日 13:38撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こぶ太郎のあたりは、次第に登山道らしくなってきます。積雪15センチ。
枝沢を離れ、斜面を尾根へ一気に登る、その始まりの地点で、昼食。今日もおやつは、リンゴの観風干し。アイゼンを付けました。
2011年02月05日 11:37撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝沢を離れ、斜面を尾根へ一気に登る、その始まりの地点で、昼食。今日もおやつは、リンゴの観風干し。アイゼンを付けました。
これもトチの大木。
2011年02月05日 13:28撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもトチの大木。
ミズナラの老木。
2011年02月05日 11:53撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミズナラの老木。
だんだん雪が深く、斜面は急に。
2011年02月05日 13:13撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん雪が深く、斜面は急に。
ブナも上部には見られます。
2011年02月05日 13:11撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナも上部には見られます。
尾根に上がると、槙沢コースの分岐があります。
日向は雪が少ない。
2011年02月05日 13:10撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に上がると、槙沢コースの分岐があります。
日向は雪が少ない。
茂来山の山頂。縁結びの神様かな。「嫁・婿もらい」の願掛けをするのだそうです。
2011年02月05日 12:38撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂来山の山頂。縁結びの神様かな。「嫁・婿もらい」の願掛けをするのだそうです。
1
山頂の北半分。
2011年02月05日 12:51撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の北半分。
浅間山はもや。八つも、北アももやでした。
2011年02月05日 12:51撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山はもや。八つも、北アももやでした。
1
下降は一気に分岐へ。
2011年02月05日 12:28撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下降は一気に分岐へ。
ここからまた、やや雪が多い急な下降です。
2011年02月05日 13:10撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからまた、やや雪が多い急な下降です。
荒船山や妙義山の方面。
2011年02月05日 13:15撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒船山や妙義山の方面。
枝沢まで下りると、階層状の霜柱が。水面から水分が上がり、凍ると、その上部を押し上げているようです。
2011年02月05日 13:44撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝沢まで下りると、階層状の霜柱が。水面から水分が上がり、凍ると、その上部を押し上げているようです。
穴から出入りする、ハタネズミやヒメネズミでしょう。1センチもないような足跡がかわいい。
2011年02月05日 13:51撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴から出入りする、ハタネズミやヒメネズミでしょう。1センチもないような足跡がかわいい。
1
同。
2011年02月05日 13:51撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同。
車止めの広場まで下りて来ました。
まったく人に合わない山行でした。
2011年02月05日 14:15撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車止めの広場まで下りて来ました。
まったく人に合わない山行でした。
撮影機材:

感想/記録

 晩秋から冬の時期に登りたいと、長いこと願っていた茂来山に、出かけました。
 雪が少なく、スノーシューは車に置き、気温は高めのためジャケットなしで登りました。

 前半は、カラマツの林を進みます。開花や黄葉の時期には、美しい場所でしょう。
 人工林が終わると、沢沿いの自然林となります。
 トチの巨木の「こぶ太郎」、さらに上がると、ミズナラの株立ちの見事な姿が続きます。株立ちは9本という大物もありました。

 枝沢を離れて少しで、夏道が電光形に進む斜面に出ます。
 ここもミズナラや、上部はブナの林。
 滑るのでアイゼンを装着しました。

 しばらくで、右手から明るい尾根が上がってくる地形になり、雪が一段と深くなった斜面を登り切って、その尾根へ。
 槙沢登山口からの道を合わせて、山頂にすすみました。

 日当たりが良い尾根は、積雪は5〜15センチほどで、地面もところどころ露出しています。

 山頂は、周囲に視界をさえぎる山がなく、360度の眺め。
 気温のせいでもやがあったものの、浅間山、八ヶ岳が間近に望めました。
訪問者数:6582人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2007/9/29
投稿数: 17019
2011/2/6 8:05
 もらい山
tanigawaさん、こんにちわ。

この山は登ったことがありませんでしたが
大木が結構ありますね。

山の名前から「もらい」⇒縁結びとは、
面白いです。
これを見たら登山者が増えるかもしれません。
登録日: 2007/7/19
投稿数: 2983
2011/2/6 14:54
 もらい山は、地味な山でした
 「もらいさん」は、帰りに給油したGSの女性も、よく知ってて、積雪やこぶ太郎など、話題になりました。「願掛け」で売ったら、もっとみなさんが行くのかもしれません。確かに、何かお願いしようと、山の神様はいないかと、この一帯でぐるちと見まわすと、茂来山が一番、高いです。

 人にはずっと会わず、とことん静かな、地味な山でした。

 展望の山としてはよく知られているところです。近所でより高い山は、視界を邪魔しないくらいにずっと離れているのも好条件。
 条件が悪い中でも、浅間山、両神山、荒船山、八ヶ岳、御座山方面は望めました。
 蓼科山から北西へ延びる稜線越しに、霞の中に真っ白な山脈が望めました。北アの北部だと思います。

 佐久から海の口の方へ続く高原地帯を、ぐるっと眺めることができました。

 茂来山には、横山厚夫さんが登った紀行を書いています。霧が晴れて、劇的な好展望を満喫したそうです。(「ある日の山 ある日の峠」) 

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ