ヤマレコ

記録ID: 987255 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

北蔵王縦走(笹谷→刈田岳)

日程 2016年10月20日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れときどきくもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
関沢ゲート前の駐車スペースに停めました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間5分
休憩
1時間4分
合計
7時間9分
S関沢登山口05:2306:20関沢分岐06:2107:00前山07:10滑川コース分岐07:25蟻の戸渡り07:36雁戸山07:4008:02南雁戸山08:33板小屋跡08:3408:39八方平避難小屋09:1710:47名号峰10:4911:13追分(北蔵王縦走路)11:3012:20大高山分岐12:2112:26馬の背分岐12:32馬の背G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
南雁戸山を降りるまでは、全般的に非常に滑りやすい粘土質の道が続いています
南雁戸山からの縦走路は、よく整備されていますが道に枝や木が覆いかぶさっている箇所が多数あり頭上注意です
※スマホを途中で落としたので、ログと写真はそこまでです。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 飲料2リットル持参1.5リットル消費

写真

本当は5時には出発したかったのですが、ちょっと遅刻
夜明け前なのでヘッデン点けて出発

このヘッデン明るいんだけど、照射角度が狭く山用には向いていないようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当は5時には出発したかったのですが、ちょっと遅刻
夜明け前なのでヘッデン点けて出発

このヘッデン明るいんだけど、照射角度が狭く山用には向いていないようです
人道橋
ここ以外では見たことが無い単語
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人道橋
ここ以外では見たことが無い単語
ここから本格的な登りに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから本格的な登りに
夜は明けているので、尾根道に出るとかなり明るくなりました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜は明けているので、尾根道に出るとかなり明るくなりました
眺めが良いわけでは無いけど、何故か好きなこの道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺めが良いわけでは無いけど、何故か好きなこの道
関沢分岐
先も長いので登るスピードも控えめにしたつもりが、いつもとあまり変わらない・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関沢分岐
先も長いので登るスピードも控えめにしたつもりが、いつもとあまり変わらない・・・
しばらくは眺望のない稜線をひたすら登りますが、ようやく雁戸山が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは眺望のない稜線をひたすら登りますが、ようやく雁戸山が見えてきました
樹間から近づいてくる雁戸山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から近づいてくる雁戸山
蟻の戸渡り手前で小休止
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蟻の戸渡り手前で小休止
山の連なりが美しいですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の連なりが美しいですね
振り返って、神室岳方面
こちらの方から見ると随分違った形に見えますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、神室岳方面
こちらの方から見ると随分違った形に見えますね
雁戸山着
ここでも小休止
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁戸山着
ここでも小休止
前回取り忘れた南雁戸山山頂の写真
雁戸山からの登り返しが余程きつかったのかこの間写真なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回取り忘れた南雁戸山山頂の写真
雁戸山からの登り返しが余程きつかったのかこの間写真なし
これから進む稜線
ここから八方平までは、洗掘が進んだ粘土質の道が多く、急坂でもあるので、水分を含んだ状態だと滑りやすく歩きにくいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから進む稜線
ここから八方平までは、洗掘が進んだ粘土質の道が多く、急坂でもあるので、水分を含んだ状態だと滑りやすく歩きにくいです
以前、道を外れてしまった事があるところ
しっかり赤テープ確認
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前、道を外れてしまった事があるところ
しっかり赤テープ確認
このケルンの左を通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このケルンの左を通過
そのままガレ場の東端を進むと赤テープ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのままガレ場の東端を進むと赤テープ
灌木が覆いかぶさる道を程なく進むと、八方平避難小屋です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灌木が覆いかぶさる道を程なく進むと、八方平避難小屋です
水場がほとんど無いこの縦走路での貴重な水場情報
ありがたいですが、結構距離がありそうなので、当てにせずに準備を整えた方がいいでしょうね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場がほとんど無いこの縦走路での貴重な水場情報
ありがたいですが、結構距離がありそうなので、当てにせずに準備を整えた方がいいでしょうね
食事と休憩を取って、再びスタート
ちょっとのんびりしすぎてしまった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食事と休憩を取って、再びスタート
ちょっとのんびりしすぎてしまった
相変わらず標高の高いところは雲の中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず標高の高いところは雲の中
紅葉のトンネルを進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉のトンネルを進みます
三等三角点「群玉」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三等三角点「群玉」
途中の看板
「北蔵王縦走路」と書いてあったのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の看板
「北蔵王縦走路」と書いてあったのかな?
所々藪がうるさいところもありますが、高低差もそれほどなく歩きやすい道です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々藪がうるさいところもありますが、高低差もそれほどなく歩きやすい道です
中々先が見えない中、淡々と歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中々先が見えない中、淡々と歩きます
振り返って、歩いてきた稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、歩いてきた稜線
太平洋側
釜房湖も見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太平洋側
釜房湖も見えます
北側
泉ヶ岳とか見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側
泉ヶ岳とか見えます
名号峰着
雁戸山、神室岳がバックに写ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名号峰着
雁戸山、神室岳がバックに写ります
西側
正面が大岡山あたり
まだら模様の山々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側
正面が大岡山あたり
まだら模様の山々
峩々温泉への分岐
いつかは青根温泉から登ってみたいですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峩々温泉への分岐
いつかは青根温泉から登ってみたいですね
ここまできてようやく蔵王方面が見通せるようになりました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまできてようやく蔵王方面が見通せるようになりました
ここの分岐(追分)で道間違い
一番進みやすそうな道を進んだ結果、蔵王ダム方面へ降りてしまいました・・・
道が三叉のようになっているので、真ん中の道が正解方面への道で
左はかもしか温泉への道で現在は通行できません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの分岐(追分)で道間違い
一番進みやすそうな道を進んだ結果、蔵王ダム方面へ降りてしまいました・・・
道が三叉のようになっているので、真ん中の道が正解方面への道で
左はかもしか温泉への道で現在は通行できません
1
このあたりが自然園なのかな?
藪の先にお墓がありましたが、他に特に何も無かったような・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりが自然園なのかな?
藪の先にお墓がありましたが、他に特に何も無かったような・・・
山頂近くなってきました
岩のマークだけが目印
疲れた足にガレ場の登りがかなり堪えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近くなってきました
岩のマークだけが目印
疲れた足にガレ場の登りがかなり堪えました
あとちょっとなのに足が上がらない・・・
振り返ると今日歩いてきた道なりがずっと見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとちょっとなのに足が上がらない・・・
振り返ると今日歩いてきた道なりがずっと見えました
時間が無いので熊野岳は踏まずに馬の背に降ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間が無いので熊野岳は踏まずに馬の背に降ります
やっとゴールが見えました
刈田山頂からのバスは13時発なので、あまり余裕は無いですが走らなくとも(疲れて走れませんが)間に合いそう

この写真を撮って、スマホをザックのポケットにしまう時に落としたようです

この10分後に親切な方に拾って頂いて、届けて下さった先までGPS)のログが残っていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとゴールが見えました
刈田山頂からのバスは13時発なので、あまり余裕は無いですが走らなくとも(疲れて走れませんが)間に合いそう

この写真を撮って、スマホをザックのポケットにしまう時に落としたようです

この10分後に親切な方に拾って頂いて、届けて下さった先までGPS)のログが残っていました

感想/記録
by cyder

※このレコは、山行中にスマホを落としてしまい、半年後にスマホが帰ってきてから改めて写真とログを追加したものです

ーーー
コースタイムの9割の時間で予定を立てていたのですが、強風や途中での道間違い等もあり時間がかなり押していたこと
上に関連して、追分で道を間違った人の記録を読んでいたはずなのに焦って広い方の道に進み結果間違ってしまったこと
と反省すべき点が多い山行でした

でも、今回始めて歩いた八方平から名号峰までは、起伏も穏やかで眺望は良くないですが、黙々淡々と歩くのが好きな私は大変気に入りました

ギリギリまで悩んでいたのですが、笹谷から登るのか、刈田から降りるのか、このコースは非常に悩ましいものがあります
刈田発→名号峰までの下りが分かりづらく、後半に南北雁戸山の急な登り降りとそこから笹谷までの道の悪いダラダラした下りがきつい
笹谷発→雁戸山以後は、前方の眺望が悪く後半の森林限界を越えてからのガレ場の長い上りがきつい

エコーラインも笹谷峠ももうすぐ冬季閉鎖になりますので、また来年リベンジできたらいいなと思います
訪問者数:515人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ