ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 996385 全員に公開 ハイキング栗駒・早池峰

先週までの晩秋から一転、初冬の早池峰

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り(強風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
河原の坊登山口駐車場は30〜50台程度停められます。
水洗トイレ(トイレットペーパー備付)がありますが、冬季閉鎖となりました。
代わりに簡易トイレが設置されています。
駐車場向かいの建物には、登山情報や当日に見られる花の名前などがホワイトボードに書かれていますが、すでに今シーズンの運用は終了しております。
また、河原の坊登山道が通行止であることから、小田越登山口まで2キロほどの舗装道路歩き(往復)が必要です。
小田越登山口には駐車場が無いので注意して下さい。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間45分
休憩
37分
合計
3時間22分
S河原坊07:5408:18小田越08:36御門口08:3909:11御金蔵09:1309:24天狗の滑り岩09:2909:32剣ヶ峰分岐09:35門馬コース分岐09:3609:40早池峰山09:4109:44早池峰山頂避難小屋09:4509:50門馬コース分岐09:53剣ヶ峰分岐09:58天狗の滑り岩09:5910:05御金蔵10:25御門口10:37小田越10:5911:14河原坊11:1511:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小田越コース
良く整備されていますが、全行程にわたり岩場が多いです。
浮石などもありますので注意して下さい。
また五合目より上では、水溜りの水や岩場の一部が完全に凍結していました。
不用意に脚を乗せると確実に滑ります。
岩場の凍結部分では要注意です。
山頂付近の木道上で1〜2センチ程度の積雪でした。
その他周辺情報近くに温泉はありません。
最も近いのは東和温泉ですが、クルマで30分程度かかります。
 営業時間
 ・夏期(5月〜10月)午前10時〜午後10時まで(受付終了午後9時30分)
 ・冬期(11月〜4月)午前10時〜午後9時まで(受付終了午後8時30分)

でも遠くからおいでの方には、どうせなら花巻温泉方面が良いかもです。
(日帰り入浴施設も多数あります。)
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 サングラス タオル カメラ

写真

門馬分岐で見てしまいました・・・クマの足跡
2016年10月30日 09:37撮影 by EX-ZR1700 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
門馬分岐で見てしまいました・・・クマの足跡
12
氷点下6℃くらい
2016年10月30日 09:45撮影 by EX-ZR1700 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷点下6℃くらい
4

感想/記録
by nakamu

先週に引き続き早池峰。
しかし先週までの晩秋の景色から一変し冬へ。
積雪はさほどでは無かったものの、風が強く途中で帰ろうかなと何度も思った。
特に五合目御金蔵を過ぎた辺りでは、風をさえぎるものが無く強風にさらされて辛かった。
それでも山頂から降りてくる登山者から、「山頂は穏やかですよ」との情報を得て我を奮い立たせる。
そして何とか剣ヶ峰分岐の尾根まで登りつめる。
風はかなり弱くなり木道の雪を踏みしめながら進む。
しかし・・・
門馬分岐付近で見たくない足跡を発見。
のん気に写真を撮るも、だんだんと実感が沸いてきてそそくさと山頂へ向かう。
戻るのが嫌なのだが・・・頑張って下山開始。
辺りに耳を澄ませながら、何とかクマの足跡を通り過ぎ剣ヶ峰分岐を過ぎる。
そこから滑落に注意しながらズンズンと下山。
最後の樹林帯が一番怖かったかも・・・
小田越登山口にある監視員小屋に立ち寄り、先ほど見たクマの足跡の話をして、その他のクマ情報を聞く。
登山者は襲われないとのことであったが・・・
その後、河原の坊までの道路歩きも非常に怖かった。
それにしてもこの時期に山頂付近の標高1,900メートル付近にクマがいるのは想定外であった。
襲われた経験のある自分としては、怖くて頻繁に早池峰を訪れられなくなってしまったかも。
訪問者数:503人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

滑落 木道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ