また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

紅葉と雲海の筑波山ぐるり (29/39)


弁慶茶屋跡のもみじ。本日一番の色づき。


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 KASSAN
公開範囲 全員に公開
カメラメーカー RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
カメラモデル GR II
日付 2016年11月20日 10:48
ISO感度 100
シャッタースピード 1/200 秒
絞り f/4.0
焦点距離 18.3mm
撮影場所
Web Services by Yahoo! JAPAN

写真リスト



スタートの筑波山神社。色とりどりの紅葉が美しい。

真っ黄色のイチョウ。

左側はケーブルカー。右側の登山道で登ります。

もみじを下から。
1

昨日は雨で本日に集中したため、渋滞気味。
1

ケーブルカー周りはきれいな紅葉が多い。植樹してるのかも。

男女川水源地。

高い木々の隙間から青空と紅葉。

いろんな木々が混じってるのも自然のままな感じがしてよい。

まるで金箔のよう。

ようやく御幸ヶ原。

そこにはなんと雲海が!すこし頭が見えてるのは筑波連山の北のほう。
1

男体山にのぼる。人がいっぱい。

数分で到着。

南西側も一面雲海!

これは北西側。遠くに見える山は赤城かそのへん。

筑波で雲海が見れるなんでラッキーだった。
1

男体山の測候所。

御幸ヶ原に戻り次は女体山へ。

山頂周辺はだいぶ茶色になってきてます。

ガマ石。小石いっぱい食わされて・・・

女体山は狭いから大渋滞。

ここであきらめて戻りました。
1

筑波連山全景。雲をせき止めてるのがよくわかる。
1

つつじが丘方面へ下る。岩場がツルツル&混雑でなかなか進めない。

北斗岩。登山道が中を通ってる。

胎内くぐり。

高天原。子供は楽しそうだ。

弁慶茶屋跡のもみじ。本日一番の色づき。
2

弁慶茶屋を抜けると道もあるきやすく、ペースを上げる。

つつじヶ丘駐車場。遠くの山頂の電波塔が灯台のようにも見える。

秋もそろそろ終わり。

迎場コース。つつじが丘の脇にひっそりとした入口がある。

地面は完全舗装されており、人も少なく歩きやすい。いままでの遅れを一気にとりもどす。

白雲橋コースとの合流地点。

登山口の小さい鳥居。

筑波神社に戻ってきて、紅葉見納め。
2

美しい!
1

筑波神社前バス停まで帰還。
ページの先頭へ