また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

ヨモギ尾根〜雲取山〜三条の湯 (6/19)


要所要所に標識があって、安心!そして、今はどこでもなんの思慮もなく付けらている見苦しい赤テープ、愚かとしか言いようのない荷造りテープ類などは少ない。


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 chiroro_
公開範囲 全員に公開

写真リスト



テン泊予定だったが、当日朝、小屋泊まりに変更。身を軽くしてヨモギ尾根に取り付く

ヨモギ尾根はこれまで登山では経験したことのないほどの自然林。

タワ尾根に匹敵するヨモギ尾根。
1

自然林・広葉樹林が多いから、この時期展望がすこぶる良い。飛龍山方向。
1

登山道は、文句のつけようがないほど丁寧に整備されている。山地図では「荒廃」と記されている。

要所要所に標識があって、安心!そして、今はどこでもなんの思慮もなく付けらている見苦しい赤テープ、愚かとしか言いようのない荷造りテープ類などは少ない。

奥後山のピーク
1

小雲取山への登りから奥多摩小屋方向を振り返る。テント4張り。
1

雲取山避難小屋。アメリカから来た4人がUチューブ投稿用の動画を撮影していた。
2

この4人も三条の湯に(先に)下りたが、2時間30分遅れの暗闇の中、三条の湯に着いた。

三条ダルミから下りてすぐの登山道

夕焼けがきれいだった。
1

小屋では日本酒をたんまり飲んでしまった。おかげでお風呂は営業終了までのたった10分だけ。

三条の湯・テント場
1

ヨモギ尾根の取り付き口、塩沢橋

いい景色

下山後、鴨沢のバス停近くにある元くろがね小屋の管理人さんのItoさんが経営するお汁粉&コーヒーと人情のお店「かゑる」で長居する。
1

「かゑる」の玄関内部
1

炬燵がここちよかった。むろんコーヒーもお汁粉もおいしい。このセットで¥800.
2
ページの先頭へ