ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

観梅と東灘山麓自然歩道 (62/78)


分岐 右旋回です。ふりかえると標識で確認できます


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 setsugekka
公開範囲 全員に公開
カメラメーカー NIKON
カメラモデル COOLPIX S600
日付 2017年2月24日 13:31
ISO感度 100
シャッタースピード 1/400 秒
絞り f/2.7
焦点距離 5mm
撮影場所
Web Services by Yahoo! JAPAN

写真リスト



今日は 梅林と低山ハイクにしました ☁

途中の桜守公園です。隠れた桜の名所 🌸
1

岡本公園梅林。満開ですよ✨🎵 26日の梅祭りにきたかったけど …
1

きれい😍
1

白梅〜
1

しだれ〜
2

銘盤〜

アップで〜
2

いろんな種類が〜
1

上から〜
1

白いの〜

赤いの〜
2

次は 天上川公園奥から保久良山梅林へ登ります。久々だったので 間違えて1つ目をあがったらしんどかった! 2つ目のとりつきがよかったよね?

道の両側から梅が出迎えてくれます(^^)/

老木も頑張ってます。上の段は開花はじめでした
2

では次の目的地へ! マムシも冬眠中でしょうから安全でしょう🐍

今日は この東灘山麓自然歩道を歩きます❗

石積みの階段が連続で のっけからヘトヘト 😵💧

金鳥山付近にて

ここが 金鳥山かなあ??

風吹岩へ向かうことにしました。

途中の 浜芦屋方面の眺め。

標識にしたがって 六甲山最高峰方面へ

森林整備中です〜

分岐が多いですが しっかり標識があるので安心です。

また標識〜

おお〜 もう少しだ!

風吹岩につきました。今日は イノちゃんの姿はありません。2匹の猫が出迎えてくれましたよ(^o^)
1

岩の上からの眺望
その ”涌臆以向

岩の上からの眺望
その◆ .蹈奪ガーデン方向かな?

と 突然 ネコちゃんが決闘をはじめました。
ギャー!ニャー!
1

ながいは無用〜 横池方面へ。まっすぐ進みます=尾根道。右へあがると下りになりますよ

消えかかってるけど 打越山方向へ〜

横池南の道と合流〜

横池です。砂浜があって 海みたいです(^o^)
1

では 池の南側にある岩場へ上ります。あのアンテナは 風吹岩ですね

西に移動しながら 六アイ方面〜
1

こんな岩場が待ってるよ! ああ 久しぶりに来て よかったあ〜

摩耶山も見えてます

少し下って 横池(雌池)です。ちょいと汚れた感じの池です。

すぐに パノラマ道に合流

うわっ… 了解です。右 谷道を降ります

木漏れ日広場への道です。組み木で山道が整備されてます

いい感じ〜

しばらく続きます

分岐です

〜 振り返って

七兵衛山山頂 あと8分の案内。もっとかかった気がするけど …
1

七兵衛山です。初めてきましたよ (^O^)v
1

さあ 弁当食べて コーヒー飲んでゆっくりしよおっと♬
2

団体様もお弁当タイムです
1

木彫りのお地蔵様に お供えしてからコーヒーのみました

六アイが正面に見えます

やっぱり 1時間は休んでしましたねえ。これでは計画どおり 14時半に 阪急御影駅に着かないぞ! 下ってます…

すぐに 打越峠でした。若者仲良く休憩中でした。まっすぐ打越山へ向かいます

わおっ 倒木が行く手を阻みます

分岐 右旋回〜

ここだよ! 打越山山頂。あれ 指がうつり込んでる…
1

じゃあ帰りましょかあ〜 左へ 十文字山方向へすすもう!

すぐ 次の標識。なんだか笹が…

やっぱり笹ヤブがないと 楽しくないなあ (^O^)
しかし たっぷりとぬかるんでいました。イヤーだった

分岐 右旋回です。ふりかえると標識で確認できます

ゆるやかに下っていくので 余裕がでてきました。RITZ食いながらあるきました
1

キャー 崩落してるよ!慎重に慎重に〜

標識に元気をもらいながら進みます

ここ??

ここ?? いったい 十文字山の頂上ってどこだったんでしょうか?
1

え〜 まだ十文字山を経てって書いてある!ますますわからん!

なんか 廃寺のしたに不思議な建物が… 洗濯物あるし 犬は吠えるから 人が住んでるんやろねえ?

建物の所からは 舗装道路で西岡本を下ります。途中広場があって 中心に木が植えられてました

すぐ下は ヘルマンハイツ(西岡本7丁目)です

新落合橋から山手をみて

うーん 弓弦羽神社は梅なかったよなあと思いながらも 寄り道。 あったよここに
2

弓弦羽の赤い印
1

サッカーの神様です

ここにも

ここにも と ひっそりと梅が咲いてました。
2

着いた。阪急御影駅です。予定を20分オーバーしましたけど 上出来でしょう。本日も おつきあいありがとうございました
1
ページの先頭へ