また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

青谷東第三尾根〜青谷北畑尾根〜摩耶山 掬星台〜上野道 (65/79)


摩耶のアンテナが見えます


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 setsugekka
公開範囲 全員に公開
カメラメーカー NIKON
カメラモデル COOLPIX S600
日付 2017年3月17日 13:54
ISO感度 100
シャッタースピード 1/800 秒
絞り f/5.8
焦点距離 60mm
撮影場所
Web Services by Yahoo! JAPAN

写真リスト



今日は 山手幹線 水道筋6丁目をまっすぐあがっていきます。

正面に見えてる右側の尾根に向かいます。

突き当り手前を左へ。神戸高校にそってすすみます。

高校の北側へまわりこんださきを右にスイッチバックすると ペット墓地のプレハブあり。

その奥に 樹木葬の看板。

すこしすすめば ベンチがあります。ここの左尾根に取りつけば 青谷東第二尾根です。第二尾根は 次回にして 今日は奥へと進みます。

観音寺堰堤を左から高まき。堰堤上には 朽ちた小屋がありました。

次の堰堤手前の小橋を渡ります。

正面に 古い看板あり。「通行止め」と書いてありますが 通れます。
1

堰堤を左に見ながら 進みます。

次の低い堰堤。なにかしら右岸にも道がありそうな気配…

道なりに 「楽生公園」の門を入っていきます。
1

「たいそうひろば」ブランコなどの遊具も。こんなところに子どもが来るの?

「五鬼城之由来」看板。一部欠損してて読み取れませんが なんとなく納得。
1

その横には 大きな標柱が。

ひろばの右上には 「まやの家」。利用されているような気配がありました。
1

振り返って左の山道には たくさんのホコラ。そのひとつに像の頭だけが… この先は 左岸を通って逆もどりになるので 広場におりてその奥にすすみます。
3

地図では北からの沢に移るように見えますが 道はすでに北を向いているのでそのまま道なりの前進です。
次の堰堤が見えてきた所。右岸に山道が見えます。

赤リボンから 尾根へむかいましたが 本来の取りつきを過ぎてしまっていたらしく 急斜面をジグザグ上がりとなってしまった。

第三尾根発見!しっかりと尾根がうかがえます。赤リボン 路上には境界点が。
2

その境界柱のアップ。「UK-304」

その先 左から来るルートとの合流。?左のルートは何処へ行く?

いちだんと 狭い尾根が。しっかり 赤リボンあり。

やがて「火の用心」。ここは左です。まっすぐいくとどうなるのか? ちょいと進んでみました。

トラバース1つ目崩落してます。(振り返って)

トラバース2つ目。ここも崩落。この先の3つ目も崩落。道は続くのだが どこへ行くのやら… 引きかえしましたが 恐かった!
1

「火の用心」からの左ルート。なんや ここも崩落しとるやないか! 慎重にすすみました。

やがて 行く手に陽がさします。ちょっとした展望所です。

六甲アイランド方向の眺望。まだ高度は低いようです。260mか?
1

ここには「3級基準点 1141」が埋められていました。

振り返ると 左にもルートありそうですが 先ほどに懲りて 赤リボンのある尾根を上ります。

途中からの眺望

正面に岩場が現れますが ロープがあります。助かりました 体力節約です。

倒木も乗り越え

赤リボンと はっきりした尾根が元気をくれます。

一つ目の鉄塔に到着です。大阪方面の眺め ガスってますね。

「神戸港線一五」としるしてます
1

岩場が現れてきました。しかし 赤リボンがありでますので大丈夫です。

ドッシリと大きい岩も。かわします。

黄色と水色のテープ。狭い尾根。

二つ目の鉄塔です。ここは眺望がありません。

しばらくすると平坦な部分に出ます。どこかで見たような… 先週(標柱左から)上って来た 青谷東尾根との合流点です!
この先(右へすすむ)で青谷道に下りるルートの取りつきを見つけなければなりません。
1

先の鞍部までいって平坦部まで戻ると「道ありキビシイ」の看板。しかし「水色のペンキの木」から決めているので 探し続けます。
1

案外見つからないものですね。探すこと20分近く。やっと発見!
ここが 青谷北畑尾根の取りつきです。
2

奥を降りはじめると ピンクリボンとその先に細い尾根道がみえます。

このような尾根の枝分かれや 切れた尾根がたくさん。
地図の等高線とは あまりにもかけ離れ過ぎです! こなったら コンパスだけが頼みの綱です。
常に「尾根道を南西方向へ」と念仏を唱えファイティング!!
1

急斜面で落ち葉だらけ。木にすがりながら慎重に下ります。(斜面右手の写真です)

尾根道発見!

オマケにピンクリボンも!

ゲッ! この木 朽ち果てているのに まっすぐ立ってる…
2

尾根が細ってきます…

広がりはじめるとクボミ。たぶん 木が根こそぎ倒れたあとでしょう…

さらに コンパスで確認しながら南西へと太い尾根を斜めに下りていくと 倒木とクボミが…
ここで 小さく沢の音が聞こえ始めました。
1

やったーっ! 堰堤が見えた―っ!涙が出そうなくらいの喜びでした。
2

近寄ると「北畑第三堰堤」でした。

やがて 青谷道の「大龍院」の対岸へと出てきました。
思ったより時間がかかったので 下山しようとおもいましたが ここで負けるもんかと 掬星台をめざすことに。
1

本流の「北畑第二堰堤」です。この手前左手 スイッチバックで高巻します。

堰堤上部

水揚げ 通過〜 気温7.5℃

お不動さんのベンチで小休止。

その奥 橋を渡って山道に入ります。取りつきの苔の生えた岩が この青谷道の一番の危険個所ではないでしょうか?
1

途中のご神木(私が勝手に決めてる)

上野道との合流地点 〜

えげつない330段をクタクタで上がって 広場です 〜

摩耶のアンテナが見えます

やっとこ着いたよ 掬星台!
1

メシ食わせて頂きます。たっぷり休憩します(^O^)
2

お決まりの写真
1

お決まりの写真
1

お決まりの写真
西方向は おひさまが射していないので もやってます〜

さあ 下山しよっと手袋はめたら 破けてるー

お地蔵さま いつも見守っていただきありがとうございます。

峠茶屋跡 通過 〜

あれっ? トウーテムポール?か アイヌ人形か? これって いままであったかなあ〜?
1

途中 見晴らし台からの風景〜

手すりの柱に花一輪 〜
1

古そうな地図 〜
1

上野道登山口でーす。

では 今日は 西郷川の西灘橋にて失礼いたします。あー しんどかった。この記事みてくれたかたもしんどかったでしょう? これに懲りずに 今後ともよろしくです〜
1
ページの先頭へ